1910321 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

刹那と永遠 - Moment and eternity -

・「キスクラウォッチング」(JO2)

○4/29(日)ジャパンオープン2007観戦記の続きです。





男子最後の滑走者は
先の世界選手権で金メダルを獲得した
世界王者・ブライアン・ジュベール

彼の演技も世選で見ているはずなのに
ランビエールと大輔の間に挟まれて
なんとなく影が薄い…(世界王者なのに)

しかし!
今日のフリーは冒頭の四回転でインパクト大!!(またも会場大歓声)

さっきのオダリンのフェザータッチなジャンプと比べると
ハードだわ~
男の跳びだわ~

音楽いいね(世選でこの曲使ってた人おおかったな)
後半に向けて盛り上がるわ~

ちょっとおつかれモードか
演技の精度はイマイチでしたが
力強いステップ等の王者の貫禄で十分見せてくれました
点数は132.76
おやおや小塚くんと世界王者が同得点
そしてオダリン男子での優勝決定!おめでと~~








男子が終わって女子の部開始
しかしせっかくキスクラ正面という良席をGETしたには
キスクラでのオダリンをチェックしなきゃ~と

演技もそぞろで
またまた双眼鏡でオダリン&小塚くんをガン見




 警 告: ここから先はミーハー視点による双眼鏡ヴィジョン(単なるオダリンウォッチング)になりますのでご注意ください。




女子の演技中
ソファーの背もたれに
並んでちょこんと座っているふたり
かわいいわあ(萌え~)

他の国のチームの男子もみなそうしているから
きっとあそこに座ったほうがリンクが見やすいのだろう

途中、関係者らしきひとに注意され
いったん背もたれから降りる
しかしその人がフェードアウトしたら
またふたりで座りなおしているじゃないですか(笑)

コルピが「オペラ座の怪人」で滑っていれば
たぶん大輔の「オペラ座」のフィニッシュポーズと思われる
腕を上げて首を振るシャクレポーズを二人してまねてみたり

真央ちゃんがキスクラの前で大またあけて首コキコキの振り付けをすれば
すかさず真似して首コキコキのオダリン

真央ちゃんの演技の前には「ガンバー!」と声をかけるオダリン
終われば立ち上がって拍手で迎え
白のジャージをオダリンが
黒のベストを小塚くんがうやうやしく真央ちゃんに着せてあげている
その姿は姫とふたりのナイト(従者?)のようであった

(しかし汗だくの真央ちゃんはそのあとジャージとベストを暑そうにはだけさせていた)


某社のミネラルウォーターのラベルをぺろんとはがして(スポンサーの関係か?)
そのラベルをジャージのポケットに入れて
ごくごくと水を飲むオダリン

ノリのいい曲では小塚くんと一緒に手拍子をするオダリン
ついには座りながらも踊るオダリン


萌え~~



そして何よりオダリンがすごいのは
国内海外関係なく
自分の目の前を通り過ぎる
演技を終えて帰ってきた選手全員に


「お疲れ様」の拍手をしてあげているのだ・・・


すごいよオダリン・・・


いい奴すぎるよ・・・



そんな風に生きてて、人生疲れないか?(笑)


ほかにも
小塚くんと佐藤コーチが通路で会話していたり
モロゾフとヤグディンが話し込んでいたり
マイヤーが滑っていたときのヤグ&ジュベが
テンション高くてノリノリだったり(←かわいかった♪)
なかなか貴重な絵がみられましたぜ^^


ついに女子の最終滑走
日本チームの安藤美姫選手!!

すかさず「ガンバー!」と声をかけるオダリン(萌え~)

そしてこのときhakaの双眼鏡に飛び込んできた衝撃映像は

スーツでビシっと決めて
すんげー気合の入った表情で
美姫ちゃんのエッジケースと鼻かみ用箱ティッシュを持って
リンクサイドに仁王立ちするモロゾフ様

あんなにイケメンでダンディーなのに…「箱ティッシュ」って…

これまた先ほどの真央ちゃんとは別の意味で
姫とナイト(もしくは従者)ってカンジだわさ

(こっちのナイトのほうがかなり強そうだけどさ…)


美姫ちゃんの演技が始まると
キスクラ前リンクサイドで前のめりの体制で

美姫ちゃんの演技を
なめるようににらみつけているモロゾフ

まさに鬼の形相

そしてジャンプが決まるたびに
うおっしゃ!ってカンジの熱いガッツポーズをかますのだ
時にはエキサイトしてエッジケースでリンクのフェンス?をがんがん叩くのだ


モロゾフおもしれええええ


こうなるともうモロゾフしか眼に入らない(笑)
キスクラ前で美姫ちゃんが三連続ジャンプ決めたときなんて
腕ふり上げて「うおっしゃ~!!」と吠え掛かりそうだったもんね


それを後ろのキスクラから冷ややかにみているオダリン・・・(笑)


オダリンウォッチングのはずが
なぜか最後はモロゾフウォッチングになってしまったぜ
恐るべしモロゾフプリン

このモロゾフのオニのような熱意が通じたのか
結局安藤選手が世界女王の貫禄で女子最高得点を出し
日本チームの優勝と相成りました

インタビューで日本チームの二連覇について
「初めてなんで・・・」「僕も初めてなんで・・・」とお約束の二段オチをかましてくれた
小塚&オダリンコンビには今後も期待

そして今回は残念だったけど
3Aの質は跳びぬけて高かった真央ちゃん
ジャンプのキレと回転力も抜群、表情もやわらかくて綺麗になった
世界女王・安藤選手
お疲れ様でしたー!!


来シーズン、また渾身の演技をみせてくださいね♪



そしてこの後hakaは後ろ髪引かれながら
ガラを観るひとたちの列に逆らって
さいたまスーパーアリーナを後に渋谷へ向かったのであった・・・






Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.