000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンギン日和DIARY

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

映画

2005.07.12
XML
カテゴリ:映画
 ペンギン・動物好きには萌え萌えと評判の、「皇帝ペンギン」の試写会に行って来た。たしかにヒナ・子ペンギンの映像はとてもかわいらしい。親と子のふれあい、夫婦の情愛の表現は映画ならではきれいな映像でつづられていた。
 ただそこはフランス映画、過剰な感情移入を拒むかのようにたんたんとペンギンたちが、生活や人生的なものを語っていく。子供がこんなに達観してみたいな表現もあったので、ちょっとびっくり。それにピングーファンにはどっきりのシーンをはじめとして、かわいいだけではない、生き抜くことの大変さもしっかり表現していると感動した。こうなると、吹き替え版も見てみたくなった。
 ペンギンたちの生き抜く知恵のつまった厳しい行進は、遺伝子に伝えられいつまでも続いていくし、続けていかなくてはいけない。とおもいつつ環境にやさしい生活のできない自分がいる。
オフィシャルサイト






Last updated  2005.07.18 11:39:55
コメント(2) | コメントを書く


2005.02.07
カテゴリ:映画
 昔はよく映画を見たのに最近は年1本ぐらいのペースとなってしまった。前に見たのが「シカゴ」ということはミュージカル映画続きじゃないか。劇団四季のミュージカルを見ていないので、クリスチーヌというとサラ・ブライトマンのイメージになってしまうが、この映画版のキャストもなかなかだと思う。映像化したしたものでは、以前たぶんBBCでやったドラマというのを見たことがある。映像のきれいさ、絢爛豪華さという点では申し分なかった。でもカメラワークにちょっと疲れてしまった。決闘シーンなんかちょっと動きすぎでもったいなかった。ミュージカルを見た人でも、映画ならではの映像を楽しめるつくりになっていると思う。






Last updated  2005.02.07 23:12:32
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.