3052038 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces 91-

☆91
独りでいたいの この静かな夜には

乱されたくはないの 波打つ心が
ようやく凪いだいまは

寒さに震えるからだが 柔らかさを希い
縮んだかたちを ここで変えられるように 

「きりぎりす なくや霜夜の さむしろに 衣かたしき 独りかもねむ」2011.02.19


☆92
ゆらゆらと 波濤をゆく
 ベールのごと
うろくずを 揺れに並べて

 もはや その痕は
落ちもせず 冴えもせず
 重ね重ねて 色にいつなる   

「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾くまもなし」2011.02.27


☆93
僕はよいのだ 何があろうと

たゆたう小船にのせられて
次の飛沫に還されても

そのゆららの繋いだ ひとつをとれば

かざして観える 万丈の生  

「世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも」2011.03.06


☆94

「み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり」


☆95
天を覆い 地を塞ぐ袖を越え
音吐は 空に届いているのか

まだ満ちぬと 押し出され
海鳴を聞き 次に立つ背は 

「おほけなく 憂き世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖」2011.03.12

☆95
天を覆い 地を塞ぐ袖を越え
音吐は 空に届いているのか

海鳴を聞き 次に立つ背は 
数多の手の篤さを 確かに覚えて 

「おほけなく 憂き世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖」2011.03.19

☆96
木々にはとけぬ 
淡き色降り初め

凍てつく窓辺に
ひらと観る光華

いまは去るとも
また巡りくる時

「花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり」2011.03.19

☆97
「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」

☆98
かみがもに うつる夕映え
熱おびる日も ようように終わり

きょうも炒られ あすは雨かぶり
馬上に屋宇あるごとの 夏も過ぎしか

「風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける」2011.08.06


☆99
知ってしまったから あなたを想うの
想ってしまったから あなたを哀しむの

凪いではすぐに 湧きあがり
たなうらにさえ 蠢きを伝え

このうつしみゆえに あなたがいるなら   

「人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は」2011.04.01


☆100
たとえ のきばがうせようと
あなたのいる ここが陽の元

千歳を いくたびもくり返し
昔のうえに いま今を重ねて

「ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり」2010.04.01
































Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.