1341501 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラグドール&狆 Hana&Maru

PR

X

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

2010GW・西日本旅行

2010.07.17
XML
カテゴリ:2010GW・西日本旅行


梅雨明けと同時に三連休~ 夏本番ですね晴れ
長いようで短い夏、たくさん思い出をつくって楽しく過ごしたいと思ってます


その前に、やりのこしていた「GW旅行記」を仕上げなくては!
いよいよ最終回です
過去記事はこちらからどうぞ↓↓


その1★多賀SAで車中泊~京都・嵯峨野
その2★哲学の道~銀閣寺はワンコOK♪
その3★京大~清水寺もワンコOK♪
その4★三千院~貴船神社
その5★奈良のお宿は、旅籠屋!
その6★いにしえの天平衣装体験♪
その7★なんとひろいの平城京
その8★奈良の花寺、室生寺&長谷寺
その9★神戸でくいだおれ!
その10★淡路島で、狆が空を飛ぶ!
その11★さぬきうどん(&W杯)
その12★お遍路、こんぴらさん、大迫力の銭形砂絵
その13★粟島で日本一の海ほたる!
その14★船員学校とお接待の粟島


すてきな体験をした粟島を後に、船で須田港港(四国本土)に戻ります

0504-20.jpg


0504-10.jpg
あわしま、またね~バイバイ


港にとめておいた車に乗り込み、一路瀬戸大橋へと向かいました
0504-21.jpg
結構渋滞してましたね~


岡山を経由し、山陽自動車道に乗り、高速降りて田んぼ道を走り、到着したところは!


狆、狆、狆・・・狆がいっぱーい!!
0505-2.jpg


そう、こちらは、関西随一の狆ブリーダー、オイタン&オバタンの「狆の保育園
(残念ながらHPはお休み中ですが、みなさん元気いっぱいでしたよ~)


ちょうどこの日に保育園でオフ会を開催するとのことだったので、
Maruも混ぜてもらったのでした
0505-1.jpg
おともだちんがたくさんいるねピンクハート


ぜんぶで何狆いたかなぁ・・・
飼主が今まで参加した、どのオフ会や展覧会よりもダントツで狆数が多かった!
でも、こんなにたくさんいるのに、みんなオバタン手作りのかわいい服を着て、
毛も長くてツヤツヤの美狆ちゃんばかりきらきら


Maruも、おみやげにおようふく2枚も頂いてしまいました
0505-3.jpg
オバタン、おおきにね


関西在住の狆飼いさんともお話できて楽しいひとときでした音符
あ、関東からはナナちゃんも来てたね犬



そのあと、大阪へ向かい、ミナミのワンコOKホテルへとチェックイン!


ホテルくら本
0505-4.jpg


ホテルと名はついてますが、畳敷きでおへやは「旅館」かな~
到着時にもうお布団は敷かれてました
0505-12.jpg


夕食は新世界(大阪のディープエリア)に犬OKの串揚げやさんがあるというので、
そこに行こうか、なんて話していたところ・・・



パパさんが気付きました
Maruが、前足をひきずって歩いている!!



見ると、左前足が痛いようで、地面につけないように、変な歩き方をしてるのです
抱えあげてあんよをよく観察してみたところ・・・



なんと、肉球のいっこが、ぺろーんとズル剥けていました号泣



これは大変と、持参したPCで周辺の獣医さんを検索
連休中だしやっているか不安でしたが、2キロほど離れたところで診察OKの獣医さんを発見、
すぐに連れていってみてもらいました



診察の結果、何かを踏んだとかではなく、ちょっと歩きすぎて剥けちゃったのかな、
よくあることで心配することはないですよ、とのことでしたが、
消毒して包帯してもらい、お薬もいただいてホテルに戻りました


0505-5.jpg
Maru、あんよがむけちゃっていたいのよ涙ぽろり



飼主大反省です
あまり歩かせすぎないように、抱っこしたりカートに入れてたりはしたけど、
Maruにとってはそれでも負担だったんだなぁ、と・・・
ワンコはおしゃべりできないから、もっと注意してあげないといけないですね


ちなみに、お世話になった大阪の獣医さん→ 堀江動物医療センター
高級美容外科、エステみたいなゴージャス病院でした
お支払いがちょっと心配でしたが診察代は普通でホッ・・・


そういう事情があり、Maruはホテルで休ませたほうがよいと判断、
夕食には連れていかないで、人間だけでホテル近くの串揚げを急いで食べてきました
0505-11.jpg


翌日、当初の予定では静岡まで行ってさらに一泊の予定でしたが、
Maruのことを考えて、キャンセルして帰宅することに
渋滞を考えて朝早く起きて出発


名神高速の黒丸PAで休憩して、朝ごはん
0505-10.jpg
くろMaruパーキングエリアよ


ここの名物、焼き鯖寿司をお買い上げ
0505-7.jpg



携帯速報ブログにも書きましたが、
この焼きサバ寿司、肉厚でふっくらでたまらないおいしさ!
ひとつしか買わなかったのが悔やまれます~



昼過ぎに浜松に到着したので、ランチの鰻重
0505-10.jpg
かんたろう蜆塚店さんでいただきました
食べログNo1人気の味はホンモノ!



そして午後6時半に無事帰宅、おつかれさま&ありがとうパパさんダブルハート




以上で、15回シリーズになった今年のGW旅行記終了です
ご愛読ありがとうございましたスマイル


次回の旅行予定は来月・・・またおもしろ体験に行く予定です足跡
もちろんMaruには負担かけないように、気をつけます~









最終更新日  2010.07.17 15:37:18
コメント(8) | コメントを書く


2010.07.04
カテゴリ:2010GW・西日本旅行

梅雨まっただなか、ムシムシ暑い日が続きますね~晴れ雨

下の記事に携帯からUPしましたが、今日はMaruをお外シャンプーへ温泉
マルちゃんバンダナも巻いてもらってさっぱりキレイにきらきら
家で洗うとドライヤーで汗だくになっちゃうので、
この時期お外でやっていただけるのはありがたいですねグッド


さてさて2010年も半分終了し、GWからもう2カ月も経っちゃいました!
はやいなーーー
なのにまだ続く旅行記! 今回は粟島・後編ですえんぴつ


夢のような海ほたるナイトから一夜明けて、5月4日


朝食をすませて、お宿の敷地内を探検
0504-4.jpg
古い木造のたてものが並んでいます


中に入ってみると、まさに時が止まった、静かな空間が・・


あるくとギシギシと床がなる、木の床の校舎
窓枠のサッシも木でできています
昔の映画に出てきそうでしょ
0504-2.jpg


重そうな扉のむこうの教室には机が並べられています
0504-7.jpg


そう、ここは学校
今から90年前、大正時代に建築された「国立粟島海員学校」の校舎です

海員学校、船乗りさんを養成する教育機関で、
中卒後2-3年間の修業年限だったそうですから、高校にあたるものですね


教室には往時をしのばせる展示品がいくつもありました
0504-1.jpg

0504-5.jpg

0504-8.jpg


こう見るとずいぶん昔に存在してた学校みたいですが、
廃校になったのは昭和62年、20年ちょっと前なんですね
0504-6.jpg
最後の卒業生はまだ30代・・・
日本がバブル前夜で沸き立っている頃、この環境で訓練し、
船乗りになる道を選んだ10代がいたのですね船


海員学校廃校後、跡地は今回宿泊したルポール粟島が作られましたホテル


ルポール粟島の敷地を出て、島を歩いてみることに
島一周の地図も、前支配人さんによる、ほかほかのてづくりマップ
0504-50.jpg


周囲16キロの粟島は、人口300人、200世帯
(飼主の住むマンションより少ない!)
高齢化が進み、平均年齢70歳以上!?
なので島民みな知り合い、あたたかい空気が流れていますスマイル


ちいさな漁港港
0503-89.jpg


島に来るには、定期船のほか船タクシーもありますよ
0503-88.jpg


コンビニも、ネットカフェも、パチンコも、飲み屋までもない、
なーんにもない、でも「島の空気」が、ほかにはないなによりの財産
夜の海ほたるもステキだけど、ひるまの空気もまたリラックスできます熱帯魚


この粟島に、年に一度、島民以上の数の観光客が来島する日があります
四国八十八か所ならぬ、粟島八十八か所
地元の方は「お接待」と呼んでいます


旧暦の3月21日に毎年行われるとのことなのですが、
今年は5月4日、ちょうど我々の滞在日にかぶってラッキーでした音符
(このことすら知らずに来たので!)


「お接待」の名のとおり、島の商店や民家の軒先に、お菓子などが並べられています
参拝客は、お供え(小銭程度)を置き、お菓子をいただくのです
それが88か所!

0504-15.jpg


0504-12.jpg


0504-13.jpg
Maruも、おかしをもらったのよケーキ


お接待所で一番人気なのが、ところてん屋さん!
朝早い時間なのに、参拝客がこんなに集まっています
0504-14.jpg


できたてつるつるのところてんきらきら
0504-11.jpg


関西ではところてんって、酢醤油ではなく黒蜜で食べるイメージですが、
ここでは酢醤油のみでした
おいしいものって大抵体に悪いモノが多いですが、
このところてんは美味、カロリーゼロ、食物繊維豊富な超健康食
おかずのお煮しめもおいしかったです ごちそうさまでした


船の時間があるので、八十八か所もほんのサワリしか回れませんでしたが
商業主義とは対極にある、島の人々のあたたかいおもてなしを受け、
これまた思い出に残るできごとになりましたウィンク


遠いけど、ぜひまた行きたいね!
0503-81.jpg
Maruも、あわしま、たのしかったのよピンクハート








最終更新日  2010.07.05 15:20:28
コメント(2) | コメントを書く
2010.06.30
カテゴリ:2010GW・西日本旅行


ソウルネタも(犬がらみで)イロイロ書くことあるのですが、
今回はまだまだ未完のGW旅行記の続きをUPします~


えーと、前回はどこで終わったっけ・・・
半月も前だから忘れちゃうわ雫
そうだそうだ、四国・香川は銭型砂絵とこんぴらさん参りまででしたね


香川観光&うどんツアーを終えて、この日は3泊目ホテル
宿泊先は、瀬戸内海にうかぶ小さな小さな島、粟島をリザーブしていました


粟島って・・・ たぶん、ご存じない方が多いですよね
飼主も宿探しをするまで知りませんでした
香川県にはワンコOKのお宿があまりなかったんです犬
たまたま検索してみつけて、空きがあったので気軽な気持ちで予約した次第
粟島の歴史とか名所とか、なにもしらないままやってきました


香川の「須田港」という、これまた小さな小さな港から出航する
定期船に乗り込みます船
クルマは積めないので、須田港に置いていくのです
0503-60.jpg
最終便の一本前でしたが、もう真っ暗月
片道320円、所要15分のプチクルージング


これは翌日撮った写真、粟島港です
0503-82.jpg

クルマは積めないんだけど、自転車やミニバイクはOKみたいで、
郵便屋さんが集配バイクごと乗り込んでいましたよポスト


お宿は、港から歩いて3分ほどにある、「ルポール粟島
ペットOKの、独立型コテージです
0504-88.jpg


室内はこんな感じ 合宿所みたい?
おふとんはセルフサービスで敷きます
0503-61.jpg


で、このお宿、室内にテレビがありません
もちろんネットもつながりません(粟島には高速回線がまだ通ってないそう)
ある種隔絶された環境ですが、
でもそれが退屈なのではなく、情報に毒された心身が解放されるというかね青ハート
ゴージャスな海外リゾートが心がリラクゼーションされるとしたら、
ここだとしずかにデトックスされていく、そんな感じかな
朝は目覚ましの前に、ことりのさえずりで目が覚めましたよひよこ


お食事は、本館の食堂でいただきます食事
瀬戸内海のお魚中心にたくさん~
0503-62.jpg

ほっかほかの釜めしも音符
0503-63.jpg
昼間あれだけ讃岐うどん食べたのに、もちろん完食!


美食を堪能して、コテージに戻ってMaruを散歩させていたら、
(あ、食堂はワンコNGです)、
お宿の支配人さんが「今から海ほたるを見にいきませんか?」と声をかけてくれたのです


海ほたる??


関東人にとっては「海ほたる=アクアライン」くらいのイメージですが、
なんとこの粟島では、天然の海ほたるが観察できるビーチがあるというのです
シーズン前なので、まだ公式にはお客様にご案内してないとのことでしたが、
今夜は観察できそうなので、とくべつに行ってみましょうかと

もちろんよろこんでMaruもいっしょに、連れていってもらうことに
そのときカメラを持っていなかったので、部屋に取りに帰ろうとしたのですが
「ふつうのカメラじゃ写りませんよ」とのことで、手ぶらのまま


海ほたるビーチまでは、2キロほど離れているので、クルマで車
なにしろ街灯もなにもないから、夜は懐中電灯がないと歩けないほどです


ぞろぞろと10人くらい、草むらをかきわけて砂浜に出て、
懐中電灯を消して真っ暗になり、
波打ち際に近いところの地面をじーっと見ていると・・・・



ひとつ、また、ひとつ・・・ 



ポォッと、サファイアブルーに光る、海ほたるが輝きだしましたきらきら




その数はだんだん増えていって、あちらにもこちらにも、青い光
海ほたるはその体を輝かせるだけでなく、
動くとゆらゆらとサファイアの軌跡がほのかに残るのです
指先にのせてみても、ミニミニLED電球みたいな発光(表現が変だな)をするんですよ


いやー、文章下手でなかなかこの感動を伝えきれないのがもどかしいです



ということで、支配人さんのブログからお写真借りてきました
すごいでしょう・・・・
umihotaru-hiraki-001.jpg
これ、人工の光は一切ないんです
一面に広がる、海ほたるの夢のような輝き!


飼主が見たときは、ここまでの数は全然いませんでしたけど、
それでも、とっても感動しました
国内で一生に一度は見ておけ」なランキングがあるとしたら、
今のところ第一位です 
東京じゃどんなにお金払っても、決して見ることのできない、贅沢な光景

ちなみに最高の見ごろは、9月の第一週だそうです


翌日の昼間に撮った写真 ここに海ほたるがいました
0503-83.jpg
ほたるさんたちは地中深くでお昼寝中なのかなー


浜辺に立つ看板
0503-84.jpg
ほんと、間違いなく日本一だと思います!


夢のような、ドリームジュエルナイト星
Maruも、すでに夢の中・・・
0503-64.jpg


こんな素敵な財産をもつ、粟島ですが、取り巻く環境は厳しいようです
島は高齢化が進み、小中学校もすでに廃校でありません

お世話になった「ル・ポール粟島」は元々公共の宿として開業したそうなのですが、
赤字続きで民間に経営委託され、しかしその民間会社も黒字化の見込みがないとのことで、
本日(6/30)をもって、撤退・・・
海ほたるを案内してくださった若い支配人さんは島を離れるそうです涙ぽろり


また別の民間会社が、明日から経営は引き継ぐとのことですが、
いいとこはそのままに、改善すべきところは改善して、
がんばっていってほしいなぁと思います


そして翌日は、この粟島に「一年で一番人がやってくるイベント」当日なのでした
続きはまた次回に!







最終更新日  2010.07.01 01:00:41
コメント(8) | コメントを書く
2010.06.16
カテゴリ:2010GW・西日本旅行

西日本GW旅行記:四国編の第二回目は、寺社&名所めぐり編です


うどんを食べながら、お遍路したお寺は四国八十八箇所のうちの3箇所!


ひとつめの観音寺
0503-34.jpg


0503-46.jpg
Maruも、おへんろさんになったのよ


GW中とあって、どのお寺も、お遍路スタイルの方がお経をあげてました
(ただお参りするだけかと思ってましたが、毎回毎回お堂の前でお経するんですね)


お寺の中にはお遍路グッズ一式がそろう売店もあります
0503-47.jpg


笠に書いてある「同行二人」、
これは連れが二人いますよという意味ではなく、
弘法大師さまとともに歩いてます、という意味なんだそうです
0503-48.jpg


本山寺は、「手打ちうどんいぶき」の近くにあるお寺さん
国宝・五重塔が立派でした
0503-56.jpg


弘法大師さまのふるさと、善通寺にも行ってみたら・・・
なんと!こんなこわい立て看板がびっくり
0503-53.jpg
犬の連れ込みを禁ず 違反者は罰金をもらいます


それまでのお寺はワンコOKだったのに、ダメなところがあるなんてー!!


でもこの日はかなり気温が高かったので、クルマで留守番させるわけにもいかず、
歩かせなければいいのかな?と拡大解釈して、
抱っこ袋にいれておそるおそる様子を伺いつつ、行ってみました


門のところで写真を撮っていたら、お坊さんが通りがかり、
ふと目があってしまい・・・!!


やばい!罰金か!」と一瞬ビクッとしたら、


お写真おとりしましょうか」と声をかけてくれたんです


ホッ・・・ぽっ



そのときにとってもらった写真
0503-35.jpg


境内はでも遠慮して、交代でささーっと見てきました
0503-54.jpg


それから、お寺でないけど、香川名所のひとつ、銭形砂絵も見てきました
0503-51.jpg
山の上にのぼると、なにやらどでかい砂絵が!?


0503-52.jpg
これ写真じゃあまり大きく見えないけど・・・
その大きさ、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートル!!
江戸時代のお金「寛永通宝」を模しているそうです


飼主は行ってみるまで、存在すらしらなかったので、かなり衝撃な光景でした
だってホントにでかいんですよ 日本にもこんなBIGスケールなものがあるとは!

しかも、近年になって客寄せで作られたものとかではなく、
これ実に400年近く前に、一晩で造成されたと伝えられる、すごい遺跡
日本版ナスカの地上絵といわれるほど、造成には謎が多いとか
見たら一生健康で、お金に苦労しないそうです

銭形砂絵というだけあって、昔のテレビ時代劇「銭形平次」の
タイトルバックに使われてたそうです
覚えてる方いますかねぇ~


この日最後の観光は、金比羅宮さんへ
0503-50.jpg
しあわせさん♪こんぴらさん♪


ここはワンコに縁のある神社さんでもあります犬
「こんぴら狗(いぬ)」という伝承があり、病気でおまいりできない飼主にかわって、
飼い犬が道中、旅人の助けを借りながら、お札をいただいて帰ったとか・・

まぁ、その犬は狆ではないとは思いますが
でもMaruだってりっぱなお犬様、こんぴら犬にあやかれるよね
0503-51.jpg
Maruだって、こんぴらいぬになれるのよ


しかし、金比羅さん、どこまでも続く石段がホントきつかった~
上までのぼると1368段もあるんですよ!
Maruはさすがにそんなに歩かせらられないので、パパが抱っこしましたが
運動不足の飼主もそんなに歩けない~
ってことで、8合目(?)まできたところでリタイア
パパだけ頂上までのぼって帰ってきました


下まで降りると、もう日もだいぶ傾いていました
急がなきゃ!!船に乗り遅れちゃいます船
この日のお宿は、そう、瀬戸内海に浮かぶ離れ小島なのです
港に向かってクルマをとばしました


とーっても小さいけど、とーってもすばらしかった島・・
思いがけず夢のような光景を眺められた島のお話は
また次回にしますね おたのしみにダブルハート








最終更新日  2010.06.16 21:13:18
コメント(6) | コメントを書く
2010.06.11
カテゴリ:2010GW・西日本旅行



音符オーレーオレオレオレ~ ハナチャーン マルチャーン音符


本日より、サッカーW杯がはじまりましたね~サッカー
皆さまテレビ見てますかね あのブゥブゥ音、なんとかなりませんかね失敗
南ア戦でなければここまでひどくないのかなぁ


Maruが我が家にやってきたのは、ちょうど4年前のドイツ大会中
だったのをふと思い出しました
Maruを迎える直前にフランス旅行に行ったのですけど、
現地で日本人サポーターを結構みかけた記憶があります
(違う国ですが、ついでに観光とかの人が多かったのかな)

帰りの飛行機飛行機では、ミニサッカーボールがたくさん配られて、
Maruのはじめてのおもちゃにしようと、拾い集めてきたんだけど
今ひとつも残ってないことに、今気付きました(笑


あれからもう4年 早いなぁ~
Maruは4歳、Hanaは5歳 おかげさまで元気ですくすく、なによりです
4年間いろんなことがあったけど、家族みんな笑顔で健康がいちばんね目がハート



さて!
GW西日本旅行記11回目は、いよいよ四国編へと入ります~~


淡路島での飛行犬体験終了後、ふたたび明石海峡大橋に乗り、四国は香川県に上陸!
Maruははじめて、飼主は4度目位かな?でも超久しぶりの四国です


香川といえば、なにをおいても、「讃岐うどん」!
ガイドブックにもネット上にもうまい店情報があふれすぎていて、
ドコに行ったらいいのか、もうわけがわかりません~


で、まず、1軒目は、「朝から営業していて、行列してなくてすぐ入れる
お店をセレクト(おなかすいてたからね)
でも、これだけで、わんさかとある・・・
じゃあ、ウチとご縁の深そうなお店を選んでみよう!
ってことで、選んだお店がこちら

手打ちうどん まるや
0503-44.jpg
Maruとおんなじなまえの、うどんやさんよピンクハート


セルフうどんの名のとおり、セルフ台には
きざみねぎや揚げ玉、おだしの入ったやかんがならび、
うどんをあたためるザル、お湯がぽこぽこと沸いていました
0503-43.jpg


カウンターで注文して、うどんのはいった丼を受け取り、
好みのトッピングとだしをぶっかけて完成きらきら
0503-42.jpg


つるつるもちもちのさぬきうどん音符
おいしいおいしい あっというまに一杯ペロリぺろり
ここのお店は、観光客というよりタクシー運転手さんや地元のお客さんが
続々とやってきていて、ジモティに愛されてる感じでしたダブルハート



2軒めは、ひとまずおなかが落ち着いたので、「行列必至の有名店」にいってみることに


で、向かったのはここ
坂出 山下うどん
0503-40.jpg


そして行列・・・ 前に100人は並んでますよ
0503-41.jpg


GWに並んでるくらいだから、ほとんど観光客でしたね
(停めてある車も県外ナンバーばかりでした)
すごい行列でしたが、でもおうどんだから、回転は速いです
1時間も待たないで食べれたと思います~


外のお席で、Maruもいっしょに
0503-55.jpg
ここのうどんも評判通りおいしかったスマイル
おねだんはうどん一玉150円!どこもそんなもん・・・
安い早い美味いのパーフェクトフード


3軒目は、どうしようか悩んでいたときに・・・ というか、
2軒目を並んでいたときに、たまたま讃岐うどんに詳しい方と電話していて、
一番うまい店を教えたる」ということで、勧められたお店に向かったのでした

手打ちうどんいぶき
0503-57.jpg
前の2軒とは違い、お運びさんのいるフルサービスのうどんやさんです


ここのお店は、うどんはもちろん、揚げたてのちくわ天が名物みたいです
で、このちくわ天がマジウマ
そのへんのお惣菜屋のとはぜんぜん!!ちがいますよ~
0503-45.jpg


おだしの味もすばらしくて、3杯目なのに、ツルツルと完食!
さぬきうどんは「冷たいのに生しょうゆをぶっかける」のが王道なイメージですが、
ここのはHotでいただいたほうがより美味かなと思いましたオーケー


なんか食べてばかりですが・・・合間に観光・お遍路まいり
やってきましたよ
その様子はまた次回に犬







最終更新日  2010.06.12 00:37:02
コメント(4) | コメントを書く
2010.06.08
カテゴリ:2010GW・西日本旅行


GW旅行記もついに10回目!
もう一カ月以上経過してますからどんどんUPしてきますよー


旅程3日目、5/2の夜は神戸に宿泊して飲み食い
明けて5/3の朝は、神戸観光もせずに早々にホテルを出発しました


本州四国連絡橋のひとつ、明石海峡大橋を渡ります
0502-62.jpg
なんとなくベイブリッジみたい??


そのまま四国へ直行!
・・・・ではなく、淡路島で途中下車
飼主夫婦もMaruも、淡路島初上陸です


0503-1.jpg
Maru、はじめてのあわじしまよスマイル


淡路島は、なにげにお犬様ウェルカムリゾートで、
お花のきれいな大公園がいくつもあり(あわじ夢舞台、明石海峡公園、花さじきなど・・・)
そちらに立ち寄ろうかとも思ったのですけど、
旅行直前におもしろ体験ができるスポットを発見して、
そちらに来ることにしたのでした


それは・・・



日本唯一の、 飛行犬撮影所



「飛行犬」って、そう、読んで字のごとく、空を飛ぶ犬です飛行機
ここでは、超高速カメラを使って、飛んでいる愛犬の姿を撮影してもらえるのです


論より証拠・・・
ほら、Maruだって!飛んでますよ~~


0503-8.jpg
びゅーーーん!!


0503-7.jpg
きゃっほぅぅーーー!!


0503-6.jpg
いぇーーーい!!


正面からの連写も!!


0503-2.jpg
くるよ、くるよ


0503-3.jpg
Maruが、くるよーー


0503-4.jpg
キタァーーーー!


撮影中の動画
Maru、意外に走るの早いのよ
飛行犬Maru!
飛行犬Maru!
by applebear



いつもはちーーんとおとなしくて、猫だか犬だかわからない狆だけど、
やっぱりこういう姿を見ると「狆も犬だったんだな!」と思いますね
カメラマンさんによるとはじめての飛行狆らしいです


自分のカメラじゃなかなかこんなにきれいに撮れないので、
いい記念になりました~~音符

撮影所のブログにも掲載されてまーす











最終更新日  2010.06.08 22:39:26
コメント(17) | コメントを書く
2010.06.01
カテゴリ:2010GW・西日本旅行

ブログを書き始めてもうすぐまる4年になります
テーマはタイトルどおり「ラグドール&狆」、犬猫ブログなわけですが、
旅行記もどきも、多くアップしてきましたえんぴつ

旅日記は、個人的な備忘録という意味合いもありますが、
今後犬連れ旅行される方のご参考になればうれしいなぁという気持ちもあり、
くわしく、なるべく正確に、書くように心がけてきました

おかげさまで、このブログを見て「○○へ泊ってきましたよ」とか、
「○○へ行くのにとても参考になりました」といった、
メッセージやメール、コメントを頂いたことも何度かあります
とてもうれしく、ブロガー冥利につきますねスマイル 
飼主も旅行計画を練るときは、人さまのブログを参考にさせていただくことが多いので、
読み逃げばかりしないでちゃんとお礼を伝えるようにしよう、なんて思っています
(あ、このブログは読み逃げもコメントもどちらも歓迎ですよ!)


なんで突然こんなことを書いているかというと、
去年のGW、Maru連れで青森一周旅行にでかけて、
長々と2か月にわたって旅行記をアップしましたが、
それを見た方が、今年のGWに青森犬連れ旅行に行ってきたと、コメントをくださったのです
うちの泊まった旅館や周遊ルートがとても参考になったと、ご丁寧に記事でも紹介していただきました
ありがたいですね~~ダブルハート
そのブログはこちらです →ちゃみといっしょに わんことおでかけ
青森にまたいきたくなっちゃいました!ちゃみハハさん、ありがとうピンクハート



ということで、さらに気合いを入れて?
西日本旅行記もがんばってすすめていきますよ~


奈良の室生寺&長谷寺を拝観したあとは、高速に乗り、
大阪を通り過ぎて兵庫県へと向かいました


いったん甲子園近くで高速を降り、しばし周辺をドライブ(写真ないですが)
実は甲子園近辺は、飼主夫婦が新婚生活を過ごした、思い出の場所であるのでした
その頃は社宅住まいで、ペットももちろん飼えず、まぁいろいろ大変だったんですよ(遠い目)

お金もなかったから毎週末激安スーパーに通ったり・・・
その激安スーパーあるかな~と思って行ったら、もうなくて(移転したのかな)時の流れを感じました
甲子園もツタがからんだ姿ではもうなく、きれいな外壁におおわれていたし、
甲子園のそばにあった遊園地(阪神パーク)は豊洲と同じららぽーとになっていたり、
とにかく変貌していましたね~ 我々も年をとるわけですな(笑


で、この日は、神戸にお泊まり
神戸のワンコOKホテルでは有名な、ここ
0502-61.jpg
神戸北の坂ホテルホテル


1FはワンコOKなカフェバーですが、夕食はMaruを部屋にお留守番させて
人間様だけでいただくことに
神戸だからやっぱステーキ?なんて話してましたが、
ふと見かけた中華料理屋さんがなんだかとてもおいしそうだったので入店
0502-69.jpg
チャイニーズレストラン・竹海(ズーハイ)



大陸系の本格中華で、味もボリュームもハナマル!
下調べなしでふらっとはいったお店が大当たりだと、さらに旅が楽しくなります
0502-63.jpg0502-64.jpg0502-66.jpg0502-67.jpg
お値段もリーズナブルでしたよ~


目立たない場所にあるお店ですが、あっというまに満席、
カウンターの中はつねに中華鍋がジャージャーといい音を立てて
振られていました
0502-65.jpg


いっぱいいただいて満腹になって、
腹ごなしの夜の散歩にはMaruも連れだして、三宮の繁華街へマラソン

すると、人がいっぱいの立ち食いラーメン屋を発見
あらら、おなかいっぱいのはずなのに、食べるのー!?
0502-70.jpg

500円の長浜とんこつラーメン、新橋にも似た店がありますね(よく行くけど!)
飲んだ後ラーメン食べたくなるのは東西共通


さらに歩いていると・・・
0502-71.jpg
明石焼」のちょうちんを発見!


本場の明石にも立ち寄り、明石焼きを食べるつもりでしたが、
でもここでも食べたくなった底なし胃袋の我々、
Maruをホテルに置いて、戻ってのれんをくぐったのでした


あつーいおだしに、あつーい玉子焼き!
飲み込むとノドをやけどしそうな、小さなおいしいやわらか爆弾
0502-72.jpg
明石焼き、なかなか東京では食べれないですからね~
東京駅にあるけど高くてイマイチ・・ここのは一皿575円!


結局、明石には立ち寄れなかったので、ここでいただいて正解!だったのでした~グッド







最終更新日  2010.06.01 23:12:13
コメント(8) | コメントを書く
2010.05.30
カテゴリ:2010GW・西日本旅行


今日は5月30日・・・ということは、GW旅行に出発してからはや一カ月経過
旅行記をどんどん進めていかないと~
今回は「奈良の古寺で、花を愛でる」編です花


平城遷都1300年祭会場を後にして、
向かったのは女人高野・室生寺
0502-41.jpg


ここは、しゃくなげが美しいお寺として有名です
0502-43.jpg
Maruピンクのしゃくなげが満開さくら


お花だけでなく、ここも新緑がきれいに広がっていました
0502-42.jpg


国宝・五重塔と、国宝犬・Maru
0502-45.jpg


五重塔はおもったより小さかったです
10年前の台風でかなりダメージを受けて、修復されたんだそうです
0502-44.jpg


ちなみに台風直後の写真(公式サイトより拝借)
damage_1.jpg
かなりグシャッといっちゃってたんですね・・・
でも1000年も前の建築物なのに、全壊しなかったとは、ある意味すごい!


緑がいっぱいのお寺、森林浴をしているみたいに、
心がきれいな水で洗われていくような、そんな空間でした
0502-55.jpg



そしてもうひとつ、お花の名所のお寺へ
牡丹が見ごろの、長谷寺です
0502-50.jpg


登廊(のぼりろう)とよばれる、長いゆるやかな屋根付きの階段
0502-53.jpg


この登廊から見える庭にも、牡丹がたくさん
0502-52.jpg


のぼりきると、国宝の本堂へ
堂々と立派な建物です
0502-56.jpg


ここでの一番のお気に入りフォト
牡丹とならぶMaru・・・なかよく合唱してるみたい
0502-51.jpg
Maruも、ぼたんも、うたっているのよ音符


長谷寺は、春の桜からはじまり、牡丹、あじさい、紅葉と
一年中オンシーズンなお寺なんだそうですよピンクハート



長谷寺そばの参道で売っていた柿の葉鮨
0502-48.jpg
なにげに買ってみたのですが、予想外の美味しさ!
なれずし独特の香りとうまみが最高でした目がハート
お取り寄せもできるみたい~
(ちょっと高いけど評判いいですね、やはり!)








最終更新日  2010.05.30 23:17:49
コメント(4) | コメントを書く
2010.05.26
カテゴリ:2010GW・西日本旅行


GW西日本旅行記・奈良編のPart3!

いよいよ平城京の中へ入っていきますよ~

復元された平城京跡は、世界遺産なのです
0502-30.jpg


朱雀門をくぐって中へ・・・
んー、ひろいっ!だだっぴろい!!
0502-34.jpg


写真じゃいまいちだだっぴろさをお伝えできてないですが、
1.5キロ四方、東京ドーム27個分だとか!?

高い木もないし、坂道もないし、ひたすら広大なまったいらな地面は
どことなく豊洲の埋め立て地を連想しました
(築地移転するとかしないとかいってるとこね あそこも広くてなにもないのだ)


それから、なにに驚くって、
なんと平城京の中には電車(近鉄)が走っているんです電車

0503-31.jpg
カンカンと踏切がなると、通行止めになります
(はるかかなたに第一次大極殿のたてものがあるのわかりますか?)


ゴトンゴトン・・・ 特急が走りぬけてゆきます
0502-40.jpg


でもって、まーったく屋根のないお天道様の真下ですから、
暑いです、日焼けします晴れ
0502-31.jpg


ずんずん歩いていくと、メインの建物、第一次大極殿がどーんと!
0502-33.jpg

※第一次大極殿とは・・・(公式サイトよりコピペ)

朱雀門の真北約800mに堂々とそびえる「大極殿」。正面約44m、側面約20m、地面より高さ約27m。直径70cmの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚を使った平城宮最大の宮殿であり、その建物は奈良時代の中頃に、一時都とした恭仁(くに)宮に移築され、山城国の国分寺金堂になりました。当時、天皇の即位式や外国使節との面会など、国のもっとも重要な儀式のために使われていました。


ふむふむ、なるほど・・・
1300年前にもこんな立派でカッコイイ建物をつくれるなんて
日本人ってすごかったのね旗



が!


実際こういう建物だったかどうかは、資料が残っていないそう。。。


(さらにコピペ)
復原について
大極殿復原に際して大きなハードルだったのが、当時の設計図や参考になるような絵画などが残っていないことでした。そのため、発掘調査で判明している基壇や恭仁宮の大極殿(国分寺金堂)の跡に残る礎石の状態などから大極殿の大きさ、形を推定しました。わずかに残る文献や法隆寺金堂、薬師寺東塔など、同時代の寺院建築も参考にされています


狆と大極殿
0502-32.jpg
Maruのごせんぞさまも、1300ねんまえにきたのよ


狆伝来はいつか、というのはネットで検索しても諸説ありますが、
奈良時代にやってきた説が、なんとなく合ってる気がしますね!


会場内では、あでやかな舞が行われていたり
0502-38.jpg


限定の奈良時代のお食事(万葉プレート)があったり
0502-36.jpg


ワンコインだし、どんなものか好奇心で試してみました
0502-37.jpg
雑穀ごはんとか、落雁みたいなお菓子とか、豆とか、つけもの?とか・・
正直、美味くはなかったです~~失敗
まぁおいしかったら現代に残ってるはずですよね!


遣唐使船も復元されてましたよ
0502-35.jpg
これまた、資料が残ってないそうで、想像のデザインみたいです


そうそう、平城遷都1300年祭りを一躍有名にした、
あのキモカワマスコットのせんとくん!!

会えるかなーと思っていったんですが、この日は遭遇しませんでした~


なんでも、某ネズミの国の王子様と同じ?で、一匹(一人?)しかいないらしく、
出現するエリアも「せんとくんの気分次第」なんだそうで
(会場の係の人にちゃんと聞いたのよ~)

0502-20.jpg
せんとくん弁当、1000円!(買ってないよ!)


ちなみに、日本橋にあるまほろば館(奈良のアンテナショップ)には、
せんとくんがかなりの確率で出現するそうですウィンク








最終更新日  2010.05.26 22:27:48
コメント(4) | コメントを書く
2010.05.20
カテゴリ:2010GW・西日本旅行

 

GW西日本旅日記:奈良編の第二弾です~


5月2日!
旅籠屋・奈良針店を朝7時すぎにチェックアウト、
名阪国道にのって奈良中心部に向かいました(所要30分ほど)


この日のお目当ては、平城遷都1300年祭


メイン会場である平城宮跡には、一般駐車場がなく、
少し離れたところにある運動公園からパーク&ライドすることになってました


朝一番の時間でしたが、運動公園の駐車場はかなりの車がもう停まっていて、
シャトルバスを待つ行列もどんどん長くなってるーーー
0502-5.jpg
GW、おそるべし!


Maruはカートにしまって、ぎゅうぎゅうのシャトルバスに乗って、
揺られること15分、メイン会場に到着です
朱雀門(京の入口)はまだ閉まっていました
0502-6.jpg
あさからすごくこんでるのよ


開門時間9時になると、どーんどーんと太鼓が打ち鳴らされ、
衛士さんたちがせいぞろいして、門が開けられます
開門の儀式です
0502-22.jpg



で、飼主、ここ平城京で体験したいイベントがひとつありました音符


携帯速報レポで後姿だけ披露した、天平衣装体験
この時代の装束を着せてもらって、20分ほど自由にお散歩できるというものです


先着順だというので、到着してすぐ、朱雀門前広場にある衣装コーナーへ突進
無事に一番に着せてもらうことができました
0502-17.jpg
着つけも手伝ってもらえます


古典柄衣装のMaruと、朱雀門前で記念撮影カメラ
0502-15.jpg


携帯でも撮った後姿~
0502-16.jpg


パパさんとMaru
狆もこの時代に伝来していた説もありますし、この和衣装ですから
みごとな天平犬ですよね!
0502-13.jpg

パパが手に持っているのは、「杓(しゃく)」というものです
聖徳太子がもってる、アレです
古代人がメモ帳がわりに使っていたりしたそうですよ
かぶっているのは「帽子」でなくて「冠」なのです


飼主とMaru
0502-11.jpg
スカート部分(なんていうのかな?)は地面をひきずるほどすっぽりと長く、
上着部分もすっぽりとおおわれるので、私服(シャツとジーンズ)は着たまんま
肩からオーガンジーっぽい羽衣(?)をふんわりと羽織るのですが、
これがすぐズレて地面をひきずってました・・・


この衣装のまま、20分お散歩してもよいとのことで、
Maruを連れて広場をウロウロ
0502-19.jpg
お犬様籠を押す古代貴族様の図


朱雀門前にはいろんなお店が出ていました
0502-23.jpg


Maruが何か気づいたようです
ぱぱのだいすきなおさけがあるわ!
0502-21.jpg
奈良の地酒が、えっ、100円!?超リーズナブル!
この種のイベント会場にしては、東京の相場よりなんでも安く感じました


衣装体験もこんなに楽しめて、たったの300円なんですよ
(こないだのタイ婚礼衣装体験は、一瞬袖通しただけで500円ですからね)
0502-14.jpg


そういえばMaruの衣装をみた人から
犬の衣装もあるんですか?どこで借りれるんですか?」と何度もきかれました
(このときの衣装は、狆の保育園のオバタンオリジナルなのです)
でもあってもよさそうですよね 犬の天平衣装も・・・
狆なんてほんと似合っちゃいますよね~ダブルハート
誰か作ってくれないかしら(←どこまでも他力本願なワタシ)


衣装を脱いで、混む前におひるを食べよう、ということで、
出店の中からおいしそうなつけ麺屋さんをみつけて、チャレンジラーメン
0502-24.jpg
無鉄砲」という奈良では人気のお店だそうです
おいしかったですよぺろり


腹ごしらえもすみ、ようやく朱雀門をくぐって平城京の中へ入っていきまーす
そう、ここまでは全部都の外(朱雀門前)のお話!


なーんとおおきな都の中のレポは、次回のおたのしみにピンクハート



★今回の記事も、ピュリナ社員ブログにTBしていまーす★










最終更新日  2010.05.20 22:30:54
コメント(6) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.