3072594 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

恋愛セミナー29【行幸】

第二十九帖 <行幸 みゆき>

源氏は玉鬘への思いが世間にわかり、内大臣に大げさに婿扱いでもされたらみっともないことだと案じています。

その頃、大原野(おおはらの)への行幸(みゆき 帝が出かけること)があり、大勢の人々が繰り出します。
六条院から玉鬘も見物に出かけることになりました。
内大臣や他の多くの貴人たちを見ても、帝の端正な美しさには誰も比べることはできません。
源氏とは見分けがつかないほどそっくりな帝ですが、さらに威厳があって立派です。
蛍の光で惑わされた兵部卿宮の姿もみえます。
髭黒の右大将もいましたが玉鬘はどうも好きになれません。
玉鬘は源氏に以前から帝に仕えるようにほのめかされていましたが、
あの美しい姿を見られるのなら、という気になりました。

翌日、源氏は「帝をご覧になって宮仕えへお気持ちが動きましたか?」という手紙を玉鬘に届けました。
宮仕えの前に裳着(もぎ 女性の成人式)を行ない、その際に内大臣に玉鬘のことを打ち明けようと源氏は準備を始めます。
源氏は手紙で内大臣に裳着で腰紐を結ぶ役を頼みますが、忙しいことを理由に断られてしまいました。

三条の大宮のもとに出かけて事情を話し、内大臣を呼び出してもらう源氏。
夕霧と雲居の雁の結婚のことかと期待してやってきた内大臣は、源氏と久しぶりに顔を合わせて話します。
このところ、二人は政治的に争うような立場にいたのですが、すっかり昔の良き友人としての親しみが戻ってきました。
源氏が玉鬘のことを話すと内大臣は泣いて夕顔との恋を思い出し、裳着の役目を引き受けます。

三条をあとにした内大臣は「おそらく玉鬘は源氏の愛人になっているだろうが悪いことではない。
ただ、宮仕えをするのは弘徽殿の女御にとっては都合のいいことではないな。」と考えます。
夕霧も、源氏の玉鬘に対する振る舞いにようやく納得がいきました。
それでも自分が玉鬘に思いを寄せるのはやはり良くないことだと真面目に考えています。

裳着は滞りなくすすみ、玉鬘は二人の父親を前にして胸がいっぱいです。
たくさんの客人の中の柏木や弁の少将といった玉鬘の弟たちは、実の姉ができたことに複雑な思い。
内大臣は今後も玉鬘のことは、源氏の意向に沿うようにするつもりです。
兵部卿宮は成人した玉鬘とすぐにでも結婚したいと申し出ますが、源氏は帝から尚侍(ないしのかみ)になるよう
内示があることを伝えました。

玉鬘のことはぱっと広まり、あの近江の君も知ってしまいます。
「新しいお父様の娘だって身分が低いのに尚侍になるなんて。私がなりたかったのに。」と柏木や弁の少将に付きまとう近江の君。
内大臣はこれを聞いて「どうして私に言わないのだ。得意の歌でも作って帝にお願いしてみなさい。」とそそのかし、
すっかりその気になった近江の君を笑い者にしています。
内大臣は自分の恥を娘を笑うことでごまかしていると、世間に噂されているのでした。

恋愛セミナー

1 冷泉帝と玉鬘       源氏とそっくりの若い帝に心動く
2 髭黒の右大将と玉鬘   なんのときめきもなく
3 兵部卿宮と玉鬘      思いが肩すかしになる

優雅な兵部卿宮、無骨で実直な髭黒の右大将、そして若く美しい冷泉帝が玉鬘の未来の可能性として並び立ちました。
源氏に瓜二つの帝に一番心動かされる玉鬘。
帝を見たら必ず関心を持つに違いないと踏んでいる源氏には、自分の美しさへの自負と疎まれてはいないという確信が見えます。

父・玄宗帝に自分の愛する楊貴妃を差し出した皇子のように、
息子である冷泉帝と女性を共有しようとする源氏。
秋好む中宮ではできなかった、帝の女性と関係する行為が玉鬘でなされようとしています。
桐壺帝の妃・藤壺との関係からくり返される源氏のこの行動は、やはり隠れた帝位願望なのでしょう。

玉鬘が、ついに実の父親と対面しました。
彼女の感慨をよそに、二人の父は次の展開を冷静に模索。
流れ流れる運命の玉鬘は、本来の巣に行くことはなく、源氏のもとに留められます。

誰のもとに行けば、玉鬘は最も幸せになれるのでしょうか。
あなたなら、誰を選ばれるでしょうか。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.