000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 61-70

☆61
何処に行っても 鳴かねばならぬ
たとえ衆目の刺す 闘いの場でも

何処に立っても 咲かねばならぬ
たとえ災禍の残す 痕があっても 

「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」

☆62
決して開かぬ 扉の前で

ただ声を あげたとしても ゆるまぬつがい
その音がいかに 美しくとも 哀しくとも

手をかけ足をかけ 息を切らせて
越える巖の 痛みをもってのみ 

「夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」

☆63
それは 私ではないのです

あなたの耳に入る おと
あなたの眼に映る かたち
それは 私ではないのです

それは あなたではないのです

あなたの喉から出でる 音
あなたの手に触れる 形
それは あなたではないのです

「今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな」2009.09.10

☆64
コトコトと 寝しなに響く時の声
霧ふかい世にこだまする言伝てか

からからと 晴れたかしらに浮かぶ色
耳すませ目こらせ すでにあるものを

「朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木」2009.11.07

☆65
泣きたくて 掌に覆いかねるほど
瞳ふくらむ 瞼に支えかねるほど

何ほどもない ただ在るのみの身に
火熾し 燃え立つ名を与え
まだ先をゆかせる 螺旋の芯

「恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ」
2009.12.05

☆66
解るわけがないでしょ 目に映らないんだもの まだ
解ってくれるなんて嘘 だって知らないんだもの 私も

摘まれる花に痛みが無いなんて 誰が決めたの
枯れ急ぐ花に寂しさがないなんて 誰が言えるの 

「もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし」2009.12.12

☆67
時を遊べば わかるのだから
戯れたって いいでしょう

今を生きれば わかるのだから
恋してみたって いいでしょう

空腕のままに 君を待つ僕

「春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ」
2009.12.25

☆68
覚えていて また巡り来るまで
待っていて また戻り来るまで

生き過ぎてしまったと 嘆くなら
その蒼い瞼に あの月を描いて
褪せぬ光で 照らし染めて  

「心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな」
2010.01.02

☆69
嵐の夜に 腕を寄せて
ひとつ ふたつと
飛礫を放つ

さざなみの彩を絹布に写し
沈まぬ錦を散り敷く川面
繰り返し 繰り返し

「嵐吹く 三室の山の もみじ葉は 竜田の川の 錦なりけり」
2010.01.09

☆70
孤独携え 生きるもの
この砂利径に 足踏み下ろす度に
沈む無数の ときを越え

孤独を支え 生きるもの
身を震わせて 肩落とす君から 
輝き出でる 哭き砂のおと 

「さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮」
2010.01.29


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.