000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アラブ音楽・中近東古典音楽に興味のあるあなたに!!!ponkotsu4wdのブログにようこそ!!!

PR

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

2020.09.09
XML

この曲يا بشر (Ya Bashar)・ヤ バシャㇽという曲は日本語で「ねえみんな聞いてくれる」という意味でディアナ・ハッダド(レバノン出身の人で不思議と年齢を重ねるごとに若くなっていくような気がします⁉)が母親になって愛息がなかなか自分の気持ちがまったくわからず困り果てているという心情を素晴らしい節回しの歌唱力と伝統の豪華絢爛アラブ音楽の中で感情を込めて歌いあげています!!!!歌詞の内容は次の通りです!!!!さあ、あなたもこの母親の身になって聞くか、それとも愛息というか愚息の身になって聞くか、それともこの親子以外の立場に立って聞いてください。→「皆さん、きいてくださいますか?」「私の愛する息子は私の心を悪気もなく踏みにじるの…」「私が息子に真心を渡そうとしているのに息子は逆に踏みにじるかのような態度をとるの…」「やれ、やれ、いったい私はどうしたらいいの…」「ああ神様わたしに力をお授けください(この反抗的な態度に耐えれる強い心を…)」「あの子は私の心を傷つけておまけに悪賢いの…」「おまけに彼は私の目よりももっと優しい目をしながらなのよ…」「あの子は自分にとっては安い値段のものを買ってくれって言ったので買ってやったんだけど…(たぶんオートバイ)」「あの子はこの私を買ったその日だけは幸せにしてくれたのだけど…」「そのあとのに2か月はこの私をすごく悲しませたの(たぶんオートバイ事故とその入院のこと)」「けど…もう息子のことで泣くのをやめると誓ったのよ…」という内容ですマザコンのポンコツ男にとっては信じられない話ですポンコツ男だったら逆に母親を後ろに乗せて走りたいです…。







Last updated  2020.09.10 01:31:38
コメント(0) | コメントを書く


2020.08.05

まず始めに8月4に日の無慈悲なベイルートでの大爆発で命を奪われた多くの方々に哀悼の意を表します…。永遠の都ベイルートがたいへんなことになってしまいました!!!!悪魔の仕業としか言いようがありません!!!!この日本語で「ベイルートよ…」という曲を聴いてベイルートの人々に祈りを捧げましょう!!!!
あの世界的に有名なレバノン出身のアラブ音楽界いや世界的に見ても大御所歌手で現在も現役です!!!!そうですファイルースさんです。この曲の意味は以下の通りです。意味は日本語で「ベイルートよ…」という意味で、曲の内容は次の通りです。「ねがわくばベイルートよ安らか(平和)なれ・・・」、「心からベイルートに(祈りをこめた)挨拶をします・・・」、「(ベイルートの)海や、雲や、そこにある建物や、年老いた水夫のような岩になげキッスをするのよ・・・」、「ベイルートの人々の魂からできたワインを作り・・・」,「ベイルートの人々の汗でできたパンやジャスミンを作ったのよ・・・」、「ベイルートには(かつての)栄光の遺跡があるわ・・・」、「わがベイルートよ…」、「ベイルートよあなたは私のベイルートよ…」、「わがベイルートよねがわくば安らか(平和)であれ…」、「ベイルートよ私を包み込んでおくれ…」、「ベイルートは私たちのものなのよ…」といったないようです。この曲のようにベイルートだけでなくアラブ世界にかつての静かな堂々たる栄光の時代が再び訪れることを心から祈ります!古都ベイルートよ永遠に健やかに!!!!






Last updated  2020.08.07 01:24:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.23
おめでとう!Başakşehir Çam ve Sakura Şehir Hastanesi開院、日本とトルコの永遠の友情の証です!!!!親日国が多い中東諸国の中でも特に日露戦争以来大の親日国のトルコと日本の永遠の友情の証ともいえるBaşakşehir Çam & Sakura City Hospital(バシャクシェヒル松桜都市病院)が開院しました!!!!「松」はトルコを「桜」は日本を表すもので両国の永遠の友情を表すものである。この新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るう中でも中東で一番感染者数の多いトルコでこの5月21に開院したのは神様の意志のように思えます。このタイミングにぴったりのトルコと日本の友情を表す一曲だと思います。5月21日Başakşehir Çam ve Sakura Şehir Hastanesi完成、開院おめでとうございます。この日本とトルコの新しい友情を祝ってこの日本とトルコの両国のお馴染みの曲を混血した一曲です!!!!






Last updated  2020.05.23 04:11:59
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.22
初めに世界中で新型コロナウイルスが蔓延して大変なことになっています…。このウイルスでお亡くなりになられた方々に深く追悼の意をささげます…。それからなにより昼夜問わず新型コロナウイルス感染症の治療に専念しておられる病院関係者の方々に心よりの感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございます、これからも宜しくお願いいたします!このポンコツ男もお手を煩わすことのないように気を付けます!
さて、この曲アラビア語でエジプト出身のカルメン・ソリマンさんが歌う「Mahy Sahla(マヒ・サラ)」は日本語で「たいへんなこと」という意味でアラブ音楽らしい優美な曲で意味は次の通りです。
「たいへんなことなんだわ。」「ちゃんとした(たよりなくないというかしっかりとした)彼氏ができないっていうことは…。」「一度休みの日に私たちが待ち合わせをしていたのに会えなかったことを彼が覚えていてくれていると信じてたのに、あの(ばかな)彼は覚えてなかったのよ」「毎晩そのこと(会えなかったこと)が夢によぎったのよ…」「ああお母さん私たち、またもや会えなかったのよ…」「ほんとにたいへんなことなのよ、ちゃんとした(バカでない)彼氏ができないってことは…」「私はまた会えなかったことにうんざりとして、忍耐の限界を超えたの…」「たいへんなことなのよ、(優しい・気遣いのある・馬鹿で自分勝手でない)彼氏がいないってことは…」自分も知らず知らずの間に人に嫌われることのないように気を付けようと思いました。それにしても、ماهي سلةهカルメン・ソリマンさんが淑女の感じの服装をして化粧をしている場面がなにかこう子供がお母さんの化粧品を借りてお母さんの服装をして外出(つまり子供が背伸びをして大人の格好をまねて)している感じがなぜかいじらしく可愛く思えてしまいました。しかし歌唱力はさすがエジプト人だなと感心しています!!!!!!








Last updated  2020.04.26 03:31:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.28
このSaalouny El Nasサァロゥニィ・ェル・ナス」 (The people asked me )というFayrouzさんの美しいアラブの曲にはファイルーズさん夫婦の心温まる裏話があり、それはファイルーズさんが舞台に立つときはいつも必ず夫のラハバーニさんが舞台近くで優しくファイルーズさんを見守っていたのですが、ある日から夫の姿がみえなくなったの(この時脳内出血で倒れていた)でので観客の人々や世間の人びとはいろいろと噂をするようになったのでファイルーズさんは困っていたのですが、それを心配した息子の当時16歳のジャド君がラハバーニの兄弟にファイルーズさんの心境をつずったこの曲を作ってもらったのです。この曲アラビア語でサァロゥニィ・ェル・ナス」は日本語で「皆が私に尋ねるのよ」という意味で、今までずっと舞台の近くにいた夫で作曲家のラハバーニさんがいなくなったのをお客さんが舞台から見ても心配している様子をファイルーズさんが困っているのを観客の皆さんや世間の皆さんに知らしめるためにつくられたものだということがわかります…。アラブ人の美しい夫婦愛+家族愛がわかっていただけると思います!!!日本語訳は以下の通りです。「みんなが(特に観客の皆さんが)、わたしにあなたのことを尋ねるのよ…」「みんながあなたがいなくなったことについて手紙を書いているって風の便りで聞いたわ…」「私が(みんなの前で)歌うのはかんたんなことではなくなってきたのよ、いとしいあなた(夫のラハバーニ)」「最初の間は私たちは一緒じゃなかったわ(夫のラハバーニがファイルーズの舞台の近くにはいなかった)」「みんながあなたのことを聞くのよ…」「私はこう答えるの、彼(ラハバーニ)はもどってくるわよ、彼がここに来ないのは私のせいじゃないのよ…」「私は目を閉じて観客のみんなが私があなたを(夫のラハバーニを)どこかへ隠してしまったのではないかと考えているのではないかと心配をした」「そしてどこからともなくファイルーズがどこかで心配のあまりラハバーニの世話をしているといううわさがわいてきたの…」「彼は夜に現れて私の行く方向を明るく照らしてください」と私に言ったの…。「暗闇が私の視力を失わせたようだ…」「私にどうやってあなたの居場所を見つけたのかは聞かないでください…」「私のあなたへの愛の力があなたの居場所へと導いてくれたのです…。」「自分を本気で病気であると信じ込むことこそ本当の病人だ…」「私たち二人は最初は(いまのように心まで)一緒ではなかった…」この内容の歌詞を観客の前でファイルーズは歌い二人の美しい夫婦愛をみんなの前で知らしめることができた。…ということです。が曲自体もすごく中東らしく美しい曲です。今回はDonia Samir Ghanemさんが歌うアラブ音楽の伝統の現存する女王のFayrouz(ファイルーズ)さんの持ち歌の美しいアラブ音楽でした。それにしても品があって愛らしいし、中東の星のような彼女です!!!






Last updated  2020.03.13 22:44:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.08

エジプト出身のドニア・サミル・ガネムさんは歌手だけではなく女優としても有名です。そしてこの曲アラビア語で「ケセット・シェッタ」は日本語で「冬の(男女の)物語」という意味で、その曲の内容はすごい悔しくてかわいそうで泣けてくるこの秋にぴっったりのはなしですがこの曲の中では冬物語です・・・。「彼女は雨の降りしきるなか、外に出かけて行った・・・」。「彼女はこの冬の寒さなんか気にもかけていなかった・・・」。「なぜ彼女が冬の雨のふるなか外にでかけのかというと、(彼女が心から愛していた)彼がこのところ姿を見せなかったためだった・・・」。「彼女はなぜ彼が姿を見せなくなったのか理解できなかったためだった・・・」。「彼女は二人が夜にいつもいっしょに出かけて行った場所へと来てみたのだった・・・」。「(するとそこにいた)彼は彼女を見つけるとすぐに声をかけてくれたのだが、彼女はその彼の言葉からもうすでに彼の心が自分から遠く離れていることに気がついたのだった・・・」。「彼女は久しぶりに会った彼の話すことを聞いてびっくりして、倒れそうになるのをおさえて座って彼の言うことに耳を傾けたのだった・・・」。「彼の言うことはどれもこれもすべてこれまでの二人の関係の終わりを告げるものだった・・・」。「彼女の心配していたことは、ついに本当のことに、現実のことになったのだった・・・」。彼は彼女をぶっきらぼうに見上げて、無造作に「ごめん・・・」と言った。「それでも彼女は彼を見つめながら二人がいちばん楽しく過ごしたある夜のことを思い出していた・・・」。「ほんとにあなたなの?あのやさしかったあなたがこの私の心を粉々に砕け散らそうとしてるなんて・・・」。「あなたの渡しに優しかったあの心は死んじゃったの・・・」。「彼女は再び彼の目を見てわかったわ・・・と言った・・・」。「私もあなたに同じことを言おうと思ってここに来たのよ・・・」。「私は(最初から)この愛が欲しくなかったみたい・・・」。というと彼女はすぐにその場を去ったのだった。このとき初めて彼女はこの冬の雨の冷たさを思い知ったのだった・・・。というなんというかわいそうでけなげでかわいらしいアラブ女性なんだ自分ならおもいきり彼女を抱きしめたいと思いながらこのバカ男を腹立たしく思うこの秋の夜長です・・・。まるっきり今のこの自分と正反対です逆バージョンというのか・・・。自分の場合、つきあっていたスリランカ人の彼女にこんな感じでいきなりバイバイされたのを思い出す、秋が深まっていく今日このごろです…。アメリカに見捨てられたクルド人の気持ちがよくわかります…。






Last updated  2019.10.08 23:02:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.30
こんどのレバノン出身のキャロル・サマハさんはどこにでもいるような可愛い女性らしい感じです!!!!さて、この曲アラビア語で「エスマ二ィ」は日本語では「ちょっと(私の言うことを)聴いてちょうだい…」という意味で曲の内容は次の通りです。「さあ、この世の中のみんなにぜひとも聞いてほしいことがあるのよ・・・」。「私のことをすべて(全世界のみんなに)知って欲しいの・・・」。「わたしのだ~い好きな、すごく素敵な彼、わたしが心の底から愛している人なの・・・」。「そうよ、こんな感じで私たち二人がうまくいっている間は二人には何も隠すことなんて何にもないのよ・・・」。「これが私たちの運命にちがいないわ・・・」。「そして何者も私たち二人を引き裂くことはできないのよ・・・」。「今夜、(私たち二人だけの世界が)はじまるの・・・」。「そうよ最高にすばらしい二人だけの世界が今夜まっているの・・・」。「そして彼は彼の愛で私の心を満たすのよ・・・」。「わたしのすてきな私だけのあなた・・・いつもそばにいてね・・・」。「私たち一生いっしょにいましょうね!!!そして二人仲良く年を重ねていきましょうよ・・・」。「私のいとしいあなた・・・心から愛しているわ・・・」。「私たちの愛はこの世界と同じくらい大きいのね・・・、いやそんなことないわ、この世界よりもっと大きいのよ・・・」。「私の今までの(いやな思い出を)忘れさせてちょうだい!!!」。「そうよ!!!これが私たち二人の運命に違いないわ・・・」。というちくしょう!!!!(少々古いですが小梅太夫のまねで)うらやまし~。ごちそーさん。ごくろーさん。はいはい!!!!という曲です。それから書き忘れてましたが最初の部分は無音になってCDを入れるときから音が入りますので故障ではありません・・・。ご安心ください・・・。
 






Last updated  2019.10.04 13:04:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.11
このWahshani Bladi(ワッシャニ ブラディ)は日本語にすると「なつかしい祖国よ・・・」という題名です。日本語の意味は以下の通りです「私はこの国にみんな(かつての家族や友人たち)がいないのを寂しくおもってるの・・・」「私は、皆がいる国に行きたいな・・・」「いまは、昔すんでいた国での出来事を思い出すの・・・」「なつかしい家族や友人のこと、それから夜によくかかっていた音楽のことを思い出すのよ・・・」「何年たっても忘れることの出来ない国にいる眼がとてもきれいな息子のことも思い出すの・・・」「そうなのかれのそばにいると私はとても心が安らぐの・・・」「ああ、神様、私の懐かしい国よ・・・」「神様によってつくられた自分たちが過ごしてきた国、そう自分の国がなくて寂しいの・・・思い出や、物語のある自分のかつての国が・・・」「神様によって私たちがいかされてきたかつての国、私が考えている以外のものはないのよ・・・」「そして明日、私と私たち(友人、家族)はその国(場所)にもどるのよ!!!!」「そしてあのすばらしい懐かしい日々が私たちに戻ってくるの!!!!」という○○ボケの日本人には理解できない、最近の中東・中央アジアとわずムスリムの国に降りかかっている話です。






Last updated  2019.09.11 23:49:14
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.30
久しぶりに曲を紹介したいと思います。 美しいインドの曲らしいものです。この曲の中でナジマさんが話している言語はヒンディ語とウルドゥ語が混ざった独特のものらしいです。歌の内容は次の通りです。「一杯のお酒がどれだけ人に喜びを与えてくれるというのよ」「私の悲しみは酒場を訪れたあとでさえ、ますます深くなっていくわ・・・」「あなたは私への(知らんふりをする)態度を変えないでいいのよ・・・」「どうやら、もう私はあなたから身を引いたほうがいいみたいね・・・」「そうよあなたの友人(女性達)のためにもね・・・」「わたしの悲しみは酒場の席に座るまでもなくますますひどくなるよ・・・」「あなたはあなたの友人達(女性)のためにもわたしからはなれてちょうだい・・・」「わたしはあなたからはなれて一人でいるほうがずっといいの・・・」「あなたが私の黒い髪をその指でとかすほど渡しの人生は逆にからまっていくのだから・・・」という意味深いいかにもインドらしい話です。アラブ音楽もいいですけどインドの曲も捨てがたい味があります!!!!






Last updated  2019.08.30 01:36:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.13
これを聞けばあなたもアラブ世界の雰囲気が少し味わえるかも知れません・・・、生活の中心、文化・音楽の中心に脈々と流れているのはイスラム教のお祈りです!!!
なぜ、今回このお祈りをのせているのかというと、この13日に30歳ちょっとで子宮がんの手術をするayakaさんの手術が無事に終わることをお祈りするためです。彼女はピアノが弾けて、ベリーダンスも踊れ、この7月トルコでのオリエントダンス大会において見事入賞したほどのひとです。ayakaさんは「もうやりたかったことはすべてやったわ・・・」と言っていますが来年もトルコに行ってオリエントダンス大会に出場したいそうですし、クリミア半島にも行きたいそうです。彼女のブログアドレスはFCブログでhttps://phala30.blog.fc2.com/
追伸…ありがとうございましたayakaさんは皆様の応援のおかげで術後j順調で20日に退院するそうです!!!!!






Last updated  2019.08.20 03:07:54
コメント(0) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.