2210126 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

刹那と永遠 - Moment and eternity -

・続・ガンバの大冒険!~CWC編~



■プロローグ/2009年3月5日。





CWCのDVDを見た。




まんゆ~戦の最中、ヤットがうっすら笑ってる映像に衝撃を受けた。



あのクールなヤットが。楽しそうに。




解き放たれ、さらに高みを目指そうとする者の歓びを
わたしはあの一瞬の笑顔に見た。




CWCでの健闘
「ガンバの冒険」の素晴らしさが凝縮されたヤットのその表情が
「サッカーは、楽しむものだ」としきりにわたしに語りかけてくる。




思わず、泣いた。




http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200903050001/












■「やれるならやってみろ」。



ついに開幕!
世界の頂点に立つサッカークラブは何処でせう。


◇TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップジャパン2008 日本テレビHP


綺羅星☆スタア軍団・まんゆーが取り上げられるのは当たり前だとしても
我等がアジアの蒼き星☆ガンバ&yattoまで取り上げてくれるのが
嬉しい限り

地上派のゴールデンタイムに
ガンバの勇姿が見られるなんて・・・



それって日テレ超グッジョブ♪


14日の対戦相手が決まりました。
三度目のアデレード。

ワライタケ(←笑い茸・・・ん?ちょっと違う(^^;)も善戦してましたね。
特にGKが大声出して熱くてよかった!
ガンバ来期取ったらどう?

アデレードとは三度目ってことで
「前回のリベンジされるかも・・・」と
少々弱気になっていたのですが

「Number」のyattoのガンバの記事の
yattoの言葉を読んで安心しました。


「ガンバの攻撃的スタイルで勝てたことに価値がある」
「やれるならやってみろ」


うへえwwよくぞ言ったwwwwww

「はい、頼まれました」といい
「アウェーで全部勝てばいい」といい
yattoのどこまでも強気な言葉はほんとうに頼もしい。
hakaの精神安定剤だ。

(しかもきちんと結果が伴うのが凄い)


日曜は冷たい雨の中の闘いになりそうですが・・・


ガンバガンバれ!超ガンバれ!!!



http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812100000/









■四度目の正直。~ヤット、夢の舞台へ~



CWCガンバ勝ったああああああああ!!



しかもヤットのコロコロゴール!

股抜きとかwwwww



試合直前のCWC特集番組でも
ガンバ&ヤットがガンガンとりあげられて
嬉し恥ずかしウハウハだったけど
(内容は「Jリーガーの少年時代」の焼き増しだけどね)


試合後これからも
スポーツニュースのハシゴでウハウハだぜ☆
ああ忙しい♪♪


今回、アデレードが「三度目の正直」(←過去ガンバに二回負けている)なら


ヤットは「四度目の正直」(←世界の舞台に立つ機会を三度逃している)だったからね。


一回分?想いの強さで勝ったのかな。




そして次こそやっと掴んだ「夢の舞台」。まんゆー戦。

(このために18日はスケジュールあけておきました!o(^-^)o)


フタさん&佐々木君の怪我が心配だけど
みんなでワニナレナニワでガンバって


勝て勝て勝て勝て!


相手は欧州チャンプ!
世界の「夢の舞台」やぞ!!



http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812140000/





■狙ってました。



◇西野監督、遠藤(ガンバ大阪) 準々決勝後会見(2008/12/14 スポーツナビ)


――ゴールシーンについて、明神から二川、播戸にボールが渡って、そこからボールが戻ってくるイメージはできていたのか? それからまた抜きは狙っていたのか?

遠藤 明神から二川に渡ったときに播戸が動き出していたので、そこにスペースが空くとは思ったので、ボールが来ると信じて走っていました。あれは最初から最後までイメージ通りかというと、そうではないと思いますが、明神から二川に渡るときはそういうイメージができていたので、途中からイメージ通りでした。また抜きは狙っていました。




視界からさっと消えたかと思うと




突然フッと現れ




キーパーの動きをざっと見切って




股下にコロコロとゴールする。





いつでも虎視眈々と。




ストライカー・ヤット誕生。






http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812160000/






■走れ!ENDO。


CWC「ガンバ×アデレード」の試合のビデオを見返してみた。


ヤット得点シーン。


ゴール前にぽっかりあいたスペースに
一気に走りこむヤット。



この得点のカタチを今シーズン(特に後半)は何度も見ている。



「あ、ゴール前にスペースできてる」


と思うと
ほどなくそこにヤットが走りこんでくる。
絶妙なタイミングで。
猛然と。

当然、ボールは数タッチを経てそこに運ばれる。

プレイヤー達が共有している“ゴールへのイメージ”が現実化された
連携の取れた美しいゴールは痛快で、見ていてとても気持ちがいい。

流れの中での独特なタメ(間)や
巧みなFKやPKなど
「静」のイメージが強かったヤットだけれど
最近は「動」・・・“躍動感”をも身につけてきた。

しかもとてもクレバーな「動」。

「止めて蹴る」などの確かな技術をベースに
経験によって磨かれた質の高い思考(判断)と動きで
前でアタッカーとしても、後ろのボランチとしても機能し
プレイの「静と動」をうまく使い分けている

何においてもこの「バランスの良さ」が
今のヤットの強さだと思う。

「ポジショニングの鬼」であることからもわかるように
でもともと要領の良いヤットである。
さらに運動量もいとわないようになれば
結果はおのずとついてくる。

今日のストライカー・ヤットがあるのは
チームのエースが突然いなくなり
「自分がやらなければいけない状況」に無理やりおかれた
怪我の功名であるとともに

シャイ?なヤットに「走れ!」と言い続けてくれた
オシム前監督の存在が大きかったのだなあとつくづく思う。

キーパーのポジショニングを見て「股抜きを狙った」というヤット。

もはやPKだけではなく流れの中でも
コロコロ(←とネーミングされた、ボールを見ないで相手に集中し瞬時に相手の動きを見切る技術)が
できるようになっているような気がしないでもないww

ゴール前でこんなに機能する選手になるとはねえ・・・

ヤットを二列目で使い続けたり
(ヤットに守備をさせて)松井くんを攻撃に専念させていた
オシム前監督の目利きっぷりには恐れ入るぜ。

そのオシム前監督は協会アドバイザーを退任しまもなく日本を離れると思われる。
教え子達を残して志途中で帰国するのはさぞかし無念なことだろう。


明日の試合はオシム前監督も観に来るらしい。


夢の舞台で魅せてやれ、ヤット。
それが貴方に走ることを教えてくれた、恩師・オシム前監督へのいちばんの恩返しだ。













まんうー戦を明日に控えた、ヤット近況。


◇G大阪が調整 マンU戦大金星へ闘志(2008/12/17 日刊スポーツ)


いつものように“指でつまんだ袖口”に萌えるぜ。




◇G大阪の遠藤 朴智星との対決に「楽しみ」(2008/12/17 スポニチ)


朴、松井、遠藤・・・。京都はどんだけスタアの宝庫やねんwww




◇ファーガソン監督警戒「エンドーはスター」(2008/12/17 スポニチ)


はい、スターです。亜細亜に輝く蒼き星☆です。






◇G大阪を丸裸!マンUが超警戒/クラブW杯(2008/12/17 サンスポ)

◇ファガーソン監督、遠藤を“丸裸”(2008/12/17 デイリースポーツ)


タイトルから想像した光景。


ファガーソン代官「よいではないか、よいではないか」(←帯をしゅるるっ)
ヤット奴(くるくる回って)「あ~れ~」





・・・・違う?(^^;ゞ









【予告】

「ヤットアワード☆2008」開催します!

・・・近日中に。

幸いなことに
ヤットの2008年の仕事がなかなか完結しないので^^
開催のメドがまだたっておりませんが

代表からJからACLまでジャンル問わず
あなたが選ぶ
「2008年のヤットのベストゲーム」を
ちょっと考えておいておくんなませ


いや、もしかしたら2008年ヤットの最高の場面は



これからやってくるのかもしれませんね。




http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812170000/







■夢の舞台でバカ試合。~CWC「まんゆ~×ガンバ大阪」~




◇G大阪3発!遠藤PK決めた/クラブW杯(2008/12/19 日刊スポーツ)



欧州チャンプ相手の夢の舞台で堂々の
5年3組馬鹿試合。


ガンバ最高!!!


この前ヤマハスタで握手した西野監督!
よくもまあこんな面白いチームを創ってくれた!!

みちぴょん見事にちゃっかりクリロナユニゲットww
山崎冬のパン祭り!
バンちゃんPKゲットGJ!
ハシさん見事なゴールで公私ともにオメ!

まんゆ~を本気?にさせちゃって
負けたけど勝った気分。みんな最高。


そしてわれらがヤット。
パス・守備・攻撃・精度の高いFKCKに
なんと初お披露目の無回転ミドル!(←お前いつから打てるようになったんだww)

極め付けが世界デビューのコロコロPKwww(←haka家のTV観戦ボルテージ最高地点)

やっとヤットに訪れた世界の夢の舞台で
亜細亜に輝く蒼き星☆キレキレきらきら輝きまくり。



ちょ~~最高!!!



やっぱ我らガンバの攻撃サッカーは楽しいわ。


王様相手に己のスタイルを貫き見事に散った
蒼と黒の勇者・ガンバ大阪の皆様。
夢のような90分をありがとう。



「亜細亜ACL経由→世界最高峰チームとの夢の対決@CWC行」
ガンバ大阪の大冒険。

残るはガンバと同じくパスサッカーが身上の
メキシコチームとの三位決定戦。(やべえこれも馬鹿試合の予感w)


最後は勝ってワニナレナニワ!
ハッピー遠藤(HAPPYEND)で終わりましょ♪


http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812180000/





■CWCを見て思ったこと。




コーフンしました!CWCまんゆ~vsガンバ大阪!


どこまでも攻めて果敢に散る。
西野さんが7年越しで築き上げた蒼き狼たちのチームからは
サッカーを超えて“男の美学”や“生き様”“志”が感じられたわ。

山崎冬のパン祭り!
橋本さんナイスゴール&ご結婚でダブルオメ!

そしてヤット、ナカータを思い出す縦への高速キラーパスやクリロナからのボール奪取で見せた守備、まんゆ~をガンバワールド(馬鹿試合)に引きずりこんだゲームメイク、精度の高いFKにおなじみの変態コロコロPK、おまけに隠し持ってた無回転ミドルまでご披露!

この大舞台でファンのhakaもビックリの出来ぐあい…。
あんたの本気、しかと見せてもらいましたわ。

(いつかはこんな日が来るとは思っていたけれど)
日本の秘宝は世界最高の夢の舞台でヴェールを脱がされ
ついに「世界のENDO」になっちまったねえ。

うれしいようなうれしいような…寂しいような。

なんだかヤットが遠くにいってしまいそうで少し怖い。(城、みつお、松井…「hakaが好きになったプレイヤーはみなほどなくして海外に行ってしまう」というジンクスがある)いかないでくれえ、ヤット。

「大きなものはゆっくり育つ」。おっとりとした性格で辛くとも心折れずにゆっくりと日本で花開いたその確かな才能で「Jだって捨てたモンじゃない」ってことを2010年の約束の地で証明しておくれ。



http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812190000/







■ヤットの恩返し。~孔雀が飛んだ日~





◇オシム氏がG大阪を絶賛「遠藤は世界に通用」(2008/12/20 サンスポ)


オシム氏は18日にマンチェスターUに敗れたG大阪について「どちらがマンUか分からないような美しいサッカーをした。G大阪ぐらいのチームが普段通りのプレーをすれば、強い相手ともそんなに差がなく戦えることが分かった。もう一度試合をしたら必ずマンUが勝つとはいえない」と絶賛した。

 さらに「遠藤が世界的に通用するのが分かった。橋本も走る量を増やしていけば技術を補える」と日本代表での“教え子”らの名前を挙げてたたえた。21日のパチューカとの3位決定戦については「組織力の勝負になる。個人的にはG大阪が勝だろうと思う」とエールを送った。



「夢の舞台で魅せてやれ、ヤット。
それが貴方に走ることを教えてくれた恩師・オシム前監督へのいちばんの恩返しだ」


「もしかしたら2008年のヤットの最高の場面は これからやってくるのかもしれませんね」


◇ここで書いたことがことごとく現実になっている件。


私はこのオシムさんとヤットの
この上ない、夢の舞台での「再会」を見て

「タンゴ・冬の終わりに」という舞台のある一場面を思い出した。

といってもそれは舞台の物語の中の場面ではなく
舞台終了直後のカーテンコールでの出来事

舞台の上の役者と
観客席からそれを見守る彼の才能を育んだ師匠との
hakaを含むほんのわずかな人しか知らない
刹那の逢瀬

役者の奥にある輝かしい才能に気づき
厳しく指導してそれを磨き上げた師匠

袂を分かち道は離れながらも
その師匠の教えを胸に
地道に努力を重ねていった教え子

ふたりはそれがまるで必然であったかのように
運命であるかのように
ふたたび約束の場所で合間見える
舞台の上に立つその芝居の主役と
それを見守る観客として

そして師匠は観客席で目の当たりにする
自分の見出した城壁の中の宝物のまばゆいばかりの輝きを
いままで彼に費やした自分の時間は間違っていなかったのだと悟り
幸せな気分になり
教え子の成長に目を細める・・・



「僕の孔雀が、いま飛んだ」



舞台には時々こんな風に
現実との素敵なシンクロがあるから面白い。





◇遠藤の「コロコロPK」に本場英国も仰天 トヨタクラブW杯(2008/12/20 日刊スポーツ)



横浜国際スタジアムに住むという?サッカーの神様。

ここでやるか、「PK天才対決」。
この計らい、粋すぎる。



http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812200000/






■夢の舞台、終幕。~ワニナレナニワでハッピー遠藤!~



ガンバ大阪大会三位おめでとう!!
まんゆ~優勝おめでとう!!


今年のCWCは楽しかった~!


ヤット最高!
巧いし賢いし献身的だし素晴らしい!
ますます惚れた☆惚れ直した!

ザキさん流石の二得点!大舞台に強い!!

城さん解説うまい!
ただしもう少し痩せてクレwww

ナマで見るとあんなにカッコイイのに
テレビに映るとなぜあんなにパンパンなんだ、彰二ww

三位決定戦での奥寺×城さんのコンビ解説は個人的には感無量!
しかも二人でガンバ&ヤットの解説だぜこりゃたまんねえぜ!
わかりやすいし口調が落ち着いていてとてもよかった
またコンビで解説しておくれ☆


ルーニーカワイイ!巧くて熱い、そしてカワイイ
あれで23歳なんで詐欺だwww
キャラ立ちまくりではないか!好みだ!惚れた!!


パチューカのキーパーのカタカナハチマキもカッコよかったw
あれだけできるのに引退なんてもったいない(Jで取れ!)
ちゅーか世界のチームはキーパーのレベル高いわ
Jの世界に通じる課題はGKなのかもしれないな



しかし
ここ数日の日テレでのヤット祭り&ガンバ祭り・・・



おまけに注目の大一番でヤット最高のパフォーマンス・・・




夢のように幸せな日々でした。




ありがとうガンバ大阪。ありがとう西野監督。

「ワニナレナニワ」を見た時に「いいチームだな^^」と感じたけれど
まさかここまで素晴らしい結果を出すとは予想してなかったよ。

そして、ありがとう遠藤選手。

今年の3月からの本格ファンでまだ一年も経っていないのに
代表戦での活躍、コロコロ披露、OA選出&入院辞退そしてガンバ10連敗の長いトンネルを抜けるとそこにはACL制覇&MVP、AFC・MVPまさかの落選、CWC大活躍・・・と

光と影の色濃い、ほんとうにいろいろあった月日でした。


あまりに波乱万丈過ぎてちょいと疲れたけど(^_^;)


あなたを好きになって良かった!
応援してきて良かったよ~☆








さて、気持ち切り換えて
「夢の舞台」の次は「舞台は夢」(舞台)
そして「全日本選手権」(フィギュア)&「天皇杯」(サッカー)へとなだれ込み!!




幸せなことに・・・hakaの2008年はいまだエンドレス。




http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200812210000/






■超!今更ながら独断と偏見によるCWC「マンチェスターユナイテッド×ガンバ大阪」。


「超!独」は 忘れた頃に やってくる。



突然ですが
これを語らねば


hakaの2008年が終わらない・・・・・



なので今更ながらに綴ります
超!ヤットファン視点での独断と偏見による



ガンバ大阪・チーム史上「最大の作戦」!!



TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブW杯準決勝!
「マンチェスターユナイテッド×ガンバ大阪」!!!




まずは前置き(長いです)。




アデレード戦の時からキレてたし



珍しくw気合充分のいい表情していたから
“予感”はしてたんだよね


(ヤットのことです)



だから前日の日記にこんなことも書いていたんだよね



「もしかしたら2008年ヤットの最高の場面はこれからやってくるのかもしれませんね」


やっと世界の大舞台にヤットが立てる・・・・


半年前に北京オリンピックで泣きを見たモノとしては
いちどは諦めたヤットの世界デビューの勇姿を
半年後にこうして見ることができた幸福
そしてこのサッカーの神様によって巧妙に仕組まれた運命の巡り合わせに
感謝感激☆感無量

しかも!世界を相手にいつも通りの、いやいつもにまして素晴らしいプレイをご披露!
あまりのカッチョよさにテレビの前で倒れるかと思いましたわ自分wwww


北京OA選出から病気による辞退までの50日間・・・・・・・


毎日が辛かった・・・・


天にも昇るキモチでいたのに(←この頃の日記のテンションはおかしい)
いきなり奈落の底に叩き落された(←この頃の日記もヤバイ)
FUJIYAMAもビックリの浮き沈みの激しき日々

ファンになってまだ3ヶ月あまり
気持ち的にはいちばん盛り上がってる時にこの仕打ち(ーー;)
神様ひどすぎるうううう

ちょうどその頃ミスターな子供たちがテレビでしきりに
北京オリンピックのテーマソングを歌っていた


「降りそそぐ光があって だからこそ日影もあって
そのすべてが意味を持って 互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても 光を感じれるよ」


桜井の皮をかぶったサッカーの神様よ
6月は光の中にいたヤットを突然襲った7月のこの影にも
意味があるんか!?

念願の夢の舞台に立てなかったヤットにも
「光」を感じられるというのか!?




・・・とひとり心の中で(桜井の皮をかぶった)サッカーの神様に絡んでいたものだったwww





マイヒーローにようやく訪れたリベンジの機会
世界で戦うチャンスを
「自分で棒に振ってしまった」姿を

やっと手にした8年越しの夢が手元からこぼれていく有様を
まるまる見届けてしまった者としては

本人が今年の目標としてあげていた「ACL優勝」を叶えた後でも
ACLのMVPを獲得した後でも

どんな栄光が、賞賛が
彼を輝かしく照らしたとしても


ウタダヒカルの「光」状態(=「どんなに良くったって信じ切れないね」)



「一寸先は闇・・・・まだここで手放しで喜んではいけない・・・この先まだ何が起こるかわからない!」



愛するがゆえに(←オーバーな)
大事に思うがゆえに
すべてにおいて疑い深くなっていて
依然として安心できなかったのでございます


正直、初戦の対アデレード戦がいちばん心配だった


ACL決勝で大差で2勝しているチームだけど
あのときはアデレードのチームの状態があまりよくなかったみたいだし


そういうチームにやらかすのがわれらがガンバなのだからwww


それに何度も対戦していれば手の内見えてくるしね
研究されるしね

テレビ局(日テレ)はガンバとまんゆ~との対戦ばかりを煽っていたけれど
hakaはアデレード戦で負けるんじゃないかとマジで思っていた
超ネガっていた

そうしたら決勝点が



ヤットの華麗なる股抜きゴールだよコレが!



ガンバには遠藤って選手しかいないんじゃないか?ってくらい
ファンのhakaが恥ずかしくなるくらいwww
連日遠藤&コロコロPKロックオンで煽っていた日テレとしては
狙った遠藤ヤット様のご活躍によりガンバが勝ち「ガンバ×まんゆ~」対戦決定!で
ウハウハ状態www


(もちろんhakaもウハウハでしたが^^)


この時にようやくhakaは
「CWCを楽しむモード」に入ることができました

なぜなら
アデレードとは苦戦するだろうけど
そこを通過できれば
まんゆ~とは捨て身の勝負で
結構面白い試合をしてくれるのではないかしらと思っていたからです

だってhakaの知ってる限り
ガンバは順境に弱いが逆境(アウェー)には強い

強豪チームに意外とやらかしてみせるのがわれらがガンバなのだから☆

それになんといっても
あのガチャ・・・じゃなかったヤットさんが


「勝ちます!」と大衆の面前でいいきりやがって
めっちゃやる気なのである!



・2008年の目標が「休」(←wwwww)と「ACL優勝」
・ガンバ10連敗中での発言「ここを乗り越えればぼくらはもっと強くなる」
・W杯最終予選の試合で注意したほうがいいのは「ホームのウズベキスタン戦」
・カタール戦前にグダグダいう外野に対して「アウェーで全部勝てばいい」



つまり2008年のヤットさんの「見立て」はのきなみビンゴなのであ~る
そのヤットさんが「勝ちます」というのだから・・・勝つんです!!(←カビラっすか?)

もしやジャイアント☆キリング!?
あるいはガンバお得意☆夢のバカ試合www
失うものは何もない!

勝つとしても負けるとしても
何がやってくれそうな「期待感」に満ち溢れ
試合を楽しみにしているであろうヤットや西野監督らを見て
hakaもわくわくドキドキしておりましたですぞ^^

選ばれなかった者の絶望と選ばれた者の栄光を半年間でともに味わい
降り注ぐ光と日影をともに携えてこのシーズンを走ってきた
いまのヤット&ガンバは「強い」!!



“彼の「最高の舞台」はこれから来る、そしてその場所にはあのひとがいる・・・”



痛みとひきかえに強さを手に入れた今の彼らの充実振りを知っているからこそ
「ガンバ史上最大の大作戦」の前日に幸せな淡い夢を抱き
思い入れたっぷりに日記に綴ったhakaでありました。





そしてその淡い夢は・・・・・





「夢」で終わらなかったのであります。









2008年12月18日。
ガンバの大冒険はアジアを越えてついにここまでたどり着きました!



TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブW杯準決勝!
「マンチェスターユナイテッド×ガンバ大阪」!!


ガンバ善戦、まんゆ~勝利を願う日テレ&ほぼ全世界のCWC視聴者に対して
空気を読まず勝つ気満々の西野&ヤットならびにガンバ軍団(サポーター含む)!

いいぞイケイケ!カッチャエナニワ!!頼もしきかな蒼き狼たち!

もちろんhaka&haka旦那もこの日は慌てて家に帰って
テレビの前に正座のことよ


旦那の予想:まんゆ~2-0ガンバ

hakaの予想:まんゆ~3-1ガンバ(←あくまでも予想・・・希望は3-3くらいのバカ試合)


超!攻撃的チームの名に恥じぬようとにかく一点返して欲しい
贅沢をいえば点の取り合いをして
世界の大舞台でガンバ大阪恒例の「バカ試合」を演じて
ナニワ魂を天下に轟かせたいのであるが
そこまで望むのは贅沢というものだらう

・・・と試合前までは思っていたのよ。







序盤いきなりガンバのカウンターサクレツ!
ヤットの電光石火なロングパスがバンちゃんにぴたり通ってビッグチャンス!
しかしバンちゃん、これを決めきれず!!

(名手ファンデルサル、なんと脚でシュートを阻止!凄すぎwwww)

飛び出しとトラップは完璧だったんだけどなバンちゃん・・・
例の如くフィニッシュが・・・(涙)

と、いかにもいつものガンバモードwwで試合は動いていきまする

その後も意外とまんゆ~はプレスをかけてこなくて
ヤットは自由に球を持てている印象
しかも天下のクリロナ様からボールを奪取して守備でもキレキレ
何だよヤットやればできるじゃん
代表戦でもそのくらい必死で守備しろwww

クリロナ様のサイド攻撃も
安田くんならびに橋本さんが冷静に対処
簡単には突破させねえぜ

どこぞの漫画ではフンドシ姿の妖怪扱い
姿は見えぬがw鉄壁の守りを見せるミョージンはんと
セクスィーダイナマイツ☆加地さんも走る走る!攻守に奮闘!!

最終ラインは頼れるキャプテン・ヤマさん&ナカザーが必死に対応
キャプテンには守備で貢献していただくのはもちろんだけど
個人的にはヤットCK⇒ヤマさんGOALのガンバホットラインがみた~い~♪

ヤットも後で言ってたけどテベスは地味にすげえ
首の太さとカオのいかつさが体幹の太さを物語る
倒れない倒れないガンガン行く
PA前でヤットの股を抜きやがったwww
あれはいつもは抜く側のヤットにとっては屈辱だったであろう

ガンバはガンバってる
しかしやはり地力が違うぜ欧州チャンプ!
ぽーん、ぽーんと簡単にセットプレイから2得点
2-0であっけなく前半終了

意外とポゼッションできてるというけれど
させられてるという感もあり
二点目をヘッドでキメたクリロナなんぞは
空中を横断するクレーンカメラで遊んでやがる
く~っつ!なんという余裕(クヤシ~!!)

誰かはやくこいつの高い鼻をへし折ってやれ!!

後半もヤットはキレキレ
クリロナからボールを奪う奪いまくる
守備でもガンガン効きまくり

「遠藤が普段どおりのプレイができるかどうかでこの試合が決まる」
と誰かが言っていたが
普段どおりどころか普段以上の出来ではないか
超!攻撃的サッカーがモットーの、攻めてナンボのガンバ大阪
さあ今度は攻撃で魅せてくれ!

フィニュッシュはグダグダだがwww
ルーカスの献身的な前線でのキープは効いている
ヤットとルーカス、ミチらの絡みに得点の匂いぷんぷん

ヤットのリズムは今日も変化自在
のらりくらりと様子見でボールを回していたかと思えば
いきなり縦に楔の速めのパスをばんばん入れる

あれ?ヤットって普段こんなにパススピード速かったっけ??

守備のガムシャラさもパスの速度も
CWC仕様なのかヤットww

Jでもそのスピードで出せば速攻できるだろうに
なぜ普段からそれをやらん

ってそれは・・・相手が受けられないのがわかってるからなんだろうな

追いつかないってわかっていてもパス出してあげるくらいに優しいヤットが
追いつくかつけないかギリギリの世界標準の速いパスを容赦なく出してくるところに
彼のこの試合に賭ける意気込みが感じられる

自分のイメージに相手が追いつかないときは待つことができるヤット
そのヤットがまんゆ~軍団に触発されているのか
イメージどおり“待った無し”のプレイをしている
その時の彼はこんなに速い

遠慮はいらない
ヤットノチカラをピッチに解き放て
そのときガンバ大阪はさらに進化する・・・

とか微妙にポエムってる間にいい位置でヤットFKキター!!
ヤットVSファンデルサール!本日最大の見せ場!!(←だとこの時は思っていた)

いつものように手を腰に当てゴールをにらみつけコースを探る遠藤保仁28歳
そうはいくかとゴール前に仁王立ち、ファンデルサール37歳

ちなみにhakaはこのヤットのFKやPKの時の
腰に手を当ててひとりもしくは二人でピッチに佇む姿
いわゆる彼の「静」の時間が好きだ

それは野球でマウンドに立つピッチャーをホウフツさせる

どんなにたくさんの観客が彼を囲んで居ても
まわりでたくさんの仲間が見守り彼の仕事を助けていても
目の前に敵が立ちはだかっていても
プレッシャーがかかっていても

しばし訪れた静寂の中、ひとり挑まねばならぬ孤独な闘い


その静寂を断ち斬るように
ヤットが右足一閃、刀を抜いた

枠隅ギリギリに放たれたシュートを
体いっぱいの跳躍ではじくファンデルサール(流石!)

しかしその後こぼれ玉にバンちゃんがつめてさらに強烈なシュート!
しかし!しかし!敵もサルもの!!ファンデルサールはこのシュートにも反応!!


すげえええええええええ!!


ヤットもサルもみんなすげええええええ!!!


ちなみに実況によれば
名将・ファーガソンはこのヤットのFKを見てすぐさま
ベンチの選手にアップを命じたのだそうな

さすが名将・・・
あのFKで「ヤット半端ねえ」(←滝二風に読んでね♪)と気づきやがったww

遠藤ヤット×サルのFK対決で“今日だけは横浜国際”が一気に沸く!
(トヨタプレゼンツで日産スタは名乗れないだろ)
さらにガンバのチャンスタイムは続く!!

大舞台に強い安田みちぴょんも守備に攻撃に実にイイカンジだ
ガンガンサイドを切り裂いてクロスを上げる
やはりお前は持っているな(←何をだよ)

そして!
大舞台に強いといえば・・・・ザキさん!

磐田スタジアムでナマで見て
そのスタミナと走力と思い切りのよさに惚れた
ACL男・山崎オールシーズンパン祭り!


「CWCでは準決勝で欧州チャンピオン相手に点を取ったチームはまだありません」


実況の言葉に驚きのhakapyon
そうか・・・そんなに欧州チャンプから点を取るのは難しいのか

ならば超!攻撃的で鳴らすガンバ大阪が
欧州チャンプから最初に得点した記念すべきチームになってやろうじゃないの!
ヤット中心にゴール前で攻めの形もつくれてるし得点も夢ではない!
とにかく一点!とりあえず一点!!


などと思っていたら


ヤットが起点となったパスが繋がってゴール前フリーのザキさんの前に!!
ザキさん思い切り振りぬく!ボールがゴールに吸い込まれる!!



ついに!ガンバがゴールを決めやがった!!




旦那:「すげええええ!!ガンバ入れやがったあああ」

haka:「ヤマザキ冬のパン祭りいいい!!!」




(ここでhakaのシュールな叫びに訳のわからぬ顔をする旦那wwww)


haka「いやああんザキさん最高!やってくれると思っていたよおおお^^だってこの前磐田でナマザキさん見たときにねえすっごくいい選手だなああって思ったんだよねえええよく走るし速いしいや速いっていうのは足も速いしシュートまでも速いし・・・・」


ガンバの歴史に名を残す記念すべき初得点のあまりの嬉しさに有頂天モードのhakaは
得意げに旦那に「私のザキさん」自慢を始めたのだが



旦那:「・・・・・・・・あ・・・・・・・・・」



haka:「・・・・・・・・ら・・・・・・・・・・」



途中出場のルーニーおじさん(これでも意外と若いの☆23歳)が実に達者な動きで
あっという間にDFを振り切って得点し

「2-1」の均衡したスコアを堪能する間もなくその差を
「3-1」と広げられてしまったのであった・・・・・・・・













ついに!

ついにガンバが欧州チャンプ・まんゆ~からゴールを奪った!!


決めたのはやはりこの男!
カップ戦にはめっぽう強いACL男☆ザキさん!!


その決定力はACLだけに止まらずCWCでも威力を発揮!!


同点逆転夢ではない!
ヤマザキ冬のパン祭はじまっターー☆



・・・かと思いきや




ルーニーおじさんブチキレて



あっという間に



祭りはオワタ・・・・・・


得点した直後に得点される・・・・
ああ、なんといういつも通りのガンバ劇場wwww



きっとこのままズルズルと・・・・・



・・・かと思いきや



反撃の狼煙を上げたのはやはりこの男!!


パンとルーニーおじさん(←だからまだ23歳だっつ~の)の得点シーンから
映像切り替わって

DFを振り切って
ゴールに向かってドリブルで攻め込むヤットが映った

おおヤット今日は果敢に攻めるのう
と思った瞬間


無回転ミドル枠内にきたあああああああああ


が!またまた
サルがファインセーブで弾く!!

余計なことすんなサル!(←いえいえコレが彼の仕事です(^^;)

こぼれ球にすかさずガンバの皆さんがわらわらと対応!
が、まんゆ~DF&サルこれにもすばやい反応!
あと一息でゴールは割れず!!

そのゴール前での攻防を一部始終を見守った後
何事もなかったかのようにクールなお顔で自陣に戻るヤットが画面に映る
やべえ・・・今のプレイにシビレタぜ
アンタいまサイコーに輝いて見えるぜヤット

第一、ヤットは無回転否定派じゃなかったのか
「どこに飛ぶのかもわからない、自分がコントロールしきれないシュートをすることが理解できない」
みたいなことをどこかで言ってなかったか

なのにこの大舞台に
トップスピードでドリブルしながら今まで一度も見たことない無回転のミドルを枠内に放つのか


haka:「そんなのカッコ良すぎるよヤット・・・・」


多分この時
テレビに映るヤットを見つめるhakaの眼は
ハートのカタチをしていたに違いない

「遠藤すげえええ!」と旦那もコーフン気味に叫ぶ
しかしさすがに横に居るhakaのとろ~んとしたハート型の眼と
怪しい呟きには少々あきれ顔

自らの力を最大限に解き放った時のヤットがこんなにスゲエとはしらなかった
この男の「本気」をはじめて見たような気がする
いい意味で裏切られたぜ

今日は心も身体もキレキレじゃねえかヤット!いっそ自ら点取っちゃえ!!
とテンションがかな~り上がってきたところで

マークしていたENDOに好き勝手やられ
危険な無回転ミドル打たれてますます本気のまんゆ~様が怒涛の攻め!

あれよあれよと4点、5点と叩き込まれていく・・・



haka:「ぎゃあああ赤い悪魔の虐殺始まったあああ」


旦那:「うわ、ルーニーすげえ!」


ルーニーといえば・・・
安田の身体を張った激しい守備にイラだって
身体にガンガン蹴りを入れてきたのには笑ったぜ☆

おいおい何だよwwプロレスかwwwww
あの蹴りでルーニーのキャラがつかめたぜwww
ちゅーかガンバ相手にマジ本気じゃねえかこのおっさん(←これでも23歳)超カワイイww

イギリス映画に登場する頑固一徹な主人公の父親(職業:炭鉱夫)みたいな風貌
そのいかついルックスにそぐわぬ円らでカワイイ蒼い瞳がまたキュート☆
海南大附属の牧さん@スラダンもビックリのフケっぷり!脅威の23歳!!

熱きファイター!面白い男だ!気に入ったぞルーニー!!

ついでに23歳フケ男に公衆の面前でボコられた安田みちぴょんあと2日で21歳
痛いながらも「ルーニーをキレさせた・・・オレって美味しいかも☆」と思っていそうだww








気がつきゃ後半40分

なんだかんだで
結局5点も入れられてしまったぞガンバ大阪www

だがしかそれ以上に
1点返してくたことが嬉しかったぜガンバ大阪


だってガンバが派手に大量失点するのはある意味想定内だし(^^;


「0」と「1」ではまったく違うもん!

その証拠に
1点返された途端に欧州王者は眼の色を変えて得点を奪いに来たではないか
短い時間だけどヤツラを本気にさせたってのが気持ちいいじゃないのさ

その本気の欧州王者に5点入れられてボコボコにさらながらも
亜細亜王者・我等のガンバは攻め達磨と化して攻撃を止めようとしない

その姿はまるで「ドラえもん」史上最も名作と誉れの高い(←ホントかよ)
「ドラえもん」第六巻(←巻末に「四次元ポケット大全集」特集付)に掲載の「さようなら、ドラえもん」で
ジャイアンにボコボコにされながらも「ドラえもんが安心して未来の国に帰れるように」と
勝負を諦めずにジャイアンにくらいついていく
のび太のようではないですか


(・・・って例えが長えよ!!)


そして勝負を諦めなかったのび太のいたいけな姿にサッカーの神様は味方した。


・・・かどうかは知らないが


フィニッシュはグダグダだけどww
ゴール前で良い動きを見せていたバンちゃんが
なんとここで大仕事!

PA内でハンドの反則をGET!



ということは・・・・・



まさかの「コロコロPK」キタwwwww

ドラえもんつながったああああああ(←違うww)



ヤットがPAにボールをセットすると
「日産スタ改め今日だけ横浜国際競技場」のボルテージは最高潮に!(@haka調べ)←ホントかよ

もちろん磐田で観戦するhaka夫妻のボルテージも本日MAX最高潮!!


旦那:「うわあ!コロコロ!コロコロだよhakaさんっ!!!」

コーフンのあまりコロコロ連呼でちょっとヤバイ人になってる旦那



haka:「ま・・・マジっすか!!!!ここでコロコロあるんすか!」

ヤットと違って小心者のhakaは自分ことのように心臓ばくばく体がくがく緊張しまくり


もう泣きそうwwwwww


事前に日テレがCWC関連番組で散々ヤット&コロコロPKを特集して煽りに煽っているのを
嬉しい反面(←ヤット関連の特集はほぼチェックしたツワモノhaka)


haka:「今更何がコロコロだよ・・・第一まんゆ~相手にPKなんて取れる訳ないじゃん(--)」

と冷めた眼で見ていただけに



まさか・・・ここでコロコロがくるとは・・・



悔しいことに日テレ的にサイコーの展開ではないですか・・・・・・・




「初めてのGKなら決める自信があります」と豪語していたヤット特集での映像が頭をよぎる

「彼は自信たっぷりですねえ~」と驚いていたZEROの女性キャスターを思い出す

さらに妄想でバンちゃんがPKとった途端に
ガッツポーズ決めてる日テレスタッフの姿が脳裏に映る(←妄想竹生やしすぎww)

そして異様などよめきの中
目の前のTV、ファンデルサールと対峙するヤットが映る

ああこれは夢ではない、現実なんだと自分に言い聞かせるhaka

正直、嬉しくなんてないよ
ヤットのPKは心臓に悪いんだからやめてよマジで
この大舞台の終盤にこんなワクワク大一番を用意しておくなんて
ひどいよサッカーの神様♪

ミタイけどミタクナイ(←怖いから)
名手同士の世紀の対決!ヤットVSファンデルサール!!


さあ制限時間イッパイ待ったなし!!












長いよwwwwwwwww



とお嘆きの皆様…


最後までお付き合いいただきありがとうございました☆
やっと「超!独シリーズ」も最終章にたどり着きました!



では参りましょう




TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブW杯準決勝!
「マンチェスターユナイテッド×ガンバ大阪」!!






【前回までのあらすじ】←オイww

2008年12月18日・今日だけ横浜国際競技場
ガンバ大阪史上最大の作戦
CWC「マンチェスターU×ガンバ大阪」
後半40分現在、スコア5-1

欧州王者・マンチェスターUに4点差をつけられながらも
攻めに徹して果敢に挑むガンバ大阪
PAでのハンドの反則によりPKを獲得
蹴るのはもちろん日本が誇るPK職人・遠藤保仁!
ゴールを守るはこちらもPK阻止の達人・名手ファンデルサール!

日テレが事前に煽りに煽った夢の対決が今ここに実現!!

果たして勝つのは日英どちらのPK職人か?









キッカーとキーパーの闘いは蹴る前から既に始まっている
互いに睨みをきかせて相手を凝視


二人の対決を今か今かと見守る観客&全世界のTVの前の視聴者


いったいどれだけ多くの人が
これから始まるPK職人対決の証人になるのかと思うと
緊張しすぎて気が遠くなりそうなhaka


スタジアムがしばし静寂に包まれる


半端ないhakaの緊張を振りほどくように
いつものようにヤットがトコトコ助走をはじめる

サルはゴール中央にでん!と構えて動かない

一秒にも満たないはずのこのトコトコ助走の間に
お互いの動きを読みあっているであろうヤットとサル
達人同士の静かなる闘い



「GKが最後まで動かない時はゴールの隅に速いボールを蹴り込む」


一見、ガチャピン@南国生まれ永遠の5さい
実は亜細亜の蒼き狼・遠藤保仁28歳

蹴球本場欧州の屈強たる砦・ファンデルサール37歳相手に
自らが生み出した唯一無二の秘技「コロコロPK」の指南書通り
(コロコロを知ってかぴくりとも動かぬサルにも慌てず)臨機応変に対応し
いつものように冷静に
ゴール隅きわどいコースに速いボールを転がしやがった





コロコロPKついに世界デビューwwwww




やべえ泣けるwwwww




haka:「やったああ!すげえ!かっけええ!ヤットかっけええええ!」←壊れてる





ご近所迷惑顧みず
机をばんばん☆叩きながらダイコーフンで絶叫するhaka

旦那も大興奮で何か叫んでいたと思われるのですが
すみません、この時すでにhakaはヤット様に萌え萌えのあまり昇天していて
周りで何が起こっていたのかあまり覚えていませんwww

指の差ひとつでゴールが決まり
めっちゃくやしそうなサルくん37歳
まあこんなもんだよとりあえずこちとら負けてるからまだまだ攻めなきゃ
はやくボールよこせよ的なヤットくん28歳
互いの健闘を讃えゴール前で尻や肩を触りあう(←やらしいな)

ガチンコ真剣勝負を終えたオトコタチは後姿も様になる
ああ、実にいいツーショットだ

そしてひと仕事(それもかなりの大仕事)を終えて走って自陣に戻りながら
ようやく緊張の糸が切れ
ふ~っとひと息つくヤットにさらに萌え~!!

お疲れ、ヤット
何度でも言うよ今日のあんたはサイコーのガチャピンだ☆







後半も40分だっちゅーのに
当初の予想を覆してガンバは2点も返して
なおかつコロコロPKで夢の遠藤×ファンデルサール対決も見られて
スタジアムはヒートアップ半端ねえ!!


さあ盛り上がってまいりました!!(←あと5分しかねえよオイ)←あと5分もあるの間違い


こうなるとお調子者のナニワ軍団
欧州王者だろうが何だろうが、何人たりとも誰も止められねえ

攻める!まだ攻める!のび太、お前にはあきれるぜまったく!!(←ジャイアンの心の声)

諦めないところに奇跡は生まれる
なんとロスタイム
スマイリーなナニワの真田広之ことww
ちょび髭オヤジ橋本さんがスーパーゴール!!


まさかのガンバ3点目!!!

リーグでいまのいままで無得点だったのに
毎度毎度の宇宙開発事業団と化していたのに
今年大一番のまんゆ~戦でそんな完璧なゴールを決めるかナニワノサナダwww

あのサルさんにゴールポストを蹴らせるほどのビューティホーゴール!
ハッピー☆ウエディングパワー!恐るべしやな!!


haka:「うわっはっは!!5-3だってwww何このバカ試合!サイコー!」

旦那:「すげええ!ガンバすげえな!おもしれえ!」←お前は「すげえ」しか語彙がないのかww


この頃になるともう壊れまくってるhakapyon
後で手が痛くなったくらいに机バンバンガンガン叩いて大喜び

ほどなく試合終了
スコア5-3!

5年3組バカ試合完了wwww

まんゆ~相手に三点入れやがったガンバ大阪!恐るべしやな!!

試合終了後ソッコーで7番クリロナロックオン☆でユニフォーム奪いに行ったみちぴょん!恐るべしやな!!(クリロナと対峙したみちぴょん、ただでさえ綺麗な目がさらにキラ☆キラしていたのが微笑ましかった^^)

二川&佐々木の攻撃の要を二枚も欠いてこの結果を導き出す西野のアキラ!恐るべしやな!!
伊達にジュビスタでの試合終了後に子供たちがサインしてくれと差し出した紙を見て「きったね~紙だな!」と容赦なくダメダシするドSじゃねえなww

ちなみに前線の二人を欠いたことで急遽ヤットをボランチで使うアキラの作戦は
ファーガソンにとっては想定外だったらしい
普段ガンバの試合を見てれば想定内のことなのにねえ

…って天下のマンUが普段のガンバの試合をみる機会なんてまず無いな
逆にガンバは常日ごろからマンUの試合をビデオなどで見まくって
試合する前から脳内イメージしまくりだったらしいけど



やはり日頃の研究、スカウティングは大事やな
さすがNHK特集「スカウティングの勝利」なる番組の主役だっただけのことはあるぜアキラ
徹底的に相手を研究し準備できればジャイアントキリングも不可能じゃないってワケだ

これぞ一発勝負!トーナメントの醍醐味よ!!

闘い済んでノーサイド(←それはラグビー)
90分間の互いの健闘を讃え、ユニフォーム交換をするチームメイトたちを尻目に
誰ともユニフォームを交換せずに(後で朴ちゃんと交換したらしいが)
いつもと変わらぬ淡々とした様子でインタビューに答えるヤット

浮ついたところがまったく無いクールな表情から
本気でまんゆ~に勝つつもりだった彼の心意気がうかがえる

でもその語り口はいつもよりほんの少しテンポ良く
言葉が堰を切って出てくるように流暢で
珍しく熱を帯びていて

発せられた言葉の意味以上に
彼がこの試合を熱く闘い
存分に楽しんでいたのが伝わってきて

ほんわかと幸せな気持ちになりました


そしてこのヤットの本気を
“覚醒”を

このスタジアムのどこかで見ていたであろう
前日本代表監督・オシム氏のことを思うと
さらに心が温かくなるhakaなのでした

ひとは誰しも人生に一度「神様」に会うといいます

その神様は
敵であったり仲間であったり
家族であったり恩師であったり
いろんな姿をしていて

「神様」にであった事に気づく人もいれば
気づかぬまま人生を終える人もいるといいます

もしかしたらオシム氏はヤットの「神様」だったのかもしれません


・・・オシムさんへ。

ごらんのとおり
あなたの愛したのび太くんは
最後までジャイアンにくらいついてガンバりました。
安心して未来…じゃなかった祖国にお帰りください。

(そうか!「ドラえもん」はオシムさんだったのかwwww)

聡明なあなたには今日の試合で伝わったことでしょう
たとえあなたが日本を去っても
あなたの想いは
あなたの教え子たちのプレイに宿り
日本のサッカーの中で生き続けるのだということが

今日のヤットの輝きはあなたが日本に来た紛れもない証のひとつ
亜細亜の極東であなたが丹念に磨き上げた宝石が
きらめくスタアが集う宝石箱のような夢の舞台でも見劣りすることなく
それどころか彼ら以上に最高に輝いている姿を
あなたが見届ける事ができてよかった


ヤットがあなたに最高のプレゼントしてあげることができてよかった。







で、結論。

ガンバ大阪、最高。







追伸。

クリロナゴール。
ルーニー2ゴール。
ガンバ3ゴール。
そのうち1つは「コロコロPK」。

いろんな意味で
この試合、いちばんの勝ち組は日テレだな。





                       (THE END)











© Rakuten Group, Inc.