2021.04.18

1点リードのままでもビエイラで行ったんだろうか?

カテゴリ:ジャイアンツ
巨人2-2DeNA(18日)熱帯魚

先発は阪口とばいばい今村。先週、プロ二度目の完封勝利を挙げたばいばい、なんだかすっかり風格まで出てきて、この頃はばいばいに内海さんが、高橋優貴にぐっさんが、ともに全盛期の力でそれぞれの背番号を通して憑依してるような気がして面白い(って、内海さんはまだ現役^^:)。

巨人は2回、この日も尚輝のタイムリーで先制。3回には先頭の松原が、また二塁打打ったんだ!・・・・と思ったんだけど、実はこの場面、移動中で映像で見てなくて、この二塁打が「通天閣打法」(by日刊)だったとは爆弾 まあ、それはともかく、ここの無死二塁を、後続が遊ゴロ3つで逸機というのが後々痛かった。二ゴロ3つなら1点入っただろうに・・・。わからん

阪口が降りた6回、先頭の岡本のセンター前への打球に桑原がダイビングして捕れず、ボールが後ろに転々とする間に岡本三塁へ。なんと、プロ入り初の三塁打、だと泣き笑い。岡本って、4年目に100打点も挙げたのにぎひゼロとか、なんか記録が偏ってるというか、「足は遅くない、普通だ」と言い張る(笑)ならもっと色々あっていいんじゃないかと思うがあっかんべー。そして大城の遊ゴロの間に貴重な追加点。

巨人はこのまま逃げ切りを図るが、7回裏、ソトについに一発が出てしまう。この一発で、ばいばいは降板。この回は鍵谷、高梨と小刻みに繋いで2ー1で終盤へ。しかし、ここにきてソトに火をつけたのは、他チーム相手に打ってもらうには逆に良かった??次はDeNA、何処と?・・・・ドアラかいわからん あんまり今どうでもいいかな爆弾 あ、でも来週末がおっさんとだ!おっさんに勝て!スターマン!!ぐー

8回は中川。・・・・って、じゃあ9回は誰が?もしかしたらこの時点では、次の日休みだし、中川に2回行かせる気だったのかもしれないが・・・。

しかし、相性の悪い嶺井が先頭で、追い込みながらぶつけてしまい、これを足掛かりにほぼノーヒット(あれは岡本のエラーでしょうびっくりぐっさんも大◯泰◯が守ってるとしょっちゅうこんなだったショック)で追いつかれ

9回裏、巨人の勝ちがなくなったところでビエイラが登板、デラロサのいない1ヶ月、なんとかビエイラを使えるようにしたいんだろうけど、日曜日にサヨナラ負け(しかも勝ってた試合を)したりすると次、勝つまで長期間不愉快だからできればそういうのは

なんて思ってたら3人で終わった。引き分け荒波 危ない当たりもあったが、まあ負けなくてよかった。中川も、追いつかれたところで気落ちして次打者に一発、とかそういうことをやらないところが素晴らしい。リリーフはその場での切り替えも肝心。一流のリリーバーはそれができる。

今週は、負けなしの5勝1分。貯金を5つ作った。おっさんがとにかく負けないから、離されなかったことが大きい。

・・・しかし、この試合、もし追いつかれずに1点リードのままだったとしても、9回ビエイラで行ったんだろうか?? ・・・うーん🧐

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村





TWITTER

Last updated  2021.04.19 23:18:05
コメント(0) | コメントを書く