3056380 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 11-20

☆11
舳先にたち 海原を抱える 
波を越える舟ともに 逸る魂 
どこへゆこうとも ただ
結ばれし先は かの人のもと

「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人のつり舟」

☆12
風かおる季節に
色香漂う 舞姿   
流れる あの浮雲に乗り
ともに行こう 麗しき世界へ 

「天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ」

☆13
気まぐれに ぽとりと落ちた一滴に
よもや 大河の萌芽があろうとは
誰知らぬまに 溺れゆく
甘く芳醇なる 恋の淵

「筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる」

☆14
もぢ摺りの 衣のごと
この身に纏った 乱れ模様
真っ赤に 染めたのは
我か そなたか

「みちのくの しのぶもぢずり たれ故に 乱れそめにし われならなくに」

☆15
峻烈に 指先から
全身を走る 青きエナジー
冷たき 白き雪ゆえか
つれなき 若き君ゆえか

「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」

☆16
宵待ち草 捧げもち
うつむき 我を想う君ありと
ただ信じて 峰を越える
我を抱く胸 いまだありや なしや

「たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば いま帰り来む」

☆17
深秋に 紅染みつつ 
すこし散り透く 水底に
ゆらゆら うごめく
いにしえからの 魔魅の影

唐衣を敷き詰めた 涼しき水
くれないに 浮かぶかげが
いつまでも ついてくる
いつまでも 追ってくる

「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からぬれなゐに 水くくるとは」

☆18
夜の雑踏に 紛れてたたずみ
幾千もの足音が うねるのをきく
近づき 重なり また去ってゆくのが定めなら
逢わぬままに 夢路も断つと?

「住の江の 岸に寄る波 よるさえや 夢の通い路 人目よくらむ」

☆19
短夜の そのまたひと時も
露も逢いみることの 叶わぬときは
たゆたう波間に 身をのせて 
運びゆこうか いまこの瞬間に
  
「難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢わでこの世を すぐしてよとや」

☆20
波濤にて 砕きに砕けば  
見えなくなるのか 軽くなるのか
君に届くものならば この思い
海原に撒こう 消えゆく前に 

「わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢わむとぞ思ふ」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.