000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

X

全36件 (36件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

社会、天候、現象

2006.11.25
XML
カテゴリ:社会、天候、現象
 日に日に寒くなってきました。夜や朝、車に乗り込むと窓ガラスが凍っています。マイカーのタイヤ交換を明日しようと思います。

 日の落ちるのが早くなり、もう夕方5時には真っ暗です。

白金豚たちは寒い夜、仲間同士でよりそって眠っています。







Last updated  2006.11.25 16:15:09


2006.11.12
カテゴリ:社会、天候、現象
 白金豚の生産地・岩手県花巻市では今日が初雪でした。ただ私はその時間帯に室内にいたためよくわかっていません(なんか残念です)。たしかに今夜はよく冷えます。白金豚たちの豚舎は山のふもと、市街地よりも西風の強い寒いところです。今夜は豚たちも寒がっていることでしょう。
 肺炎など風邪に注意しなければなりませんね。

 明日の天気予報では今日より少し寒そうです。秋も終わりですね。






Last updated  2006.11.12 23:53:16
2006.11.09
カテゴリ:社会、天候、現象
 夕べから今朝にかけてニュースで「米国産輸入牛肉に不許可部位混入」と報じられています。国は出荷した工場の牛肉について、国内流通を一時停止すると8日に発表しました。

 その前日にあたるおととい、豚価が一気に上昇しました。・・・偶然の一致なのか恣意的なものが働いているのか。もし後者の要素が少しでもあったのならば、生鮮市場は腐ってますね。あくまで消費者の需給バランスによって決められていると信じたいものです。






Last updated  2006.11.09 08:57:10
2006.11.08
カテゴリ:社会、天候、現象
 トウモロコシが9月に比較して50%近く値上がりしているとのこと。
「トウモロコシ急騰に業界悲鳴、米でエタノール需要急増のため(フジサンケイ ビジネスアイ」)」。
原油高の影響で、代替エネルギーとしてエタノールが注目され、その影響らしいです。畜産用の飼料の主原料はトウモロコシです。白金豚もその影響を受けることになります。畜産飼料価格の値上がりが心配です。






Last updated  2006.11.08 20:34:09
2006.11.02
カテゴリ:社会、天候、現象
 本日は花巻市観光課の御案内で、東京農業大学より千葉教授がいらっしゃいました。教授は大学の英語教科書を制作されているそうです。今回は来期の教科書に花巻のことをとりあげるために取材されているのだそうです。当方のことは渡辺前市長の紹介でもあったそうで、人のご縁を本当にありがたく思います。
 私より白金豚の話をいくらかしたあとは、教授の取材エピソードを色々と教えていただき、その話が面白くて、会話はそちらで盛り上がってしまいました。(さすがに公開はできませんが・・・)とても楽しい時間を過ごしました。

 教授よりサインの入った教科書を社長と私に2部いただきました。まだパラパラとめくっただけですが、面白そうです。歌舞伎の中村勘三郎さんのことから大リーグ松井秀喜さんのことなど、プレッシャーがないぶん、学生のころより素直に理解がすすみました。きちんと時間を設けてしっかり読んでみたいものですね。






Last updated  2006.11.02 22:58:25
2006.09.22
カテゴリ:社会、天候、現象
秋のはじまりですね 涼しくなりました。今日の気温の予報(盛岡気象台発表)は、最高気温は23度なそうです。朝の最低気温は8度でした。僕は夏嫌いの冬好きなので、すこしワクワクしてきました。






Last updated  2006.09.22 10:01:29
2006.08.12
カテゴリ:社会、天候、現象
現在発売中の女性雑誌「LEE」9月号にて、白金豚が紹介されております。

当方まで直接に取材、あるいは正規に申込のあった報道についてはこちらのブログで紹介して参りります。






Last updated  2006.08.12 23:26:34
2006.07.26
カテゴリ:社会、天候、現象
 アメリカ産牛肉の輸入再開が明日27日に決定される予定です。米産牛肉の輸入については、以前にいったん解禁していましたが、BSE(牛海綿状脳症)の特定危険部位である背骨の混入がみつかったために、今日まで再停止されていました。日本の調査団はすで今月21日に、米国内の食肉処理施設(日本向け)35か所の現地査察をすませ、今後は与党の了承を待って輸入再開が正式決定するんだそうです。

 本件について、これまでも何度かコメントを書こうと思いましたが、意見がまとまらず取下げています。ことは複雑なので、私は単純な批判を控えます。原理にたった批判は軽薄ですし、かといって事態に追従するのもあまりに無能。なかなか考えがまとまりません。とりあえず今後のことは、消費者の選択に委ねられましたね。アメリカ牛のシェアが完全回復するとは思いませんが、広く一般に流通するまでに、そう時間はかからないと思います。






Last updated  2006.07.26 13:23:34
カテゴリ:社会、天候、現象
梅雨明けの遅れが気になります。ただ昨年と現象が違いますね。昨年は関東の猛暑にたいして、北東北のみが梅雨明けが遅れたところでしたが、今年は別で全国的に梅雨明けが遅れているのだとか。
梅雨時期の不快感は、人も豚も同じです。飼育に影響が出ないよう、祈るしかありません。






Last updated  2006.07.26 02:06:55
2006.07.25
カテゴリ:社会、天候、現象
 豚の生食には、寄生虫や肝炎のリスクがあるといわれています。もちろん食中毒の危険性もあります。ただし、これらは調理時に火を通しさえすれば原因が死滅するので、なんの問題もないものです。豚肉を食べる際は、きちんと火を通して食べましょう。

「白金豚を生で食べたい」
以前、このような問い合わせがよく寄せられました。都度、電話口で解説させていただきましたが、この場をかりてあらためて御説明させていただきます。
 白金豚は生食用の豚ではありません。もちろん私達は豚を健康に育てるべく、手を尽くしておりますし、精肉部もきちんと環境管理をして清潔に作業を行っております。けして危険な豚を出荷しているのではありません。
 ただ生食用の無菌環境とは異なり、当社農場では、子豚を常在菌と共生させ、一頭一頭の抗体を引き上げる飼育システムをとっております。豚自体は生命力にあふれる健康体なのですが、常在菌や外気にさらされて育っているので、その肉に前述のリスクがないとはいえません。
 もちろんカリカリに火を通す必要はありません。表面がきちんと焼けて、内側がほんのりピンク色になっている程度は、問題ないと思われます。どうぞ安全を守ってお召し上がりくださいませ。






Last updated  2006.07.25 08:22:32

全36件 (36件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.