153830 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

こんな世界のはしっこで・・・

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

Ad.Y&W@ Re:本当の自分の心(09/01) そうですね。例え一時的に比較的良好な関…
匿名@ 本当の自分の心 嫌いな奴とは結局はうまくいかないよ。お…
Ad.Y&W@ Re:後悔してないさ♪(10/03) ぱおら☆さん まあ、遊びなんだし、余計な…

Rakuten Profile

設定されていません

Free Space

設定されていません。
May 28, 2006
XML
カテゴリ:ネット・サイト
もっとトラックバックを活用しませんかこころの風景さま】


活用してないなあ。うちはもうトラックバック送らないのが基本になってしまった。一応はてブに記事のURLを貼ってはいるけど、ソーシャルブックマークの認知度は1割強とかいうし、多分書き手の方にはあまり伝わっていないだろうな。

毎回のように記事リンクを貼って、その記事に対する反応を書いているのだから、それこそ送ろうと思えばそのたびに送ることもできる(それはさすがにまずいか)のだけれど、なかなか送ろうという所までいかない。


ブログ始めたばかりの、まだブログの方向性さえ決まっていない状況の時の方が気楽にトラックバックしていたような気がするな。それは多分、「書き手に読ませる」とか、「送られた側がどう思うのか」という意識が薄かったからだろうけど。

ブログを続けていくうちに少しずつそういった意識が芽生えてきたのか、よほどのことが無い限り送らなくなっていた。「大したこと書いていないから」とか、かえってノイズになってしまったりしてしまうのではないかということが送ることを考えるたびに浮かんで来るような時期もあったな。

それでも読み返して、うなずき以上の意見があれば送ろうとか思った時期もあったんだけど、自分のブログにおける全体的な自分語りの強さとか、それを相手側に送ってまで読ませるというところに何か抵抗のようなものを感じて躊躇しているうちに、気がついたらトラックバックするということをあまり考えないようになってしまった。

もう、引っ込み思案とか自意識過剰とかそういうレベルを超えて、ただ面倒になってしまったのだと思う。


せっかく機能があるのに使わないのはもったいないと思うこともあるんだけど、一度こういう状況で固定されてしまうとなかなか抜け出せないもので…。

一番必要なのは、実は積極的にコミュニケーションをとっていこうという意識なのかもしれないな。これを気に今一歩踏み出してみようかな。まあ、さすがに毎回送るのはどうかとは思うから、毎回検討してから送るなら送るということになるだろうけど。





と、いうわけで、まずはこの記事を送ってみます。






Last updated  May 28, 2006 11:18:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.