3071450 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 100pieces2 

☆67
時を遊べば わかるのだから
戯れたって いいでしょう

今を生きれば わかるのだから
恋してみたって いいでしょう

空腕のままに 君を待つ僕

「春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ」


【B67 神聖なる愛/小さきことの中の愛】

☆64
コトコトと 寝しなに響く時の声
霧ふかい世にこだまする言伝てか

からからと 晴れたかしらに浮かぶ色
耳すませ目こらせ すでにあるものを

「朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木」


【B64 ジュアルクール】


☆20
波濤にて 砕きに砕けば  
見えなくなるのか 軽くなるのか

君に届くものならば この思い
海原に撒こう 消えゆく前に 

「わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても 逢わむとぞ思ふ」


【B20 チャイルドレスキュー/スターチャイルド】


☆70
孤独携え 生きるもの
この砂利径に 足踏み下ろす度に
沈む無数の ときを越え

孤独を支え 生きるもの
身を震わせて 肩落とす君から 
輝き出でる 哭き砂のおと 

「さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮」


【B70 壮麗なるヴィジョン】

☆71
瞳閉じ 熱き此の背に ちから込め
伸べる羽先に 風梳かせ 

急転直下
刃の葉先に 爪立ち 空を蹴り

ふわりと彼の地に 降りるまで  

「夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろ屋に 秋風ぞ吹く」


【B71 エッセネボトルII/蓮の花の中の宝石】


☆11
舳先にたち 海原を抱える
波を越える舟ともに 逸る魂
 
どこへゆこうとも ただ
結ばれし先は かの人のもと

「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人のつり舟」


【B11 エッセネボトルI/花の鎖 aurasoma】


☆56
海の泡 小滝の飛沫より なお儚いの
痕などつけず 去るつもりの私なの

思い出はいらない 記憶にも残さない

ただ 今ここで    

「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな」


【B56 セントジャーメイン/
(サンジェルマン)】



☆35
傷つき倒れ 手を延べる先に触れたもの 
なお立ち上がる 覇気をくれたもの

たとえあなたが 忘れていても
蘇えり照らす あの言の葉の灯

「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」


  【B35 親切】


☆41
限りなく愛い奴を 演じる俺

瞳をふせて 肩を落とし
わかりやすいんだよな、などと思わせて
鈎針の届く範囲で さっと戴く

1000年待った栄光って
こんなもの?
  
「恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人しれずこそ 思ひそめしか」


【B41 叡智のボトル
   /黄金郷】



☆69
嵐の夜に 腕を寄せて
ひとつ ふたつと
飛礫を放つ

さざなみの彩を絹布に写し
沈まぬ錦を散り敷く川面

繰り返し 繰り返し

「嵐吹く 三室の山の もみじ葉は 竜田の川の 錦なりけり」*69


【B69 鳴り響く鐘】


☆74
漆黒の 夜にゆらり ゆらりと歩をすすめ
吹きすさぶ 風にふらり ふらりと足とられ

その視線のかけら もし与えられたなら
膝がつき 頭垂れ 祈るかたちになる僕を

「憂かりける 人をはつせの 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを」


【B74 勝利】


☆75
待つなど訳もないことと
佇み瞬くうちに時は過ぎ

彼方の水底に沈みゆく
一片の彩を危うく掬い

掌にひらいてはみたけれど みたけれど

「契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり」


【B75 流れとともに行く】


☆68
覚えていて また巡り来るまで
待っていて また戻り来るまで

生き過ぎてしまったと 嘆くなら
その蒼い瞼に あの月を描いて
褪せぬ光で 照らし染めて  

「心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな」


【B68 ガブリエル】


☆10
夜の駅にて

永の別れとも 
また会うともわからぬまま
 
人まだ多く行き交う瞬景に
我も加わる

「これやこの 行くも帰るも わかれては しるもしらぬも 逢坂の関」


【ゴーハグアツリー
(行って木を抱きなさい)】



☆25
ねーぅねーぅと鳴く猫の
くるくる遊ぶ つる草に
結ばれし夢の 跡たぐり
秘かに踏もう 恋の虎の尾

「名にし負わば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな」


【回復期のボトル
/ナイチンゲール】


☆78
君の呼吸が聞こえる この枕辺で
僕の鼓動を合わせる 眠られぬまま

そら翔けて くもを蹴り とりを越え
はるかな影に 逸っていたときと いま

「淡路島 かよふ千鳥の なく声に 幾夜目ざめぬ 須磨の関守」


【クラウンレスキュー】


☆44
抱えておくことができなくて
またも手に取る 幾多のツール

知る身と知らぬ身を分け隔てる
なゆたの絡繰りをかいくぐり
水底を蹴った先に逢えたもの

「逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし」


【B44 守護天使】


☆66
解るわけがないでしょ 目に映らないんだもの まだ
解ってくれるなんて嘘 だって知らないんだもの 私も

摘まれる花に痛みが無いなんて 誰が決めたの
枯れ急ぐ花に寂しさがないなんて 誰が言えるの 

「もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし」


【B66 アクトレス(女優)】

☆82
恋しても恋しても
あさ起きて 夜は眠るの

涙しても涙しても
瞳ととのえ いまを活きるの

やがて 夢にもあらわれぬ
そんな日がみえても

「思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり」


【082 カリプソ】


☆83
何処に行こうと いつもわたしがいて
その私の傍には ぴたりとあなたがいる

足続くまま 進まねばならぬ
創りて歩むか 辿りて踏み広げるか 

何れ逃れられぬ 彼方への道

「世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる」


【083 オープンセサミ】


☆84
何のためったら なんのため?
生きているのは なんのため?

何のためったら なんのため?
永らえたいのは なんのため?

幸せになりたいのは なんのため?
辛くっても先へゆくのは なんのため?

「ながらへば またこのごろや しのばれむ 憂しと見し世ぞ いまは恋しき」


【B084 風の中のキャンドル】】


☆85
こっちへおいでの 声に惹かれて
騒々とざわめく 波間に踏み出し

ひたりと触る夜の冷たさに
ああ私がいると 知ってしまったからには

「夜もすがら もの思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり」


【B085 タイタニア】


☆86
啼く僕 あるのみの月
みるきみ 視線を散らすぼく

粛々と熱狂に浸れば 慣れて
肌身と変わらぬものを 未だ

時はあるのみ 永遠に満ちはしないの

「なげけとて 月やはものを 思はする かこち顔なる わが涙かな」


【B086 オベロン】


☆88
こんなとこにいるなんて おもってなーかった

どこまでどこまでゆけるんだろう なんて
ゆーらゆら ながれていたかっただけなのに さあ

なよなよとすくいとられ いきふきかけられ
あつさつめたさにころがされ

まだ こんなところにいるなんて

「難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき」


【B088 翡翠の皇帝】


☆89
知りたくはないの このままでいたいの
伝えたくはないの ただここにいたいの

なのに いまにも音に変わろうとせき上がる

ならば息の根 ふくらみにふくらませ
はじけて散るなら

「玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする」


【B89 エナジーレスキュー】


☆90
まだ端然と していられるのね あの
あたりをはらう風に 慄きもせず

すでに肩口まで 濡れそぼっているのは
わかっているのだよ ただ

布目を通す その色が 見えないの

織目ひとつも 解けはしないのだから

「見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず」


【B90 ウィズダムレスキュー】


☆91
独りでいたいの この静かな夜には

乱されたくはないの 波打つ心が
ようやく凪いだいまは

寒さに震えるからだが 熱を希い
縮んだかたちを ここで変えられるように 

「きりぎりす なくや霜夜の さむしろに 衣かたしき 独りかもねむ」


【B91 フェミニンリーダーシップ】


☆92
ゆらゆらと 波濤をゆく
 ベールのごと
うろくずを 揺れに並べて

 もはや その痕は
落ちもせず 冴えもせず
 重ね重ねて 色にいつなる   

「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾くまもなし」


【B092 グレーテル】


☆93
僕はよいのだ 何があろうと

たゆたう小船にのせられて
次の飛沫に還されても

そのゆららの繋いだ ひとつをとれば

かざして観える 万丈の生  

「世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも」


【B093 ヘンゼル】


☆95
天を覆い 地を塞ぐ袖を越え
音吐は そこに届いているのか

海鳴を聞き 次に立つ背は
 
数多の手の篤さを 確かに覚えて 

「おほけなく 憂き世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖」


【B095 大天使 ガブリエル】


☆96
木々にはとけぬ 
淡き色降り初め

凍てつく窓辺に
ひらと観る光華

いまは去るとも
また巡りくる時

「花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり」


【B096 大天使 ラファエル 】


☆99
知ってしまったから あなたを想うの
想ってしまったから あなたを哀しむの

凪いではすぐに 湧きあがり
たなうらにさえ 蠢きを伝え

このうつしみゆえに あなたがいるなら   

「人もをし 人もうらめし あぢきなく 世を思ふゆゑに 物思ふ身は」


【B099 大天使 ザドキエル】

☆100
たとえ のきばがうせようと
あなたのいる ここが陽の元

千歳を いくたびもくり返し
昔のうえに いま今を重ねて

「ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり」


【B100 大天使 メタトロン】

☆98
かみかもに うつる夕映え
熱おびる日も ようように終わり

きょうも炒られ あすは雨かぶり
馬上に屋宇あるごとの 夏も過ぎしか

「風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける」


【B98 大天使 サンダルフォン】

☆652
耳にするあなたのほうが
私にはかえってリアルで

目にしたあなたのほうが
悲しくも修正しが必要で

「高砂の 尾上の松に ふく風の 音にのみやは 聞きわたるべき」


【B52 レディナダ】

☆231
満たされて もういいよと
流れるのが なみだなのに

染められて もういいよと
落ちるのが このはなのに

「木の葉だに いろづくほどは あるものを 秋風ふけば ちる涙かな」


【B31 泉】

☆732
なぜなぜなびく
すぐ忘れるのに

なぜなぜなげく
すぐ変れるのに

「ひとかたに なびく藻塩の 煙かな つれなき人の かからましかば」


【B032 ソフィア】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.