3051854 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

恋愛セミナー10【賢木】

第十帖 < 賢木 さかき >   あらすじ

六条の御息所が娘の斎宮と一緒に伊勢へ下ることになり、源氏は嵯峨野の野宮(ののみや)を訪ねます。
斎宮が精進している場所での再会にためらいを覚えながらも、二人は逢瀬を遂げました。
御息所は源氏を別れる決心を固め、伊勢への出発の儀式のため、斎宮と宮廷に参代します。帝は美しい斎宮を見て心動かされ、源氏は幼いときに会っておきたかった、と悔やみます。

とうとう桐壺院が崩御しました。いままで表舞台にでられなかった右大臣の一族がここぞとばかり左大臣一族をないがしろにし始めます。左大臣は引退し、源氏、頭の中将、そして藤壺の中宮の周辺もすっかり寂れてしまいます。

桐壺院の喪のため賀茂の斎院が交代し、朝顔の姫が新しい斎院になりました。
源氏は神に仕える身の朝顔の斎院といまだ手紙を交わしている上に、朧月夜の尚侍とも宮廷で逢瀬をしていることが右大臣一族の耳に入ってしまいます。

さらに源氏は兄・兵部卿宮のいる里宮に帰った藤壺に無理な逢瀬を強います。
藤壺がつれなくすると源氏は屋敷に引きこもって参代をしなくなってしまいます。東宮を守るために源氏にしか頼ることのできない藤壺。
源氏のよこしまな思いを封じるためにとうとう藤壺は出家を遂げるのでした。

そのころ朧月夜が病気を理由に父・右大臣の屋敷に戻ったので、源氏は毎晩通い続けます。
ある雷の鳴った明け方、朧月夜のもとに人がたくさん集まってきたため源氏は帰ることができなくなります。そこに右大臣がやってきて、朧月夜の衣の裾に男帯がまとわりついているのを見つけ、源氏がいることを知ってしまいました。
右大臣の話を聞いた弘徽殿は怒り狂い、源氏を徹底的に追い落とそうと考え始めます。

恋愛セミナー10

二つの恋の関係が終わります。
1 源氏と六条の御息所  会えないとわかると会いたくなる。
2 源氏と伊勢の斎宮    母と同じく美しいはずの娘に心寄せる。
3 帝と伊勢の斎宮      神に仕える身への密かな思い。
4 源氏と朝顔の斎院    神に仕える身と逆境の男
5 源氏と朧月夜       危険な状況ほど情熱的になる二人。

「野宮詣(ののみやもうで)」と言われるほど京からも訪問者が絶えないくらい、六条の御息所のいる野宮はとても趣味のよい場所になっています。六条にある屋敷も貴人がつどうサロン。
源氏に執着している御息所ですが、その一方、取り巻きに囲まれた華やかな女王的存在。
ほかにも幾人かの恋人がいたのかもしれません。
そうなると、ますます源氏と御息所は似てきますね。

そんな彼女が伊勢へ去ることで、先に相手を手放そうとします。
releaseされる立場になると、相手がよけい惜しくなるのはいままでご覧になってきたとおり。
源氏はあれほど避けていた御息所のもとを訪れ、かえって彼女の決心をうながすことになるのです。
恋の綱引き極まれり、ですね。

もう一人のreleaseを遂げたキャストは藤壺。
俗世から離れ、女としての立場を捨てることで、息子の東宮をも、源氏本人をも救おうとする藤壺。
彼女は以後、政治家として大きな成長を遂げてゆきます。

別れを自ら選びとった女性二人は、芯がとおり、力強く、はっきり自分の考えを言うようになります。
待つだけ、翻弄されるだけの立場ではなくなったのですから。
一方、残された男はどう変わったのでしょうか?

神に仕える娘に二人までも関心を寄せる。
政敵の娘ととわざと危険な場所で会う。
どんどん自分を追い込んでゆく源氏。

この頃の源氏には相手の立場を全く考えない幼稚さが目につきます。
父・桐壺院が亡くなり、自分自身の無力さを思い知ったことが心外で、ますますわがままなだだっ子根性を剥き出しにする源氏。

堕ちることも時に必要、であるのは、自分の無力さをとことん知るため。
すべてを捨てたところから自分自身の本当の力を身につけるためなのでしょう。

***日記に同じ内容が掲載されています。必ずお返事いたしますので、
よろしかったら日記にコメントいただけるとうれしゅうございます。
よろしくお願いいたします。***


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.