1350511 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラグドール&狆 Hana&Maru

PR

X

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

2011GW 犬連れ九州一周☆

2011.08.12
XML


このブログでも繰り返し書いていますが、
犬連れ旅行というのは、楽しさは倍増する反面、
いろいろ制約も受けるデメリットがありますね失敗


交通手段(飛行機NG)、観光地、食事処、
そして宿泊場所


いわゆるラグジュアリーホテルの類はまずムリだし、
最近急増している、365日同一料金のオトク宿なんかも
選べないんですよね~



今はネットという便利なものがあるので、
事前に情報収集してある程度は選ぶことができますが、
それでも、行き先によっては、ワンコOKの場所が
なかなか見つからなかったり、
見つけても、人間だけの旅行だったらまず選ばないだろうなぁ・・・
ってトコくらいしかなかったり、
サービス・設備に対し、価格が見合っていないところも
多いしね~



と、前置きしたうえで、GW九州旅行の最後の宿泊地、
長崎でおせわになったお宿を紹介してみるのですが、





玄関に入って、おもわず絶句・・・・



脱ぎ散らかされた、靴・靴・靴~!!
0504-2.jpg




英語の張り紙もしてあって
0504-14.jpg
MINSHUKU SYSTEM・・


そう、ここは、民宿
外国人バックパッカーにもよく使われているようです


が、私達が泊まったときにわんさかいたのは、
観光客ではなく、丸刈り頭の高校野球児たち


どうやら、合宿のお宿になっていたみたいで・・・
合宿所に間違えて来ちゃった感じでした!


坊主頭くんたち、飼主やMaruにも、「こんにちわー」って、
野太いなかにも九州訛りの元気な声で
あいさつしてくれて、ちょっとびっくりしたけど
さすが体育会系、よくしつけされていましたねぇ


が、女子高育ちでもないのに、
思春期男子独特のむさくるしさがニガテな飼主にとっては
「とんだところに来ちゃったわー」と鼻の息を止めてましたw



というわけで、お部屋も合宿所仕様

0504-1.jpg
Maru・・・ここで、ねるの??


不機嫌MAXだったのは、この日大渋滞の中鹿児島から運転して、
お疲れピークだったパパさん


もう旅行は犬無し!これからマルは留守番!」って宣言されてしまいました・・・



まぁ、そういう気持ちになるのも無理はないかなぁー・・・
旅の印象は、お宿で決まっちゃうとこあるしね



あ、ただお宿の名誉のために付け加えておきますと、

対応も悪くなかったし(最初一泊2食で予約していたのを、到着が遅くなったので
素泊まりに直前で変更してくれました)、
お値段はゴールデンウィークなのに割増料金もなく格安だったし
(一泊一名3150円)、
ペット宿泊代も別にとられることもなく、
気軽に寝るだけ」と、割り切れば、場所もそこそこ便利なところだから
使えるお宿ではないかと思います
今回は食べれなかったけど、お食事もいっぱい出ておいしいみたいですよ



ロビーも古いお人形とか(ちょっと怖い)、古いパソコンとかあって
まー、味があるといえばある、かしら・・・
0504-13.jpg




いちおうお宿のリンク張っとこうかなーー・・・
ご興味ある方は、どうぞ♪




で、Maru連れの旅行はもう行かないのかって・・・!?



いえいえ、まさかそんなことはしませんよ!
来月、一泊ですが予定していまーす車
過去に一度泊まったとこでもあるので、パパさんからも許可がでましたオーケー


よかったねMaruちゃん!
全県制覇めざしてがんばろう~♪


にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
↑旅する狆Maruをクリックしてね!









最終更新日  2011.08.12 11:57:58
コメント(6) | コメントを書く


2011.08.09

きょう8月9日は、66回目の「長崎 原爆の日



GW九州旅行でも、式典の行われる平和公園に立ち寄り、
世界平和を祈念してきました



朝早く行ったので、人気もなく静かな空間でした
0504-4.jpg


見上げるほど立派な、平和祈念像とMaru
0504-3.jpg
上空に伸ばした右手は原爆を、水平の左手は恒久平和を意味しているそうです



公園の近くにある、浦上天主堂
0504-5.jpg
朝日を浴びて、すてきなカテドラルでしたが
もちろん犬連れでは入れず、外からの見学

この教会も、原爆で破壊されてしまったので、後年再建されたものです



車で移動し、グラバー園
こちらはワンコOKオーケー


0504-6.jpg



0504-8.jpg


0504-7.jpg


起伏のある丘の上にあり、港がきれいに見えましたよ
なんとなくもやってるのは、黄砂のせいかなー?



グラバー園の敷石のなかに、ハート型のものがあります赤ハート
みつけるとハッピーになるらしいとかで
くんくんとMaruが探して・・・


あ、みつけたね!
0504-12.jpg
なにかいいことあるかなー?



この日のMaruは、韓流ファッション!
ソウルで買ってきたチマチョゴリがよく似合うでしょ

0504-9.jpg
アニョハセヨなのよ音符



長崎と韓国ってカンケーあるのか?という疑問はさておき、
ハイカラなまちの雰囲気には合ってますよね!



お昼は、前日行けなかった、ちゃんぽん一番人気のお店へ行くべく、
またまた長崎中華街へ!
(リベンジ、というより、他に長崎名物が思い浮かばなかったの・・・)



0504-10.jpg
江山楼



開店と同時に入店したので、待ち時間ゼロ!
前日と同じく、「皿うどん」と「ちゃんぽん」をいただきました~
0504-11.jpg


こちらも期待を裏切らず、美味しかったです~



そんな長崎、宿泊したところをまだご紹介してなかったですねホテル
これがまたスゴいところだったので・・・
Maruがいなかったら、一生泊まらなかったようなトコロと申しますか・・
次回にまわしましょうか!


にほんブログ村 犬ブログ 狆(ちん)へ
↑写真をクリックしてね!







最終更新日  2011.08.09 08:04:35
コメント(2) | コメントを書く
2011.08.02


延々更新のGW旅行記も  残すとこあと2回!(の予定)



もう3ヶ月も前のことなので、ここで一度通ったルートを復習しときましょうか



4/29(金) 朝4時横浜の自宅出発 ~東名(鬼渋滞)~ 
 名神も地獄渋滞なので回避 ~伊勢湾岸道 ~名阪国道 ~西名阪 →神戸港
 さんふらわあ乗船 【GW九州一周その1


4/30(土) 朝7:20大分港到着 → 佐賀関(関あじ&関さば)→ 臼杵大仏 →
  阿蘇(たかなめし)→ やまなみハイウェイ →ガンジーファーム(ソフトクリーム)
  → 黒川温泉 → 湯布院(榎屋旅館)宿泊
  【GW九州一周 その2 その3 その4


5/1(日) 湯布院散策 → 豊後高田・昭和の町 → 別府(泥湯&海地獄&お鮨)
 ~ 九州自動車道をひたすら南下370km ~鹿児島(千代茶屋でチャンコ・ホテル吹上荘泊)
 【GW九州一周 その5 その6 その7


5/2(月) 鹿児島市内散策 → 桜島見物(黄砂で見えず) ~指宿スカイライン
 → 山川で砂蒸し温泉&露天風呂 → カオスなお宿宿泊
 【GW九州一周 その8 その9 その10




以上・・・4日目まで、我ながらびっちりスケジュールなこと!




これから書く5日目は・・・



びっちりスケジュールの予定だった!?のに、
ほぼ移動だけの日になっちゃったんですよ~




えーと、この日(5月3日)は、カオスなお宿・田舎やさんを早朝チェックアウトして、
指宿市内の大型ホテルで2度目の砂蒸し温泉を楽しみました
その9でレポ済み)



入浴後、指宿スカイラインを北上し、九州自動車道
こんどは熊本方面へゴーゴー!



GW中とはいえ、九州自動車道の上り(鹿児島~熊本区間)って、
渋滞予測もゼロ
2~3時間で着くだろうから、お昼を熊本でたべて~ちょっとお城かなにかを観光して~
とプランニングしていたんですが、



!!まさかまさかの大渋滞!!


当日の速報レポにも書きましたが、
もうね、ありえない大渋滞!!!



なにがありえないって、単なる事故とかの渋滞じゃないんですよ



なんと、高速にかかる高架橋から飛び降りた人がいたんですーー!!!



ニュースサイトより引用:

3日午前5時12分頃、熊本県氷川町の九州自動車道八代―松橋インターチェンジ(IC)間の上り線で、
走行中の車両から「人が倒れているようだ」と110番があった。

県警高速隊員が駆け付けたところ、路面に女性がうつぶせに倒れ、すでに死亡していた。
県警は同10時半まで、約4時間にわたって同区間を通行止めにして実況見分。
自殺と事故の両面から調べている。

発表によると、現場の上にかかった橋に同町在住の男性(60歳代)が所有する軽乗用車が止めてあった。
男性の妻(50歳代)と連絡が取れておらず、県警は遺体は女性とみて身元の確認を急いでいる




これ、東京でいえば、通勤ラッシュの時間に電車に飛び込んで、
運転見合わせを引き起こしたようなもの 
ですよねーーーー



そして、4時間も通行止めにした警察の対応にも疑問!!



おかげで渋滞は40キロ以上、それも完全ストップ渋滞だったので
予定は大幅に狂い・・・



結局どこにも立ち寄れず、
ようやく熊本のフェリーのりばについたのはもう夕方・・・


0503-4.jpg
有明フェリー 長洲ターミナル



とりあえずフェリーには間に合って、ほっとした様子のMaru
0503-5.jpg
これから、おふねにのるのね



有明フェリーは、名前のとおり、有明海を横断するフェリー
map.jpg


陸地ルートだと長崎にいくのにぐるっと回らねばなりませんが、
こちらだとかなりショートカットできるというわけです


本数も多いので、予約も不要!
うれしいのが、ペットも乗船できるのです犬
0503-6.jpg



フェリーって、ペットは車の中に置いてくださいってところが
多いですからね~
ただこの有明フェリーも、船室内には入れてもらえないので、
さむーい風がふきつける甲板にいないといけないんですけどね。。。


しつけのできてないお子様方より、おとなしい犬のほうがよっぽど迷惑に
ならないんじゃないかと思うんですけど
まぁ、それでも車に残していかなくてすむのは、ありがたいですね


0503-7.jpg
意外にきれいで居心地よさげな船室



乗船時間40分で、やーっと着いたよ~ 長崎!!




飼主、十数年前にハウステンボスに行ったことはあるのですが
長崎シティははじめて!


でももう暗くなりはじめているので、観光はこの日は無理そう・・・
お夕食のみいただいて、宿に行くことにしました



長崎のご当地グルメといえば~ ちゃんぽん&皿うどん!



長崎新地中華街に、お店が集まっているというので、早速行ってみた
0503-15.JPG


中華街、驚くくらいの人、人、人でごったがえしていました~!
あまり広い区画ではないからか、人口密度がすごかった~
もっとも、こんなGWに来るのなんて、100%観光客なんでしょうね
(横浜市民も、GWにあえて中華街は行かないもんね)


そんな状態だったので、
お目当てのお店はラストオーダーまでかなり時間があるというのに、早々に受付終了


なので、二番候補のお店に行き、ここでも18人待ちだったのですが
なんとかウェイティングリストに名前をのせてもらい・・・

0503-14.JPG
りっぱな店構えの「会楽園」さん



待つこと数十分、やっと名前が呼ばれた!
この日はじめてのマトモな食事だ~
(お昼は車の中で、このまんま焼きそば(鹿児島名物)だったの)



ちゃんぽんに~
0503-9.jpg



皿うどん!
0503-10.jpg



どちらも美味しかった~
飼主はとくに皿うどんが好み!
あっつあつのアンに、お酢とカラシをたらして、かりかりの麺と食べるのが最高です



ついでにもう一杯、
これは熊本名物だけど長崎にもあるのね!
太平燕(タイピーエン)
0503-11.jpg
はるさめと、ゆで卵を揚げたものが入ってます
こちらもサラサラ胃に入って、うまうまでした!








最終更新日  2011.08.02 22:04:01
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.31


あっちゅーまに7月も終了~!


明日からは夏休み本番な8月に突入なのに
飼主は(決まった)盆休みがあるわけでもないので、、、、


よくよく考えると、土日以外の休みがない、
一年で一番ツライ月間 なのでした・・・



(祝日がない月といえば6月もそうだけど、今年はそこでバケーションだったしね)



なんか今年は節電の影響で、
やったら夏休みが長い会社が多いみたいですね
いいなぁ。。。



まぁ、いいのさ!
九州とフランスの旅行記が未完なのに
これ以上旅に出ても、ブログUPが追いつかないしね
・・・・と、どうでもいい理由で自らを納得させる。。。



ということで、



GW九州旅行記の第10回は、指宿のすごい宿 レポ~



砂蒸し温泉に入ってみたくて、
横浜からはるばる1400キロ、鹿児島のさきっちょまでやってきたわけですが、



このあたりまで来ると、ペットも泊まれる宿 というものが、
ほっとんどない んですね~犬


あっても、GW期間中だと料金が跳ね上がったりしていて
予算的にきびしかったりで


そんな数少ない選択肢の中、選んだお宿は・・・


ここ
0502-9.jpg
「田舎や」



なんだかヒトケもないけど、看板あるしここでいいんだよね・・・
ん?なんか書いてあるぞ

0502-8.jpg
「不感泉温泉とは何んぞや」・・・??



おそるおそる入ってみると、
コテージがいくつか立ち並んでいて
0502-19.jpg



なんだかタヌキ?も並んでいたり
0502-20.jpg



ふしぎな空間に若干戸惑っていると、
宿のご主人が出てきました



その姿を見てまたビックリ・・・
白いおひげを生やした、まるで仙人様



(さすがにご本人前にカメラは向けられず)




今日チェックインの○○です、と名前を申し上げると、
チラとMaruを見て・・・


おたくが予約してるプランは、犬が泊まれない棟だねぇ



え・・・・!?そんなまさか・・・



犬が泊まれるのは6人用の棟だから、3万円頂くことになるねぇ




さ、三万円・・・!?
(予約してたのは、2万円の棟)


いやいやでも、
ネットで予約したとき、「小型犬一匹(狆)、同伴します」って書いたし・・!!



と、プリントアウトしてきた予約確認書を見せて、交渉・・・



結果、今回は特別にってことで、
予約どおりの2万円で宿泊できることにオーケー




コテージに入ってみると


0502-25.jpg
レトロな冷蔵庫に、流し



0502-24.jpg
2段ベッド・・・



0502-26.jpg
興味ぶかげに中を観察するMaruの頭上には、
小さなブラウン管テレビ
(チューナーがついて、いちおう地デジカはしてあったけど)



まぁ・・・ 
こういった一棟コテージは、ルームチャージになるから
人数少ないとどうしても割高にはなっちゃうとはいえ、
素泊まりでひとり一万円ですからねぇ。。。。


前日の鹿児島のホテル吹上荘が、
キレイで快適でひとり7500円だっただけに、
正直、コストパフォーマンス的にうーん・・・ なところではありました


(あ、でも、GWとかでなければ、もっとお安く泊まれるっぽいです)




そうだ、ここには温泉があるって書いてあったなぁ
きっと秘湯チックですばらしいお湯に違いない~



と思って、別棟にある温泉に行ってみた
ガラガラと引き戸をあけると・・・


0502-17.jpg
・・・台所???



なにやら、どでかい書も飾ってあるし
0502-21.jpg



カオスな空間に、さすがのMaruも戸惑い気味
0502-27.jpg




温泉は台所の奥にありました
みためは、秘湯っぽいね
0502-18.jpg



ざぶーんと入ってみると・・・




きゃーー
 つ、つめたーーーーい!!!






温泉というよか、まるでプールな水温うお座




よーく説明書きを読んでみると・・・
そう、これこそが、お宿入口にも書いてあった
不感泉温泉(ふかんせんおんせん)



不感泉温泉とは何ぞや??




別名、不感温浴 ともいうらしいのですが、
体温に近い温度(34~37度)の源泉にそのままつかること


「体温に近いために熱くも冷たくも感じず、エネルギーの消費も一番小さくなる温度です。
つまり、気分が悪くならない限りは思い切り長湯ができるのです。

温泉の場合は長湯するほど薬理効果は高まるので、温泉をあえて加温せず不感温帯で提供されていれば薬理成分が吸収されやすくなります」




・・・なんだそうで、これぞ究極の温泉入浴法 と言う人もいるらしい



なるほど、つめたーい温泉にも、意味があったのね・・・
別にコストカットしようとして、加温していないわけではないのですね



確かに、最初冷たくても入ってうちに体が慣れて、長く入れるっちゃ、入れます・・・



あたたかい温泉に入りたければ、
目の前が山川ヘルシーランドなので、展望露天&砂蒸し温泉も楽しめます・・・



一泊で、3種類の温泉が楽しめてしまう、このお宿
そう考えたら、一泊素泊まり1万円も惜しくない・・・・!?



まぁ、仙人様もお話すると面白い方でしたし、
なかなか他にはないタイプの宿だと思うので、
ご興味ある方、行ってみてくださいね~






↑↑
今見たら、平常時なら一泊2500円位から泊まれるみたい~
旅行はピークをずらすのが鉄則ね!








最終更新日  2011.07.31 16:35:30
コメント(4) | コメントを書く
2011.07.22


すっかり週イチ更新になっているGW九州旅行記・・・
終わる頃にはもう雪の季節になってたりして雪



えー、9回目の今回は、鹿児島・指宿(いぶすき)編



東に住んでいると、指宿ってあまりに遠いので、なじみのない方が
多いかと思いますが、
その昔(1950~60年代)は、「東洋のハワイ」とも称されたほど、
新婚旅行のメッカだったそうです~ピンクハート



chizu_117.gif
鹿児島中心部から高速(スカイライン)で1時間半ほど!




で、今回、なぜ遠い遠い指宿まで足を伸ばしたのかというと、
新婚旅行のやり直しをしたかったわけではなく~



コレをどうしても体験したかったのでした
0502-11.jpg
海辺でなにやら埋められている・・・!?




指宿名物、砂蒸し温泉!
0502-12.jpg
単なる砂浜に見えるけど、地熱でぽかぽかしているところなのです



最初に行ったのは、指宿市内からやや離れた、山川砂蒸し温泉 砂湯里


0502-13.jpg



連休中とあって、数十人の順番待ちがありました~
800円を支払うと、浴衣を貸してくれるので、それに着替えて砂浜へ


屋根のある部分と、ない部分、お好みで選べますが、
青空の下だと顔だけ焼けそうなので、屋根ありのところにしました

0502-15.jpg



埋められた後、係りの方が写真を撮ってくれます・・・カメラ
0502-14.jpg




砂は、そのままでももわーっと湯気がでてくるほどあたたかくて、
埋められると、じわじわ、どくどく!
デトックスしてる感満載、熱いけどとっても気持ちよくて最高~~!



海辺なので、潮風も吹きぬけるし、波の音もまたリラックスするんですよね音符




15分がひとつの目安時間とのことでしたが、
ガマンできるのであれば特に制限時間はないので、好きなだけ入っていられます
飼主は25分がんばった!




ばっちり毒を出し切ったあとは、
となりの敷地にある(でも歩くと結構な距離があった・・・)
絶景露天風呂のある「山川ヘルシーランド」へ



RIMG0655-300x225.jpg
↑写真は公式サイトから拝借


いろいろ温泉に行ったけど、ここの開放感はほんと素晴らしかったです
お風呂と海がどーんと一体化していて、日の出や夕日を見たらもっといいんだろうなぁ


ただ、黄砂のせいでたぶんこの山(開聞岳)は見えなかったけど・・・!




砂蒸しは、翌日もう一箇所、別のところに入りにいきました



指宿市内にある大リゾートホテル、「指宿いわさきホテル

0503-1.jpg




こちらは、ハワイやグアムにある、レトロなリゾートホテルを思わせる
雰囲気とニオイがありましたね~



砂蒸しのときの衣装も、浴衣でなくこんなアロハチックなドレスドレス
0503-3.jpg



埋められるのは山川と同じですが、
小屋の中の砂浜(海は見えない)だったので、海辺で寝そべっている~感は
あんまりなかったかな
ただこちらのほうが、砂が熱かった
蒸し器の中に入れられてるみたいで、15分が限界でした


2011-05-03 09:06:23
人間ふかし芋の図



2回の砂風呂で、すっかり毒も出し切ったあとは
次の目的地へ向かって北上~車



・・・・の前に、指宿で宿泊した、超個性的なお宿のことを書かなくては!
長くなるのでまた次回!









最終更新日  2011.07.23 07:11:49
コメント(4) | コメントを書く
2011.07.14


フランス行ったり、梅雨があけたり、ケイタイ入院させたりしている間に、
まるまる前回から一カ月経ってしまいましたが
まだまだ半分も終わっていなかった!
GW九州旅行記8回目を今日はアップしますーー音符



えーと、前回は、5/1鹿児島ディナーで終わっていたので
翌日の鹿児島市内観光からいきますかね



この日はお天気もよく、Maruも疲れも見せずにごきげん
0501-49.jpg
さくらじまみるのが、たのしみなのよピンクハート




桜島の前に、鹿児島を代表する人物、西郷さんの銅像見にいこうか~


0501-47.jpg
わぁ、立派だねぇ~~



上野の西郷さんはワンコ連れてるけど、こちらは単独なのね
0502-2.jpg
みんな一緒に写真を撮りましたカメラ




そのつぎに、桜島を一望できるという、城山展望台にあがってみました




おおー!立派だねぇ~~!

0502-20.jpg






・・・・っていう、光景を見る予定だったのですが、
実際は残念なことに、、、、



0501-51.jpg


あれ・・・桜島、消えちゃった!?
ってくらい、なんにも見えませんでしたーーーーーしょんぼり



実はこのとき、ものすごい黄砂が、九州を覆っていたのです
車もはっきりわかるくらい、黄色い汚れがつきましたよ


熊本の阿蘇に行ったときもお天気が悪かったので、
この旅では日本有数の雄大な景色をことごとく見損なっちゃいました~


まぁ、これはきっと、また九州にいらっしゃい!っていうことですね!




(でも桜島、ちょっとでいいから、どんなのか見てみたかったなぁ)




このあと、開業したばかりの九州新幹線の駅を見にいったりして、
次の目的地へ移動することに


車中でたべるおやつとして、
とんかつ屋さんで黒豚カツサンドを作ってもらいました


0501-53.jpg
鹿児島中央駅構内にある、「大山




注文してから、とんかつを揚げて、パンをトーストして作ってくれたサンド、
さくさくでとっても美味しかったです~
0501-54.jpg
ひとり一個買わなかったことを後悔したほど!



指宿スカイラインで、さぁ、さらに南に向かいますよ~
0502-7.jpg
グリーンがあふれて、南国ムードたっぷりの道のりです



まだまだ続きまーす~~熱帯魚














最終更新日  2011.07.14 08:26:01
コメント(2) | コメントを書く
2011.06.15


出発が間近に迫り、フランス旅行の下調べで手一杯の飼主ですが
(なにしろオール個人手配旅行、誰も助けてくれないから
ぬかりなく計画立てないと!)


第7回目になる、「GW九州旅行記」を今日はアップしまーすえんぴつ


・・・中断したまま旅立ってしまうと、このままフェードアウトしそうなので・・・(汗汗)



えーと、前回は別府で終わっていましたね



この日(5/1、旅程3日目、九州2日目)は、鹿児島にお宿をとっていました



大分から鹿児島までは、約370キロ


東京から名古屋の距離と同じくらい、
同じ九州とはいえ、ひと地方違うくらい離れています



別府温泉を出たのが午後4時前・・・



夕食を鹿児島のお店で予約を入れていたのですが、その時間は午後7時



ずっと高速が通っているルートなので、間に合うだろうと
飼主は軽く考えていたのですが、


パワーのないはなまるラクティス号での、休憩なしぶっとばし高速走行は、
パパさん、結構しんどかったみたい・・・


車に乗りっぱなしのMaruも疲れるだろうし、
もっとゆとりもった旅程組まないといかんかったなぁと、ここは飼主反省でした




で、結局、夕食のお店には、予約から30分遅れで滑り込み


0501-44.jpg
ちゃんこ 千代茶屋



九州に詳しい人からのイチオシで、とても楽しみにしていたお店です食事



マスターは、ザ・鹿児島県人といった風貌の、
話好きの面白いおっちゃんなんですけど、
出てきたお料理は、まぁ繊細で、逸品ぞろいきらきら



まず、前菜の海産物盛り合わせがどどーんと出てきて・・・
0501-40.jpg
↑↑
奥の殻付きウニには、キャビアが乗ってます



メインの塩ちゃんこ鍋
0501-41.jpg


写真がイマイチですが、これがねー、もう絶品



季節によって配合が変わるという、アゴ等を使ったスープは
おどろくほど香り高く、深みのあるお味で、
具材(これまた小さいのに完成度が高い!)ひとつひとつにじんわりしみわたり、
鍋なのに無言になっちゃうほど!


鹿児島特産の黒豚も~ぶた
0501-42.jpg
やわらかーくて、これがまた絶品スープに合うのですよ~



狭いお店で、宣伝も一切していないにもかかわらず、
クチコミで評判が広まり、有名人のごひいきも多いそうです
(お店の名前で検索すると、食べログでは一件しかないのに、芸能人ブログでは絶賛されてたりする)


特に長渕剛さんはよく来られるそうで、何枚も絵が飾ってありましたよ
0501-43.jpg



おなかいっぱい、大満足!
神奈川から1300キロかけてやってきた価値がありました~スマイル



夕食後、この日のお宿にチェックインホテル



鹿児島の中心地、天文館のほど近くにあるホテル吹上荘


街中にある、ペット可ホテルって、正直「しょせん犬宿よね・・・」って
ガッカリしちゃうところも多いのですが、


ここは全室ペット可のホテル・・・ とはある意味思えないほど、
きれいで快適なシティホテルでしたオーケー


0501-45.jpg
ツインルーム



翌朝撮ったホテルの外観
0501-50.jpg



ホテルのすぐそばは、鹿児島の氏神様、照国神社で、おさんぽもOK
0501-46.jpg



さらに、ホテル最上階は展望温泉つき!
ゆーーーったり、朝風呂を楽しんできました温泉



あ、話が前後しますが、
この泊まった晩の夜中に、繁華街(天文館)をブラリとしてきました


食後の運動・・・・のはずだったのですが
結局誘惑に負けて、満腹なのに「鹿児島ラーメン(こってりとんこつ系)」を
夜食に食べたり、ねラーメン



(カメラ持っていかなかったのかな、写真がないな~)



で、感じたのが、「鹿児島は明るい!元気!



自粛・節電で、暗くて元気のなかった関東から来たせいもありますが、
それでも、連休の谷間の夜中なんて、地方都市だと特にガランとしてそうなものなのに、

若者もヤクザさんも(笑 ってか、九州って見ためわかりやすいヤクザさんがたくさんいますねぇ)
夜中までエネルギーあふれてる
っていうかね



新幹線も通って(震災の翌日に鹿児島~博多間全線開通)
鹿児島、日本でいちばん盛り上がって元気いっぱいな県なのかもしれませんね~


まさに、JR九州のCM、そのまま!



何度みてもジーンときますね~このCM~


薩摩パワーが、南から日本を明るくしていってくれたら、いいですね!


0501-52.jpg
鹿児島中央駅」も見てきましたよ!



鹿児島観光編は、また次回!(いつになるか・・・?)










最終更新日  2011.06.16 00:29:50
コメント(5) | コメントを書く
2011.06.10

さくらさくらAKB総選挙、前田敦子さん一位返り咲きさくらさくら
おめでとう~!
あっちゃんと唯一共演した狆のMaruも、おおよろこびしてますよスマイル


飼主、Q10にMaruが出るまで、AKBのことなんにも知らなかったんですが
(いや、今だって上位8人くらいまでの顔しかわからないけど)
かわいい女の子達が頑張ってる姿って、いいですねぇ~♪
元気のない日本に、パワーが与えられますね!



さてさて、
第六回目の九州旅行レポは、
湯布院と人気を二分する大分の大温泉地、別府



湯布院と別府は高速乗って30分ほどの距離にありますが、
別府に行く前に、ちょっと上のほうへ寄り道~上矢印


着いたのは、ここ
0501-34.jpg
豊後高田・昭和の町


博物館の中だけでなく、商店街全体が昭和レトロなのがウリのまち、だそうです


0501-26.jpg


クラシックカーに、ほうろう看板
0501-24.jpg


0501-25.jpg
この食堂も、実際に営業してるんですよ
お値段が激安ですが、実際にこの値段なのです


博物館(昭和ロマン蔵、ワンコOK)

0501-20.JPG
たたみにちゃぶ台  
棚の上にある西洋人形も、またレトロ~


0501-23.jpg
昔のテレビ
ガチャガチャまわすチャンネルのやつね


0501-22.JPG
足踏みオルガンを弾いてみたり


0501-21.jpg
もしもーし!
なつかしの黒電話
(このへんはリアルタイムで知ってますw)



平成になって23年・・・
昭和で過ごした年月より、平成で過ごした年月のほうがもう全然長くなっちゃいました
昭和は遠くなりにけり、ですねぇ



しばしのタイムスリップをたのしんだあと、別府市街へと移動



まずはランチ!
目星をつけていた、お寿司やさんへ行きました



写真をなぜか撮り忘れてたのですが、人気の回転すし屋さん、
亀正くるくる寿司



ここでは、関さば・関あじなど、関物のおすしをリーズナブルに味わえるのです
2011-05-01 16:56:16
(携帯レポでつかったこの写真しかなった~ よっぽどがっついてたのか)


一皿298~398円くらいだったかな?
安くてもぷりぷり、絶品のお味!
そのほかのネタも新鮮で大きくておいしかったよ~



食後は、別府にきたなら、地獄を一か所は見なくては・・・ というわけで、
お寿司やさんからほど近かった、海地獄へ行ってみました


0501-28.jpg


0501-27.JPG
地獄だから、鬼もいますよ~



海地獄そのものは、すごいきれいなブルー!
0501-29.JPG
でも、音が「ぼこぼこ、ぷしゅー!」って、地獄ならではのサウンド
Maru、かなりびびってました



0501-30.jpg
地獄では「ゆでたまご」も作っていました
食べたけど、温度が熱すぎるのか、
温泉卵じゃなくて、ふつうのかたゆでたまごだったけどね



別府では、地獄は、見るだけじゃなくて、入ることもできます


別府温泉保養ランド
(明礬温泉 紺屋地獄)


0501-31.jpg


↑↑右の説明書きには・・・

当 紺屋地獄は他に類を見ない地獄から直結した温泉です。
直接地獄に入っているということをお忘れにならないでください




・・・・って、書いてあるから、正真正銘の地獄



温泉は、泥湯で、しかも混浴
なんとも興味をそそりますよね~
去年九州に行かれたBusBusさんのブログを見て、ぜひとも寄ってみたかった
スポットのひとつなのです


つくりは、ふるーいまんま、40年前で時が止まってるような空間


0501-33.jpg


0501-32.jpg



温泉内は撮影禁止(当たり前ですが)なので、公式サイトからの写真・・・



furo.jpg


tikakoudei.jpg


底に泥がたまっていて、お湯もそのせいで濁っている感じかな~


この泥も、温泉と同様、はるか地下から噴出してきているものらしいです


すごくしっとりして、温度もそれほど高くないので、
ゆーっくりじーっくり浸かれそうなところです


今まで入ったどの温泉よりも、濃厚
デトックス効果も高いらしく、お肌の表面だけでなく、内側もツルピカ!


面白いのは、成分(比重)の関係で、体がプカプカと浮くのです
内湯に手すりがついているのが写真でわかりますが、
そこにつかまってからだを泥湯に任せると、ふわぁーっと浮き上がるので
ちょっとした死海気分を味わえますよ



屋外露天は、混浴になっていますが、
女性用の入り口は男性から見えないところにあるので、
肩まで浸かってしまえば、体は見えないので安心!
(入浴エリアも、いちおう仕切りがついていますしね)



・・・なんだけど、男性のほうは、やたらに開放的な方もいるので
見たくないモノが目に入ったりもするんですよね~
落ち着いて浸かっていられるのは、やはり女性専用エリアかもですね!



地獄と名前はついてますが、むしろ天国に近いスパでした
もっと施設がきれいでゴージャスだったらほんとに天国ですが、
でもそれだとこのひなびた雰囲気がなくなっちゃうし
リーズナブルに入浴もできないだろうから
これは、このままでいいんですよね、きっと!


また行きたいな~スマイル









最終更新日  2011.06.10 20:53:57
コメント(4) | コメントを書く
2011.06.08


九州旅行記のつづき~音符



湯布院・榎屋旅館におとまりした翌朝は、なんとか雨もあがって、曇り空くもり
散策できそうなお天気でよかった!



温泉街そぞろ歩きなので、Maruももちろん浴衣姿
0501-8.jpg
ジャパニーズ・キモノMaruよピンクハート



緑の里山に、さらさら流れる小川
0501-10.jpg



川沿いの道をあるいていくと・・・
0501-4.jpg
大きなが見えてきました



実はこれ、池、ではなくて、
湯布院の景勝スポット、金鱗湖です


0501-3.jpg

0501-9.jpg



この湖、温泉が湧き出しているので、熱帯魚も住んでいるそうですよ~熱帯魚



さらにぶらぶら歩いていると・・・




犬のお店を発見!
0501-11.JPG
ゆふいんの犬屋敷


ワンコグッズがいっぱい売ってましたが
残念ながら狆グッズはありませんでした・・・



おとなりは猫屋敷(こっちがメインっぽい)
0501-13.jpg
こちらも、残念ながらラグドールグッズはなし



ゆふいん駅まできました
0501-6.jpg


0501-5.jpg
かわいい赤い特急が停車中


これが有名なゴージャス特急、「ゆふいんの森」号
・・・かと思いこんでましたが、今調べたら違ってた!
ゆふ号」という、別の特急みたいです
(ゆふいんの森号は車体がグリーン)


いずれにしても、電車でも来やすい温泉地なのですね~



さらに、おもしろかったのが



ぱっかぱっかぱっか!
車道を馬車が普通に走っている~馬


0501-7.jpg
観光辻馬車というそうです
乗ってみたかったけど、時間がなくて断念



つまみ食いもいろいろして
0501-12.jpg
どの観光地にも必ずある!? 日本一のコロッケ



Maru、とり天もたべたいわ
0501-14.jpg



さいごに、立ち寄り温泉(公衆浴場)に入って、湯布院を後にしました
0501-1.jpg
ゆのつぼ温泉


榎屋旅館のすぐそばにある、小さな無人温泉なのですが
ここが意外によかったです~
見ためは透明なふつうのお湯なんだけど、じわじわ効いてくる感じ!



お風呂を出た時点で、10時くらいだったかな
どんどん先にいかないといけないので、
(なにしろ、この日の最終目的地は300キロ以上離れた鹿児島!)
名残惜しいけど次の目的地に向かいました~



また、湯布院、ゆっくり来たいね!
0501-15.jpg
こんどは、ばしゃにのったりしたいのよ









最終更新日  2011.06.08 08:40:05
コメント(4) | コメントを書く
2011.06.01


とうとう、1000円高速の終了日が決まっちゃいましたね・・・・


6月19日で終了だそうで・・・
最後に遠出したかったけど、週末はずっと予定有で、無理そうですしょんぼり



まぁ、北は青森、南は鹿児島まで、1000円高速で行ったから、
そういう意味では制度を使い倒したともいえますけど・・・


1000円高速の終了後、東北道は無料になるのかと思ってたのですが、
こちらも被災者のみだそうですね
(罹災証明が必要というけど、こういうのは悪用する人が出てきそうだな)


復興支援のために、無料とはいわなくても、
東北エリアだけ1000円継続してもよかったんじゃないかなぁ~



と、今さらどうにもならないことを呟いていても仕方がないので・・・



1000円高速の恩恵をありがたく受けた、九州旅行記の続きを書きます~えんぴつ




えーと、この前は黒川温泉で終わっているから、今回は湯布院



湯布院(由布院とも書く)は、かねてより訪れてみたかった温泉地!



ペットも泊まれる温泉宿もいくつかありますが、
立地、価格、クチコミを総合考慮して、選んだのがこちらのお宿さん


0430-41.jpg
榎屋旅館



時代を感じさせる、がっしりと大きな建物
温泉にきたな~って気分が盛り上がりますね上向き矢印
0430-37.jpg
入口ロビーの部分 
日本狆Maruも、違和感なくとけこんでます


ロビーには、福助さんがおじぎしてお出迎え
0430-40.jpg


お部屋は、この建物から増築された新館部分にあり、
広くてきれいな和室でした
0430-34.jpg
到着時すでにおふとん敷かれていましたよ


まず温泉に入ってから、夕食!



温泉旅館ですが、今回は素泊まりで予約していました

というのも、この榎屋旅館さんには、「炙り屋 浩二」という、
ペットOKの居酒屋さんが併設されているのですビール


0430-36.jpg
Maruも、いっしょにのみにきたのよ



大分ならではの地鶏が食べたかったので、
から揚げと炭火焼、両方注文しました
0430-35.jpg
ぷりぷりで美味しい!
油モノなのに、いくらでも食べれちゃう!


マルチーズ連れのご夫婦もいらしていて、仲良くなりました~
0430-42.JPG
長崎から来ている子で、九州情報をいろいろ教えてもらいました



マスターも犬好きで、犬談義に盛り上がった、楽しい夜になりました月



そして、翌朝の朝食は、
前日「道の駅・佐賀関」で購入しておいた、関あじ・関さば木の葉すし
0430-38.jpg


0430-39.jpg
つやつやの木の葉に、棒ずしがくるまれています



さっぱりしてて美味しかったけど、
酢じめにしちゃうと、関あじ・関さばの特徴であるプリプリ感がなくなって、
ふつうのアジ・サバっぽくなっちゃいますね


やはり、生の関あじ寿司・関さば寿司も食べたいー!
というわけで、この日のランチに食べにいくことになるのですが
またその話は、次回にダブルハート









最終更新日  2011.06.01 16:53:27
コメント(4) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.