3036314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 101-

☆101
踏みしだかれて
 なにごともなく
散るにまかせ
 折れるにまかせ
隔靴に触れて
 落花の優をみる
「花のみな 散りてののちぞ 山里の はらはぬ庭は 見るべかりける」2011.04.08

☆102
花の季節を待ちわびた
こぞの狂騒を思いやる

散りぬればこその 色なれど
とわねばならぬ この春の時              まずは身にせよ

「ふるさとは 花こそいとど しのばるれ 散りぬるのちは とふ人もなし」2011.04.15

☆103
吹く風を 誰が憂うというの
薄紅に 道を染めても もはや
踏むもののいないこの場所を

吹く風を 憂いたこぞの 
のどけさを
みるひともなき あの場所に立ちて

吹く風を 憂えるほどの
のどけさよ
こぞの心地が いま
いとおしき

「吹く風を なこその関と 思へども 道もせに散る 山ざくらかな」2011.04.18

☆104
いまだのこるのは 花の色 
雪の白

野に刷かれた花の色
雪の白のごとく

山野に刷かれし花のいろ
雪かと見える儚さなれど
冷たき頬に紅さすごとく
そは小さな灯りとなりて

「したさゆる 氷室の山の おそざくら 消えのこりける 雪かとぞ見る」2011.04.25

☆105
神聖 栄 美しさ

さかえきたりて おわりあり
ひかりみたりて さびしかり
はなはさけども ちりつみて
のにたつものが ひとりあり

さかえきたりて おわりあり
ひかりみつれど さびしかり
はなひらきても ちりつみて
たちすくむもの ひとりあり

「鏡山 ひかりは花の みせければ ちりつみてこそ さびしかりけれ」2011.04.27

☆106
こころ漂い 幾たびも
寄せられ 還されて
ゆきつきし 春のみさき

そのかぐわしさ
いぶせき身をも はや
わすれさせ              なぜ立ち上がらぬと 我に問う

「心なき 我が身なれども 津の国の 難波の春に たへずもあるかな」2011.04.28

☆107
そのおとを 聴いたか聴かぬか
われもわれもと競い 耳すませ

かしましきほどに こえ届けば
こころは はや つぎに応じて

「思ふこと 千枝にやしげき よぶこ鳥 信太の杜の かたに鳴くなり」2011.05.06

☆108
草のしとねに 身をおく我に
青き香を 聞き分けて君

まず触れし花を 持てかえり
白き手にのせて 

「こよひ寝て 摘みて帰らん すみれ咲く 小野の芝生は 露しげくとも」2011.05.10

☆109
花の主を
誰にせん 誰にせん

今宵ばかりの
標つけたとて

花の主は
誰にせん 誰にせん
 
「きぎすなく 岩田の小野の つぼすみれ しめさすばかり なりにけるかな」2012.04.24

☆110
春のかたみは
花もて帰らむ

恋のかたみに
君みて忘れむ

「道とをみ 入野の原の つぼすみれ 春のかたみに 摘みてかへらむ」2012.04.24




















☆111
「春ふかみ 井手の河水 かげそはば いくへか見へむ やまぶきのはな」
☆112
「山吹の 花さきにけり 川づなく 井手の里人 いまやとはまし」
☆113
「九重に 八重山吹きを うつしては 井手のかはづの 心をぞくむ」






☆118
しるとしらぬの
さかいめのごと

べにがふじへと
そめかわるごと

「いづかたに にほひますらん 藤の花 春と夏との 岸をへだてて」2013.04.27

☆119
ひかるきみにも
架かるむらさき

いくえにいのる
咲けるうすべに

「九重に 咲けるを見れば 藤の花 こきむらさきの 雲ぞ立ちける」2013.04.27

☆120
いろはこくとも
かわらぬものかは

としはふれども
たのめるものかは 

「年ふれど かはらぬ松を たのみてや かかりそめけむ 池の藤波」2013.04.27

☆121
ひとはあやまたず
不自己のかなしみ

ひとはまぎれなく
非自己のよろこび
「我もまた 春とともにや かへらまし あすばかりをば こゝにくらして」
2013.04.27














☆136
花の名残も 夜雨にさらわれ
水含む枝は はや優をわすれ

夏の勢を眺めやるのは
たしか春にいたわたし

「なつごろも 花のたもとに ぬぎかへて 春のかたみも とまらざりけり」2011.05.31

☆137
あつかろう さむかろう も
これよりときめて いまは夏

言葉ひとつで かわるなら
きせつさえも 呼べるなら

「けさかふる 蝉の羽ごろも きてみれば たもとに夏は たつにぞありける」2011.06.03

☆138
すべては気分
 伝染る気分

あきも別れも
 うゐも恋も

「あかでゆく 春のわかれに いにしへの 人やう月と いひはじめけむ」2013.05.17

☆139
近づいてみれば
花としれるから

遠きよりみれば
恋にできるから

「むらむらに 咲けるかきねの 卯花は 木のまの月の 心ちこそすれ」2013.05.27

☆140
白きはなもて
明く照らすよ

きよき君もて
こころ騒ぐよ

「夕月夜 ほのめくかげも 卯花の 咲けるわたりは さやけかりかり」2013.05.27

☆141
露をつないで
川になるなら

君をむかえて
光りそえれば

「玉川と をとにきゝしは 卯の花を 露のかざれる 名にこそありけれ」2013.05.27

☆142
しろきみなもに
そのゆびそえて

しろきみなもに
そのてしずめて

「見ですぐる 人しなければ 卯花の 咲けるかきねや しらかはのせき」2015.05.14

☆143
だれもしらない
あなたしだいに
どこにふるのか

だれもしらない
わたししだいで
どこにふるのか

「卯花の よそめなりけり 山ざとの かきねばかりに ふれる白雪」2015.05.14

☆144
ちかづいてみれば
はなさくそのかも

とおくにおければ
はなさくそのかも

「卯の花の かきねとのみや 思はまし しづのふせやに けぶりたたずは」2015.05.14

☆145
わすれてるまに
おいしげるもの

わずかなときに
うばわれるもの

「やきすてし ふる野の小野の まくず原 たままくばかり なりにける哉」2018.06.22

☆146
ちいさなぼくの
かげをうつして

ちいさなぼくは
かみをうつして

「あふひ草 てる日は神の 心かは かげさすかたに まづなびくらん」2018.06.22

☆147
つかえし日々の
しずけさをまた

よなれし日々を
かさねてもまた

「神山の ふもとになれし あふひ草 ひきわかれても 年ぞへにける」2018.06.22

☆148
ながながしき
このよるもおわり

まざまざしき
なつのひのはしる

「郭公 まつはひさしき 夏の夜を 寝ぬに明けぬと たれかいひけむ」2015.05.29

☆149
つぎつぎと
わすれさるとは
しりながら

つぎつぎと
あくたになると
しりながら

「ふた声と 聞かでややまむ ほとゝぎす 待つに寝ぬ夜の 数はつもりて」2015.05.29

☆150
こころごころに
きこえるおとの

こころごころに
のこるいろめの

「ほとゝぎす しのぶるころは 山びこの こたふる声も ほのかにぞする」2015.05.29

☆151
いまはそこには
いないのに

いずれとまてど
いないのに

「あやしきは 待つ人からか ほととぎす なかぬにさへも ぬるる袖かな」2019.05.25

☆152
まつのをやめて
はいるものとは

えるのをやめて
はいるものとは

「ねざめする たもとに聞けば ほととぎす つらき人をも 待つべかりけり」2019.05.25

☆153
そうはこないと
わかっていても

にどとはないと
かんじていても

「郭公 またもやなくと 待たれつつ 聞く夜しもこそ 寝られざりけれ」2019.05.25

☆154
まってきこえる
はつねのときと

おのずときける
はつねのときと

「待たで聞く 人にとはばや ほととぎす さても初音や うれしかるらむ」2019.05.25

☆155
あてにして
待ちこがれる身の

あてにせず
待たれもせぬ身の

「たづねても 聞くべきものを ほととぎす 人だのめなる 夜半の一声」2019.06.04

☆156
初音きかせよと
待ってはみても

初音のむすびに
触れてはみても

「思ひやる 心もつきぬ ほととぎす 雲のいくへの ほかになくらむ」2019.06.04

☆157
ここに此処にと
なき続けるのは

いまもここにと
舞い続けるのは

「ほととぎす なほはつ声を しのぶ山 夕ゐる雲の そこになくなり」2019.06.04

☆158
ぼくはいつでも
みあげていたけど

ぼくはいつでも
しらずにいたけど

「風越を 夕こゑくれば ほととぎす ふもとの雲の そこになくなり」2019.06.04

☆159
おとはいつでも
あなたのそばに

こえはなんども
わたしのみみに

「一声は さやかになきて ほととぎす 雲路はるかに とをざかるなり」2019.07.13

☆160
こまくふるわす
おととしてきき

こころふるわす
こえとしてきき

「思ふ事 なき身なりせば 郭公 夢に聞く夜も あらましものを」2019.07.13

☆161
まつ音をきき
みたものは月

まつ音をきき
凪いだものは

「郭公 なきつるかたを ながむれば ただ有明の 月ぞのこれる」2019.07.13

☆162
いまもかつての
こえといるのに

いまいなくとも
きみといるのに

「なごりなく すぎぬなるかな 郭公 去年かたらひし 宿と知らずや」2019.07.13

☆163
しずかにくれゆく
いろをみつめて

ほのかにきえゆく
おとをみつめて

「夕月夜 いるさの山の 木がくれに ほのかになのる ほととぎすかな」2019.08.01

☆164
どっちみたって
なんにもないの

どっちみたって
きみはいないよ

「ほととぎす 聞きもわかれぬ 一声に よもの空をも ながめつるかな」2019.08.01

☆165
たしかにみたよな
かたちはなけれど

たしかにいたよな
ゆめみはなけれど

「すぎぬるか 夜半のねざめの 郭公 声はまくらに ある心地して」2019.08.01

☆166
まためぐると
おもえるのは

にどはないと
てばなすのは

「夜をかさね ねぬよりほかに ほととぎす いかに待ちてか ふた声はなく」2019.08.01

☆167
待つなど 造作もないことと
きやすく 始めてみてみれば
何とまあ 心ならず時は過ぎ

夜になき 空に散り地に降る
声などきかず また時は過ぎ  

「心をぞ つくしはてつる ほととぎす ほのめく宵の むら雨の空」2011.06.07

☆168
町を追われて 身横たえる地に
なつかしき香 なじみの色みて

ひと時の宿り 一夢むすぶ腕に 
あてなき草の あとをうつして 

「宮こ人 引きなつくしそ あやめ草 かりねのとこの 枕ばかりは」2011.06.11

☆169
ほそき雨にも
つたう根のごと

まよい恋にも
こえる波あれと

「さみだれに ぬれぬれ引かむ あやめ草 沼の岩垣 波もこそ越せ」2013.05.30



☆170
「軒ちかく けふしもきなく 郭公 ねをやあやめに そえてふくらむ」






















☆171
とわに匂う 果実のなかに
はかなき薫 閉じ込めて君

そはいつか
 
あの芳しき 花の色かたち
憶えぬなら     
「ただならぬ 花たちばなの にほひかな よそふる袖は たれとなけれど」2011.06.14

☆172
いまはなくとも
かおるおもいを

いまはさるとも
のこるおもいを

「風にちる はなたちばなに 袖しめて 我思ふ妹が 手枕にせむ」2015.06.16

☆173
はなたちばなの
きみにやどりて

恋いわすれても
さらぬ香をめで

「浮雲の いさよふ宵の むら雨に をひ風しるく にほふたち花」2013.05.30

☆174
きみここにいても
かおるのはかの里

きみいまにいても
みえるのはその風

「我宿の 花たちばなに ふく風を たが里よりと なれながむらむ」2013.05.30

☆175
かおりをもって
君にあえるなら

てにはなくとも
君つくれるなら

「をりしもあれ はなたち花の かをる哉 むかしを見つる ゆめの枕に」2015.06.16

☆176
かすかにしみる
あめの香とおと

つきよもかすむ
あめの香とおと

「五月雨に はなたちばなの かをる夜は 月すむ秋も さもあらばあれ」2015.06.16

☆177
寂しい?などと 誰が訊ねるというの
一人いてなにも 咎められぬ雨の日に

喜びこそあれど 誰が侘しいというの
一人いて彼方の 万友と語らえる世に

「さみだれに 思ひこそやれ いにしへの 草の庵の 夜半のさびしさ」













☆178
「いとどしく しづの庵の いぶせきに 卯花くたし さみだれぞする」








☆179
こころかるれば
あかるべきそら

ひとみとじれば
ひらくべきそら

「おぼつかな いつか晴るべき わび人の をもふ心や さみだれの空」2015.06.27

☆180
おぼえていれば
みえはなくとも

おぼえていれば
そこにはいつも

「さみだれに 浅沢沼の 花かつみ かつみるままに かくれゆくかな」2015.06.27

☆181
あめであえぬは
いいわけにさえ
ならないけれど

ゆめであおうは
いいのがれには
ならないけれど
「さみだれの 日かずへぬれば 刈りつみし しづ屋の小菅 くちやしぬらん」2015.07.09

☆182
まったきしずかさは
さみしいけれど

ひとひとりないのは
さみしいけれど

「さみだれに 水の水かさ まさるらし 澪のしるしも 見えずなりゆく」2015.07.09

☆183
ひとかれるごと
いきらくとなり

ひとつめるごと
いきはくとなり

「さみだれは たく藻のけぶり うちしめり しほたれまさる 須磨の浦人」2015.07.09

☆184
むだとみえることが
あなたをつくるなら

ただはたらくことが
あなたをつくるなら

「ときしもあれ 水のみこもを 刈りあげて 干さでくたしつ さみだれの空」2015.07.09


















☆197
まだ始まってもいないのに
しらじらと沈みゆくこころ

まだ開けてさえいないのに
あかあかと残るかのほのお

「ともしする 火串の松も きえなくに 外山の雲の あけわたるらむ」2013.06.13

☆198
あとさき見ずに
わけいった先に

てがかり無しに
ふみこんだ闇に

「ともしする 火串の松も もえつきて かへるにまよふ 下つ闇かな」2013.06.13

☆199
なるまで帰らぬと
ちかったからには

なおこそ生きよと
しめしたからには

「山ふかみ 火串の松は つきぬれど 鹿に思ひを 猶かくるかな」2013.06.13

☆200
あやまたず
きみにだけ
あえたなら

まよいなく
ひとめみて
わかるなら

「ともしする 火串を妻と 思へばや あひみて鹿の 身をば代ふらん」2013.06.13


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.