016614 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

浜田妙子の日記

PR

プロフィール


ハマタエ

カレンダー

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2015年08月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
20150820-2.jpg20150820-1.jpg
8月20日(木)に「米子・平和パレード」を行いました。母親や子ども達を中心に約70人もの参加者があり、“安保法案反対”“平和を守って!”など自分たちの気持ちを表現したプラカードやうちわなどを掲げて駅前通りを歩きました。
子どもたちの未来のため、いのちと暮らしを守る平和な社会を作るためのアピール行動が各地で行われています。






最終更新日  2015年08月21日 11時02分37秒
2015年07月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
20150726-1
20150726-2
明日から安保法制は参議院に移されての審議となります。

これに反対してのデモと集会が鳥取市で開かれています。

鳥銀文化会館での集会が始まりました。

元衆議院議員の湯原俊二氏に続き、今日は長妻昭さんのお話をこれから聞きます。

多くの方が暑い中お集まり頂いています。






最終更新日  2015年07月27日 10時14分52秒
2015年07月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
20150720-1
20150720-2
鳥取のとりぎん文化会館で7月20日午後2時から山梨学院大学大学院 荒牧重人教授の『子どもの人権を考える』をテーマにした講演会があり参加しました。
荒牧教授は、川崎市等、多くの自治体に関わり、子どもにとっての優しい街づくりをテーマに第一線で活動されています。
社会を構成するメンバーとしての子どもを位置づけ、人権を持つ存在としての子どもの權利を意識しつつ向き合わねばならないことの必要を話されました。
つまりグローバルスタンダードとしての国連の子どもの権利条約を、全ての基本として位置づけること。保護される子供という位置づけではなく、あくまで主体は子どもであることをしっかり認識して向き合わねばならないことの大切さを確認し合いました。

講演会終了後、場所を移し多くの参加した県議も加わり意見交換をしました。
こどもの人権条例をつくることで、子どもたちの環境を安心して自分らしく人権を保障されながら豊かに過ごせるようにしようと、意見交換をしました。
今後まだまだ、多くの人たちに参加いただき、子どもたちの意見や思いも知りつつ積み上げが必要だと考えます。






最終更新日  2015年07月21日 10時30分46秒
2015年06月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
平成27年4月12日統一地方選挙の投票が行われました。
4期目に挑戦した私は、皆様のお力で5888票の得票を頂き、当選させて頂きました
鳥取県議会の議員として13年目の議会活動を開始しています。

そもそも私は、政策決定の場に女性が余りに少ない事を怒りを持って批判してきました。
世の中、半分は女性であるにも拘らず、男性の意のままに物事が決まり男性主導で作られてきたこの日本という国の有り様が何ともバランス悪く、先行き不安が多いと感じて来たのです。

一見豊かに見える日本の社会ですが、エネルギーも自然環境も人々の関係も野放図な消費や場当たり的な、利便性のみを追求した生活に、結果人々が自分らしさを求めながら手に入れにくくなっていること。為政者を縛るための立憲主義をとる日本国憲法が、余りに安易に閣議という密室で、一部の閣僚によって解釈改憲されてしまうといった、あってはならないことが起きている事実。集団的自衛権の意味を他国の紛争への加担を可能にし、戦後70年の間、戦争のない時間を過ごしてきたにも関わらず、再び戦争のできる国へと舵を切ったということ。
悲しいのは、それを国民の多くが阻止するために動き出そうとしない事です。

ひょっとして、国民の多くは無関心で、何が起きようとしているか気付いていないのかもしれません。
自民党が一人勝ちした時、強い力で何でも自らの思いのままに傲慢に成り下がってしまい、さも自らが正義であるかのごとき振る舞いをしてしまうことの恐れがありましたが、今まさにそのような事態が起きて居ます。
それにしても民主党の動きが気になります。もっと力強く抗議の行動があってもいいのにと思うからです。どうしてしまったのでしょう。?地方から行動を起こさねばなりませんね。






最終更新日  2015年07月21日 10時26分36秒
2015年01月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015年が明けました。この新しい年を皆様はどのような思いでお過ごしでしょうか?

私は、どうぞこの国が、一人一人の想いが尊重され、少数派や弱い人たちの考えに学びながらバランスある賢い判断の下、物事が実行されますようにと、心から願っています。
決して、強い者や多数派の論理で事が進まないよう願うのです。

もしそうなれば、個の意志は間違いなく潰され、無視されて行くからです。
そうならないよう民主主義は時間がかかります。

様々な意見が机上に乗せられ、その意見の背景や理由がそれぞれに交換され共有され、皆で議論し納得した上で多数決で決めて行くからです。その過程は、情報がしっかり手に入れられ、丁寧でなければなりません。時間がかかります。

この民主主義と国民主権、この基本を実行するために必要な平和が謳ってあるのが憲法です。
国民が主役であるから、個の人権が守られねばなりませんし、そのため私達は、法のもとに平等なのです。決して、権力者はそれを犯してはならないし、国家権力はことさらで、その力を使うのはそうした国民を守るためにこそあるということを年の初めに、皆で確認し合いたいとねがっています。
この一年が、どうぞ平和で、皆様の幸せが実感できる日々でありますよう願っています。






最終更新日  2015年07月21日 10時25分00秒
2014年08月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
20140805
私が担当させて頂いた米子南校の3年生阿川麻弥さん(右)と2年生門田侑奈さん
阿川さんは『観光客へのPR方法』門田さんは『若者が地元に定住するためには』のテーマで堂々と議場で質問されました。高校生らしい視点で身近な話題を取り上げられました。
将来、是非議員になって頂きたいお二人でした。きっとこの経験で議会をより身近に感じて頂けたのではないかと思います。楽しみな阿川さんと門田さんでした。






最終更新日  2014年08月21日 10時16分51秒
2014年07月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
20140729
スタートはJR米子駅から。3年後に予定されている特別寝台豪華列車についてのききとりからでした。車両20m全てをつかっての豪華な旅も経験できるこの計画のターゲットは団塊の世代で、コンセプトは本物志向。山陰の自然や民芸品、食を余すことなく情報発信し地元貢献しようと計画されています。詳細はこれから各分野の人達の知恵を集めて決める事になっているようでした。






最終更新日  2014年08月21日 10時20分19秒
2014年07月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
9時35分 発の全日空で東京経由新潟に出掛けました。1時間で東京着、新幹線乗り継ぎ新潟へ。午後2時前に新潟着。2時間滞在で折り返し、東京着が7時。それから2時間食事をしながら意見交換して、宿に 到着したのが9時半。
こんな一日のの過ごし方が出来るんですね…






最終更新日  2014年07月28日 15時16分23秒
2014年07月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
開かれた鳥取県議会にするため議会改革が進められていますが、その一つが高校生議会です。
今年度は8月5日11時から本議会と同じ形式で県の議場を使って行われます。
議員が高校生に付き添い、県政の仕組み、予算決定の流れ、議会の役割と具体的な実行まで伝え指導して行きます。
今回、私は米子南高校の二人の女子高校生の担当になり今日一回目の打ち合わせにでかけました。
議員になるのは、阿川麻弥さん3年生 門田ゆうなさん2年生で、お二人が選ばれたテーマは、🔸 観光客へのPR方法🔸若者が地元に定住するためには の二つにテーマで、高校生の視点で問題を取り上げての発言になります。
阿川さんは議長としての大任を果たされる予定です。
是非皆さんも応援の意味でも、又議会を身近に感じて頂く意味でも関心を持って頂き傍聴にお越しいただきたいと思います。
尚、ネットやケーブルテレビでも中継されます。ご覧下さい。
20140716







最終更新日  2014年07月17日 14時16分16秒
2014年07月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今議会の私は、男女共同参画についてと地酒振興の二つのテーマで知事と教育長に質問しました。
丁度、質問日の前、東京都議会での自民党男性議員のセクハラヤジ発言がマスコミで取り上げられ問題になっていましたので、冒頭私からも、議会人としての人権意識と品格を保つべきと苦言を申し述べました。
まだまだ、世の中過去の女性に対しての差別意識が拭い切れていないことの証であり、気が緩むと何気なく飛び出してしまう差別発言ということなのでしょう。真の人権意識が人々に定着するのは一体いつになるのでしょう。
少子化対策が進むフランス視察に4年ほど前だったと思いますが訪ねたおり、市民革命を経験したフランスですら男女平等意識が本物になるのは後100年はかかるでしょうと言われたことが思い出されます。
人の意識が変化するには、体の底まで刷り込まれたものを一枚一枚剥ぎ取る作業が必要なのでしょう。相当時間がかかることを覚悟して臨まねばならないのだと思います。

今回のような場面で、即座に的確に「それは差別発言だ」と指摘し抗議出来るように日頃から訓練が必要かもしれません。どこでどのような場面で同じ経験をしないとも限りませんから…
20140708






最終更新日  2014年07月09日 10時20分38秒

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.