261472 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

X

全498件 (498件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >

2017.02.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 平成29年の2月9日。記念すべき肉の日は、特にセールなどは打ちませんでしたが、メディア掲載の吉報が二件届いたので、個人的には嬉しい一日でした。ほんとうにお陰様です。

 そのひとつが日経MJさん1月30日号。恒例の銘柄豚ランキングが発表されていたようです。日経さんが来社されて記事をくださいました。白金豚は8位にランクイン。おそらく、この面々のなかでは最も小さい企業じゃないでしょうか。投票くださった皆さまありがとうございました。。

 日本では銘柄豚が400以上あるといわれます。生産者数は年々減少の一途で、5000件を割り込みました。付加価値生産、六次産業、こだわり飼育、コラボレーション、大型拡大など、生き残り方の模索は様々です。みんな違っています。消費者の方にはその違いを楽しんでいただきたいと思っています。

 日本の養豚が「みんなちがって、みんないい」世界であり続けますよう..







Last updated  2017.02.10 09:01:22


2016.11.01
カテゴリ:白金豚と地域
新星プロジェクト2016の進歩。

今年から参加される、みちのくクボタによる子実トウモロコシのテスト農場を見学しました。

こちらもしっかり収穫できそうです。良かった!

このあと美味しい餌になり、白金豚に給与されるのです。
rblog-20161101191250-00.jpg






Last updated  2016.11.01 19:12:51
2016.09.19
カテゴリ:業務の近況報告
今年度の岩手県による特産品コンクールにおいて、当社の春の新商品「お土産白金豚ジャーキー」が実行委員会長賞をいただきました。
花巻市の情報サイトでも、紹介いただいているので、リンクを披露いたします。

ふるさと納税記念品でも提供されます。よろしくお願いいたします!
花巻市
https://www.city.hanamaki.iwate.jp/kanko/702/p007297.html






Last updated  2016.09.19 18:45:33
2016.08.14
カテゴリ:業務の近況報告
2016年8月11日より三日間、香港ではフードエキスポというイベントが開催されていました。

中央畜産会が事務局となっている日本畜産輸出促進協議会が会場内のジャパンエリアで最も大きなブースを出していました。

豚肉輸出部会のブースもあり、ステージセミナー等も行われました。同ブースでは日本の銘柄豚の一例として白金豚が展示されました。

ご来場されたお客様、そして関係者の皆様どうもありがとうございました。

rblog-20160814230917-00.jpg






Last updated  2016.08.15 09:06:22
2016.01.28
カテゴリ:白金豚と地域
2013年より私たちは、地域内耕畜連携の取り組みとして、国産時給飼料の利用に挑戦しています。

今日は進捗報告会でした。

プロジェクト名には、恒星が激しく光り輝き、やがて落ち着く営みを、この事業の将来にあるべき姿として例えました。星の例えには岩手の偉人宮沢賢治さんへのリスペクトを込めて。

これまでの経緯や将来への思い、見えてきた現状課題について説明させていただきました。

もちろん白金豚の試食をしていただきながら!

感謝。おかげさまです。

rblog-20160128170133-00.jpg

rblog-20160128170133-01.jpg







Last updated  2016.01.28 17:08:24
2016.01.17
カテゴリ:白金豚と地域
1月17日は阪神淡路大震災から21年。安全についてあらためて思いを馳せます。

また1日前の、1月16日は、当社にとっては2013年(3年前)に養豚場火災を経験した日でした。未明に肉豚舎を全焼し、500頭を越える豚たちの命を奪ってしまいました。過ぎてみればあっという間ですが、短いようで長い時間でした。

焼けた畜舎は、上は片づいているけれど、基礎はまだそのまま残っています。そこに何かを新築できるのは、まだ少し先のことでしょう。

お陰様で、変わらず世間様にお仕事をいただけてますが、色んな経験をしました。人間万事塞翁が馬、これからも油断や慢心をすることなく、日々の成果を積み上げていかねばなりません。






Last updated  2016.01.17 16:30:53
2016.01.08
カテゴリ:業務の近況報告
昨日は待ちに待った2016新年分の出荷開始でした!

お取引先様、お取り組み先には大変お待たせし、申し訳ございませんでした。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

会社にとって「御客様は鏡」である、という話を伺ったことがあります。
御客様をみれば、己の会社が見えてくる。人様の会社もまたしかり。

当社の御客様は、「いま品薄だから待ってくださいませんか」「次回の入荷までお時間をください」とお願いすると、しっかり待ってくださる。御客様によっては「無いときは無いと言う。だから信用できる」という勿体ないお言葉までいただけます。ありがたいことですね。


かつて私が、大手企業で修行させていただいたときは「欠品は罪」と教わりました。
もちろん今でもその教育は正しかったと思うし、そうであるべきだとは思います。

が、今それを許容して信頼してくださる御客様方とのご縁をとてもありがたいと思います。






Last updated  2016.01.08 09:36:25
2016.01.01
カテゴリ:白金豚と地域
明けましておめでとうございます。
お陰様で私たちが2013年より取り組んできたことの幾つかが、世間様に評価される機会が増えてきたことに感謝します。

一年の計は元旦にありといいます。国産子実コーンの活用について、記事が朝日新聞の2016年元旦4面に大きく取り上げられました。記事の一角には、私たちの花巻耕畜連携が掲載されています。

耕種生産者&関係者の皆さま、飼料医療等々畜産関係者の皆さま、地域の皆さま、日ごろ白金豚を支持してくださってる皆さま、ありがとうございます。

歩みを前へ進めていかねばなりません。
rblog-20160101173627-00.jpg
ご期待に、実が伴うよう汗をかきたいと思います。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。







Last updated  2016.01.01 17:36:30
2015.12.19
カテゴリ:白金豚と地域
最近、マーケティングについて学ぶ機会があって、タイトルのようなことを考えています。

もとから、ただ人より安く沢山作る者が強い時代ではないと心得てました。が、しかし生産者のこだわりを伝えることの難しさや、価値観が多様化したこの社会では何が正しいのかを、つい迷ってしまうことがあります。

今年のニュース記事では、いま日本国内の銘柄豚は400あるとのことでした。業界に優良企業が群雄割拠し、競争があることは良いことです。しかし「悪貨は良貨を駆逐する」ともいいます。過当競争していては皆が共倒れしてしまいます。
次のステージを考えていたところです。

今日、花巻産のコーンと餌米のサイレージ開封テストをしました。幸い初回分は成功でした。今度は配合飼料と一緒に食べさせる工夫をしていきます。
もし養豚業が国産飼料を活用する時代がくれば様々な国家的問題が解決します。
例えば余剰米の解消、耕作放棄地の解消、農業補助金の削減、食料自給率の改善。環境面でもフードマイレージ問題、堆肥の有効活用や、浄化槽の負担軽減が期待されます。

けして安い取組ではありません。すでに失敗したこともあります。いま確実に経験値を積んでいるところです。

私は国産飼料の取り組みは、養豚業の社会的責任だと思っています。そして、私の説明に共感してくれる消費者が、増えてくれれば売上が助かります。
これは当社なりの新時代マーケティング足り得ると思っています。

写真は発酵した穀物を先を争って食べる豚たちです。ここに新しい時代の可能性があります
rblog-20151219200945-00.jpg






Last updated  2015.12.19 20:13:11
2015.11.18
カテゴリ:白金豚と地域
 当社では現在、スマートフィーディング実証事業に、取り組んでいます。

 農場の在する太田の生モミをサイレージにしたものや、国産子実トウモロコシを配合飼料に混ぜています。
なぁんだ混ぜものか、と思われるかもしれません。しかし国産養豚は長い間、輸入穀物の飼料で営まれてきたのです。これは小さな一歩ですが、業界のためには大きな一歩です。

 私自身、飼料メーカーの配合飼料の能力を信じていますし、それがすぐ国産原料にとって変わる日がやってくるとは思いません。これからも配合飼料には深くお世話になっていきます。ただ、日本人として消費者のために、生活者のために、国産原料比率を上げることが大事な道だと判断したのです。

 昨年は乾燥国産コーンを一部カビさせてしまった反省から、今年は子実コーンのサイレージにもとりくんでいました。

「白金豚は国産原料積極使用農場で育てられている」このことが、いずれ付加価値になり、地域の誇りになり、国民の誇りになれるように願っています。

rblog-20151118142249-00.jpg






Last updated  2015.11.18 14:29:11

全498件 (498件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >


© Rakuten Group, Inc.