3038732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100 pieces

一人すごす秋の夕べに。

三年前に買った本一冊、
題名もみないままに携え
湯が沸かせるきりの山荘に入る。
外を望める壁ぎわに寄りかかり、
ひんやりと木の触感を背中に受け
ゆっくり紅く染まる山肌の影、
黄金の稲穂の音を追う。          
すとんと光りの幕が降り、
闇の炎が立ちのぼる。
水滴を帯びた大気が
ふと屋根から降りてきて、
頬を辿り、シャツの袖にまとわりついた。

「秋の田の 刈り穂の 庵の苫をあらみ 我が衣手は 露に濡れつつ」*1


【B1 フィジカルレスキュー】


眠れぬ夜にあなたを思う。

あてなく待つときは長い。
賑やかで虚しき会話のこぼれる
深夜プログラム。
いつまでもつき合わせて、
孤独の友にするのをやめてみる。
かじかんだ体を持て余し
ひとつ大きく伸びをして
ひとりソファに横たわる。

ようやく夜が友になる。

「あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む」*3


【B3 アトランティアン/ハートボトル】


この身に纏った 乱れ模様
もぢ摺りの 衣のごと

真っ赤に 染めたのは
我か そなたか

「みちのくの しのぶもぢずり たれ故に 乱れそめにし われならなくに」*14


【B14 新しい時代の叡智】


深秋に 紅染みて
すこし散り透く 水底に
ゆらゆら うごめく
いにしえからの 魔魅の影

唐衣を敷き詰めた 涼しき水
くれないに 浮かぶかげが
いつまでも ついてくる
いつまでも 追ってくる

「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からぬれなゐに 水くくるとは」*17


【B17 吟遊詩人I/希望】


還りたい 帰りたい
秋の豊穣を捧げれば
この願い叶うのか

われ一人 我のみの月
 
「月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど」*23


【B23 愛と光】 


ポータブルに気持ちを交す
流れ流れ増幅されゆく我が思い

この妖しき惑い 逢わずに渡す
いにしえの みそひともじにも似て

「みかの原 わきて流るる いづみ川 いつみきとてか 恋しかるらむ」*27


【B27 ロビンフット】


郊外に ひとり棲む
この東屋に 
深遠なる宇宙広がるのを
知るは 我のみ。

「わが庵は みやこのたつみ 鹿ぞすむ 世をうぢ山と ひとはいふなり」*8


【B8 アヌビス】


枯葉つもる道を あてもなく歩く。
夕闇せまり 背をおされる心地がして
足の向いた路地で 遠景を望む。
やや色あせた紅に浸る錦の 少し透いた山肌。

「奥山に 紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声きくときぞ秋はかなしき」*5


【B5 サンライズ/サンセット】


誰かとめて 僕をとめて

吹き寄せ めぐり 轟々と鳴る
満座の非難を 浴びたとしても

僕はそこにはいない 
       いないから

誰かとめて この足が踏み出る前に

「山川に 風のかけたる しがらみは 流れもあへぬ 紅葉なりけり」*32


【B32 ソフィア】


ドライヤーの風さえ 厭うようになりし肌へ

夏の果実が われ弾ける刺戟を好み
嵐のうごめきに とどろく心を頼む
秋の空気の つれなさに挑み
重ね衣となって あなたを包む

これをもって 真の潤いと成さん

「吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ」*22


【B22 再生者のボトル/目覚め】


月に映る 冷たきおもわのフラッシュバック
逢えば別れ 逢わねば炒られる 

なんてことも 知りながら
好き好んでゆくのさ この恋の道

「有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし」*30


【B30 地上に天国をもたらす】


眼に映る雑踏の 百年の末

モノと作り手の 煙くらべ

   「触れた頬は 灼焔を含んで」

凍み夜に抱えた 久遠の記憶

「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ」*77


【B77 カップ】


私の幼馴染は 孤独を知る人
私の旧友は 自分を愉しむ人 
私の親友は まだいない
私の盟友は 夢路を漕ぎ続ける人 

「たれをかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに」*34


【B34 ヴィーナスの誕生】


ぼくら チャレンジの連続です
下手な鉄砲も 犬も歩けばも 何でもありです

じーっと座しているよりも 
とにかく信じて 
なんとかなるさと信じて

耕し水撒き 
花咲く実りを待つ日々です
例え百年千年かかろうと

だって 手には確かに 再びの種があるんだもの

「心あてに 折らばや折らむ はつ霜の 置きまどわせる 白菊の花」*29


【B29 起きて進め】


ときが移り こころ変わる
    時が流れ 心あらう

花は去っても 色は残り
     きみなくしても 僕は静か

「久方の 光のどけき 春の日に しづこころなく 花の散るらむ」*33


【B33 ドルフィン/目的のある平和】


みて この野に溢れる 無数の宝珠

瑠璃(るり)玻璃(はり)白珠(しらたま)、
瑪瑙(めのう)に琥珀(こはく)、 
珊瑚(さんご)と沈香(じんこう)、
紅玉(るびい)青玉(さふぁいあ)緑玉(えめらるど)、
黄金(こがね)白銀(しらがね)金剛石(だいやもんど)、

ならびならべて とがらせて

さあ なにしてあそぶ?

「しらつゆに 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける」*37


【B37 地上に降りた守護天使】


短夜の そのまたひと時も
露も逢いみることの 叶わぬときは
たゆたう波間に 身をのせて 
運びゆこうか いまこの瞬間に
  
「難波潟 みじかき芦の ふしの間も 逢わでこの世を すぐしてよとや」*19


【B19 物質界に生きる】


あの不実な月 
満ちてはかける月に誓うのはおやめになって

もしどうしてもとおっしゃるなら
どうぞあなた自身にお誓いくださいますように

あなたを神と頼むわたくしなのですもの

「わすらるる 身をば思はず 誓ひてし 人のいのちの 惜しくもあるかな」*38


【B38 吟遊詩人II/識別】


冬はよる 君といて 
冷たき月を愛でるとき

こわばりかたまる腕を 
合い組み またほどくとき

肌の熱さに驚いて
ひとり なお追う時間

「夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿らむ」*36


【B36 慈悲心】


波に乗り 波を越え 波を下り
また波 生まれるのを待つ

はじまってしまったうねりは
もうけっして やむことはなく
しってしまったわたしは
ただこのらせん すすむのみ 

「契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 浪越さじとは」*42


【B42 収穫】


引き篭り 人肌より離れて暮らす
枯れてなお饒舌な山よりも
なお寒き なお寂しき日々
この都市の人海の 傍らにいて

「山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば」*28


【B28 メイド・マリアン】


「すぐに出るから」と聞いて
「月を眺めてるから」と電源を切って
 髪を解き ゆっくりと梳いて

 刻一刻と透明になってゆく
 白い明かりに溶けてゆく
 
 待っているのか 知っているのか
 知らぬで通すか 暴いて恋わすか
  
「いま来むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな」*21


【B21 新しい愛への始まり】


宵待ち草 捧げもち
うつむき 我を想う君ありと
ただ信じて 峰を越える

我を抱く胸 いまだありや なしや

「たち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば いま帰り来む」*16


【B16 紫色の衣】


折れんばかりに すがった手にも
コンマ一ミリを 埋められぬまま

邪険に払われた 寂寞の裸身抱き
伏せた目の端に 映る小さき白花 

「あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな」*45


【B45 ブレス・オブ・ラブ】


また逢えるのだもの 泣かないで
君のおもわにうつる影を 僕はみていなかった

もう逢えないのだから 沈黙を守って
ただ今宵の約束に駆ける君を 私はながめた

今この恋に次はない そう 同じ夜なんてない

再びに馴れる君との 底なきあいだ

「明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな」*52


【B52 レディナダ 】


人恋しく思うなら ただ愛すること
失うのが怖いなら ただ与えること

孤独を選び ひとり庵にいるのなら
風の色に千客と逢い 
心の彩に万人と語らえること

「八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり」*47


【B47 オールド・ソウル(古い魂)】


海にそそぐ 流れの上
きらめくライトに浮かび上がる
大きな橋の いつもの場所で
今宵も待ち合う 人、ひと

交わす吐息が 端から凍り
想いが 言葉が 白く 暖かく
深き夜に 残り来る

「かささぎの わたせる橋におく霜の しろきを見れば 夜ぞふけにける」*6


【B6 エナジーボトル】


いまようやく 僕は生まれた

手のひらの上 微かに揺れる
かよわき君に 吐息あわせて

この命守れと 僕は生まれた

「君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな」*50


【B50 エルモリア】


風よ嵐よ!
我が心を打ち砕き なお苛む暗雲よ!
そなたがいかに 責め滅ぼそうと 企んでも
この志が 微塵となって霧散しても

それら梁塵のひとつひとつは
脈打ち 雷鳴の鼓動となって
やがて そなたを覆い尽くす 

その日を いまここから 
ただ静かに見よ

「風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ くだけてものを 思ふころかな」*48


【B48 癒しの翼】


北へ向かう船から眺める。

潮風を越えて飛び交う
海鳥の
ゆくさき見れば
空にコバルト、
遥けき峰に雪の白。

「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ」*4


【B4 サンライト】


ぬばたまの夜のごと 
拡がり巣食い 
いつか闇そのものになる

恋を恋とて放さねば

閃光にやける身のごと
溢れ焦がれて
いついつまでも癒えぬ銃創に

恋を私に重ねれば

「なげきつつ ひとりぬる夜の 明くるまは いかに久しき ものとかは知る」*53


【B53 ヒラリオン】


漆黒の色に 浮かぶ篝火
熱のとなりは すぐに夜  

照り映えたひとつ身の
闇に冷えれば蠢く二心

「みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ ものをこそ思へ」*49


【B49 ニューメッセンジャー】


月はわたし わたしは月
はじめはあなたを 待つ友で
いまはわたしも こがねいろ

闇を白銀に 瞳を金剛石に
輝らすものすべてを 彫像に

月はわたし わたしが月
かれは わたしが動かした
空白むまで居る あつき臥所で

「やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな」*59


【B59 レディポルシャ】


懐かしきあなたは かの地にまだいるだろうか。

遥かな故郷で ともに眺めた
大海原に 映る光りの 朧な影
ゆく末照らす 山の端の月

「天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」*7


【B7 ゲッセマネの園】


それは 私ではないのです

あなたの耳に入る おと
あなたの眼に映る かたち
それは 私ではないのです

それは あなたではないのです

あなたの喉から出でる 音
あなたの手に触れる 形
それは あなたではないのです

「今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな」*63


【B63 ジュアルクール&ヒラリオン】


ジジジとかすかに燻る丘 
陽に煽られて 熱帯びたのか

ほのかに煙る風に中てられて
背中丸めて 草上に描く空

「かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを」*51


【B51 クツミ】


気まぐれに ぽとりと落ちた一滴に
よもや 大河の萌芽があろうとは

誰知らぬまに 溺れゆく
甘く芳醇なる 恋の淵

「筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる」*13


【B13 新しい時代の変化】


変わらぬ心なんてない
当てにできないのは
あなたもわたしも同じこと

わたしを焦燥に駆り立てるのは
情熱絶対質量の目盛
なんて危なげに振れること

だから恋を急ぐのは
永久と刹那の重さを量るため

「わすれじの 行末までは かたければ 今日をかぎりの 命ともがな」*54
 

【B54 セラピスベイ】


泣きたくて 掌に覆いかねるほど
瞳ふくらむ 瞼に支えかねるほど

何ほどもない ただ在るのみの身に
火熾し 燃え立つ名を与え
まだ先をゆかせる 螺旋の芯

「恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ」*65


【B65 頭は天に、足は地に】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.