3055508 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 71-80

☆71
瞳閉じ 熱き此の背に ちから込め
伸べる羽先に 風梳かせ 

急転直下
刃の葉先に 爪立ち 空を蹴り

ふわりと彼の地に 降りるまで  

「夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろ屋に 秋風ぞ吹く」2010.03.02


☆72
今日も前へは飛ばないの
揃えた羽並を また濡らしたくないから

明日も先へは行かないの
温めた巣箱には まだあなたの匂いがしてるから

風つきまとい 誘い声 なぜわたしはすすむの?
すすまねばならないの? 

「音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の 濡れもこそすれ」2010.09.11


☆73
芽生えたばかりの この思い

繰り出す日々に 紛れぬよう
幾多のサインも 逃さぬよう

芯をとり 手のひらであたためて
いまこそは 今こそは

「高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ」2010.09.26


☆74
漆黒の 闇夜にゆらり ゆらりと歩をすすめ
吹きすさぶ 風にふらり ふらりと足とられ

その視線のかけら もし与えられたなら
膝がつき 頭垂れ 祈るかたちになる僕を

「憂かりける 人をはつせの 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを」2010.10.02


☆75
待つなど訳もないことと
佇み瞬くうちに時は過ぎ

彼方の水底に沈みゆく
一片の彩を危うく掬い

掌にひらいてはみたけれど みたけれど

「契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり」2010.10.16


☆76
あたたかい海の浅瀬に つつまれて

紅い耳には 汐が触れ
蒼い頬には 陽が刷かれ

やがて 背に手に髪に 銀の沙

たしかに波に とかしたはずの

「わたの原 漕ぎ出でてみれば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波」2010.10.23


☆77
眼に映る雑踏の 百年の末

モノと作り手の 煙くらべ

   「触れた頬は 灼焔を含んで」

凍み夜に抱えた 久遠の記憶

「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」


☆78
君の呼吸が聞こえる この枕辺で
僕の鼓動を合わせる 眠られぬまま

そら翔けて くもを蹴り とりを越え
はるかな影に 逸っていたときと いま

「淡路島 かよふ千鳥の なく声に 幾夜目ざめぬ 須磨の関守」2010.11.08


☆79
幾たびも幾たびも 
地を這い空に手を掲げ
つかんだものは

うねりとなって押し寄せる
足すくう流れに
いつか身をまかせ

いまは地を翔け空を舞い

「秋風に たなびく雲の 絶えまより もれ出づる月の 影のさやけさ」2010.11.19

☆80
こころなど わからなくてよいと
重き髪 くろぐろと巻き絡められ 

白々と肌を撫ぜる 陽をむかえ
ねつはまだ この身に のこりしか 
  
「長からむ 心も知らず 黒髪の みだれて今朝は ものをこそ思へ」2010.12.11


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.