背徳の文化評論

フリーページ

2004年02月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
地下鉄、松本両サリン事件など13事件で起訴されたオウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告(48)の判決が27日、東京地裁で言い渡される。娘が生まれる前に夫を失った妻。事件後、失った息子に婚約者のいたことを知った母。そして、娘一家を奪われた父――。初公判から約8年。全事件の首謀者とされる「教祖」に審判が下される日を、遺族たちは様々な思いで迎える。

◆初めて母から真相、小2の娘ただ無言…地下鉄サリン◆

地下鉄サリン事件の1か月後に生まれた長女(8)は小学2年生になった。毎朝仏壇の「パパ」の写真に「行ってきまーす」と呼びかけて、家を出る。

1995年3月、通勤途中に、サリンで亡くなった父のことを、母(38)は「事故で死んだ」と説明してきた。「自然に分かるようになればいい」と、命日に、父が倒れた地下鉄のホームに2人で花を供えに行っても、事件には触れなかった。

その娘が昨年暮れ、松本被告の裁判のニュースを見ていた時、「パパを殺したのはこの人だよね」と、ポツリと言った。誰に聞くともなく、父が「殺された」ことに感づいていた。

判決直前の今こそ、話すべき時なのかもしれない。先月、母は初めて娘に、父の死について明かした。

「パパが乗ってた地下鉄に毒がまかれ、それを吸って死んだの。すごい苦しかったんだよ」

娘はうなずきながら聞いていた。無言のまま、母に何も尋ねなかった。「事件の話をすると私が悲しむと思ったのでしょう。ショックだったと思う」







最終更新日  2004年02月27日 09時26分54秒
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:オウム本日結審(02/27)   よしぞう三等兵 さん
「パパが乗ってた地下鉄に毒がまかれ、それを吸って死んだの。すごい苦しかったんだよ」
(2004年02月27日 14時30分43秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


風船男

お気に入りブログ

韓国ドラマ「町の弁… 七詩さん

維持管理 artaxerxesさん

退役 自称「ナショ… ぐりーんわいあっとさん
あやしいふるほんや… はるる!さん
2,462,015,520 ckay2003さん

コメント新着

 風船くん@ いえはや ここの IP忘れてしまいました。
 六道涙目抜刀隊@ あれれ? こっちになったんですか?

© Rakuten Group, Inc.