000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

X

全99件 (99件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 10 >

白金豚と地域

2011.07.31
XML
カテゴリ:白金豚と地域
養豚場周辺の土壌について

国では現在、肥料原料の汚泥に基準を定めております。養豚場周辺の土壌について、今回の検査結果は、その暫定規制値200Bq/kgをはるかに下回るものでした。どうぞご安心くださいませ。

 また、東電福島第一原発事故以前における全国の農地土壌の放射性セシウム濃度の平均が、約140Bq/kg~約20Bq/kgでした。この度の数値はその範囲内でもあります。よって当社では、この土壌が安全であると判断いたします。

【用語】「検出限界」
検査において、検出できる限界の量(最小の値)です。それを上回ると数値が記載され、限界を下回ると「検出せず」と記載されます。前述の通り、数値の記載が直ちに危険なわけではありません

養豚場の豚は、畜舎のなかで飼育され、日ごろから屋外土壌との接触の少ないものです。また表土中のセシウムが地下水脈まで浸透することはありませんので、従って、今後も当社の豚肉が汚染される可能性はほぼありません。安心してお召し上がりくださいませ。

・養豚場周辺土壌検査(PDF)2011年7月29日
http://www.meat.co.jp/atom2011/03mad.pdf






Last updated  2011.07.31 10:23:29


2011.07.21
カテゴリ:白金豚と地域
(7/20にfacebookに掲載した記事より転載)

先週より、牛肉から放射性セシウムが検出されたことで、日本中がパニックの様相を呈している。件の牛には、東日本大震災後、福島第一原発の事故後に拡散した放射性物質のふりかかった稲ワラを牛に給与されていたようだ。それが原因となって内部被爆してしまったものといわれている。

消費者・販売者、そして生産者の心痛たるや、いかほどのものだろう。私は養豚家であり、精肉業者であり、飲食業者である。事態の重さから、お察しするなどと軽々しくいえないものがある。宮城の稲わらも問題となっており、肉としての流通はすでに全国に広まっていた。今日時点でまだ全容が見えていないが、健康被害がおきないよう、ただ願うばかりである。

これまでに、当社の業務においても「豚肉でも、このご時世だから贈答は控えたい」といったキャンセルが起きている。風評問題である、ここに自主防衛のために、当地・当社の豚肉の安全性について事情を少し記していきたいと思う。

なお本来であれば、業界全体の安全を睨んだ論を述べるべきところではある。しかし、私自身も自社の安全性を説明するのに手一杯である。ミニマムな情報としてくみ取っていただければ幸いである。

・豚は稲わらも、野ざらしにされたエサも食べない
今回の汚染経路は放射性物質が拡散するなかで、野ざらしにされた稲わらの給与であった。それは牛のエサである。豚や鶏は食べない。国内のほとんどの豚は、配合飼料という輸入穀物を加工したエサを食べている。配合飼料はカビ毒を恐れるため、原則として野ざらし・雨ざらしにはしない。タンク車で運ばれたり、紙袋にいれられて配送される。従って、野ざらしにされた稲わらを、豚が食べることは、一般にありえない。

・当地の環境放射能および水質は安全域である。
正直いって、岩手も震災直後は大停電だったため、碌な情報がなかった。従って、当時飛散した放射性物質や、その被爆被害などはわからない。しかし当社としては4月にガイガーカウンターを購入し、日常的に放射線量をチェックしてきた。当時は危機管理として購入したので、まさかその情報が必要になるとは思わず、いちいち記録してこなかったのが悔やまれる。が、ずっと安全域だったことを報告しておく。なお現在、インターネット上で文科省が盛岡で調査してきた環境放射能、水道の放射能の数値を調べることができるが、盛岡の数値は、私が花巻で把握している数値と殆ど同じであったので、参考にしていただきたい。本日時点で、0.024μSv/hである。余談であるが、本日は日本の都道府県で一番低い値であった。

・業界団体からのチェックと回答
いま(社)岩手県畜産協会から、養豚振興会員にも調査依頼が来ている。養豚家への調査内容は、稲わら等を敷料・オガ粉の代替に使用していたか?震災後、飼料タンク倒壊などにより野ざらしになっていた飼料を給与したことがあるか?というものだった。なるほど、そこまで考慮しなければならなかったかと私自身、深く参考になった。
当方では養豚場が二件あるが、どちらでもそのような行為は無かった。
・食肉中の放射能物質の検査について
当社では来週に(社)岩手県薬剤師会の岩手医薬品衛生検査センターにサンプルを持ち込み調査してもらう予定である。もちろん安全が確認されれば、そのPDFをここに公開したいと思う。なお、万が一に危険が確認されれば、出荷停止になるばかりである。そのような事は億に一つもないと思っている。

・おねがい
インターネット上での様々な意見に触れると、寂しい思いを抱くことがある。「東日本の食材は危険」だの「セシウム牛が出たから、豚も鶏も汚染されてるはずだ」等々といったテキストが垂れ流されている。書いてる側にすれば、大雑把に気楽に書いた文なのかもしれないが、そこにどれだけの事案があり、どれだけの人が関わっているのか、一寸思いを巡らせてほしい。たしかに東北には放射農汚染された危険なエリアがあるのが事実であるが、安全なところも沢山ある。放射能に汚染された豚が、いつ出回るかはわからない。無いとはいえないが、論理的に圧倒的に安全である。冷静な言動と消費行動をお願いするものである。






Last updated  2011.07.21 10:08:45
2011.05.27
カテゴリ:白金豚と地域
本日、東北電力から節電の依頼があった。

 養豚業もまた夏に電気を使う。
餌を提供するのに電気を使う。豚を暑さからまもるために電気を使う。
そして毎日のように小豚が生まれる。そこで電気を使う。
簡単に節電できるものではない。

しかし、もしも節電せずに電力不足による停電が起きた場合、それはそれで私達も辛い。
ポンプが止まれば豚に水を飲ませることができなくなる。
タンク内の自動給餌機も止まってしまう。

当社では更に食肉部門がある。こちらで冷凍庫がダウンしたならば、全ての在庫が腐敗してしまい、大損失になる
飲食店もある。停電したら開店もできなくなる。

そこで各事業所のリーダー達に節電案をリストアップしてもらうことにした。
はたして本業に支障をきたせずに、どれだけの事ができるのか。

心配ながら、少し楽しみなことでもある。






Last updated  2011.05.27 12:20:39
カテゴリ:白金豚と地域
ブログの更新が滞っておりました。誠に申しわけございません。

お取引さきのお客様におかれてはご存じのことと思われますが、少しづつながら出荷を再開しておりました。

ただし東日本大震災の影響を受けて、量について限定的なものになっております。どうかご容赦くださいませ。

高源精麦株式会社
「白金豚」プラチナポーク
代表取締役 高橋誠






Last updated  2013.02.08 14:35:24
2011.03.13
カテゴリ:白金豚と地域
先日発生した東日本大震災の影響についてご報告申し上げます。
ただいま当社の電話機およびファクス機が故障しております。
インターネットを利用した御報告になることをご容赦くださいませ。
明日以降、代替の電話番号をお知らせする予定です。

本日のお問い合わせはメール等、インターネット通信上でよろしくお願いします。
Email: makoto@meat.co.jp
twitter: @hakkinton
facebook: http://www.facebook.com/meat.co.jp

 お陰さまで社員とその家族の被害は現在報告されておりません。ありがとうございます。
当地、花巻市はインフラの多くが復旧してきております。関係各位の奮闘に本当に感謝します。しかしまだ生活も業務も万全な体制ではありません。
 また大きな余震が続いており、油断できない状況が続いております。

 「白金豚」の出荷時期についてはまだ判断できません。
当地ではガソリンや軽油が不足している上、物流業者の営業情報を把握しきれておりません。状況が変わり次第お知らせして参ります。

ポパイ・源喜屋花巻本店・源喜屋クロステラス盛岡店について
 まだ営業再開の日時は未定です。おってお知らせしてまいります。

全国の皆様の応援に心から感謝いたします。本当にありがとうございます。






Last updated  2013.02.08 14:34:43
2011.01.09
カテゴリ:白金豚と地域
今年は白金豚農場からもひとり成人者がおりました。
育成豚舎担当のTくんです。彼は新卒で入ったので、もう二年の縁になるのですね。
将来は交配の専門家になってもらおうと思っている人材です。

私は当日、当社の飲食店「ポパイ」(成人式会場すぐまえの店舗)にいたのですが、
始まる前にそこまで挨拶にきてくれました。もちろん記念写真もとりました。
彼はとにかく、緊張していましたね(笑)。

畜産には知識に、観察力、発想力、仮説を立てる力、などが求められますが、
さらに継続力というか、ひとつの約束事をコツコツと真面目に続ける力がもっとも
求められます。彼にはその力を見込まれ今、先輩たちにいろいろと指導を受けています。

今年、当社から成人式に参加した若者は、他に源喜屋から社員ひとり、ポパイから学生アルバイトがひとり。
みんなの記念写真をとりました。

成人おめでとう、そして頑張ってください。そしてよろしくお願いします。IMGP0192.jpg






Last updated  2011.01.09 10:11:35
2010.12.16
カテゴリ:白金豚と地域
「ぐるなび」さんと「danchu」さんとでコラボレーションして発刊される「ニッポン全国ブランド食材図鑑2011」(1260円)が明日発売になります。

当社にも一部届きました。「白金豚」プラチナポークは38ページに掲載されております!
どうぞ書店で見かけたらお手にとってご覧いただけると幸いです。

楽天ブックスでは以下の通り、


本日の時点で画像がない・・楽天さんがんばって!






Last updated  2010.12.16 15:19:16
2010.08.12
カテゴリ:白金豚と地域
先日のこと、養豚場に熊が現れたそうです。
いつも秋には冬眠前によく出没するのですが、今年は早いような気がします。

ただ暦のうえでは立秋を過ぎて秋なんですよね。

人や地球がおかしくなってますが、
案外と野生生物のほうが保守的で戸惑っているのかもしれません。

ちなみに熊が豚を襲うことはありません。
豚は雑食性ですから、ある程度攻撃的で闘えば強い動物ですからね。
豚が群れなのに対して、熊は一匹なので熊もちょっかいをかけません。

但し、熊はイタズラをしていきます。餌箱の飼料を食べたり、
畜舎のカーテンを壊したり。修理代が馬鹿になりません。

これから秋冬にかけて、熊に用心です。






Last updated  2010.08.12 14:09:24
2010.08.09
カテゴリ:白金豚と地域
土曜日は白金豚の養豚場ミーティング。

話題はどうしてもこの暑さ。岩手でも36度超を記録しています。
豚は暑さに強くても寒さに弱いので大変!

でもさすがベテラン達です。いまのところ、繁殖成績の低下はありません(お見事!)
ただ残暑のこれからが、肝要ですのでますます気をつければならないのです。

ところで興味深い話がありました。
熱中症の症状を確認しあっていたら、
「昔でいうハクランだな。いま熱中症というんだよな」と農場長。
つまりこの地域では、暑さによる病気の症状をハクランと呼んでいたのです。

気になって調べたところ、確かにハクランという言葉はありました。
津軽を中心とした来た北東北の言葉のようです。

ハクランというのはカクランの訛りで、カクランというのは霍乱と書きます。
これは諺の「鬼の霍乱」で日常につかわれている言葉。
そして霍乱というのは事実上、熱射病や熱中症を示すようです。

へぇ~知らなかった。つまり鬼の霍乱というのは、鬼も暑さ・熱中症でまいるという、
夏の言葉なんですね。私は霍乱を熱中症に限定して記憶していなかったので、
鬼でも病気や怪我で弱る程度の意味で捉えていました。
冬のインフルエンザなどにつかうのはちょっとナンセンスですね。


あまり暑いので、熱中症対策に、養豚場二件をはじめ飲食店ポパイや居酒屋源喜屋に
ジュースのアクエリアスを1ケースづつ差し入れました。

我が花巻市には、みちのくコカコーラさんの工場があるので、コカコーラも地域企業です。
そういうわけで、コカコーラ社のアクエリアスを選択したのですが、
あとで考えてみたら、花巻市にはEN大塚さんの工場もあります。
EN大塚さんは大塚製薬系の企業なので、次回はポカリスエットにします!
注)キリンさんには源喜屋で、普段から御世話になってます。キリンさんは会社のとなりの自販機で毎日買ってます。






Last updated  2010.08.09 10:12:03
2010.07.17
カテゴリ:白金豚と地域
 先週の日曜日のことです。

白金豚農場のある花巻市太田地区の学童施設にお肉を差入れしました。
家族会の60人バーベQということで、ロースを15キロほど。

 大変喜んでいただけました!

 畜産は家畜の命をあずかる仕事ですので、堆肥や浄化水を排出する産業です。白金豚もまた、地域の方々の理解なしには一日だって操業できません。私が社長になってから、地域への奉仕をひとつの方針に組み入れました。今回の寄付もその一つです。

 環境といえば、七月には鮎の川釣りも解禁になっていました。
水質についても従来から厳しいお言葉をいただいております。そこで6月にメンテナンスを実施し、問題ない水質であることを確認して今日に至ります。
 私達の事業規模ですと、年1回の定期検査で十分に水質を保てると聞いておりましたが、今では年4回の実施をすることにしています。


 さて、学童施設の子供達から思いがけないお返しをいただきました!

子供達から御礼の寄せ書きが届いたのです。
大きな色紙に切り絵で花を飾り、そこに一生懸命な字でメッセージが書かれていました。

感激しました。さっそく印刷屋さんに複製をたのみ、これからは養豚場をはじめとした各部署で掲示します。

(昨日、印刷屋に預けたのでいま手元にありません。
 撮影してブログにアップできないのが残念!
 これはまたの機会に)



「情けは人のためならず」とはよくいったものです。
相変わらず畜産を囲む景況は厳しいですが、私達の気持ちが安らぎました。
今回の経験からまた多くのことを学びました。




高源精麦株式会社 社訓より抜粋

「私達は、地域と積極的に関わりあい、社会貢献を築き共存共栄していきます」






Last updated  2010.07.17 12:41:24

全99件 (99件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.