000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

白金豚プラチナポーク公式blog 岩手県花巻市(東北)

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Category

Calendar

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

大きな声で、独り言 志戸平温泉の社長さん

Free Space

設定されていません。

全4件 (4件中 1-4件目)

1

マスメディア紹介の注意

2006.11.15
XML
 私達の公式サイトをはじめ、この公式ブログでも、取材や報道あるいは商品のテレビ出演や雑誌特集について、少しきつく言及させていただいておりました。

 私達としては取材や報道、テレビでの特集を否定する気持ちは全くなく、むしろ大変感謝しております。御依頼いただければ気持ちよく応じております。

 ただ今日まで数多くの無断紹介があったのです。特にテレビ番組にそれが多く、残念なことです。やはり私たちの登録商標であるのですから、電話一本の御相談を都度お願いしたいと思います。

 私達の預かりしらないところで、それが持ち上げられても確認のしようがなく、とても責任を負いかねます。しかし実際に責任を負うのは私達なのです。

 なんどか不正確な案内がなされたことがありました。現代畜産において、不正確な情報の発信は命取りです。それは近年の各種事件からも、皆さまがご存じの通りです。

 どうか誠実な一報を、切によろしくお願いします。

メール  takagen@meat.co.jp
電話番号 0198-22-2811






Last updated  2007.01.16 00:30:19
2006.10.17
「白金豚の仕掛け人」どうもそういう言葉に違和感を覚えます。

 そういう表現は、きっと本人でなく周囲の人が面白おかしく使うのでしょう。私どもは、そう思いたくもないし、そう思われたくもないですね。

 当事者からすれば、そんな言葉をつかう時その人には、現場で生産するスタッフ達のことも、買ってくれているお客様のこともみえていないのかもしれません。ある特定の人間が社会を動かしていると、思い込めるのはちょっと軽薄かなと思います。僕らの仕事は遊びじゃないし、気まぐれじゃない。そして仕掛けじゃないのですから。

 養豚場運営を大きく見直す決断したのは十数年前社長はじめ当時の幹部スタッフで、それを支えたのは先代会長でした。会長はその結果を待たず、病気で他界しました。そして飼料部、養豚部、食肉部、本社、アンテナショップ、みんなで一丸となって苦労して製品を開発し、会社を支えてきました。その苦労たるや、ここで簡単に記せるものではありません。
 そしてそれを受けて10年前、私が銘柄化を企画して、規格やコンセプトをまとめて、展開を始めたのです。広告やPRも社として責任をもって投資し、当時畜産としては画期的だったホームページなどを用いて情報公開に取り組んで今に至ります。

 もちろん私達だけではここまでこれませんでした。飼料や設備のメーカー、獣医さん、弁理士さん、県市行政、マスコミの方々、銀行や公庫、花巻の市民、同業の仲間、地域の仲間、初めに銘柄化におつきあいくださった盛岡の飲食店の方々、そして広く展開してくださった卸売の方々、みんなに支えられて始まったのです。

 周囲への感謝の思いがあればこその憤りをお察しください。だれ一人欠けても今日はなかったし、逆に誰か一人の仕掛けによるものでもなかったのです。






Last updated  2006.11.15 02:42:34
2006.08.16
 お客様からの問い合わせで困惑することのひとつに、「マスコミで白金豚の専門店と呼ばれていた店を紹介してほしい」というものがあります。お客様には申し訳ございませんが、それらは無断で自称しているもので、公式にそのようなお店はありません。

 残念ながら彼らから、知的所有権者の当社に相談があったことは一度もありません。また、仮に相談があったとして丁寧にお断りすることになっています。専門店という語を辞書で引くと「特定の種類の商品だけを取り扱う小売店」とあります。白金豚は原則として飲食店用のものです。飲食店が、メニューのすべてを白金豚だけで構成できるはずがないし、またその生産量から、今さら新規の取組は不可能なのです。

 白金豚は、私達が二つの農場で生産しているだけの、数のかぎられたものです。私達はかねてより、ひとつひとつを丁寧に扱ってくれるお店に提供したいと考えて活動してまいりました。安易に「白金豚専門店」を自称し企画する方を、軽薄に感じざるをえません。人のふんどしで相撲をとるとはこのことです。どうか、プロとして自分の腕と能力で、情熱と誇りをもってお店を運営していただきたいと願います。主役は店主、従業員、そしてお店でなければなりません。食材は、それを助ける存在にすぎず、けして主役にはなりえません。

 少し辛口になってしまいましたが、私達にとって、お客様には誠実なユーザー店がほとんどで上記のようなケースはまれです。ですから今回のようなコメントを残すことを申し訳なく、心苦しく思います。ただどうか、今後は偏った情報は控えるよう、報道に携わる方々をはじめ、該当する飲食店主の方々に、御理解をお願いいたします。






Last updated  2006.11.15 02:43:25
2006.06.10
 お陰様で「白金豚」が各誌、各番組で紹介されありがたいことと感謝しております。
それもこれも各ユーザー店様のご努力に依るもので、おそれ多いことです。

 メディアで当方の商品を紹介する場合はどうかご一報ください。
恐れ入りますが、商標の無断使用を御遠慮いただきたく、御願いします。
当方としてはこれまで、記事や取材に金銭を要求したことは一度もございません。
ただ食に携わる者として正しい情報の提供と確認をさせていただきます。






Last updated  2006.07.10 12:11:17

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.