214651 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ぐりのうち

PR

Calendar

Category

Archives

2017/03
2017/02
2017/01
2016/12
2016/11

Rakuten Ranking

2008/03/10
XML
P3090394.JPG

菜の花とベーコンのピッツア。


表面はかりっと、中はもっちり食感のナポリピッツアを焼きました。
焼き方に秘密がありまーす。


前回、撃沈したナポリピッツア



今回は、失敗してなるものか。

気合いれて、エプロンの紐をぎゅっと結んだら、ピザ作り開始。



まず、家にあるお手軽イースト「赤サフ」で代用せず、
ピザ用イーストを買ってきました。







生地を仕込んだら一晩じっくり熟成させます。

がんばれーピザ用イースト。



私の最大の難関は、オーブンの温度。

sacchinのレシピでは、300度で3分焼くのですが、わが家のオーブンは、250度が限界です。


前回は、生地がうまく伸びず分厚いまま焼いたのと、
オーブンの温度が低いせいで、
なかなか思うような仕上がりになりませんでした。



そこで、もしかしたら天板1枚ダメにしてしまうかもしれないような大胆アイデアをひらめいたのですが、いくつか別のアイデアも思いついたので、安全な案から試してみることに。



ジャーン!


P3090389.JPG


私の秘密兵器です(笑)
使いこまれたキャンプ用のアルミのお皿です。


このお皿、サイズがちょうど魚焼グリルにはいる大きさなんですよ。



まず、このお皿をグリルでカラヤキし、
カンカンに焼けて熱くなった危険なお皿に、

薄くのばして、具をのせたピッツア生地をのせて、
3分焼いたらできあがり~。


P3090396.JPG

オイルサーディンと菜の花、生ルッコラのピッツア。
イタリアンのお店で食べるピッツアみたいでした。


アルミ皿を使う方法だと、おいしく焼けるんだけど、
なにしろ普通の1/2サイズなので、かなりの枚数をこなさなければなりません。

おまけに焼時間が3分。
生地をのばして、具をのせて、焼いて、皿にのせて・・、大忙しですー。


当日は、8枚のピッツアを焼きました。

手際よくやったとしても、
30分こまねずみのように動きつづけなきゃ、
私はピッツアにありつけません。


みんなには、あつあつのできたてを食べてもらいたいけど、
私も、みんなとテーブルでゆっくりナポリピッツアを堪能したいよー。


手順を吟味してみよう。






この成功の影に消えていったピッツアも、見たい?

P3090395.JPG


こげこげのピッツア。
コレで焼きました。




P3090390.JPG


白い陶器製の天板です。

焼き鳥とかバーベキュー風の料理がおいしく焼けるので、
もしかしたら上手に焼けるかもしれないと思い、使ってみました。


オーブンで焼きつつ、グリルで次々とピザを焼いていたので、
はっと気がついたら、10分以上経過しておりまして、やきすぎました。

焼時間に気をつけたら、もしかしたら、うまく焼けるのかもしれない。
次回、もう一度焼いてみよう。



まだまだ、ナポリ風ピッツアへの道のりは続きそうです。



:メモ:
白い天板、焼成時間10分でもう一度チャレンジ。
250度5分で普通の天板でも試してみる。
それでもダメだったら、4度目のチャレンジは最終兵器登場だ。








Last updated  2008/03/10 10:02:25 AM
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.