3051912 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 51-60

☆51
ジジジとかすかに燻る丘 
陽に煽られて 熱帯びたのか

ほのかに煙る風に中てられて
背中丸めて 草上に描く空

「かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」

☆52
また逢えるのだもの 泣かないで
君のおもわにうつる影を 僕はみていなかった

もう逢えないのだから 沈黙を守って
ただ今宵の約束に駆ける君を 私はながめた

今この恋に次はない そう 同じ夜なんてない

再びに馴れる君との 底なきあいだ

「明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな」

☆53
ぬばたまの夜のごと 
拡がり巣食い 
いつか闇そのものになる

恋を恋とて放さねば

閃光にやける身のごと
溢れ焦がれて
いついつまでも癒えぬ銃創に

恋を私に重ねれば

「なげきつつ ひとりぬる夜の 明くるまは いかに久しき ものとかは知る」

☆54
変わらぬ心なんてない
当てにできないのは
あなたもわたしも同じこと

わたしを焦燥に駆り立てるのは
情熱絶対質量の目盛
なんて危なげに振れること

だから恋を急ぐのは
永久と刹那の重さを量るため

「わすれじの 行末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな」

☆55
忘却は恵み
あなたの足跡が 少しずつでも 
この身から消えてゆくのは 幸い

忘却は苛烈
行き交う人 誰もから知られぬ
この世でもっとも辛い 無視刑

「滝の音は たえて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ」

☆56
海の泡 小滝の飛沫より なお儚いの
痕などつけず 去るつもりの私なの

思い出はいらない 記憶にも残さない
ただ今ここで    

「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな」

☆57
すれ違い 流れゆく 幾千の波間に
それと指標を定めても 触れるのは 光陰の間隙

いま目の端に映るのは かつての苦楽を知るはずの…
この夜をもまた 越え 別れ 再びを待つのか 待てるのか    
 
「めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月影」

☆58
見ているでしょう? あなたの付けた傷を
私の手を通して あなたがふるった刃を

吹きそよぐ風が渡るたびに 冷たさが腕を覆い
やがて決して融けない 切先をつくるの

ただひとりだけが動かせる 重み  

「有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする」

☆59
月はわたし わたしは月
はじめはあなたを 待つ友で
いまはわたしも こがねいろ

闇を白銀に 瞳を金剛石に
輝らすものすべてを 彫像に

月はわたし わたしが月
かれは わたしが動かした
空白むまで居る あつき臥所で

「やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな」


☆60
天翔け逸る身をおさえ
奮えて鳴らぬ指を弾き

無理にも言葉捉えれば
名にし負う かの
音の声をきく

「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立」


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.