000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

X

全36件 (36件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >

社会、天候、現象

2007.09.21
XML
カテゴリ:社会、天候、現象
 先週17日を中心に、岩手県をはじめ北東北が大雨に見舞われました。新聞によれば、農地の冠水が580ヘクタールだったとか。白金豚の養豚場は上流のため大した被害はありませんでしたが、堆肥をつかって農産物を育てていただいている宮野目地区の(有)案山子の農家さんには大変な被害があったそうです。高源機械も被災農家の対応に忙しいと聞きました。
 本来であれば稲刈りの準備をする時期です。大変な被害を前に私達はただ無力ですが、せめてせめてお見舞いを申し上げ、一品でも一本でも多くの作物が実るよう願っております。






Last updated  2007.09.24 01:30:21


2007.08.08
カテゴリ:社会、天候、現象
8月6日夜10時ごろ、花巻市内でポパイの仕事を終え、源喜屋に自転車で移動しようとしたときのことでした。南東の雲が、異様に光っていました。ひっきりなしにビカビカと荒れていたのです。当日は隣接する北上市で花火大会だったはずですが、花火には遅すぎる時間で、それが雷鳴であることは明らかでした。ただ花巻市内に降雨は一切無くて、むんとする湿気があるだけ。「遠くの稲光というのはこういう風にみえるのだな」と最初のうちは関心していました。が、その光る回数の多さと、時間の間隔の短さにこれはただごとではないなとぞっとしたものでした。

 翌日、新聞をみれば江刺区(奥州)で激しい降雹があったとか。経済的に大変な損失があったそうです。心配ですね。

 以下、岩手日日新聞のサイト記事より一部抜粋、要約です

「リンゴ園 壊滅的被害~収穫期前に降雹直撃 奥州 (08/08)奥州市江刺区藤里地内のリンゴ園が六日、降雹(こうひょう)によって壊滅的な被害を受けた。園内では、一カ月後に迫った収穫期を前に、最終的な「仕上げ摘果」の真っ最中だったが、集中的に降り続いた雹の直撃により、高級リンゴは一瞬にして傷の付いた出荷不能品へと変貌。“真夏の悪夢”により、開園以来の危機に直面した。」






Last updated  2007.08.14 13:54:29
2007.06.18
カテゴリ:社会、天候、現象
 暑いなぁ。北国岩手なのに、連日30度に至る日が続きます。白金豚に限らず、豚たちも人間同様に暑さが続くとバテてしまいます。食肉の肉質はもちろんのこと、交配がうまくいかないと来年の業績に響きます。
 ファンや水をつかって涼をとるべく奮闘していますが、コストも手間もかかりますし、その効果は限定的なものです。この夏が心配ですね。






Last updated  2007.06.18 13:03:57
2007.02.04
カテゴリ:社会、天候、現象
白金豚を生産する農場は山のほうにあるのですが、今年はなかなか積雪にいたらず、先月末までは日陰の残雪ぐらいしかのこっていませんでした。ところが2月1日から確かに雪がふって今日までにいくらか積もってきています。すごいなぁ昔の人は、1月31日と2月1日の間にはなにか違いがあるんでしょうか?暦と天候の相互関係をぼんやり考えていました。

ただ・・昨日で節分。暦のうえでは春なんだよなぁ






Last updated  2007.02.04 18:12:43
2007.01.28
カテゴリ:社会、天候、現象
 23日、アメリカ大統領が一般教書演説をされました。これは本国の政治に限らず、世界経済に影響をあたえるイベントのひとつです。風が拭けば桶屋が何とやらと言いますが、白金豚をはじめとした日本の畜産にも影響があります。
 日本のマスコミではイラン問題を面白おかしく取りあげていますが、業界として不安なのがエネルギー政策です。ブッシュ大統領はガソリン消費量を10年で20%削減する(いまの石油をめぐる戦争からのリスクヘッジなのでしょう)、そしてエタノール燃料を2017年迄に現在の7倍にまで増産すると宣言しました。エタノールの主原料はトウモロコシで、その座は当座変わらないと言われています。つまりこれからはトウモロコシが食料でなく石油に変わる燃料として消費されていくことになるのです。
 欧米人の食生活ももちろん心配ですが、特に家畜の食べる餌においてトウモロコシは世界中で主原料とされています。それが大きく高騰していくのです。世界経済の枠組みのひとつが今大きくかわろうとしています。






Last updated  2007.01.28 13:10:23
2007.01.26
カテゴリ:社会、天候、現象
 先日、相模原の万能串刺機メーカー、コジマ技研工業有限会社さんを訪問しました。今後の業務展開を考えたときに、串刺し機による高効率化と、人の手を超えた完成度の向上を考えたからです。
 小嶋社長と海外を担当してる大川さんのお二人についていただき、熱く優しく御説明いただきました。すごいなぁ。サンプルの鶏肉やネギの真ん中に串がストンストンと刺さるんです。先端の平たい尖っていない串でさえもストンストンと正しくささります。しかも逆さに振っても落ちるようなこともありません。人手による串刺しの苦労と品質のバラつきを振り返ると、大変な機械です。

 私はこのコジマ技研さんを、お恥ずかしながらネットで検索して知りました。実はテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」やTBS「がっちりマンデー」などメジャーな経済番組で、何度も紹介されている有名メーカーなんだそうです。なるほど万能串挿し機メーカーとしては日本国内に一社しかないそうで、社会に出回っている串刺し加工品は、大抵こちらの製品がつかわれているのだそうです。
 面白いことに、最近の潮流として居酒屋グループさんがよく買われていくのだとか。焼鳥、海産物、串カツ、野菜串、おでんなど、飲食店にとっても万能串刺しは大変心強い機械です。またその活躍は国内にとどまらず、海外のシシカバブーの串刺しにまで及んでいるのだそうです。串刺しは世界の共通の食べ方、そのビジネスは世界に通じるんですね。

 相模原駅で大川さんにお会いした際、すぐに顔をわかっていただきました。私のブログを読んでくださっていたそうで、嬉しかったですね。情報公開の大事さを認識させられました。






Last updated  2007.01.27 17:45:48
2006.12.23
カテゴリ:社会、天候、現象
白金豚を生産する岩手県花巻市では、今朝から雪がふってます。
あすクリスマスイブはホワイトクリスマスかな。

昨年は大雪でしたが、今年は暖冬なので雪がふらないかもしれないと思っていました。
いやいや粋ですね。週末になってふりだした。

配送業者のみなさま大変だと思いますが、安全運転でがんばってください。






Last updated  2006.12.23 12:09:57
2006.12.22
カテゴリ:社会、天候、現象
 この数日は本当に忙しく、会社のなかが殺伐としています。夕方は、事務員に頼んで鍋セットを調理したり、あるいは宅配ピザを買って卓にひろげています。腹が減っては戦ができぬといいますからね。
 それで昨日久しぶりに食べたんだけれど、ストロベリーコーンズの「スモークサーモンとイタリア野菜のクリーミーピッツァ」っておいしいですね!知らなかった。担当者は、今日なにを頼むのかな!?楽しみになっちゃってます。






Last updated  2006.12.22 06:52:31
2006.12.03
カテゴリ:社会、天候、現象
 最近「銘柄豚」を批判するサイトやブログを目にするようになってきました。批判にも一理あるので、そこへ乗り込んでいって論戦をしかけることはしません。中には、むしろ私も同意し、応援したくなるような発言もあります。

 ただ、だいたいは発言者が精肉販売の方だったり、畜産家だったりして、感情をゆさぶるマーケティングの一種のようです。だとすれば気持ちのよいものではありませんね。消費者の感情を口先で翻弄するのはよくないことです。

 ブームは世間に認識されたとき、終わりが始まるものです。私なりに銘柄豚ブームがすでに終わりにさしかかっているのを感じます。(それはまた別の機会にのべていくことにしましょう)いまの時点で、私なりに銘柄豚批判への考え方を整理して提示しておきたいと思います。

銘柄豚への批判を大きく分けて3つに分類しました。

1.銘柄豚と一般の豚には、実は差がない。
2.銘柄化は、ネーミングを利用して値上げを図る消費者だましである。
3.銘柄豚は販売先を閉鎖的にして、技術的に相対価値をあげており、消費者に不誠実である。

 明日以降、ひとつひとつに私見を述べていきたいと思います。






Last updated  2006.12.03 18:44:36
2006.12.02
カテゴリ:社会、天候、現象
白金豚を生産している豚舎のある地区ではすでに降雪がありましたが、今朝は本社の市街地まで雪が積もりました。まあ昼には融けてしまう量ですが、いよいよ冬の始まりですね。

 巷では御歳暮商戦、直営店のポパイでは夕べにクリスマスの飾り付けをしました。

先生も走る師走、今年もそんな季節になりました。






Last updated  2006.12.02 08:12:24

全36件 (36件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.