2010.07.17

感謝、地域の子供達と

カテゴリ:白金豚と地域
 先週の日曜日のことです。

白金豚農場のある花巻市太田地区の学童施設にお肉を差入れしました。
家族会の60人バーベQということで、ロースを15キロほど。

 大変喜んでいただけました!

 畜産は家畜の命をあずかる仕事ですので、堆肥や浄化水を排出する産業です。白金豚もまた、地域の方々の理解なしには一日だって操業できません。私が社長になってから、地域への奉仕をひとつの方針に組み入れました。今回の寄付もその一つです。

 環境といえば、七月には鮎の川釣りも解禁になっていました。
水質についても従来から厳しいお言葉をいただいております。そこで6月にメンテナンスを実施し、問題ない水質であることを確認して今日に至ります。
 私達の事業規模ですと、年1回の定期検査で十分に水質を保てると聞いておりましたが、今では年4回の実施をすることにしています。


 さて、学童施設の子供達から思いがけないお返しをいただきました!

子供達から御礼の寄せ書きが届いたのです。
大きな色紙に切り絵で花を飾り、そこに一生懸命な字でメッセージが書かれていました。

感激しました。さっそく印刷屋さんに複製をたのみ、これからは養豚場をはじめとした各部署で掲示します。

(昨日、印刷屋に預けたのでいま手元にありません。
 撮影してブログにアップできないのが残念!
 これはまたの機会に)



「情けは人のためならず」とはよくいったものです。
相変わらず畜産を囲む景況は厳しいですが、私達の気持ちが安らぎました。
今回の経験からまた多くのことを学びました。




高源精麦株式会社 社訓より抜粋

「私達は、地域と積極的に関わりあい、社会貢献を築き共存共栄していきます」





TWITTER

Last updated  2010.07.17 12:41:24
[白金豚と地域] カテゴリの最新記事