3016347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

Portable Story 100 pieces 1-10

☆1
一人すごす秋の夕べに。

三年前に買った本一冊、
題名もみないままに携え
湯が沸かせるきりの山荘に入る。
外を望める壁ぎわに寄りかかり、
ひんやりと木の触感を背中に受け
ゆっくり紅く染まる山肌の影、
黄金の稲穂の音を追う。
すとんと光りの幕が降り、
闇の炎が立ちのぼる。
水滴を帯びた大気が
ふと屋根から降りてきて、
頬を辿り、シャツの袖にまとわりついた。

「秋の田の 刈り穂の 庵の苫をあらみ 我が衣手は 露に濡れつつ」

☆2
初夏の山を眺めて渡る。

爽やかに吹き抜ける風が
髪を撫ぜ、耳元で遊んで過ぎる。
ふわりふわりと
風に浮き沈みする白蝶の
花か友かと舞う姿。
そっと羽のように手を延べば
指先をおおう微かなベール。
ひらりひらりと漂いながら
いつか体を包みこみ
私をさらう天の羽衣。

「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」

☆3
眠れぬ夜にあなたを思う。

あてなく待つときは長い。
賑やかで虚しき会話のこぼれる
深夜プログラム。
いつまでもつき合わせて、
孤独の友にするのをやめてみる。
かじかんだ体を持て余し
ひとつ大きく伸びをして
ひとりソファに横たわる。

ようやく夜が友になる。

「あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」

☆4
北へ向かう船から眺める。

潮風を越えて飛び交う
海鳥の
ゆくさき見れば
空にコバルト、
遥けき峰に雪の白。

「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ」

☆5
枯葉つもる道を あてもなく歩く。
夕闇せまり 背をおされる心地がして
足の向いた路地で 遠景を望む。
やや色あせた紅に浸る錦の 少し透いた山肌。

 「奥山に 紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声きくときぞ秋はかなしき」

☆6
海にそそぐ 流れの上。
きらめくライトに浮かび上がる
大きな橋の いつもの場所で
今宵も待ち合う 人、ひと。
交わす吐息が 端から凍り
想いが 言葉が 白く 暖かく
深き夜に 残り来る。

「かささぎの わたせる橋におく霜の しろきを見れば 夜ぞふけにける」

☆7
懐かしきあなたは かの地にまだいるだろうか。
大海原に 映る光りの 朧な影。
遥かな故郷で ともに眺めた
ゆく末照らす 山の端の月。

「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」

☆8
郊外に ひとり棲む
この東屋に 
深遠なる宇宙広がるのを
知るは 我のみ。

「わが庵は みやこのたつみ 鹿ぞすむ
世をうぢ山と ひとはいふなり」

☆9
春の花の華やかさも
夏の果実の瑞々しさも
通り雨のような 瞬時の夢
秋の種を包み込む大地に
冬の雪の暖かさを添えて
また春の雨が降る

「花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身世にふる ながめせしまに」

☆10
夜の駅にて
永の別れとも 
また会うともわからぬまま 
人まだ多く行き交う瞬景に
我も加わる

「これやこの 行くも帰るも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.