3073504 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

第二巻 愛の渇き・青の時代・夏子の冒険

「愛の渇き」

☆ 悦子は良人・良輔をチフスで亡くし、義父・弥吉の元に身を寄せている。
事業で成功したのを引き払い、田舎で隠遁生活を送る弥吉の家には、他にも
良輔の兄夫婦や使用人が共に生活しているが、広大な果樹園や畑の管理に
雇われた三郎に、悦子は次第に心惹かれ始め、やがて惨劇が訪れる…。☆

ロレンスの「チャタレイ夫人の恋人」の雰囲気も感じる作品。
時代背景からしても強きものと思われる男性優位で始まるような
悦子と男性陣との関係性が面白く。

ひたすら放蕩の良人の帰宅を待ち侘びる庇護されるべき妻が、
良人の病と同時に庇護する側に回り、その死の後は
義父のもとで施しを受けるか弱き嫁に戻ったかに見えて
その実、この老人に施しを与えている。

彼女は本来、なにものにも寄らない自由な女。
ただ、彼女も知らない、復讐の未完了への情動を除いては。

使用人である三郎も本来、なにものにも寄らない男。
彼を必要とし、寄りかかるのは主人方の方であり、
施しを受けるかに見えて、施しているのも彼の方。

未完了の復讐が、完了形となったとき、
悦子は彼女自身を滅ぼした恩寵に安らうのです。

「青の時代」

☆ 腕の良い内科医を父に持つ川崎誠は、一高から戦争をはさんだ後
東大に進み、見た目にはほとんど挫折なく人生を送っていた。
恋愛に関しても、知性と計画性で臨み、自己満足していたが
あるとき父から託された多額の預金を投資で失ってしまう。
学友の愛宕にのせられて、学生ながら投資会社を設立した誠は
成功を収めたかのようにふるまい続けるが…。☆

「夏子の冒険」

☆ 裕福な家庭に生まれ、美しく奔放で多くの恋人を持つ二十歳の夏子は、
突然、修道院に入ることを宣言する。
浮世に別れを告げ、母、祖母、叔母に付き添われて
北海道の修道院に向かった夏子は、その旅の途中、
恋人を熊に殺され復讐に挑む毅に出会い、運命を変転させてゆく…。☆


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.