1881456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

刹那と永遠 - Moment and eternity -

・決戦前夜


< 6月8日(土)晴れ >

早朝、横浜に到着。
MM21周辺の駐車場に駐車し、折りたたみ自転車を組立てて主人と横浜の街へ繰り出します。まだ朝も早いため、道はガラガラ。思い切りスピードを出してガンガン自転車を漕ぎます。爽快な気分!

中華街のスタバで「ラウゲンクロワッサン」(←今や廃盤メニューです)とラテの朝食を取りました。スタバの2階から、朝の中華街を見下ろします。
昨晩の喧騒が嘘のように静かで閑散とした道。クール宅急便やトラックが次々と路肩につき、食材が運びこまれていきます。仕入で忙しく立ち振る舞う業者の人々。仕込み中の店から漏れてくる、食材とハッカクなどの香辛料が混ざった独特の香り。その異臭?のする街並み中を疾走するチャリ2台。あと何時間かすれば、この通りは人込みで溢れるのです。

ドラマ「初体験」(水野美紀主演)のロケ現場である、横浜スタジアム前のampmを通りました。このドラマは横浜が舞台で、見覚えの有る横浜の風景がたくさん登場していました。このampmのある建物は、水野美紀の住むマンションという設定でした。別に現地に水野美紀がいる訳でもなく。でもなんとなく見てみたくなるものです。(実際はマンションではなく、店舗か何かに使われているようでした)

そのまま関内(♪恋人も濡れる街角~♪) ⇒ 伊勢崎町(「ポストマンブルース」に登場していませんか?) ⇒ 黄金町(「鉄コン筋クリート」の舞台!)を通過し、心臓破りの坂を登って、野毛山動物園に到着しました。
高台にある動物園からは横浜市内が一望です。動物園はお子様向けののんびりしたムードが漂っていました。木登りをしてるレッサーパンダが可愛かったです。アヒルを見て、「ドナルドダックだ~!」と叫んでいた男の子も可愛かったです。ライオンやトラなどの猛獣が直ぐ傍のオリの中にいたのでビックリしました。こんなに近くで見たのは初めてです。コンドルさんは何を思うか、ずっと風に向かって翼を広げていました。いまにも荒野を目指して飛んでいきそうでした。

そして野毛山を下って一気に海に出ました。次の目標、赤レンガ倉庫に向かってDASH!
(赤レンガ倉庫もMISIAの「everyhing」のプロモーションビデオに登場していましたね)倉庫前の広場ではW杯のイベントが開催されていました。「磐田のキャンプ地へ代表選手へのメッセージを送ろう!」という企画でした。・・・hakapyon、磐田から来たんですけど・・・と複雑な思いが胸中をめぐりましたが(^^;ゞ、とりあえず「がんばってください!」とメッセージを送りました。

ナビオスホテルの前に、人だかりを発見しました。早速自転車を漕いで行ってみると、警官や胸からパスを下げたスタッフやTVカメラなどが待機しています。どうやらここが明日の対戦相手、ロシアチームの宿のようです。そのまましばらく待っていると、ロシア一行が到着しました。(車はもちろんヒュンダイ@韓国です!)バスからぞろぞろとロシアチームの面々が降りてきました。モストボイ、貴公子カルピン様・・・。カルピン様の白い肌と金髪の巻き毛を目の前で拝見しちゃいました♪まるで王子様のように美しくで品があります。つい見とれてしまいました。
また赤レンガ倉庫に戻り、肉まん@350円を買い、倉庫の影の港の見える広場に座って食べました。目の前は港、ベイブリッジを一望です。初夏の日差しの中、港を渡る風に当たりながら、木陰で肉まんを食べ、シェスタを決め込む休日の昼下がり。そして明日はW杯観戦です。もしかして今hakapyonて幸せかも?なんて勘違いしてしまった瞬間でした。

ドラマ「恋ノチカラ」で貫井さんと春菜ちゃんがデートしていた汽車道やワールドポータズ前を通って、山下公園にある今回のお宿「メルパルク」にチェックインしました。お部屋は6階でした。窓からは山下公園と横浜港が見えます。素晴らしい眺めです。あの料金でこの眺望は超お得!

ホテルで休憩後、徒歩で元町を散策しました。「ウキチパン」で明日の朝食を買い込みます。
夕食は中華街の「梅蘭」の梅蘭やきそばと水ギョーザ、パイコーハンです。どれもこれも美味しい。そして安い!食後は中華街を散策。お土産をたくさん買いました。にぎやかなネオン、あふれかえる人。あたりまえですが、朝とはまるで雰囲気が違います。
TVを観たいといってホテルに戻った主人と別れ、友人にハガキを書くために、朝食に立ち寄ったスターバックスにふたたび入りました。

ソファに座ってひとりくつろぎ、さて、ハガキを書こう、と顔を上げると、なんと目の前にロシアの選手らしきスキンへッドの方がいらっしゃいました!あの体格、風貌、話の内容(横に通訳に方がいらっしゃいました)、どうみてもロシアの選手です。しかも、どこかで見たことがあるような・・・?(翌日の試合会場でこのロシア人が誰だったのかhakapyonは知ることになります。)試合の前日にこんなところ(中華街)にきちゃっていいのでしょうか?
明日はいよいよW杯です。hakapyonが一番見たかった城彰二選手はいないけど、彼が全てを賭けていた夢の舞台に自分も参加することができるのです。この上ない幸せをかみしめつつ、眠りにつきました。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.