000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アラサー男の行政書士試験合格体験記!!

February 26, 2017
XML
今日の条文はコレです。本当に難し条文です。

第百七十七条  不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法 (平成十六年法律第百二十三号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

いわずとしれた条文です。タイトルにも冒頭にも書きましたが、本当に難しい条文です。ですが、避けて通れない条文ですから、ないがしろにはできません。
よく問題にされるのが二重譲渡です。

たとえば、伊藤さんという人が土地を持っていたいとします。その土地を佐藤さんにまず売りました。ですが佐藤さんは登記を移さずにいました。そのあとに伊藤さんは鈴木さんにも売ってしまいました。鈴木さんはすぐに登記をしました。

この例でいうと、鈴木さんは「第三者」となるのです。そして登記のある鈴木さんは先に買った佐藤さんより保護されるのです。つまり佐藤さんは鈴木さんい対抗できないということになります。

このことを規定したのがこの条文です。他にも相続などで問題となることもありますし、非常にこの条文に関する問題が出題されます。
しっかりと理解することが大事です。






Last updated  February 26, 2017 10:00:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
[私が難しいと感じた条文] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:民法177条(不動産に関する物権の変動の対抗要件)本当に難しい条文(02/26)   何に対する “第三” やねん? さん
> この例でいうと、鈴木さんは「第三者」となるのです。

この一文を読んだだけで、いかに分かってないのか丸分かりやな。絶対的な「第三者」てなモン観念出来ひんのんや。どの局面で見るかを特定せんと、「第三者」かどうか判定出来ひんやろが。と言うても、何のこと言うとるのかさえも理解出来ひんやろけどな・・・。 (April 24, 2017 11:00:27 PM)

Re:民法177条(不動産に関する物権の変動の対抗要件)本当に難しい条文(02/26)   資格合格ナビ さん
どこの誰だか存じませんが、ご指摘ありがとうございます。まったくを持って言っていることが理解できません。それでは「伊藤さんや佐藤さんからしてみると」という枕言葉をつければ鈴木さんは「第三者」ということになるのでしょうか?

ちなみに私は独学で勉強したものですから、ご指摘の通り、知識も中途半端です。あなたのような先生がいれば、間違って理解することもなく勉強できたのかも知れません。

また良かったら来てください。法律って難しいですよね。 (April 29, 2017 01:17:27 AM)

PR

Rakuten Card

Category

Free Space


© Rakuten Group, Inc.