169663 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こんな世界のはしっこで・・・

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

Ad.Y&W@ Re:本当の自分の心(09/01) そうですね。例え一時的に比較的良好な関…
匿名@ 本当の自分の心 嫌いな奴とは結局はうまくいかないよ。お…
Ad.Y&W@ Re:後悔してないさ♪(10/03) ぱおら☆さん まあ、遊びなんだし、余計な…

Profile


Ad.Y&W

Free Space

設定されていません。

全341件 (341件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

Jan 13, 2008
XML
カテゴリ:心理・思考
最近、毎年この時期になると、荒れる成人式の様子をテレビなどで見かけるようになってしまっている気がする。

すべての新成人がそうではないとは思いつつ、どこか成人することを何か履き違えているように見えるその光景にはいつも唖然とさせられる。今年もそんな光景がテレビから流されてくるのだろうか・・・。

成人式を迎えるとき、彼らはどう思っているのだろうか。「大人になった」ということついて、なにか思うことはあるのだろうか。そしてその実感についてはどうなのだろうか。


私はといえば、どちらかといえば「大人になった」というより「大人になってしまった」というような感覚の方がが強い。別にずっと子供のままでいたかったとか思っているわけじゃないし、そういうニュアンスで「なってしまった」などと思っているわけじゃない。

心が大人になりきる前に、年齢だけ大人になってしまった…という、そんな感覚だ。「大人になりそこなった」とでも言った方が近いのかもしれないが。

そのせいだろうか、成人の日の当日になっても、新成人として慣れないスーツで式の会場に向かっても、会場でお話を拝聴しいても、いまいちピンときてなかったように思える。おそらく高校卒業ぐらいの時とさほど変わらない意識で、まだまだ大人気ない私がそこに座っていたのだろう。


ただ、年齢的に十分大人の人でも、子供っぽい、大人気ない所を持つ人はいると思う。実際、いままでいろいろな「大人」の人に接しているけれど、自身のことを棚上げして、「大人気ない」などと感じてしまったことも結構ある。反対に、私よりもずいぶん若い人で「しっかりしているな」などと思ったこともある。「いいかげんだな」と感じることもそれなりにあったけど。

最も、いつも「大人」かどうかで周りの人を見ているわけじゃないし、私自身の人の見方が少々穿っているのかもしれない。あるいは「若い人のなら未熟でもしかたないが、年長者にはせめて年相応には成熟していてほしい」とかいう意識があって、年長者に対しての目が厳しいのかもしれない。


そもそも、私はどんなことを指して「大人になる」と考えているのか。きちんと働いて、人に迷惑をかけず、自立して生活できる人…といったあたりだろうか。検索したときにみつけた項目には「自分の行動に責任を持つ」とありました。それもあるかな。

ただ、いろいろ考えてみると、そこに一種の理想像みたいなものをはめ込んでいるようにも思える。私はまだ、それには程遠いと感じている。これではまだ大人になれてないと感じるのも無理はないだろう。

あと、こういう考え方だと、「年齢」という部分はさほど重視していないということになりそうだ。


なら、どんなときに「大人気ない」、「子供っぽい」と感じるか。それは、自分本位しか思えない行動そのものや、それによって周囲を振り回している時…だと私は思う。

荒れる成人式の様子に見られるものなんかは、まさにその手の行動のように思える。大人の仲間入りをした彼らの最初の行動から感じるものが「大人気ない」というのは、ある種の滑稽さがあるのかもしれないが、笑える類のものでもない様に私には思える。

同時に、そこに未だに大人になりきれていない自分自身のいたらなさ、大人気なさが投影されているようにも感じられるため、上から目線で突き放して偉そうなことを言う気にもなれもなれなくて、なんとなく気分が沈んでしまったりする。


もう年齢的には十分すぎるほどに大人側なのだが、新成人の側に自分自身を見てしまうようでは、やっぱり、私にはまだまだ、大人なりきれていないということなのだろうか・・。多分そうなんだろうな・・・。






Last updated  Jan 14, 2008 12:21:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 6, 2007
カテゴリ:心理・思考
分からないのは僕が人の価値観を認められないから黄昏時の街の日記さま】

おそらく、誤読だと思うのだけど、対象の面白さを理解でないことを価値観の否認のように感じてしまった部分があり、そこに違和感を抱いた。果たしてそうなのだろうか・・・と。


例え、その対象の面白さが理解できなくても、その対象を面白いと感じる人がいるということは理解できるのではないだろうか。

個人的には好みや相性の問題だと思うので、少なくても、「Aはつまらない」がそのまま「Aを面白がる人の気が知れない」にはならないだろうし、価値を認められなくても、それが価値観を否定することにはならないと思う。


ただ、私自身、その対象の価値を否定された時に“その対象に価値があると感じること自体まで”否定されたように感じてしまうことが時々あるので、頭で理解しているかどうかはともかく、感情面では、理解できていないのかもしれない。

それに、私は一度「つまらない」と認定してしまうと、その後、誰かに薦められても、積極的に手を出そうとしたり、面白さを理解しようとしたりすることがほとんど無いので、実は認めているフリをしているだけなのかもしれないと、思わなくもないのだけど。






Last updated  Nov 7, 2007 12:40:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 20, 2007
カテゴリ:ネット・サイト
私の場合は,人と比べちゃうとダメなんだ。光集いし木蔭さま】

私もそうだな。

評価に対しては、私は「最終的に評価を下すのは読んだ人たちだから」とよく書いたりしていると思うけど、そこには自己評価をすることから逃げているっていう部分もあるような気がする。

自分で自分の記事を評価しだすとどうしても卑屈になってしまうってわかっているからなのかもしれない。

特に比較をしだしてしまうともうダメ、どうしようもない。

「自分にはできない」、「こんなにすごい人たちがいるのなら、あえて、自分が書く必要は無いんじゃないのか」と何度思ったことか。


ただ、結局は「自分がどうするのか、どうしたいのか」がポイントだと思うから、他の人がすごいとかいうのは、関係ないような気もする。
自分にとって、なんらかの価値が見出せれば、それでいいいのではないかとも思うし。

まあ、とはいっても、そこまで冷静に自分と他人を切り離せるわけでもないし、どうしてもモチベーションが上がらない時や、不安になるときはあるので、時々、そういう時の自分のための記事を書いていたりすることがあったりする。

正直どの程度うまくいっているのかどうかは微妙なのだけど、それでもすこしでも自分の支えになればいいかな・・・と、思いつつ。






Last updated  Oct 21, 2007 02:30:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 13, 2007
カテゴリ:心理・思考
承認の問題
承認関連の話題を続けます 共に【あなたの正義は誰を殺しますかさま】

自分も承認不足というか、承認そのものを欲求しているという部分はあると思う。少なくても、私は自身だけでは自分の全てを承認しきることはできていない。 

とはいっても、別に常に渇望しているわけでもではないのだけども、何かの拍子に、強い承認欲求が浮き上がってくることがある。特に落ち込んだりして精神的に余裕が無いときなどはその傾向がより顕著になる。

おそらく、私自身の奥底に半ば強迫観念に近い承認に対する欲求があるのだろう。普段は「あえて考えない」ということで見ない振りをしているにすぎないのだと思う。


理由や根拠がなくても、無条件に自身を承認できればいいと思う。だが、自分にはそれができない。

このあたり、自信においても同じ状況が続いているな。自信を持つために、自分を肯定する根拠が必要なのと同様に、承認に足りうる根拠というのが、必要と感じている部分が私にはあるようだ。


いや、友人関係など、形としての承認が得られなくても、根拠がなくても、無条件に自分がその人たちからの承認を信じられる集団、場所は持っている。ただ、貪欲なのか、それだけでは不十分と感じている部分があるようだ。

もしかしたら自分が所属している全ての集団において、承認されることをもとめているのかもしれない。


ただ、承認に足りうる根拠を他者からの承認から得るる場合、結局は自身の基準を切り抜ける必要が出てくるように思う。

求めている他者が承認したとしても、その承認そのものを受け取った自身が承認にたりうる根拠と認めなければ、結局は承認欲求を満たすことができないのではないのだろうか・・・。






Last updated  Oct 14, 2007 01:39:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 3, 2007
カテゴリ:趣味・オタク
「ゲーマーの後悔」は終わらないWIRED VISION NEWSさま】

これ、良くあるな・・・。

もっとも、私の場合、その対象はゲームよりも、ネット、それも特にyoutubeなどの動画サイトに対してかだったりするのだが。

ただ、いざ思いきって一日ネット断ちをしてみても、その分が、ゲームなり、テレビなり、マンガなりに流れるだけのことが多い気がするので、あまり状況は変わってないんじゃないだろうか。

結局、一日の最後にその手の「後悔」をしていることもあるし。


どうも、私は余暇や趣味の時間にまである種の効率とか、副次的な目的、成果などを求めている部分があるようでそれが、この手の「後悔」を生む一因になってしまっているように思う。
あるいは、ただの貧乏性か。

あとはやっぱり、そのことに費やされる時間の長さが問題なのかな。

それでも別に必ずしも惰性でやっているわけでもないのに、無駄に感じることがあるってことは、それだけその趣味を軽く見てしまっているってことなのかもしれない。

あるいは、ゲームなどのオタク趣味全般に感じてしまう、妙な後ろめたさがそう思わせるのかもしれない。

別に趣味や遊びに高尚や低俗もなくて、そのことは自分でもよくわかっているはずなのにね。






Last updated  Oct 4, 2007 12:21:06 AM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 17, 2007
カテゴリ:心理・思考
いつもと言うわけでもないのだが、褒められたときにみょうにむずがゆくなるような違和感をおぼえて、素直に喜べないことがある。

自分が普段、何気なくこなしていることだとそう感じるのかな。と思っていたのだが、苦戦を強いられたときでも感じることはあるようなので、作業をこなす時の苦労の度合いは関連しないみたいだ。

となると、やっぱり受け取る私の方の気の持ちようの問題なのか・・・。場合によっては「馬鹿にされているんじゃないのか?」などと、特に根拠も無くネガティブに受け取ったりすることもあるし。


かといって、別に、褒められること自体が苦手とかそういうことはないと思う。

承認願望はむしろ強い方ではないかとさえ感じているから、「認めてもらいたい」とか「褒めてもらいたい」っていう思いもとうぜんあるはずなんだけど、いざ褒められると、なんかしっくりこなくて、違和感をそこに感じてしまう。

なんというか、「自分はそこまでのことをしていない」って思ってしまうんですよね。


もしかしたら、それが違和感の正体なのかもしれないな。

となると、まず最初に自分自身で、その何かにたいして、「俺は(賞賛に値するような)すごい事をした」って思えないとだめなのかもしれない。

でもそう思えることってなかなか無かったりするし、自分が「頑張っている」とか、思い込んでいることに限って、あまり賞賛などを受けることがないように思える。


まあ、「頑張っている」っていってもあくまで主観だし、見る側の人にとってそれがどう映るかとか、それが評価とか賞賛に結びつくかっていうのとはまた違うってのもあると思うけど・・・。






Last updated  Sep 18, 2007 12:31:39 AM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 1, 2007
カテゴリ:心理・思考
職場にいる嫌いな奴に対する感情が、また「どちらでもない」の方に変わってきている。


嫌いなやつとはいっても、1から10まで嫌いってわけでもなくて、それどころか趣味とかでは話があうところもある。だから、状況しだいでは楽しく会話できてしまうことさえあって、おそらくそのせいでこういった感情の揺らぎがおきているのだろう。

なので、もしかしたら、出会いかたや関わり方が違っていたら、あるいは、もっと親しい仲になれたのだろうか・・・などとと妄想したこともある。

しかし、その人には嫌いになるのに十分過ぎる、ものすごく癪に障ってムカついてどうしようもない部分があるので、やっぱり、どう転んでもどこかで「嫌い」になっていくのかもしれない。

なまじそういう人と友人のような関係になってしまうと、縁を切るのも一苦労だろうし、なんかこじらしてしまいそうでもあるので、そうならなくて良かったのかもしれない。



しかし、その人に出会うまで、私は一度きまった「好き」とか「嫌い」といった感情が、時や状況で変化することはまずなかったと思う。「嫌い」な奴は頭のてっぺんから足の先まで嫌いだと認識していたような気がするから、それが変化するなんて、思ってもいなかっただろう。

まして、嫌いな奴とでも、状況しだいでは、楽しく会話できることがあるなんて、とてもじゃないが信じられたものではなかっただろうな・・・。

そういう意味ではその人との出会いは貴重ともいえる。こんな形でそれを知る機会を得たくはなかったけど・・・。


ただ、いまだに「好き」と「嫌い」が逆転するということに関しては、にわかに信じがたい部分があるんだけど。私の場合、こういうことは実際に自分の身に起こってみないと、完全には信じられないのかもしれないな。






Last updated  Sep 2, 2007 02:09:37 AM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 21, 2007
カテゴリ:趣味・オタク
"中途半端"という私見知らぬ世界に想いを馳せさま】
(情報元:闇鍋ブックマークさま)

いろいろなことに興味を持ちはするけれど、結局、どれも中途半端で、ごく浅い所にとどまったままだよな…とうのは私は、最近よく思うようになった。

昔はどちらかといえば一つのことに結構のめりこむタイプだったはずなのだけど、どこでこんな風に変わってしまったか…。

正直不思議でならなかったのだが、考えていくうちに、一つの答えが出てきた。

実は単純に興味が分散されたから、その分集中力もぶんさんされてしまっただけなんじゃないだろうか…と。


考えてみると、昔は一つのことに集中する分、ほかの事にはあまり興味をもてなかったような気がする。

特にゲームにはまってた頃はそれが顕著だった様な気がする。暇さえあれば一日中ゲームばっかりしてたんじゃないかな。まあ、自分のお小遣いでゲームソフトを一本買ってしまうと、もう後は何も買えなくなるから、その分できることが狭められてたっていうのもあるのかもしれないけど。

でも、そのうちほかの事にも興味が沸いてきてゲーム以外のことをする時間も出てきたからそれですこしずつ分散されていったってのが一つあると思う。

実際今は、マンガやライトノベルよんで、ネットで動画見て、記事読んで、ブログも書いて……と、両手いっぱいに自分のやりたいことを抱え込んでいるような状態だし、おまけに、ゲームにはまっていた当時より自由な時間は格段と減ってるし、無理も利かなくなってきているからね(本当はこっちの方も重要な要因なのかもしれないけど)。


やっぱり一つのことに集中するのなら、その分ほかの事を捨てなければいけないのかな。すくなくても両手いっぱいに抱え込んだものを一時的にでも手放せないかぎりは、何か一つのことにはまりこむってことはないだろうな。

と同時に、そこまでしてやりたい一つのことってのがないっていうのもあるとは思う。






Last updated  Aug 21, 2007 11:39:56 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 14, 2007
相手の価値観を尊重するということ。オオカミの遠吠え通信さま】
どうも人間というのは「相手の意見を尊重する」と言いながらも、結局は「自分の考えを押しつける」傾向が強い気がします。
私、どちらかいえばそんな感じだな。

(価値観を意見などを)否定されるのは自分だけじゃなくて、相手の人も嫌なはずなのに、いざ互いの価値観がずれたりする場面に出会うと、その価値観を認めることがあまりできていないように感じる。

自分が価値観を認めることができるのって、もともと自分のなかである程度認めていたものか、あとから自分で納得したものぐらいで、その他にはかなり不寛容になってしまっている気がする。そして、その範囲は意外と狭いんじゃないだろうか。


さらに、最初に否定されてしまうと、その相手に自分の意見を認めさせようとして、ぶつかりあってしまうことが多いように思える。しかも、その時は自分の意見を認めさせることばかり考えていて、相手の意見を認めるという部分は抜け落ちてしまっている様な…。


別に自分の意見に共感してくれなくてもいい。と、そう思っているはずなのに、どこか相手にそうもとめてしまっているような、もっというと、自分の意見の方が正しいみたいな、まるで勝ち負けを決めるかのような状態になってしまっているような気がする。

ヒートアップしてしまっているからというのもあると思うんだけど、それでも、やっぱりその時相手の価値観は否定されているんじゃないかと思うし、もっというと、自分の価値観を認めもらいたいあまりに自分の価値観で相手の価値観を押しつぶそうとしてしまっているんじゃないだろうか…と。

でもそれで、強引に相手を折れさせたとしても、結局それって自分の価値観を押し付けただけなんだよな…。


何も相手が自分の意見を否定しているからといって、自分も相手の意見を否定したり、最初に認めさせるというところから入らなくていいとは思うだけど、いざその場面になると半ば反射的にぶつかり合う方にいってしまうことが多い気がする。

それだけ、自分の意見や価値観を否定されたくないという思いが強いということなのだろうか…。






Last updated  Aug 15, 2007 12:35:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 10, 2007
カテゴリ:心理・思考
昔のことは覚えていないのは自分を守るため鼻が赤くなりにくいティッシュですさま】

私には、あえて思い出さないようにしている事がある。

正直に言うと、思い出すのがちょっと怖いのだ。思い出したら、また、あの時と同じような精神状態になるのではなってしまうのではないだろうか、と。

もうかなり前になるので、十分色あせているはずだろうから、おそらく大丈夫だとは思うのだけど…。

多分、一番怖いのは、思い出すことではなくて、あのときの状態に戻ってしまうことなのだろうな。本当にあの時はどん底だったと思うから。


思い出したくもなかったのに、何かの拍子に思い出してしまい、無気力になる…。それがなくなっただけでも、ずいぶんましにはなったのだ。

それぐらい記憶がかすれたということなのだろう。それでも、まだ、あえて思い出そうという気にはなれなかったりする。


かといって、忘れてしまいたいというわけではないし、ずっと心のすみに追いやったままにしておきたいというわけでもない。
できれば、その時の思い出もしっかり受け止めなければ…と考えていたりはするのだけど。

いつか、そのことも誰かに笑って話せるぐらいなった時がきたら、もう一度、あのときの私と向き合ってみようとは思っている。だから、その日が来るまではこのままにしておこう。


いまだにこんな調子ではいつになるのかわからないけれど。






Last updated  Aug 10, 2007 11:43:16 PM
コメント(0) | コメントを書く

全341件 (341件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.