3053842 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

恋愛セミナー3【空蝉】

第三帖 <空蝉 うつせみ> あらすじ

空蝉をあきらめられない源氏は小君の手引きで紀伊の守の屋敷に忍び込みます。隠れて見ていると、空蝉と義理の娘・軒端の荻(のきばのおぎ)が碁を打っていました。軒端の荻は目鼻立ちがくっきりとした美人、空蝉は目鼻立ちのぼんやりした顔立ちです。源氏は初めてはっきりと空蝉の姿を見たのですが、外からよく見える場所ではしゃぐ軒端の荻よりもつつしみ深い空蝉のほうに、より心ひかれるのでした。

その夜、源氏は空蝉の寝室へ忍んでゆきます。源氏がやってきたことに気づいた空蝉は体にかけていた衣をそっとすべり落とし、部屋から抜け出します。残されたのは一緒に寝ていた軒端の荻。源氏は空蝉と思って軒端の荻を起こしてしまいます。源氏はすぐに空蝉でないことがわかりますが、目の前の軒端の荻とそのまま関係を結んでしまいます。

空蝉が残された衣を持ち帰った源氏。小君に愚痴をこぼしつつ、衣をひいて眠り、空蝉のことを思います。空蝉も衣が源氏のもとにあると知り、とまどいながらも源氏に思いをはせるのでした。

    空蝉の羽におく露の木がくれてしのびしのびに濡るる袖かな (空蝉)


恋愛セミナー その3

義理の親娘と源氏が結ばれてゆきます。
1 源氏と空蝉     ますます強まる思慕。
2 源氏と軒端の荻  空蝉の身代わり。

空蝉が衣を残してゆくのは、源氏物語の中でも印象深いシーンです。
ケンカして出て行った恋人が忘れ物をわざと残してゆく、という状況のルーツのような感じがしますね。

相手が追いかけてこなかったときに、部屋に戻れる口実になるのが忘れ物。
ただ、空蝉は取りに戻ってはいません。
いったいどちらが相手の心に残るでしょうか?

また、空蝉も軒端の荻も源氏とはただ一度の関係です。。
「いつでもあえるな。」と思われている軒端の荻といつも逃げられてしまう空蝉。
どちらが源氏の心をとらえ続けるでしょうか?

あなたが演じていらっしゃるのはどちらに近いでしょうか?

***日記に同じ内容が掲載されています。必ずお返事いたしますので、
よろしかったら日記にコメントいただけるとうれしゅうございます。
よろしくお願いいたします。***


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.