308774 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

薄荷らぼ。

PR

サイド自由欄

【自民党改憲のホンネを知ろう!】

◆知らなきゃ後悔する!恐ろしい発言てんこもり「国民の権利没収改憲ムービー 憲法改正誓いの儀式」
長勢甚遠.jpg
https://youtu.be/h9x2n5CKhn8
日本会議の改憲の狙いは、日本を戦前の価値観に戻す事。
日吉神社の宮司さんが警告してる!
神社本庁(日本会議)の見果てぬ夢

薄荷パンの料理実験室
薄荷パンの料理実験室 薄荷パンの料理実験室
  
++募金活動++


++反原発・反安倍リンク++


立憲民主党ロゴ.jpg
反戦な家づくり首相の晩餐お役立ち情報の杜(もり)健康になるためのブログ民の声新聞田中龍作ジャーナルリテラ村野瀬玲奈の秘書課広報室
++お気に入り++
夜食日記
生物史から、自然の摂理を読み解く
塾長の独り言
ドアフォな精神科医、星に帰る。
水色あひるblog
  

プロフィール


薄荷パン

カテゴリ

バックナンバー

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

安倍政権が推進する… Condor3333さん

楽天レシピみかん&… ブルーボリジさん

今日の終わりに・・・ 薪の音さん
シュタインボックを… 瑞西メルさん

フリーページ

コメント新着

レシピを無断で商用利用する事は固くお断りします!見つけた場合は「人の褌で相撲をとる人」として、当ブログにて紹介されますのでヨロシク!
当方は料理実験メインでしたが、原発問題を掘ったら安倍政権に辿り着いて、今は「打倒安倍」でやってます!
安倍政権のメクラマシーな言い換えコレクション。
「武器」は「防衛装備品」 「武器輸出」は「防衛装備品移転」 「高濃度放射性廃棄物」は「指定廃棄物」 「戦闘」は「衝突」 「共謀罪」は「テロ等組織犯罪準備罪」 「カジノ法案」は「IR法案」 「戦闘介入」は「駆けつけ警護」 「墜落」は「不時着」 「爆発」は「事象」 「武力行使」は「武器使用」 「北方領土」は「共同立法地域」 「軍事技術研究推進制度」は「安全保障技術研究推進制度」

◆安倍政権下での憲法改正は絶対反対!自民党の改憲の本音を知ろう!
 →「国民主権、基本的人権、平和主義」の削除。これが安倍政権の憲法改正の目指す所。
◆知らなきゃ後悔する!恐ろしい発言てんこもり「国民の権利没収改憲ムービー 憲法改正誓いの儀式」
https://youtu.be/h9x2n5CKhn8
◆安倍政権(日本会議)の目指す憲法改正の正体 彼らは「神道」でなく「国家神道」
 →【絶句】安倍政権の憲法改正案の根底にあるもの。
◆投票前のチェックにどうぞ♪
キャラナビ人物図鑑 日本会議の人物 神道政治連盟の人物 日本の核武装推進論者
日本会議の議員一覧
2018/02/24
XML
テーマ:政治・社会問題
【働かせ方改革】
 探しても見つからなかったハズの「調査票原本」、で〜んと32箱!



なんかもう、呆れるしかない (ー_ー;)



32箱ーテレ朝2.png

32箱ーテレ朝ー森ゆうこ.png


 テレ朝ニュース 23日→「なくなった」資料…実はあった!厚労省で野党確認
 TBSニュース 23日→「不適切」データ処理問題、倉庫に段ボール32箱の記録
 FNN 23日→地下倉庫から32箱分の「原本」

 田中龍作ジャーナル 23日→【裁量労働制】「廃棄した」捏造データの原本1万件、段ボール32箱 姿現す

32箱ー田中龍作.jpg
調査票原本の入った段ボール箱と野党議員。森ゆうこ議員は
「ロッカー探したけど無かったという話自体がウソ。これロッカーに入る?入らないよ」。
=23日、厚労省 撮影:田中龍作氏=

 「この段ボール32箱に国民の命が掛かっている。このデータを元に裁量労働制を拡大しようとしている」。

 安倍政権が厚労省にデータを捏造させた問題を追及する山井和則議員(希望)は、証拠物件を前に憤った。
 裁量労働制の方が一般労働よりも勤務時間が長くなるようにデータを捏造した調査票の原本約1万件が、このほど厚労省の地下倉庫で見つかった。
 野党議員11人がきょう午後、厚労省に乗り込み存在を確認した。地下倉庫にあったはずの調査票の原本は、16階の労働基準局に移されていた。

 福島みずほ議員(社民)が役人とのやりとりを明かした。「箱を見せないと言ってたが、ひと箱だけ見せた。強く要望すると32箱になった」。
 「見せろ」と迫る山井議員の怒声は廊下まで聞こえてきた。
 「(当初、厚労省は)段ボールの写真をマスコミに撮らせないと言ったが、国民は見る権利があると言って(最終的に)撮らせた」。山井議員は厚労省との攻防を振り返った。

32箱ー田中龍作2.jpg
裁量労働制の勤務時間。右のデータ(8時間30分/8時間42分)が「裁量労働の方が短い」に利用された。

 調査票は、裁量労働については「一日の平均労働時間」を聞き、一般労働については「一か月のうち最も長い労働時間」を尋ねていた。一般労働の方が長くなるように仕組まれた調査だった。

 2013年に厚労省が実施した、この調査の結果は、労働政策の決定に重大な影響力を持つ労政審に用いられていた。
  裁量労働制の拡大を決めていた安倍政権の意向を汲んだ厚労省は、労政審をも欺くデータを提出していたのである。
 失態が明るみに出たことから、加藤勝信厚労相は「(調査票は)廃棄した」と答弁していた。厚労省事務方は「ロッカーを探したけどなかった」と回答していたのである。

 調査票の原本が見つかったからといって労働実態が分かったわけではない。調査は会社(経営)側に回答させたものだからだ。当然、労働時間をうんと短く答えるに決まっている。

 労働者自身から直接回答が得られれば、身の毛もよだつほど恐ろしい現実が明らかになるだろう。闇は深い。


こんなの出て来てもそれほど驚かないし、それほど怒れなくなってる自分が怖い。
すっかり慣らされてしまっている! こりゃいかん。(笑)

でもさ、本当は出してスッキリしたかった厚労省?
ストレートに出すと官邸に報復人事されちゃうから、
野党に突かれて仕方なくという形を作らないと出せないとか…(苦笑)

テレビもそんな感じだね〜。
誰かがこう言った。そういう形でしか報道できないの。
どっちもこっちも便秘体質かよ?






最終更新日  2018/02/24 10:05:38 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.