2015.12.28

一年を振り返る

カテゴリ:トレカ
今年も残すところ4日となり、一年を軽く振り返ってみようかと。


まずは鹿島のキックオフパーティで突然発表された夢生のレンタル移籍加入!


夢生が居なかったら今年の鹿島は降格圏にいたかもしれないと言うほど、今年一番の活躍をしてくれました。


ここまでサポを興奮させるような選手だとは思わなかった!!


その夢生もレンタル終了のアナウンスがポルティモネンセのツイッターではされているようなのですが、満さんはレンタルからの完全移籍での獲得は問題ないと思うとの発言をしていたので、一縷の望みにかけたいですね


1stシリーズは、セレーゾが指揮をしていたことの弊害がモロに出てしまい閉塞感の漂う結果に。


ジネイが怪我明けで異例の再契約となり、フィットしたと思ったら怪我での離脱と言う不運も重なりました。


2ndの3節目までの結果を受けての石井監督への切替は他サポからしたら鹿島も終わったと思われたことでしょう。


そこからの快進撃で、久しぶりの戴冠まで成せたのは石井監督の手腕といっていいのではないでしょうか!


ナビスコ決勝も今年は2列目で観戦出来、久しぶりのカップアップを目の前で観られたのは最高でした!!!


夢生が繰り返し言っていたこのメンバーでタイトルを獲りたかったと言うのが来年は鹿島に居ないと言うことなのか、本山ら退団が決まることを知っていたからなのか・・・


そのモトは北九州に行くことが決定したようです。


実家から歩いていけるほど近い本拠地を持つクラブになり、クリスタルの輝きを地元で魅せてくれることと思います。


ヤナギと浩二とイバさんのENCOREも忘れられないイベントになりました。


またいつか、イバさんには鹿島に何かしらの形で係わってもらいたいですね!


2ndは勝ち点3届かずの2位。


開幕3試合で下位チームだった相手に勝ち点を逃し続けたのが大きく響いた結果となりました。


1stシリーズの結果を受けて石井さんに交代していれば違ったかもと言う念は消えませんが、結果論と言うものですね。



カードでは1月に発売されたフロンティアのミランセットから本田の金サインとエルシャーラウィのレターパッチを引くという、年間一位候補になるような引きがありました



ミランセット2の引きでは、エルシャーラウィとメネズのコンボサインが良かった引きでしょうか。


鹿島のものではTEで岳のサインを自引き出来たことと、ジャージNo.パッチを自引き出来たことでしょう!



パッチの方はランキングを付けたら年間一位をこのカードにすると思います。



競馬の方は昨年度のPOGはレーヴミストラルをはじめ、クラシックでも馬券圏内に入るような指名もしていたのですが、通常年なら負けない程度の賞金を稼いでいたにもかかわらず最下位ではありませんが負け組になってしまいました。


ドゥラメンテを指名していた友人など、他の結果が良すぎました。



今年はリオンディーズなど、有力処を数頭指名しているので負けることはないでしょうが、友人の指名馬にも昨日ホープフルSを勝ったハートレーを指名している方もいたりで混戦模様でしょうか。



私生活では、友人からスーパーカブを購入賞金



元々スーパーカブが好きで、どうでしょうを見始めた者としては念願のカブを入手出来たことが一番嬉しかったことですね。


ちょっとそこまで出掛ける時は車を出さずにカブで出掛けるようになりました。


リッター50km走る乗り物なんてそうそう無いですからね!




最後に先日発売した15-16のミランセットを2箱開封した結果をはさみ


一箱目はバロテッリのレターでしたグッド


スポンサー名か、名前部分のパッチ部分でした。


二箱目からは今のミランで最も注目を集めている選手かもしれないあの選手きらきら


donnarumma.jpg


ドンナルンマのオートですスマイル


ブッフォンの後継者と噂されているドンナルンマのルーキーオートを引けましたひらめき



GKの後継者不足に悩む鹿島にあって、次代を任せられるGKがいることは羨まし過ぎる!!


先日鹿島のユースが日本一になったように、ユース年代より下の選手の育成に力を入れている鹿島からもこんな選手が出てきて欲しいものですね。


ユースには沖君・石川君と言う一年生の良いGKが育ってきているので、ドンナルンマのようにユース年代からソガを超えるような活躍をしてくれたら嬉しいものです。





TWITTER

Last updated  2015.12.28 13:33:26
コメント(0) | コメントを書く