000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 41-50

☆41
限りなく愛い奴を 演じる俺
瞳をふせて 肩を落とし
わかりやすいんだよな、などと思わせて
鈎針の届く範囲で さっと戴く

1000年待った栄光って
こんなもの?
  
「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人しれずこそ 思ひそめしか」

☆42
波に乗り 波を越え 波を下り
また波 生まれるのを待つ

はじまってしまったうねりは
もうけっして やむことはなく
しってしまったわたしは
ただこのらせん すすむのみ 

「契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 浪越さじとは」

☆43
ひとつ心が いくつにもなるプロセス
君を知って 人を知って 僕が現れる
恋を破って 過去を破って また発かれる
勝どきをあげて さあつぎへ次へ

「あひみての のちの心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり」

☆44
抱えておくことができなくて
またも手に取る 幾多のツール
知る身と知らぬ身を分け隔てる
なゆたの絡繰りをかいくぐり
水底を蹴った先に逢えたもの

「逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし」

☆45
折れんばかりに すがった手にも
コンマ一ミリを 埋められぬまま

邪険に払われた 寂寞の裸身抱き
伏せた目の端に 映る小さき白花 

「あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな」

☆46
舵なくば 迷う舟みち 
志なくば 失う恋の道

問わねば 開かぬ
登らねば 踏めぬ
このけもの道から 
人が充ち 神満ちる

「由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え 行方も知らぬ 恋のみちかな」

☆47
人恋しく思うなら ただ愛すること
失うのが怖いなら ただ与えること

孤独を選び ひとり庵にいるのなら
風の色に千客と逢い 心の彩に万人と語えること

「八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり」

☆48
風よ嵐よ!我が心を打ち砕き なお苛む暗雲よ!
そなたがいかに 責め滅ぼそうと 企んでも
この志が 微塵となって霧散しても

それら梁塵のひとつひとつは
脈打ち 雷鳴の鼓動となって
やがて そなたを覆い尽くす 

その日を いまここから 
ただ静かに見よ

「風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな」

☆49
漆黒の色に 浮かぶ篝火
熱のとなりは すぐに夜  

照り映えたひとつ身の
闇に冷えれば蠢く二心

「みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ ものをこそ思へ」

☆50
いまようやく 僕は生まれた
手のひらの上 微かに揺れる
かよわき君に 吐息あわせて
この命守れと 僕は生まれた

「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.