281545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

"創価学会?の嫌がらせ"テクノロジーによる攻撃”

エレクトロニックハラスメントとは


エレクトロニックハラスメントとは何か?


エレクトロニックハラスメントサイトから抜粋してきました

詳しくはこちら
electronic harassment

「非殺傷兵器の研究が進行中であり、毎年、数千万ドルまたはそれ以上の資金がそれに供給されていることを証明するのに十分な証拠が一般公開されている。化学兵器、生物兵器、マインド・コントロール用の薬物、放射が何も知らされていない一般市民達に対してテストされてきたという既成事実がある。また非殺傷兵器が何も知らされていない市民達に対してテストされてきた可能性がある...組織化されたアカデミックな医学界は今日に至るまで非殺傷兵器が存在しないかのように振舞ってきた。」- コリン.A.ロス博士、ブルーバード:精神科医による意図的な多重人格の捏造、p. 106.

アントワン・レッドモンド博士[メンタル・ヘルス国立協会の責任者]は立証した...脳の刺激は神経外科医の助けを借りることなく、人間に対して適用することができる。彼は彼のオフィスの中で神経外科医の監督なしに[脳の電極をインプラント]した。これは特定の機器を使えば、密かに外部的な痕跡を残すことなく人間に対して電極を使うことが出来ることを意味している。私は保安機関がこの技術を入手すれば、彼らはわずかな痕跡も残すことなく人間を制御し、その信念をすぐに変えてしまうことができるだろうと感じている。
- ジョン.C.リリー博士、アーメン・ヴィクトリアン博士による「マインド・コントローラーズ」p.151


「非殺傷兵器のカテゴリーは広く、そこには人間のターゲットに対して彼らを一時的に無力にするかまたはその行動をコントロールするか、それに影響を与えるべく、多種多様なエネルギーをビームする装置が含まれる。非殺傷兵器の研究はCIAと契約したアメリカ合衆国の大学において実行された。それは幻覚剤と脳電極のインプラントに関する研究と部分的に共通していた。その実験に対する資金供給はMKウルトラから始まった。」
- コリン.A.ロス博士、ブルーバード:精神科医による意図的な多重人格の捏造、p. 103


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.