3318425 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

Portable Story 1000 pieces 1-100

☆1
ひとつ見ればみえる
小さきつぶとなって
今この谷をそめよう

ひとつ追えばおえる
事なきくいとなって
今この春へむかおう

「春のくる 朝の原を 見わたせば 霞もけふぞ 立ちはじめける」2013.02.26

☆2
つちにふれたゆきの
みるまにねつをもち
いまたにをはしるよ

ついにそえた御手の
みるまにねつをもち
いまこころはしるよ

「三室山 谷にや春の たちぬらん 雪のした水 岩たたくなり」2013.02.26

☆3
「雪ふかき 岩のかけみち あとたゆる 吉野の里も 春はきにけり」
☆4
「道たゆと いとひしものを 山里に きゆるはをしき こぞの雪かな」
☆5
「春たてば 雪のした水 うちとけて 谷のうぐひす いまぞなくなる」

☆6
このみはいまだ
ふゆをしるのに

このめはいまだ
かれをみるのに

「山里の かきねに春や しるか覧 かすまぬさきに うぐひすのなく」2013.03.09

☆7
めをこらしてみれば
わかるはずのものを

こころすませるなら
ふれるはずのものを

「けぶりかと 室の八島を 見し程に やがても空の かすみぬるかな」2013.03.14

☆8
おきつしらなみ
ちどりなるごと

ながすしすみの
めがみなるごと

「霞しく 春のしほぢを 見わたせば みどりをわくる 沖つしら浪」2013.03.14

☆9
あなたとわたしを
へだててるいろは

ふゆとはるのひを
わけてゆくかぜは

「わぎもこが 袖振山も 春きてぞ かすみのころも たちわたりける」2013.03.22

☆10
いにしえはぜひにと
もとめられた木々の

うつしよはきひへと
おとしめられた霞の

「春くれば 杉のしるしも 見へぬかな かすみぞたてる 三輪のやま本」2013.03.22

☆11
あるがごとくに
みえる人を惧れ

あるがごとくに
おもう己を畏れ

「みわたせば そことしるしの 杉もなし かすみのうちや 三輪のやまもと」2013.03.30

☆12
「ときはなる 松もや春を 知りぬらん はつねをいはふ 人にひかれて」

☆31
ふるあめのただ
めぐみをうけて

ふるこえのただ
めぐみをうけて

「よもの山に 木の芽はるさめ ふりぬれば かぞいろはとや 花のたのまん」2019.03.28

☆32
あめにはなにも
いろはないのに

こえにはなにも
いろはないのに

「春雨の ふりそめしより 片岡の すそのの原ぞ あさみどりなる」2019.03.28

☆33
そとにわたしの
あめがおりるの

そとにわたしの
うちがうつるの

「つれづれと ふるはなみだの 雨なるを 春の物とや ひとの見ゆらむ」2019.03.28

☆34
かばざくらには
ひとあつまれど

みやまぎもまた
ここにとまえど

「み山木の かげ野の下の したわらび もえいづれども 知る人もなし」2019.03.28

☆35
いまみえなくとも
すでにもてるもの

いまのぞむのなら
すでにもてるもの

「みごもりに あしの若葉や もえぬらん 玉江の沼を あさる春駒」2019.03.28

☆36
はるのくるひを
まつあいだにも

とぶはねやすめ
まつあいだにも

「春くれば たのむの雁も いまはとて かへる雲路に 思ひたつかな」2019.03.28

☆37
いつかはかえると
しっているから

いつもかえれると
しっているから

「ながむれば かすめる空の うき雲と ひとつになりぬ 帰るかりがね」2019.03.28

☆38
ときのさかいを
こえるまにまに

ときのさかえを
ことほぐままに

「天つ空 ひとつにみゆる 越の海の 波をわけても 帰るかりがね」2019.05.02

☆39
わけゆくときの
さきはしらねど

わけゆくときに
こころそわせて

「帰る雁 いく雲井とも 知らねども 心ばかりを たぐへてぞやる」2019.05.02

☆40
いつものように
あけそめる空も

ときをくぐりて
あけそめる朝も

「春はなほ 花のにほひも さもあらばあれ ただ身にしむは あけぼのの空」2019.05.02

☆41
ひとよひとよの
おもいかさねて

ひとつひとつの
はなをかさねて

「あさゆふに 花まつころは 思ひ寝の 夢のうちにぞ さきはじめける」2019.05.02

☆42
みやまぎの
いろにまぎれて

こがらしの
おとにまぎれて

「いづかたに 花さきぬらんと 思ふより よもの山辺に ちる心かな」2020.01.27

☆43
はなはひとりで
みるものという

はなはふたりで
みればかわると

「山ざくら たづぬと聞くに さそはれぬ 老の心の あくがるるかな」2020.01.27

☆44
きみをむかえて
すめるこのよは

きみをむかえて
とめるこのよは

「かげきよき 花のかがみと 見ゆるかな しずかにすめる 白川の水」2020.01.27

☆45
はなはかわらず
きみをむかえて

はなはまたさき
きみをむかえて

「よろづ代の 花のためしや けふならむ 昔もかかる 春しなければ」2020.01.27

☆46
はなをたよりに
きみをたづねて

いろをたよりに
きみをめざして

「たづねつる 花のあたりに なりにけり にほふにしるし 春のやま風」2020.02.10

☆47
いきてかへるさ
はなにみられて

かへりいづるさ
はなにおくられ

「帰るさを いそがぬほどの 道ならば のどかに峰の 花は見てまし」2020.02.10

☆48
しろきかすみに
はなはつつまれ

しろきそでいに
はなはまもられ

「山ざくら にほふあたりの 春がすみ 風をばよそに たちへだてなむ」2020.02.10

☆49
すべてのやまに
はなさくゆへに

すべてのやまを
たどれるゆへに

「花ゆえに かからぬ山ぞ なかりける 心は春の かすみならねど」2020.02.10

☆50
いつもの春に
あいたいけれど

まだみぬ春に
あいたいけれど

「さくら花 おほくの春に あひぬれど きのふけふをや ためしにはせむ」2020.03.03

☆51
そらまでそめる
はなのうすいろ

こえさえかおる
かぜのなみおと

「花ざかり 春のやまべを 見わたせば 空さへにほふ 心ちこをすれ」2013.03.30

☆52
はながさくから
ひとはさかゆる

はながちるから
またもさかゆる

「咲きにほふ 花のあたりは 春ながら たえせぬ宿の みゆきとぞみる」
2015.03.30

☆53
手折らねば
つづく命と
知りながら

野におけど
去りぬ色と
しればこそ

「たづねきて 手折るさくらの あさ露に 花のたもとの ぬれぬ日ぞなき」2013.04.05

☆54
ちらぬさくらの
いろめはいかに

たえぬこころの
いとめはいかに

「かりにだに いとふ心や なからまし ちらぬ花さく この世なりせば」2013.04.05

☆55
さくらばな
かなしみに
いろそめて

さくらばな
よろこびに
いろそめて

「みな人の 心にそむる さくら花 いくしほ年に 色まさるらん」20115.03.30

☆56
ちかくのはなに
おもひよせるも

とおくのはなに
おもひよせるも

「葛城や 高間の山の さくら花 雲井のよそに 見てやすぎなん」2015.03.30

☆57
かおるさくらの
ちるはかなしき

そまるさくらの
さるはかなしき

「山ざくら かすみこめたる ありかをば つらきものから 風ぞしらする」2015.03.30

☆58
白きわたぬの
彼をおほひて

広きわたぬの
邦をおほひて

「神がきの 三室の山は 春きてぞ 花のしらゆふ かけて見えける」2020.03.03

☆59
こころはいつも
とおきかのちに

こころはつくる
なにふれぬまに

「夜もすがら 花のにほひを 思ひやる 心や峰に たびねしつらむ」2020.03.03

☆60
はなはいつまで
ぼくをまつのか

たづねはいれぬ
ぼくをまつのか

「咲きぬやと 知らぬ山路に たづねいる 我をば花の しほるなりけり」2020.03.03

☆61
僕がかってに
惑ったけれど

心のむくまま
辿ったけれど

「暮れはてぬ 帰さはをくれ やまざくら たがためにきて まどふとか知る」2020.03.03

☆62
ふうらりふらり
あしむくままに

ふうらりふらり
花さそうままに

「花ゆへに 知らぬ山路は なけれども まどふは春の 心なりけり」2020.03.21

☆63
ことしのはなの
こきかうすきか

ことしのひとの
こきもうすきも

「年をへて おなじ桜の 花の色を そめますものは 心なりけり」2020.03.21

☆64
こころあそばせ
身はここにいて

はなとたわむれ
身はここのまま

「花ざかり よもの山べに あくがれて 春は心の 身にそはぬかな」2020.03.21

☆65
さきゆくほどに
やまはおおわれ

ふりゆくほどに
こころおおわれ

「吉野川 みかさはさしも まさらじを 青根をこすや 花のしらなみ」2020.03.21

☆66
ぼくのこの身は
とざされてても

ぼくのさくらよ
かわらずに咲け

「さざ浪や 志賀のみやこは あれにしを むかしながらの 山ざくらかな」2020.04.03

☆67
ゆきつもどりつ
ぼくらをみてた

ゆきつもどりつ
さくらはみてた

「さざ浪や 志賀のはなぞの 見るたびに むかしの人の 心をぞ知る」2020.04.03

☆68
白なみのさきに
さくらこぼれて

葉ずれのおとに
さくらさかせて

「高砂の 尾上のさくら さきぬれば こずゑにかくる をきつしら浪」2020.04.03

☆69
はなのさかりに
こころおどれど

はなのさかりは
ぼくをさそえど

「をしなべて 花のさかりに 成りにけり 山のはごとに かかるしら雲」2020.04.03










☆77
さくらにみどりが
ひらり兆ざすまで

さくらがもとへに 
しろき片まくまで

ひがな君ながめて

「咲きしより ちるまで見れば 木の本に 花も日かずも つもりぬるかな」2012.04.15

☆78
はなにあそぶ
ときはとわに

さくもちるも
めにはのこり

とくうせても
きしはおなじ


「池水に みぎわのさくら ちりしきて 波の花こそ さかりなりけれ」2012.04.19





















☆79
「白雲と みねには見えて さくら花 ちればふもとの 雪にぞありける」
☆80
「吉野山 花はなかばに ちりにけり たえだえのこる 峰のしら雲」
☆81
「山ざくら をしむ心の いくたびか ちる木のもとに 雪かかるらむ」
☆82
「春雨に ちる花みれば かきくらし みぞれし空の 心ちこすれ」


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.