000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 21-30

☆21
「すぐに出るから」と聞いて
「月を眺めてるから」と電源を切って
 髪を解き ゆっくりと梳いて

 刻一刻と透明になってゆく
 白い明かりに溶けてゆく
 
 待っているのか 知っているのか
 知らぬで通すか 暴いて恋わすか
  
「いま来むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな」

☆22
 ドライヤーの風さえ 厭うようになりし肌へ

 夏の果実が われ弾ける刺戟を好み
 嵐のうごめきに とどろく心を頼む
 秋の空気の つれなさに挑み
 重ね衣となって あなたを包む

 これをもって 真の潤いと成さん

「吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ」


☆23
 還りたい 帰りたい
 秋の豊穣をもってすれば
 この願い叶うのか

 われ一人 我のみの月
 
「月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど」

☆24
「君に逢いたくて とにかく逢いたくて」

「あ、今日は一ヵ月記念日だっけ?」
「シルバーリングが欲しかったの?」

「代わりに この燃える景色すべてを・・・」
「いらない?」

「この青い瞳はどう?」
「だめかな?」

「ではね 誰も手を触れていないものをあげよう」
「世界を手に入れた男をあげよう」

「ごめんなさい、もうしません☆」

「このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに」

☆25
ねーぅねーぅと鳴く猫の
くるくる遊ぶ つる草に
結ばれし夢の 跡たぐり
秘かに踏もう 恋の虎の尾

「名にし負わば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな」

☆26
御陵に降りて似合うのは
雪か紅葉かはたまた桜か

峰を染めて似合うのは
霞か雲か百の心か

「小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば 今ひとたびの みゆき待たなむ」

☆27
ポータブルに気持ちを交す
流れ流れ増幅されゆく我が思い
この妖しき惑い 逢わずに渡す
いにしえの みそひともじにも似て

「みかの原 わきて流るる いづみ川 いつみきとてか 恋しかるらむ」

☆28
引き篭り 人肌より離れて暮らす
枯れてなお饒舌な山よりも
なお寒き なお寂しき日々
この都市の人海の 傍らにいて

「山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば」

☆29
ぼくら チャレンジの連続です。
下手な鉄砲も 犬も歩けばも 何でもありです。
じーっと座しているよりも 
とにかく信じて なんとかなるさと信じて
耕し水撒き 花咲く実りを待つ日々です。
例え百年千年かかろうと。

だって 手には確かに 再びの種があるんだもの。

「心あてに 折らばや折らむ はつ霜の 置きまどわせる 白菊の花」

☆30
月に映る 冷たきおもわのフラッシュバック
逢えば別れ 逢わねば炒られる 
なんてことも 知りながら
好き好んでゆくのさ この恋の道

「有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.