3073815 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

恋愛セミナー13【明石】

第十三帖 <明石> あらすじ

荒れ狂う嵐の中、源氏の屋敷には雷さえ落ち、人々は生きた心地もしません。
そんな夜、源氏の夢の中に桐壺院が現われます。
「住吉の神に従って、船出しなさい。私はこれから帝に申し上げることがあるから京へ上る。」
源氏は連れて行って欲しいと願いますが、夢から覚めてしまいました。

次の朝、明石の入道(あかしのにゅうどう)が源氏のもとに船でやってきました。
夢で嵐がやんだら船出せよ、というお告げをうけ、船を出すとまっすぐ源氏のもとに着いたというのです。
源氏は自分の夢と重ね合わせ、明石の入道についていくことにしました。

明石は入道がかつて治めていた風光明媚な土地で、非常に立派で贅沢な屋敷に源氏は迎えられました。
入道は源氏に懸命に仕えます。
入道は娘・明石の君(あかしのきみ)を高貴な人物に嫁がせたいという長年の宿願があり、ぜひ源氏に娘を、という思いを伝えます。

初めは戸惑っていた源氏でしたが、ついに明石の君に歌を届けました。
明石の君はあまりの身分の違いに返事をすることができず、見かねて父である明石の入道が返します。
父親の代筆にあきれつつも再び歌を返す源氏に、明石の君がようやく返した歌は京のどの女性にも劣らない美しく素晴らしいものでした。

源氏と明石の君は関係を持ち、紫の上に源氏は自分でそのことを伝えます。
「波が松を越えることがあるなんて。」と紫の上は返します。
そのころ、京では帝が目を患っていました。夢で桐壺院に睨みつけられて以来のことです。
弘徽殿の皇后も病気になり、右大臣も亡くなってしまいました。
帝は位を藤壺の生んだ東宮に譲り、源氏を京に戻すことを決めます。

明石の君はますます源氏に愛され、子どもを身ごもっていました。
京へ帰ることになった源氏は明石の君と琴を合奏します。
琴を交換し合い「琴の調子が狂わないうちに会おう。」という言葉を残して源氏は京へ向かいます。
明石の君は嘆き悲しみ、明石の入道は「子どもが生まれるのだから。」と言いながらも力を落としてしまうのでした。

源氏は京へ戻り、さらに美しくなった紫の上に再会し、残してきた明石の君のことを全て話します。
源氏は権大納言(ごんだいなごん)に昇進し、帝と和解しました。
東宮や尼宮(あまみや)になった藤壺にも会い、積もる話をするのでした。
明石の君のことは忘れずに手紙を交わし続けています。

恋愛セミナー 13

1 源氏と明石の君    夢で結ばれた二人
2 源氏と明石の入道   娘に託した夢
3 源氏と紫の上     信じ合っていた二人

故・桐壺院が大活躍です。帝に睨みをきかせ、源氏と明石の君を会わせて次の時代をつくるために奔走。
藤壺の生んだ東宮も、帝になれそうです。

それにしても、源氏は左大臣に続いて明石の入道にも婿という以上に身を入れて奉仕されています。
高貴の出とはいえ、罪人に近い源氏に掌中の珠である娘を差し出す入道。
源氏は、男性にも贔屓されるようですね。
良い縁に出会えなかったら、海に身を投げなさい、とまで言われて育った明石の君。
この縁が、後に入道の思い描いたとおりの展開になってゆくのです。

明石の君は、身分の低い出ながら(とはいえ、入道は現在の知事クラスの位です。)初めから源氏と対等に渡り合う
気位の高さを持っています。それは源氏に六条御息所を思い出させるほど。
それでも明石の君が源氏にとってなくてはならない存在になってゆくのは子どもを生んだこともさることながら、
源氏の全てを奪おうとはしなかったことが大きいでしょう。
身分の低さもありますが、己を律する聡明さを明石の君は非常に強く持っていて、後に大きく花開くのです。

紫の上は、明石で夢をみてしまった源氏におそらく最初の失望を抱きます。
罪を負い、会えなくなっても、夫婦一対一の関係になれたことを信じ、安らいでいた紫の上。
大勢の女人のうちの一番にすることで、紫の上が満ち足りていると思い込もうとする源氏。
二人のすれちがいは、物語がすすむにつれて、顕著になってゆきます。
***日記に同じ内容が掲載されています。必ずお返事いたしますので、
よろしかったら日記にコメントいただけるとうれしゅうございます。
よろしくお願いいたします。***


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.