225287 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

袴田巖さんの再審を求める会のブログ

全8件 (8件中 1-8件目)

1

三者協議

2013/09/14
XML
カテゴリ:三者協議
 昨日午後1時30分から静岡地裁で弁護団・検察・裁判所による24回目の三者協議が行われ、終了後静岡県弁護士会で会見を開いた弁護団によると、7月26日に検察から新たに開示された供述調書や捜査報告書など130点の証拠に関連して9月5日に弁護団が提出していた証拠開示命令申立書について、裁判所(村山浩昭裁判長)は「5点の衣類」の隠匿状況に関する捜査報告書などの証拠に関して、検察に対し口頭で証拠開示勧告を出しました。

 また、今年12月2日(月)を弁護団・検察双方の最終意見書の提出期限とし、12月16日(金)午後1時15分から、弁護団と再審請求人の袴田秀子さんの意見陳述を非公開の法廷で行うことを決めました。袴田巖さん本人への意見聴取については、どのような方法で行うのか、裁判所でさらに検討するとして結論を持ち越しました。

DSCN2289-2.jpg
三者協議終了後に会見に臨む弁護団と秀子さん


・裁判所が3度目の証拠開示勧告
 弁護団が8月下旬に行った合宿会議などで上記130点の証拠を分析した結果、未開示の関連証拠が存在することが明らかになり、上記証拠開示命令申立書で次の3種類の証拠の開示を求めました。

1.事件発生前後の袴田さんの供述を記録した捜査報告書など一切の証拠
2.消防団員A氏の供述を録取した捜査報告書・供述調書など一切の証拠
3.(1)事件直後から昭和41年7月20日に1号タンクに味噌が仕込まれるまでの、同タンクの状況(洗浄の有無等)及び同タンク内の味噌の状況について記載された捜査報告書、関係者供述調書など一切の証拠、(2)味噌仕込み作業に関する関係者の供述を記載した捜査報告書・供述調書など一切の証拠

 このうち、裁判所が勧告を出したのは3に関してで、1と2については、袴田さんの供述の裏付け証拠(自白の信用性を弾劾する証拠)であることから、裁判所は確定判決の証拠構造との関連性や審理の進行状況などとの関係でこれらの証拠を開示勧告の対象から外しました。要するに裁判所は、袴田さんを有罪とする決め手となった証拠は、自白ではなく「5点の衣類」だと認識しているわけです。

 なお、弁護団の検討の結果、今回開示された証拠の中には、袴田さんの供述どおり、事件発生当時袴田さんは従業員寮の自室で寝ていた可能性が高いことを示す捜査報告書があることがわかりました。この捜査報告書には、火災発生後すぐに消火活動に従事した従業員(袴田さんと同じ寮の隣室に寝ていた人)が、袴田さんもその従業員と同じころに起きてすぐ後ろから付いてきていた旨供述していることが記載されていました。

 これによって袴田さんのアリバイが直接証明されるものではありませんが、袴田さんに有利な証拠であることは明らかで、検察は「証拠隠し」と批判されても仕方ないでしょう。このような袴田さんに有利な証拠を検察はまだ多数隠し続けていることは明らかです。裁判所の勧告を待つまでもなく、任意に全ての証拠を開示することこそ「公益の代表者」としての使命ではないでしょうか。

・年度内にも再審可否の判断が出る見通し
 12月2日に最終意見書の提出期限が決まり、12月16日の上記意見陳述をもって事実上結審する見通しで、今年度中に裁判所が第2次再審請求について判断を出す可能性が高まりました。前回の三者協議で裁判所は最終意見書の提出を10月末にならないか弁護団に打診しましたが、弁護団は「それは困難」と回答し、この日の協議で新たに証拠開示勧告が出されたこともあり、提出期限を前倒しすることはさらに難しくなったため、結局裁判所は12月2日に指定しました。

 決定を出す時期について弁護団に問われた裁判所は、「一応考えている」としながらも明言は避けました。しかし、これまでの協議内容からすると、今年度中に出すつもりでいることはほぼ間違いないものと考えられます。いよいよ約半年後に再審を開始するか否かの判断が出されることになります。

・袴田さん本人への意見聴取はさらに検討
 前回の三者協議で弁護団が裁判所に求めた、刑事訴訟規則286条に基づく、袴田巖さん本人への意見聴取について、裁判所は今回の三者協議までに検討するとしていましたが、結局その方法について裁判所から具体的な提案はありませんでした。村山裁判長は、袴田さんの現状を聞く限り、実効性のある意見聴取ができるのか疑問が残ることや、拘置所との交渉・調整に相当の労力を要することなどを理由に、さらに検討する旨弁護団に伝えています。

 ところで、刑事訴訟規則286条にはこう規定されています。
(意見の聴取)
 再審の請求について決定をする場合には、請求をした者及びその相手方の意見を聴かなければならない。有罪の言渡を受けた者の法定代理人又は保佐人が請求をした場合には、有罪の言渡を受けた者の意見をも聴かなければならない。

 
 袴田事件第2次再審請求の請求人はご存じのとおり袴田秀子さんです。有罪の言渡しを受けた本人である袴田巖さんが精神上の障害によって自分で再審請求をすることができないために、保佐人である秀子さんが袴田さんに変わって請求をしたのです。そういう場合には有罪の言渡しを受けた本人にも意見を聴かなければ再審請求について決定を出してはいけないというのがこの規定のです。

 さて、村山裁判長は上記のとおり、袴田さんへの意見聴取の「実効性」、すなわち、袴田さんが裁判所の質問の意味を理解し合理的な意見を述べることができるのか否かを問題にしたようですが、これは条文解釈を誤っているのではないでしょうか。なぜなら、同条には、保佐人が再審請求した場合だけでなく、法定代理人が再審請求した場合にも、本人への意見聴取を義務付けているからです。

 法定代理人には未成年者の保護者だけでなく成年後見人も含まれます。被後見人は被保佐人よりも精神上の障害がより深刻で、判断能力を欠く常況にある人に適用されます。そういう判断能力の欠如した被後見人(例えば重い認知症患者など)に、後見人がした再審請求について意見を求めたところで、その求意見の趣旨を理解して合理的な意見が返ってくる可能性は低いと考えるのが普通でしょう。それでも同条は被後見人の意見を聴かなければならないと規定しているわけです。つまり同条で有罪の言渡しを受けた本人への意見聴取を義務付けた趣旨は、とにかく本来の当事者である本人の意見を聴けということです。

 同条がそこまでして本人の意見を聴けと規定している以上、その方法こそ本人の意見を確実に聴くための実効性が求められるはずです。これまでの裁判所の運用では、再審請求人に単に書面を送り、指定した期日までに書面で意見を述べさせる方法が取られていました。再審請求人に精神上の障害がなく、書面でのやり取りで意見聴取が可能であればこの方法でも問題はないでしょう。

 しかし袴田さんの場合は違います。裁判関係の書面には全く目を通さないと言われていますし、かなり以前から袴田さんは手紙を書くことをやめています。要するに書面のやり取りでは袴田さんから意見を聴くことはできないのです。袴田さんの場合、同条の趣旨を実現するためには裁判官が袴田さん本人と直接会って意見を聴く以外にありません。

 確かに袴田さんはここ3年以上誰からの面会申込みにも応じず、頑なに面会を拒否しています。しかし、1年半前にDNA鑑定のための血液採取が行われた際にはこれに応じています。これは裁判所が拘置所に強く協力を求めた結果です。裁判所がやる気になれば、拘置所も協力せざるを得ません。拘置所が協力しなかったために再審請求の決定を出すことができないことになれば、拘置所(=法務・検察当局)への批判は免れないからです。

 ちなみに、過去松山事件の第2次再審請求で、裁判所が同条規定の本人への意見聴取を行わずに再審請求棄却決定を出したことがありましたが、その棄却決定は違法と判断されて上級審で取り消されました。

 村山裁判長は12月16日の秀子さんと弁護団の意見陳述の場に袴田さん本人も呼び出すか、もしくは東京拘置所に赴いて袴田さんと面会して意見を聴く以外に同条の趣旨を実現できません。いずれにせよ拘置所に対し強く協力を求めざるを得ないのではないでしょうか。

(共同代表・福田)







Last updated  2013/09/17 04:06:54 AM
コメント(0) | コメントを書く


2012/09/28
カテゴリ:三者協議
 今日午前11時から、袴田事件第2次再審請求の弁護団・検察・裁判所による17回目の三者協議が静岡地裁で行われました。

 今日の協議で、昨年12月と今年4月に結果が判明したDNA鑑定について、鑑定を実施した弁護団・検察推薦の2名の鑑定人に対する主尋問を、それぞれ11月2日と19日の13時30分から静岡地裁で行うことが正式に決まりました。また、この主尋問が終わった時点で、反対尋問の日程を入れることも決定しました。

三者協議20120928.JPG
三者協議後の記者会見に臨む弁護団と秀子さん

 検察は現在、弁護団推薦の鑑定人が提出した鑑定書を複数の専門家に評価させていて、その一部はすでに弁護団や裁判所にも提出され、いずれも弁護団推薦の鑑定人が採用した鑑定手法に疑問を呈する内容となっています。検察はこれら第三者の意見書を基に、11月以降に予定されている鑑定人尋問で、「5点の衣類」には被害者の血も、袴田さんの血も付いていなかったとする弁護団推薦鑑定人の鑑定結果の信用性を争ってくるものと思われます。

 さらには、検察推薦の鑑定人も「5点の衣類」の右肩部分に付着していた血液のDNA型は袴田さんのDNA型と一致しないと鑑定しているため、検察は、自ら推薦した鑑定人の鑑定結果も信用性が低いと主張すると予想されます。

 協議では、証拠開示についても取り上げられ、8月から就任した村山浩昭裁判長は、証拠開示に対する関心を表明したうえで、今後一定の時期に証拠開示について裁判所としての判断を示すことも含めて検討したい旨述べました。なお、弁護団は昨日、証拠リストの開示を検察に命じるよう裁判所に求める意見書を提出しています。

 公正・公平な裁判を実現するためには証拠の全面開示、少なくとも証拠リストの開示は絶対に必要です。被告人や再審請求人に有利な証拠も含めて全ての証拠を見なければ適切な事実認定など到底できません。検察による「証拠隠し」を許さない、当たり前の裁判が行われなくてはなりません。村山裁判長には証拠開示について積極的な姿勢が望まれます。

 また弁護団は25日、新証拠として、供述分析の専門家・浜田寿美男奈良女子大名誉教授が作成した「録音テープに収録された自白に関する心理学的供述分析」と題する鑑定書と、それに関連した補充書も提出しました。鑑定書は、昨年の証拠開示で存在が明らかになった、起訴後の昭和41年9月21日に行われた取調べの状況を録音したテープを分析したもので、浜田教授は「録音テープに収められた袴田氏の自白は無実の人の虚偽の自白であると結論づけられる。」としています。

 なお、次回の三者協議の日程は、11月以降の鑑定人尋問が終った時点で決めることになりました。






Last updated  2012/09/30 03:09:21 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/07/02
カテゴリ:三者協議
 昨日午前11時から静岡地裁で行われた裁判所・検察・弁護団による9回目の三者協議で、「5点の衣類」のDNA型鑑定を再度実施する方向で調整していくことが確認されました。

DSCN0997-2.JPG
静岡県弁護士会で記者会見に臨む袴田事件弁護団と秀子さん


 「5点の衣類」のDNA型鑑定は第1次再審請求の即時抗告審(東京高裁)で1度実施されましたが、試料が味噌漬けになっていたこともあり「鑑定不能」という結果に終わっています。

 弁護団は今年2月17日に、前回のDNA型鑑定の結果を疑問視する専門家の意見書とともに、技術的には再鑑定が十分可能だとする鑑定請求書を裁判所に提出していました。もともと裁判所は、DNA型鑑定ではっきりしとした結果が出れば、それ以外の新証拠の評価に頭を悩ませることなく決定を出せるためか、再鑑定実施に積極的ともとれる態度を見せており、その後検察からも実施に反対しないとする意見書が提出されるなど実施に向けた協議が重ねられていました。

 今後は早ければ8月29日にも双方の推薦人によって鑑定が始められるとのことです。そうなると結果次第で来年の桜の咲くころにはいよいよ再審開始決定が出されるかもしれません。

朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0702/TKY201107010772.html
毎日新聞
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110702k0000m040115000c.html
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110702ddlk22040203000c.html
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110701ddlk22040253000c.html
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110702/CK2011070202000132.html
日経新聞
http://s.nikkei.com/lLNrjt

 この日の協議では林享男検事から緑色ブリーフ3枚やズボンの寸法札などが新たに証拠開示されました。これによって「5点の衣類」のズボンの寸法札に書かれていた「B」という記号が「色」を表すことが立証され、当時静岡県警が作成した実況見分調書の「型B」という記載が虚偽であることがはっきりしました。

 弁護団は全面証拠開示の必要性などを論じた補充書を裁判所に提出しており、今後も更なる証拠開示を迫っていく予定です。

DSCN0994-2.JPG
静岡地裁前で横断幕を掲げる秀子さんと浜松の支援者寺澤さん






Last updated  2011/07/03 01:02:52 AM
コメント(7) | コメントを書く
2011/02/26
カテゴリ:三者協議
 昨日午前10時30分から静岡地裁で「袴田事件」第2次再審請求審の第6回三者協議が行われ、弁護団から次の3点の新証拠が提出されました。

 1 「5点の衣類」の一つである鉄紺色ズボンのメーカーの元役員の供述録取書
 2 元清水郵便局職員の陳述書
 3 富士急バス車内で黒皮財布を拾った人の陳述書

 1は、各紙報道のとおり、確定判決がズボンのサイズを誤認していたことを明らかにした証拠です。

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110224k0000e040053000c.html
朝日新聞
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001102250001
中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110225/CK2011022502000156.html
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110225-OYT8T00915.htm

 2と3は、袴田さんの逮捕後に清水郵便局で突然発見された事故郵便物に関する捜査報告書に虚偽記載があることを窺わせる証拠と、昭和41年7月に国鉄吉原駅前バス停に停車中の富士急バス車内で拾得された黒皮財布の捜査状況を記録した検察官作成の捜査報告書に虚偽記載があることや証拠隠しがあることを窺わせる証拠です。

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110226/CK2011022602000126.html

 また、今回林享男検事から新たに開示された未提出証拠18点の中に鉄紺色ズボンの共布のサンプル1枚が含まれていましたが、弁護団が開示を求めていたもう1枚のサンプルについては「見当たらない」と回答し開示しませんでした。

 これについて弁護団は記者会見で、「不見当」とされた共布のサンプルが袴田さんの実家で発見された共布の捏造に使用された可能性があると述べました。

DSCN0721-2.jpg
三者協議後記者会見を行なう弁護団


共同通信
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022501000552.html
産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110226/szk11022602010001-n1.htm
毎日新聞
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110226ddlk22040230000c.html
日経新聞
http://s.nikkei.com/hAjh7J

 今回提出された新証拠によって、捜査機関は「5点の衣類」の他にも、捜査報告書への虚偽記載・証拠隠し・証拠捏造を行なっていた疑いが出てきました。こうした違法捜査の実態を明らかにするためには、さらなる証拠開示が必要です。

 次回三者協議は3月25日午前11時から行なわれる予定です。

 なお、三者協議に先立つ午前9時45分からは、本会福田共同代表や静岡の支援者が静岡地裁に対し早期再審開始などを求める要請を行ないました。応対した職員は「これまでいただいた要請書や署名は裁判官に届けている。今回の要請もきちんと裁判官に伝える」と回答しています。






Last updated  2011/02/27 12:56:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/12/06
カテゴリ:三者協議
 本日午前11時から静岡地裁で裁判所・検察・弁護団による第5回三者協議が開催されました。

 正午から弁護士会館で行なわれた弁護団の記者会見によると、この日地検の林享男検事から、発見時の「5点の衣類」のカラー写真30枚など計8点の未提出証拠が新たに開示されました。なお、弁護団から開示請求されていたその他の未提出証拠について検察は「なお検討を要する」と回答し、次回来年2月25日の第6回三者協議の場で開示するかどうかを回答するとのことです。

DSCN0618.JPG
 
三者協議終了後記者会見に臨む弁護団

 一方弁護団は、11月26日と12月3日に静岡地裁に提出した2つの再審請求理由補充書(「5点の衣類」の新たな味噌漬け実験報告書や、ズボンの共布を発見した捜査官の自宅に1993年10月赴き、実際に会って発見当時の話を聞かせてもらった支援者の陳述書などの新証拠を基にした補充書)について説明し、それに関連して以前から申請している捜査官の証人調べを早期に決定するよう裁判所に求めましたが、今回裁判所はそれについて回答を保留しました。

 今後弁護団は次々回3月25日の第7回三者協議までに、「5点の衣類」の捏造主張に関する補充書を提出するとともに、今回開示された証拠の分析を進め、新たな証拠開示請求や新証拠の提出に向けて検討を進める予定です。弁護団の小川秀世事務局長は、開示された「5点の衣類」のカラー写真には、血痕の付着状況や血液の色の状態などに不自然な点があり、「5点の衣類」が捏造証拠であることを裏付ける新証拠にもなりうるとの見方を示しました。

 袴田巖さんの再審開始につながる更なる証拠開示と新証拠の提出に期待しましょう!

静岡放送動画ニュース
http://bit.ly/gOR4Em

静岡第一テレビ動画ニュース
http://bit.ly/dY6zqS

読売新聞
http://bit.ly/e46oqs

中日新聞
http://bit.ly/eOPeB5

静岡新聞
http://bit.ly/espuKR

毎日新聞
http://bit.ly/e7jTEi.html
http://bit.ly/fF3G9E

産経新聞
http://bit.ly/esUFY4






Last updated  2010/12/07 10:12:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/09/13
カテゴリ:三者協議
 今日午前11時から静岡地裁で開かれた第4回三者協議で、今月6日付の意見書で検察官が任意提出するとしていた未提出証拠46点のコピーが弁護団に開示されました!「袴田事件」の再審請求審で検察が任意に証拠開示に応じたのはこれが初めてです。

 12時30分過ぎからは、多くの報道関係者が詰めかける中、静岡県弁護士会で記者会見が行われ、三者協議の内容や今回開示された証拠などについて弁護団から説明がありました。

DSCN0462-2.JPG


 弁護団は「今回の開示が即再審開始ににつながるものではない」としながらも、開示された捜査報告書の一つには「5点の衣類」が発見された当日に各衣類を写したカラー写真も添付されており、弁護団がこれまで展開してきた「5点の衣類」の捏造主張を裏付ける証拠になる可能性もあるため、「一歩前進」と評価しました。

 今後弁護団は早急に各開示証拠の詳細な検討に入り、次回12月6日の第5回三者協議までには捏造に関する補充書を提出する予定で、まだ開示されていない証拠の全面開示についても引き続き検察に要求していくとのことです。

DSCN0467-2.JPG


 なお、検察側からは、昭和42年9月12日に行なわれた袴田さんの実家の家宅捜索時に「5点の衣類」の鉄紺色ズボンの共布とともに押収した袴田さんのベルトに関して、長さを測定する検証の実施を求める上申書が提出されました。これには、事件当時の袴田さんのウエストサイズを特定し、鉄紺色ズボンを当時袴田さんは十分はけたということを立証する狙いがあるようです。

 また、三者協議に先立つ10時からは地元静岡の支援者らが裁判所に署名と要請書を提出しています。

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100914k0000m040059000c.html
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20100914ddlk22040250000c.html

静岡新聞
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20100914000000000010.htm

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20100913-OYT8T00842.htm

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/100914/szk1009140222001-n1.htm






Last updated  2010/09/15 02:46:25 AM
コメント(3) | コメントを書く
2010/05/28
カテゴリ:三者協議
 本日午前10時から静岡地裁で裁判所・検察・弁護団による3回目の三者協議が行われ、証拠開示について進展が見られました。

 今回行われた三者協議はもともと3月26日に予定されていましたが、弁護団からの証拠開示請求に対する検討に時間が必要との理由で検察が延期を求めてきたため、2か月遅れで今日開催されたものです。

 三者協議後に記者会見を開いた弁護団によれば、延期の理由になっていた証拠開示請求に対する検察からの回答は結局今回も出されず、開示できるかどうかの検討にさらに3か月程度の時間が必要との意見が出された一方で、「今後は開示できるものは任意に開示し、訴訟進行に最大限協力していく」との発言があり、次回9月13日に行われることになった三者協議までに、検察から何らかの証拠開示がなされる可能性が高まりました。

DSCN0391.JPG
記者会見に臨む弁護団

 裁判所も「審理が先に進まないので任意でできるだけ開示してほしい」と検察に促したとのことで、これは実質的な「証拠開示勧告」とみなすこともできます。

 検察が「任意に証拠を開示する」と言及したのは袴田事件では今回が初めてです。先日狭山事件でも証拠開示が実現し、再審事件での証拠開示の取扱いに関して検察内部に何らかの変化があったことを窺わせる今日の内容でした。






Last updated  2010/05/28 11:45:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/12/14
カテゴリ:三者協議
 本日午前11時30分から静岡地裁で、裁判所・検察・弁護団による2回目の三者協議が開催されました。詳細は次号会報『さいしん』に掲載します。

SBS静岡放送動画ニュース
http://www.digisbs.com/tv/news/movie_s/20091214000000000032.htm

静岡新聞
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20091214000000000024.htm






Last updated  2009/12/15 01:56:28 AM
コメント(1) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.