000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

X

全40件 (40件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >

ひとりごと

2008.10.23
XML
カテゴリ:ひとりごと
9月の半ばぐらいから、一般市場で豚価が低迷しています。(白金豚は関係ないですが)
買取業者さんからすれば、これまで高すぎたという見方もあるのでしょうが、飼料や原油の高騰具合からいって、まぁまぁ適切なものでした。世界経済の動向をうけ、近い将来コストの低下が期待できますが、すくなくとも現時点では、先に売価が下がるのはあまりに酷いことです。穏やかに受け入れられるものではありません。

 サーコワクチンの普及で頭数が増加したため需要に対して一時的に国内供給が過剰になったという説と、時を同じくして東京食肉市場の取り扱い頭数が増えたので、慢性的に東京のセリ値が供給過剰になったという説があるそうです。

 前者は仕方のないことですね。飼育技術の進歩で、供給が拡大すれば、一時的に値下がりするのが市場でしょうから、それに従うのが市場参加者の宿命です。しかし、もしそれが後者ならば、日本の養豚全体が、一部の人の都合によって、壊滅の危機にさらされることになります。内臓価格云々・・冗談じゃない、そんなことで豚価が下がって良いわけない。これまでの豚価が商品価値を反映してたものじゃないなら、インチキだったことじゃないか。

 国内生産者が毎年、一割ちかく廃業に追い込まれているなか、生産頭数が飛躍的に増えているわけでもないなかで、東京市場の増頭というくだらない理由で、国内の生産者売価が下がっていいはずがありません。つくづく「市場」というものの、インチキに悲しくなります。






Last updated  2008.10.23 12:04:00


2008.04.18
カテゴリ:ひとりごと
先日、札幌で行われた郵便局株式会社の平成20年生産者販売者の集いに出席してきました。北海道まで行くのは大変でしたが、郵便局をめぐる社会的な大変動のなかで、その動向を見聞きしておきたいという思いから出席を決めました。役員さんから、それぞれこれからの施策案が出されていましたが、それはここでは書き記せませんね。ただ、これまで公務として引受けてきた仕事が民間企業となることで解釈が違ってきたり、あるいは諸処受けていた仲介業務を自らが行うことになったり、まだまだ先のこととはいえ、巨大企業が一夜にして誕生して、しかも成熟が急がれているという、不思議な感覚を覚えました。これがパラダイムシフトというものなんでしょうか。
 後半の講演は食品企業を取り巻く現状と課題について、(財)日本科学技術連盟ISO審査登録センターの方からお話がありました。いま市場は、「顧客選択の時代」「顧客満足の時代」を越えて「顧客評価の時代」となりつつある、と。食品不祥事の騒動は、消費者が生産者側を厳しく評価する時代になってきたのも一因なのだそうです。危機管理・対策として、慣習管理をやめて防護システムやマニュアルと教育の徹底とシミュレーションが大事なのだということでした。
 講演を聴いていてぼんやりと思ったのですが、「顧客評価の時代」ということだけれど、なんか変な日本語だなぁ、という感じを抱いてしまって最後までぬぐえませんでした。主客転倒してるのに無理矢理に造語で揃えようとしているから違和感があって、それが現状認識を惑わせる。言い回しを変えたほうがいいのかもしれない。乱暴な言い方をあえてすれば「大人のイジメの時代」ということなんで、これは企業がどう予防しようが避けられない怖さがあります。でも会社をイジメられないような体質にしておくということが大事になってくるし、いざターゲットになったときの対処は、ただ情報整理だけしていてもだめなわけで、むきあって対話することが必要になってくる場合もあるだろうと。字数の都合、少し飛躍しますが、これからは、日頃からのファン作りと、事業哲学の重要さがつくづく大事になってくるだろうと感じました。






Last updated  2008.04.18 10:22:21
2007.11.17
カテゴリ:ひとりごと
亡き会長の七回忌の法事をさせていただきました。少し早いのですが、一緒に母の十三回忌も営ませていただきました。時のたつのは早いものですね。あっという間のことでしたが、確かにこの間いろいろなことがありました。祖父と母の墓前、今さら感傷はありませんが、自らの至らなさを反省し前向きな思いを新たにしました。






Last updated  2007.11.21 13:31:36
カテゴリ:ひとりごと
 エコフィードとは食品残さを利用した家畜のエサのことです。食品リサイクル法の施行と、穀類の国際価格の上昇に伴い、注目されています。家畜にはその昔、残飯を食べさせていたものですが、すでに現在では殆ど配合飼料にとって変わっています。エコフィードと呼ばれる現在の営みは、かつてのように残飯をまわすのではなく、乾燥加工し成分を検査したうえで配合飼料の補完するために使われることになっていくようです。
 ただ、これが中々簡単ではないようです。行政の後押しがあるとしても、加工流通にはまだまだ高い費用がかかってしまっていて、飼料価値に比べて割高になりがちです。また成分の安定が求められますが、さて食品リサイクル排出側が数年にわたり均質な食材を提供してくれるのでしょうか。メニュー、売れ筋がほぼ固定化されていないと不安です(そんなことあるわけない)。そしてハンドリング、もし排出側が爪楊枝等の異物をいれたり過度の添加剤や調味料を混ぜた場合どうなるのか。派遣スタッフ、アルバイトにオペレーションを徹底してくれるのか・・・
 なによりこの気まぐれな社会はどう捉えるのか?かつてマスコミや社会はBSEを巡って、家畜飼料中の肉骨粉を一大バッシングしました。でもその成りたちと存在感は、肉骨粉だってエコフィードみたいなものでしょう。肉骨粉は悪い残り物で、食品残さは良い残り物だと、どうしてそんなことが言えるのでしょうか。
 冒頭に申し上げたように、背に腹は変えられない状況がそこにあって、そして環境問題にたったときに正義なのはよくわかります。そして誰かが少しづつ始めなければならないこともわかります。けれどこのマス「社会」を信用できない。非常に難しいですね。






Last updated  2007.11.21 13:28:43
2007.07.17
カテゴリ:ひとりごと
 先週末から週明けにかけて、大雨・台風・地震と大変な天変地異が日本を襲いました。九州から甲信越にかけて、被災された多くの方々を心配します。
 幸いにも当地岩手は何事もなくことが過ぎました。がこれほどの短期間に広域にわたって自然災害が起きると、明日は我が身と帯を引き締めなければなりません。
 当社もこの10年の間に、吹雪で養豚場の屋根をとばされたり、施設を大雪で潰されたりしました。落雷で電子器機がパーになったこともありました。日本には八百万の神がいるとは言いますが、事故など八百万とおりに起きるもので、むしろ平穏がずっと続くことなど期待せずに、防災への投資をしなければならないのでしょう。
 とはいえこれが難しい。資金力が限られているなかで、全ての事象に対策を立てておくことなんてできるわけがないし、何かが起きても充分な資金を積み立てておくことなんてできるわけけがない。でも経営者として何かはやらなければいけない・・禅問答のような果てのない話ですが、思考停止をしてもいけないことです。






Last updated  2007.07.17 16:55:03
2007.06.05
カテゴリ:ひとりごと
今日は私事にて失礼します。

日曜は弟の結婚式でした。東京で二人で働いていた二人が、東京で一緒になる。色々と苦労や葛藤もあったろう。でも今こうして自立した大人になっていくのだなと、頼もしかったり心配だったりと、家族は気持ちが揺さぶられるものですね。最後の挨拶のとき、弟も父もしっかりとした挨拶をしていたのに、私と妹はテーブルで泣いてしまっていました。

あらためておめでとう、そして今までありがとう。これから、大変なことが色々あるだろうけれど、自分たちの力で誇りある人生を築いていってください。






Last updated  2007.06.05 19:51:28
2007.03.27
カテゴリ:ひとりごと
 源喜屋の準備をしていて気付かされたことの一つに、現場スタッフによる重箱の隅をつつくような目の大切さです。未熟な経営者は方向を決めて道を示そうとするあまり、ひとつの事象への気配りや分析が荒くなることがありますが、現場スタッフは違います。仕事に誇りをもっていればいるほど、細かな事に目が行き届いています。当社の白金豚の飼育担当者も同じ。ときに経営者と対立しても、細かなことに気をとめ意見を言います。
 かつてはそれがもどかしく、気を荒げたこともありますが、最近になってその大切さを思い知らされています。今朝、養豚場にいってそんな話をしてきました。






Last updated  2007.03.27 23:22:15
2007.01.25
カテゴリ:ひとりごと
 昨日、三木谷浩史さん(楽天市場)のお話を聞く機会に恵まれました。「楽天」が「白金豚」と同じように平成九年に始まって十年たつのだそうです。だから氏は今、その次の十年を考えているのだそうです。「楽天2.0」をテーマに、Eコマース、エンターテイメント、金融などあらゆる情報を総合した企業グループになっていくのだとのこと。少し前からインターネット上の価値観の変遷をとらえて「Web2.0」という言葉が流行していますが、情報がカテゴリーを超えてネット上で再構築していく、その流れに自社グループの姿を重ねているようです。

 白金豚は畜産ですから、そんな急いで変革するものではありません。静かに強い気持ちで継続していくものであって、むしろ派手なコピーは必要ありません。ただ時代の流れは本当に厳しい。世界中で穀物不足がはじまっていて、取り合いになっています。時代を見据えて企業として変革していく思いは必要です。






Last updated  2007.01.25 15:35:58
2007.01.24
カテゴリ:ひとりごと
 今日から水・木・金と出張が続きます。花巻を出て、石巻→仙台→盛岡→横浜→盛岡と回ってきます。商圏での商談はもちろんですが、ITの勉強会に出たり、新年会にでたり、業務機材の現場説明会などなど。車の移動も多く、安全運転につとめなければなりませんね。ホントのところ、月末だから気も落ち着けないし、モバイルで諸処の計算もしなきゃいけない。
 もちろんこういうときは仕事をしながら自分の見識を広められる貴重な機会ですので、それぞれの場をきちんと堪能して参りたいと思います。






Last updated  2007.01.24 04:24:35
2006.12.28
カテゴリ:ひとりごと
街からみる奥羽山脈は白くなっています。白金豚の養豚場もそのふもとなので雪が積もっています。ブログを冬らしく、白に模様替えしました。

とはいえ実際に本社周辺には、暖冬のためまだまだ積雪はないのですが・・






Last updated  2006.12.28 16:50:00

全40件 (40件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.