000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

刹那と永遠 - Moment and eternity -

・2011PARIS(1)

◆2011年PARIS旅行(1)◆


◇出発前~ホテル到着


  • IMG_1251.JPG
  • 8464215_1200800243_67large[1].jpg
  • 8464215_1200805483_198large[1].jpg
  • 8464215_1200857740_196large[1].jpg
  • 8464215_1200575340_132large[1].jpg
  • 8464215_1200436715_211large[1].jpg
  • 8464215_1870373919_3large[1].jpg
  • 8464215_1870373929_55large[1].jpg







2011年7月
単身パリに行ってきました。

旅行期間は約二週間
最初の一週間は知人のご夫妻と同行
残りの一週間はまったくの一人滞在

ツアコンでもなく
添乗員さんも居ない
知り合いは誰一人としていない異国で
一週間を過ごしました。

羽田発パリ直行便
ホテルはマレ地区
梅雨の日本とはうってかわった
乾いた空気と青い空

ホテルそばのカフェで先にパリに到着していた
知人ご夫妻と合流して
ほっとひと息

機内ですでに朝食を食べていたのもかかわらず
「朝食を食べよう!」とご夫妻に誘われるがまま
近くのカフェで特大クロワッサンとカフェラテを注文

これが両方ともめちゃ美味っ!

カリッカリ&サクサクのクロワッサンに
さっそくパリのクオリティの高さを感じた
hakaなのでした。






◇ゴッホ終焉の地・オヴェール・シュル・オワーズへ



  • 8464215_1870358903_157large[1].jpg

   *この風景にピンときたあなたはかなりのゴッホ通。


  • IMG_1253.JPG
  • IMG_1255.JPG
  • IMG_1257.JPG
  • IMG_1258.JPG
  • IMG_1259.JPG
  • IMG_1260.JPG
  • IMG_1262.JPG
  • IMG_1263.JPG






朝食の後は
大家さんの知人のフランス在住の方の運転で
パリ郊外のゴッホ終焉の地「オヴェール・シュル・オワーズ」へ。

ゴッホとテオのお墓をお参りしてから
村を散策。

ゴッホの絵そのままの風景が
広がっていました。

観光の後、ランチ。
この日すでに3回目の食事(笑)

深夜12時過ぎに飛行機内で食べたアイスを含めれば4回目か(笑)

これがまたボリュームがあって
パンもメインもデザートも美味しくって・・・参りました!!

フランスの食文化恐るべしです!







◇モネの暮らした睡蓮の庭・ジヴェルニーへ



  • IMG_1269.JPG

  *この風景にピンときたあなたはかなりのモネ通。



  • IMG_1264.JPG
  • IMG_1267.JPG
  • IMG_1268.JPG
  • IMG_1270.JPG
  • IMG_1272.JPG
  • IMG_1273.JPG
  • IMG_1279.JPG
  • IMG_1280.JPG
  • IMG_1281.JPG
  • IMG_1283.JPG





「名画への旅」はさらに続き・・・
車を飛ばしてパリ郊外のジヴェルニーへ。

かの名画「睡蓮」の庭があるモネの家へ行きました。

竹林や薔薇、睡蓮の池など
緑に囲まれた家の中には
日本の浮世絵や扇子、焼き物がたくさん展示してありました。

モネどんだけジャポニズムかぶれやねんw

このように異国の地で
日本文化が評価されているのでは
嬉しいですね。

睡蓮の庭は・・・絵そのままでびっくりしましたw
太鼓橋もあるし!

名画発祥の地を堪能した後は
パリにもどって優雅にディナー
ちなみにこの日4回目(アイスを入れたら5回目w)の
食事であります。

セーヌ河沿いの
鴨で有名な某名店のカジュアル版みたいなビストロで
フォアグラから胸肉からもも肉まで
鴨さんまるごといただいちゃいました!

もちろん、ハンぱないボリュームでした・・・。

長い一日、ようやく日が暮れてきて
何時かと思えばもうすでに夜の10時頃。
パリの夏は日没が遅いのだそうです。

暮れなずむセーヌとノートルダム寺院を横目に
フランス料理がずっしり詰まった重いおなかをさすりながら
ホテルに帰りました。





(続く)

*2017.02.05【旅行】パリフォト@2011(2)~パリの真ん中でカキ三昧~
 https://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/201702050002/


© Rakuten Group, Inc.