000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

X

全99件 (99件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

白金豚と地域

2007.10.01
XML
カテゴリ:白金豚と地域
政府が管理する輸入小麦の製粉会社向け売り渡し価格が、10月から10%引き上げられます。食品の値上が続々伝えられています。食品原料に加え、原油をはじめとした燃料も値上がりしています。つまり食の値上げはもう必然、避けようがありません。この数年、白金豚の値上げもありました。もし逆転ウルトラCがあるとすればドルの暴落でしょうか。でもそんなことがあったら経済全体が破綻してしまいます。つまりこの流れはしばらく必然であって大変な時代に入っています。
このような局面になると、個人的には値上がメーカーの良心と御理解いただきたい思いがあります。原料経費が上がっている中、もし売価を抑えようとすれば中身を誤魔化すしかありません。偽装は論外ですが、それでなくても長いこと、質を落としても辻褄あわせるようなことがまかり通っていました。数年前の100円ブームの折り、コンビニのお握りや回転寿司店の質の低下は目を覆うものがありましたね。私達の白金豚のエサも、高額なものを使用しているので、安い普通飼料に切り替えれば一時の経営は楽になります。でもそれをやったらブランドが終わってしまいます。だからできないのです。「本物の時代」というのは簡単ですが、価格の動く中それを見極めるのは本当に難しいことです。京セラの稲盛さんの言葉に「値付けは経営」というものがありました。重く深く感じ入ります。






Last updated  2007.10.01 23:39:42


2007.09.23
カテゴリ:白金豚と地域
花巻市では宮沢賢治の命日である9月21日、賢治祭が行われます。例年、賢治祭では献花、賢治の詩の朗読、賢治が作った歌の合唱、野外劇などが行なわれるほか、かがり火を囲んで賢治について語る座談会が繰り広げられます。
 私はその関連で、翌22日に行われた第17回宮沢賢治賞・イーハトーブ賞の授賞式(発表会)後の懇親会に参加させていただきました。宮沢賢治賞とは宮澤賢治さんについて研究、評論、創作の功績に対して市より贈られるものなのだそうです。イーハトーブ賞は、実践的な活動に対して贈られます。会場は「なはんプラザ」でした。
 実は今回、スタッフの方の御厚意で私達の白金豚が料理の食材として指定されておりました。しかも、私に白金豚の解説スピーチの時間をいただいたのです。普段の営業用の解説や、畜産のノウハウの説明と異なり、宮澤賢治さんの精神を織り交ぜて資源循環の取組や生命への感謝を伝えさせていただきました。もちろん白金豚の名前の由来「フランドン農学校の豚」の一節も引用させていただきました。正直いって純粋に学問されている方には不評を買うんじゃないかと不安もありましたが、むしろ誠実にお話をきいてくださり、また御料理も完食していただき、ほっとしました。とても貴重な体験になりました。

賢治祭の詳細は宮澤賢治記念会にお尋ねくださいませ
宮澤賢治賞・イーハトーブ賞については宮澤賢治学会迄






Last updated  2007.09.24 01:15:49
2007.09.12
カテゴリ:白金豚と地域
おかげさまで産業祭での白金豚の串焼きは大好評でした!

9月7日~9日までの3日間の花巻祭りが終了しました。ただ今年は台風にあたってしまって、金曜日がプログラムの中止となり、自由運行でした。つまり事実上、2日間のお祭りとなってしまいました。それでも市民体育館での産業祭りは3日間開催され、お客様もたくさんいらっしゃいました。皆様、足元の悪い中、本当にありがとうございました!

いや~今回は大変な経験になりました。私は、ポパイチームと産業祭で白金豚の販売をし、夜は高源の樽神輿の参加、そして一日の終わりには源喜屋のチェックと、これまでに無く忙しい3日間でした。つくづく一人では何もできなかったし、自分が周囲に支えられて生かされていることを感じます。ポパイの奮闘、食販の前準備と片付け、養豚部の応援、飼料部の裏方、事務のサポート、源喜屋の活躍、高源機械という組織、そして多くの業者さんの協力で何とか、形を成すことができました。本当に感謝です。






Last updated  2007.09.12 23:44:59
2007.09.05
カテゴリ:白金豚と地域
さて皆様「門崎丑」ってご存じですか?

こちらは「門崎丑」と書いて、「かんざき・うし(かんざきぎゅう)」と呼ぶ、一関の黒毛和牛です。

今日はその生産者であり販売者である千葉さんと会話がありました。千葉さんとは、以前に「いわて地産地消レストラン」のイベントでお会いしておりましたが、きちんと花巻に来ていただいて、商談できたのはこれが初めてでした。以前に当社養豚部のSを通じて、生産者同士として一度語らいたいとのオファーを受けており、それから通算すると実に1年越しのことになりました。

 会話は畜種を越えて、銘柄農産物を築くための苦労や思いを確認しあうものでした。いま千葉さんが温めている企画があって、私達がサポートできるものであれば、それに参加させていただきたいと考えています。

 千葉さんは大変に熱く、そして笑顔の優しい方で、当方の白金豚に敬意を示して穏やかに語ってくださいました。が、おなじ経営者としてウッカリすると私のほうが飲み込まれそうで、刺激的な時間を過ごさせていただきました。

 ところで初めて「かんざき牛」と伺ったとき、つい「神崎牛」とか「神前牛」という字を連想してしまいましたが、「門崎」と書くんですね。これは一関地方にある地名が由来になっているんですね。勉強になりました。






Last updated  2007.09.05 21:38:57
カテゴリ:白金豚と地域
明後日からいよいよ花巻祭りです。本社の横の敷地では大通一丁目の風流山車が製作されていて、もう完成間近。とても綺麗で素敵なものです。当社では例年通り、産業祭会場で串焼きを提供、また高源グループとして樽御輿でパレードに参加します。もちろんパレード会場のそばの源喜屋も、お祭り期間中は生ビールを提供して、場を盛り上げます。さぁ皆様、ぜひ花巻に遊びにきてくださいね!






Last updated  2007.09.05 21:18:07
カテゴリ:白金豚と地域
本日は御陰様で大変な名誉をいただきました。地元の新聞、岩手日報さんの夕刊一面で、当社が紹介されました。タイトルは「<白金豚>成長10周年 岩手発ブランドに」。10年目とはいえ、これまで特に記念式典のようなことをしてこなかったのですが、これをもって世間様に認められて、大変感慨深いです。社員一同、ますます気を引きしめて精進して参ります。






Last updated  2007.09.05 20:40:00
2007.08.28
カテゴリ:白金豚と地域
この週末、盛岡OROパークで開催されたIBC祭に出展してまいりました。
期間中、会場には2万6千人以上のお客様がいらしたとか。
暑いなかどうもありがとうございました。

当社はおかげさまで、連日完売。本当におかげさまでした。
提供したのは当社の白金豚の串焼きとウインナーソーセージです。
串焼きはもう何年もやってきたので、定番と化していましたが、
今回はじめて持ち込んだウインナーソーセージの好評ぶりに
私たちも大変嬉しかったです。

盛岡の皆様、IBCファンの皆様、また来年お会いしましょう!

待ちきれないというあなた!9月の花巻祭の際に「産業まつり」会場で
ポパイスタッフが串焼きの串焼き販売をやりますよ!(同じものです)
ぜひ、花巻まつりにもお来しくださいませ。






Last updated  2007.08.28 11:29:01
2007.07.28
カテゴリ:白金豚と地域
 今年、2007年の花巻祭は9月の7日、8日、9日(金曜~日曜)に行われます。本社のお隣では大通り町内会の風流山車の準備が始まりました。山車に加えて、140台を超える樽神輿、郷土芸能の鹿踊、神楽権現舞などの豪華パレードをお楽しみくださいませ。

 私達、高源グループ(高源機械、高源電機、高源精麦)は、本年もまた金土の二日間に樽御輿で参加の予定です。また今年も「花巻産業まつり」会場では、白金豚の串焼きの販売を行います。花巻市役所新庁舎まえ(市民体育館駐車場)で祭と同時開催されているイベントで、地元産食材や工芸品のお買物や御飲食ができます。

 もちろん源喜屋は通常どおり営業しておりますし、源喜屋の店頭でも串焼きを販売する予定です。(店内の混雑が予想されますが、ご予約席には限りがあるのでご容赦くださいませ)なお花巻祭の際には、駐車場として市内数カ所が臨時開放されます。特に産業まつりをお楽しみになりたい方には、花巻小学校の駐車場が便利ですよ!






Last updated  2007.07.28 11:53:00
2007.07.25
カテゴリ:白金豚と地域
 本日、ハローワークへ平成20年度高校卒業者の求人票を提出いたしました。(ちょっと遅くなってしまいました。関係の皆様申し訳ございません)「白金豚」養豚場の飼育スタッフ1名を募集します。

 花巻から全国へ発信されてる数少ない事業のひとつが当社の白金豚であると自負しています。その現場はけして派手なものではなく、毎日動物たちの顔を見て、環境を整え、季節と共に過ごす職場です。けして綺麗事ではありません。でも地に足の着いた誠実な仕事です。今はまだまだ未整備なところもありますが、誇りをもてる仕事場を御用意していきたいと、そう考えています。






Last updated  2007.07.25 15:10:28
2007.05.30
カテゴリ:白金豚と地域
 昨日きたぎん経友会の総会のあと、達増拓也新知事の講演を拝聴しました。なんでも知事に就任して最初の機会だったそうです。
 就任よりまだ4週しかたっていないとはいえ、県に問題は山積しています。限られた時間のなかで事態を分析し判断し手を打っていくというのは、大変なことですね。講演時間の制限のなか、総論ではありましたが、興味深く拝聴しました。
 私も会社も特定の政党を支持していないので、政治的な発言は省きますが、その労務量と心労の過酷さを察するに、健康に気をつけて頑張っていただきたいものだなと感じました。
 






Last updated  2007.05.30 17:13:16

全99件 (99件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


© Rakuten Group, Inc.