000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

こんな世界のはしっこで・・・

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Calendar

Category

Comments

Ad.Y&W@ Re:本当の自分の心(09/01) そうですね。例え一時的に比較的良好な関…
匿名@ 本当の自分の心 嫌いな奴とは結局はうまくいかないよ。お…
Ad.Y&W@ Re:後悔してないさ♪(10/03) ぱおら☆さん まあ、遊びなんだし、余計な…

Profile


Ad.Y&W

Free Space

設定されていません。

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

Jul 20, 2007
XML

カテゴリ:カテゴリ未分類
心の中にぽっかりと穴が開いてしまったようで、ここ数日間、何を読んでいても、何も形にできない…そんな状態がつづいていました。

ことばにすらなりきらないもやのようなものが浮かんではまた消え、かけらをつかみかけてはまた見失う……そんなことのの繰り返し。

モチベーションが今ひとつ低めで、ちょっと無気力気味だったのも影響していたのかもしれない…。


今までも、何度か定期的に書けなくなったことはあったようにも思うけど、今回のはちょっと長かった。

ようやく、気力だけでもなんとか持ち上げては見たけれど、不安は残る。


もう、ずっとこのままなんじゃないだろうか。あるいは、すぐにまた状態が戻ってしまうんじゃないだろうか…。


なんとか不安をすみにおしやって、もう一度、何度も来たその場所へ一歩踏み出す。

ようやく、つかみとった、わずかなかけらを胸に。






Last updated  Jul 20, 2007 11:30:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 20, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
なんとなく勢いで借りて、作ったこのブログですが、気がつけば丸二年が経過、そして今日からは三年目に突入です。

自分のものぐさな性格と、今まではじめた日記が、いずれもせいぜい3ヶ月ぐらいしか続かなかったのを考えると、個人的には快挙だなという思いもあったりします。
とはいっても、毎日書いているわけでもないし、最初のころはともかく、今は日記らしいことを書くことはほぼないので、比較の対象にはならないかもしれません。


最初のころは、ネタ云々以前に「何を書いたらいいか?」でまず悩んで、とりあえず日記っぽいところから始めたようにな気がします。

ネット上に公開されているということを知っていっても、身内以外に実に来る人なんてまず、いないんじゃないかな…などと思っていたの時期でもあります。


それからだいたい3ヶ月後ぐらいで、今やっている反応系をメインで、と言う形に固まってきました。
反応系をメインにしたのは簡単な理由で、書いていくうちに、どううやら私は「自分から何か書くよりも、誰かの記事に反応するほうが書きやすいらしい」ということに気づいたからだったりします。
いわば、続けていくためにスタイルを変更したのですが、そのころはこれほど長く続くとは思っていなかったように感じます。

自分が書いたことが反応されるということについても、認識があまりなかったような気がします。なにせ読まれていると言う感覚も薄かったので。
程なくなくしてその認識には変化がおとずれるのですが、そのままだったら、多分ここまで続いていなかっただろうな…というのが、正直な感想です。

やっぱり見てくれている人たちがいたから、ここまでこれたのだろうな…と。


ただ、初期のころからは、書いている内容や方向性だけでなく、心境や自分の周りの状況などもかなり違ってきているみたいなので、今後もそのままいけるかどうかということに一抹の不安もなくはないのですが、来年の今頃も相変わらずといった調子であればいいなぁと、思っていたりしています。






Last updated  Jun 20, 2007 11:55:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 22, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
終わっていないような終わったような歓楽叶わぬ納骨堂庭園 さま】


xuraさんから頂いたブログバトンに答えてみようと思います。


1. あなたの目に、ブログは終わったように見えますか?それともまだまだ可能性は残されていると思いますか?


私自身は、ブログが終わったとは思っていません。

私が読んでいるところでも、去っていった方は確かにいますが、一方で充電期間(?)を終えて、また新たに活動を再開している方もいたりしています。まだまだこれから、といったところなんじゃないでしょうか。


ブログでできることも、もしかしたらこれからもっと増えていくかもしれません。

例えばですけど、私がブログを始めた当時、ブログで動画をおいて鑑賞できるようになるなんて思っても見ませんでした。
が、今はどうでしょうか。youtubeの動画がブログに貼られていることは、それほど珍しいことでもなくなったように感じます。

まあ、これはブログツールそのものの進化ではないのですが、このことによってブログの可能性が広がったことは確かだと思います。

ブログを使う側が直接的にブログの可能性をどれだけ広げられるかだけではなく、こういったブログと連携できるツールによって、間接的にその可能性が広がっていくこともあると思います。

2. 1.の理由を、できるだけ具体的に(できれば、具体的なブログやブロガー、その他のサービスなどを挙げて)答えてください


とはいっても、特に根拠があるわけでもないんです。

個人的な思いだけ、いや願望も含めて書きましたので、具体的なブログや、サービスなどを上げるつもりはないです。

3.回す人


私から個人的に誰かに回す人は特にいません。
答えてみたい方がおりましたら、ご自由にお持ち帰りください。






Last updated  Feb 22, 2007 11:36:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 16, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
113代目のバトン歓楽叶わぬ納骨堂庭園さま】

xuraさんから、バトンが回ってきていました。答えてみようと思います。



~このバトンの注意事項~


気に入らない質問を3個削除して新しい質問を3個加えてください。

バトンを受け取った方は、○代目をカウントアップしてください。




○今一番欲しいのはなんですか?

 勘の鋭さ、か、行動力…かな。

○一つ夢が叶うなら?

 器用で、要領がいい人に成り代ってみたい。私とは正反対なので。

○自分のおかしなクセは?

 いくつかあるように思えるけど、ひとつだけ、妄想癖があること。

○自分自身の心が落ち着ける空間はどこ?

 自分の部屋、あるいは一人でいられる場所。
 
○何か、最近、いいことありました?
 
 ありましたよ。

○それでも、ブログを書く理由って、何ですか?

 自己表現が楽しいから、待っていてくれる人の声に少しでも応えたいから。

○ネットで知り合った人と直接逢った事がありますか

 ありません。

○あなたの好きな言葉を一つ挙げて下さい

 「あなたがここにいるだけでいい」 


○四季の中で一番好きな季節は何時ですか

 秋…かな。暑くもなく、寒くもなく、花粉症にも悩まされないし(笑)。

○バトンをまわす5人(削除不可)

 強制ではありません。もしよろしければ、どうぞ。


 souryuuseiさん

 天慈さん

 まなめさん

 めにたんさん

 このバトンを受け取ってみたい方


 …って、最後のは、本当はダメなのかもしれないな。



◇付け加える3つの質問

○今日までブログやサイトを続けてきて、一番嬉しかったことはなんですか

○あなたが苦手なことを一つだけ、教えてください

○今と違う時代にいけるとしたら、いつの時代に行きたいですか







Last updated  Oct 16, 2006 10:23:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 29, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログはマスターベーションの道具ではないセックスなんてくそくらえさま】

感想系ブログをやっている自分も、書いている場所がブログなだけで、やっていることは(コメンテーターと)あまりかわらないような気がする。


私は、自分がどちらかといえば創作者、表現者というより、批評家、コメンテーターの立場に近いということを自覚している。たとえ、自分では何かを書く「きっかけ」をもらっているつもりでも、それがどう映るのかということについてはそれなりに考えているつもりだ。

自分が感想屋だからって、リンクを貼るのは、言及するのは自由だからといっても、何にでも安易に共感したり、わかった気になったりして、軽々しく反応するのはどうだろう…という思いはある。ついつい、やってしまったりもするのだが…。


もっとも、ある程度は恥知らずでないと、コメンテーター的な立場でいつづけることは出来ないのかもしれない。何を持って「恥」とするのかによっても違うとは思うのだけど。

変に卑屈になる必要は全くないと思う、ただ、自分の身の丈を考えて、発言をしていきたいとは思っている。






Last updated  Jul 29, 2006 10:49:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 27, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
ニセの男らしさから自由になるために「生活男の生きる道」さま】

性教育に関してはなんか変に規制する方向にばっかり進んでいるという意識があり、違和感があった。別に規制が悪いとは言わないが、その対象がせいぜい子供が比較的よく触れる(とされる)マンガやゲーム、アニメとかその周辺ぐらいで、コンビニに堂々と置いてある成年雑誌とか電車の中刷りとかの規制はまず聞かない。その差はなんなんだとは良く思う。

それで、そうやって中途半端に遠ざけておきながら、きちんと教育するわけでもない。どのみち一生この手のことに触れずにすむわけもなく、むしろ切り離せないものなのだから、ただ「臭いものには蓋を…」で済ますのはかえって危険なんじゃないかと思っている。


ポルノグラフティの洗礼みたいなのは私もうけた。そのときまで全くそういうことに興味が無かった状態で受けてしまったため、当時は結構反動が強かった気もする。そういう経験があるからこそ、むやみに規制だけをしていくという姿勢に反対なのかも知れない。


別に「男」に限ったことではないとは思うけど、周囲から「男らしさ」とか「男なんだから…」と、なにか鋳型にはめ込まれるような感じに窮屈な思いをしたことがある人はそう少なくも無いと思う。

しかし「男性の開放」みたいな主張は出てこない。何故だろうと思ったことはある。

女性と違い、男の大半は「男らしさ」という枠組みに対して疑問を持たないのだろうか。感じたことは無いのだろうか…と。

もしかしたら、持っているにもかかわらず、何かが邪魔して主張できない人が結構いるのかもしれない。






Last updated  Feb 27, 2006 10:43:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 30, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
「これ、お願いします」
事務の子にもらったFAXにはある部品の入庫確認依頼が書かれていた。

あて先は大手の搬入先。作業場で使う大抵の部品は部品業者から一旦ここに集められる。そこの部品を私が作る製品ごとにわけ、大抵2~3日ぐらいで製品にして納品先におさめる。

入庫確認が来たこと自体は問題ではなかった。ただ、その部品の入庫予定日が問題だった・・・。

なんと7月20日入庫予定のものの確認だったのである・・・。

そんなのとっくに製品にして納品してるわーっ!!

当然、影も形もない。受領の処理で向こうかこっちでミスがあったのだろうけど、もう確かめるすべもない。余剰在庫部品で代用させた記憶は無いとは思うが、その不備がこっちでないという保障はない・・・。

頼むからそういうのはもっと早く言ってくれ・・・。






Last updated  Aug 30, 2005 06:23:58 PM
コメント(1) | コメントを書く
Aug 27, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
上京している弟が同窓会に参加するとかで家に泊まりに来る。
同窓会自体は夜だし、私自信は明日用があって一日いない。
そのためすれ違いになる可能性も高いのだが、かといって弟が私の部屋に入らないとは限らない。

こんなことがないとまともに部屋の整理もしないぐらいのものぐさなので、これを口実に部屋を整理しておくことにした。まあ、またすぐに散らかってしまうんだろうけど・・・。

【最近読んだ本】

アルシャードffリプレイ オーディンの槍 (著者:菊池たけし/G.E.A.R.)

実はこのRPGは持っていないし、遊んだこともない。そればかりかファンタジーっぽいというイメージがあるだけで、ほとんど背景とかは解っていなかったんだけど、店頭などでルールを見てどういうゲームなのか興味はあったので読んでみることにした。

キャラクターの濃さ、ストーリーの壮大さが凄いです。雰囲気重視なので純粋に読み物としても充分楽しめます。ゲームの知識ゼロでも全然大丈夫です。ジャンルはファンタジーなのですが、従来のファンタジーものと明らかに違う点があります。飛空艇が大空を飛び、プレイヤーにアンドロイド(みたいなの?)が選べ、さらに異世界からの戦士が召還される・・・そんなファンタジーRPGは私が知る限りなかった気がします(まあ、ルール化されていなくても再現する手はあると思いますけど)。

今までのTRPGのファンタジーはどちらかといえば「トラクエ」に近いものが多かっただった気がしますが、アルシャードは「FF」に近い気がします。私見ですけど。

オーディンの槍






Last updated  Aug 27, 2005 04:32:01 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 26, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
台風11号が去りました・・・。
幸い被害らしい被害は無く、面倒な後始末が残されるのみでした。
元に戻すのに2時間ぐらいかかったような・・・。

手伝ってくれた方の「でもまた(台風が)来るんだよなあと一ヶ月ぐらいあのままにしとけばよかったかもな」という発言にちょっと呆然。

まあ、台風近づくたびにこんな事するのが不毛だという意見はわかるけど、そのままの状態で仕事続けるのは・・・。問題でしょ。

通路とかふさいでたりする部分あるし、適当につんでだりしてたから、部品の場所ばらばらだし、第一、次の搬入分をおくスペースはその2段済みのところには無いですよ。

まあ、流石に戻しはしなかし、その人も多分冗談半分で言ったんでしょうね・・・。






Last updated  Aug 26, 2005 08:12:48 PM
コメント(1) | コメントを書く
Aug 20, 2005
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は電車でお出かけ。
駅に降り立った先から、奇妙な連中が・・・。
やたら大げさなポーズで「○○萌え~ですか!!」と叫んでいる。
小さいビデオカメラを持っている人や集音マイク見たいのを持っている人がいたのでどっかのテレビだろう・・・。

冷ややかに一瞥。そして歩き出す。
こうして偏見は増大されるのか・・・と思うのはうがち過ぎ?
ちなみにここは秋葉原です・・・。

コミケで逃したものを物色に行った同人ショップではレジ周辺に長蛇の列・・・。後ろのほうに「最後尾」の札が・・・どこの大手サークルですかwヾ(・・;)ォィォィ

駅周辺の売店の新聞にて「ホリ○モンの出馬」を知る。
誰がお前に入れるんだよ。
何がしたいんだ?政治家になって?
お金欲しさに政界突入か・・・世も末だなと思うのはうがち過ぎ?

どうも今日は自分の暗黒面が見え隠れしていました・・・。

別に買い物自体に嫌な事があったわけではなくむしろ充実していたはずなのに・・・最初に見たのが悪かったかもしれない・・・。

ちなみに購買意欲には影響なしだった。






Last updated  Aug 20, 2005 08:42:21 PM
コメント(1) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.