3053701 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 31-40

☆31
まだ閉じた 瞼を射抜く 燃える色に驚きて
窓に駆け寄り 見渡せば
敷き詰められた 華の紅 薔薇の色

「朝ぼらけ 有明の月と みるまでに 吉野の里に ふれる白雪」

☆32
誰かとめて 僕をとめて
吹き寄せ めぐり 轟々と鳴る
満座の非難を 浴びたとしても
僕はそこにはいない いないから
誰かとめて この足が踏み出る前に

「山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり」

☆33
ときが移り こころ変わる
時が流れ 心あらう
花は去っても 色は残り
きみなくしても 僕は静か

「久方の 光のどけき 春の日に しづこころなく 花の散るらむ」

☆34
私の幼馴染は 孤独を知る人
私の旧友は 自分を愉しむ人 
私の親友は まだいない
私の盟友は 夢路を漕ぎ続ける人 

「たれをかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに」

☆35
傷つき倒れ 手を延べる先に触れたもの 
なお立ち上がる 覇気をくれたもの

たとえあなたが 忘れていても
蘇えり照らす あの言の葉の灯

「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」

☆36
冬はよる 君といて 
冷たき月を愛でるとき

こわばりかたまる腕を 
合い組み またほどくとき

肌の熱さに驚いて
ひとり なお追う時間

「夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿らむ」

☆37
みて この野に溢れる 無数の宝珠

瑠璃(るり)玻璃(はり)白珠(しらたま)、
瑪瑙(めのう)に琥珀(こはく)、 
珊瑚(さんご)と沈香(じんこう)、
紅玉(るびい)青玉(さふぁいあ)緑玉(えめらるど)、
黄金(こがね)白銀(しらがね)金剛石(だいやもんど)、

ならびならべて とがらせて

さあ なにしてあそぶ?

「しらつゆに 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける」

☆38
あの不実な月 
満ちてはかける月に誓うのはおやめになって
もしどうしてもとおっしゃるなら
どうぞあなた自身にお誓いくださいますように

あなたを神と頼むわたくしなのですもの

「わすらるる 身をば思はず 誓ひてし 人のいのちの 惜しくもあるかな」

☆39
秘めたる恋に どれほど耐えるか
なんて どんどんとハードルを高くして
葎に埋もれてしまったよ

自分の姿も見えやしない
自分の思いもわかりゃしない

この草薙ぐ剣 つるぎをおくれ

「浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき」

☆40
本と猫と少しの林檎
それさえあれば 
何もいらないはずなのに

映画とお風呂とチョコレート
それさえあれば
十二分の贅沢なのに

ああまた 周到にも
恋に恋しておちてゆく
からりと思いが晴れるまで

「忍ぶれど 色にいでにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.