3016002 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

恋愛セミナー16【関屋】

第十六帖 関屋<せきや>  あらすじ

源氏を拒み通したあの空蝉の夫は常陸の介(ひたちのすけ)となり、任地に妻を伴なっていました。 
源氏が京に帰ってきた翌年、空蝉も夫と帰京します。
石山寺に願ほどきに出かけた源氏は、偶然任地から帰る途中の常陸の介一行に逢坂の関で出くわします。

田舎帰りにもかかわらず、洗練された女車(おんなぐるま)の中に空蝉がいると知り、
源氏はかつて小君といった空蝉の弟、右衛門の佐(うえもんのすけ)を呼び寄せます。
源氏からの伝言を受け取った空蝉は昔の思いが蘇りますが、ことさらな返事もできません。

昔、空蝉の弟ということで、とり立ててもらった右衛門の佐でしたが、源氏が京を追われたときは一緒に行こうとはせず、
常陸に下っていたことを申し訳なく思っています。
源氏はそのことは色にも出さず、屋敷に参上した右衛門の佐に再び空蝉あての歌を届けさせました。

昔と変わらぬ源氏の態度に感動した右衛門の佐は、姉に返歌をうながします。
「逢うという関所なのに嘆きの茂みの中に分けられてしまった二人」
源氏はその後も便りを送りづづけました。

しばらくして、常陸の介は亡くなってしまいました。
義理の息子である河内の介は空蝉に以前から思いをかけていて、ここぞとばかり近づこうとします。
空蝉は誰にも相談しないで出家してしまうのでした。

恋愛セミナー16 

1 源氏と空蝉  昔の思いは変わらず

昔の女性が、また現われましたね。
空蝉という、美しくも、身分高くもない女性。
彼女が源氏の心をとらえ続けるのは何故なのでしょうか。

なびかぬ風をふかせようとする源氏。
それでも、昔の焦燥感はなく、年齢を重ねた男の余裕を見せています。

何も言わずに出家してしまった空蝉。
かつて、衣をすべり落として源氏から逃れたように、憂い多いこの世をあっさりと捨て去るのです。
後先を考えない気位のたかさ。
空蝉もまた、己のライフスタイルを貫く女性と言えるでしょう。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.