3056055 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 201-

☆201
ふれたものには すべて
火がやどるのを 知って

とびちがうのは すべて
いまここをさす あなた

「むかしわが あつめし物を 思ひいでて 見なれがほにも くるほたるかな」2012.07.19

☆202
ひかりをこえに
なくのほたるは

こえをたよりに
さがすのきみを

「あはれにも みさほにもゆる ほたる哉 こゑたてつべき この世と思ふに」2013.07.04

☆203
みずさえあれば
かくなけるのに

きみさえいれば
まだみえるのに
「あさりせし 水のみさびに とぢられて 菱の浮葉に かはづなくなり」2013.07.04

☆204
ひかりのおもてに
むきあうばかりで

とびかうくさびに
おわれるばかりで

「夏ふかみ 玉江にしげる あしの葉の そよぐや舟の かよふなるらん」2013.07.04

☆205
みるものとみられるもの
どちらの瞳もおなじこと

とるものととらせるもの
どちらの罪もおなじこと

「早瀬川 みをさかのぼる 鵜飼舟 まづこの世にも いかがくるしき」2013.07.04

☆206
ときの花 
 時運あわせて咲くのには

ときの声 
 逃さずききてともに舞い

「見るがなを この世のものと おぼえぬは からなでしこの 花にぞありける」2011.07.16

☆207
よとせをめぐる はなのごと
いまさきひかる ひとのかお

よとせにかくる はなのごと
いまさきさわぐ ひとのいし

いそぎたまうな むれたまうな     

「常夏の 花もわすれて あき風を 松のかげにて けふはくれぬる」2012.08.04

☆208

冬のけしきに にぶく咲く 
あつき陽の花 とじこめて

とわ求めれば 永久に咲く
あおき陽の花 解きはなて

「春秋も のちのかたみは なきものを 氷室ぞ冬の なごりなりける」2011.07.12

☆209
ふれてもないのに
あつさ漂い 

まどいもないのに
ちから臨み

みればひとよに 
 みればひとよに

「あたりさへ 涼しかりけり 氷室山 まかせし水の こほるのみかは」2011.07.22

☆210
なつの声は どこできくの
冷たき滴を 四肢に受けて

あきの声は いつ始まるの
灼熱の記憶 さめぬ夕べに

「山かげや 岩もる清水の をとさえて 夏のほかなる ひぐらしの声」2011.07.26

☆211
ひとつふたつ 
いのりの数を 珠にして

みっつよっつ
あゆみの音を 糧にして

「夕されば 玉ゐるかずも 見えねども 関の小川の をとぞすずしき」2011.07.30

☆212
いにしえの夏も 過ごし難きを過ごし
清らな水の上に 熱ためぬ住い作りし

暑さは越したか そは傍らにあるのか

「岩間もる 清水をやどに せきとめて ほかより夏を すぐしつるかな」2011.08.02

☆213
空のいろにも
紗はきえゆき

夜のこえにも
秋たちまじり

月はすずしき
君をてらすか

「さらぬだに ひかり涼しき 夏の夜の 月を清水に やどしてぞ見る」2012.08.10

☆214
つぎはわたし
つぎはあなた

のぼる舞台を
まつの人びと

つぎはあなた
つぎはわたし

おりる舞台に
みるの足あと

「せきとむる 山した水に みがくれて すみけるものを 秋のけしきは」2012.08.15

☆215
ながきゆめみて
あそびつくすも

ときをおしみて
やまをめざすも

ふたたびあえる
われのすがたに

「我ながら ほどなき夜やは をしからむ 猶(なほ)山のはに 有明の月」2012.08.21

☆216
月も陽をも
諸手に抱き

冷熱の光り
御身に納む

「夏夜の 月のひかりは さしながら いかにあけぬる 天の戸ならむ」2012.08.24

☆217
これが同じ海だなんて
まるで夢を見てるよう

これが同じ心だなんて
そうよ夢を見てるのよ

「夕立の まだはれやらぬ 雲まより おなじ空とも 見えぬ月かな」2012.08.27

☆218
月はね それを眺めてた人の
物なの って誰かがいってた

花はね それを見惚れた人の
物よね って言ってたのは君

「小萩原 まだ花さかぬ 宮木のの 鹿やこよひの 月になくらむ」2012.09.01

☆219
はだは知ってる
ひとみより先に

かみは知ってる
てゆびより先を

「夏ごろも すそのの原を わけゆけば をりたがえたる 萩が花ずり」2012.09.04

☆220
思いもしませんでした
今この時が変わるのを

考えもしませんでした
君がここを越えるのを

「秋風は 波とともにや こえぬらん まだき涼しき すえの松山」2012.09.06

☆221
しられたくない
この背あずく庭

しらせたくない
この身うずむ地

「岩たたく 谷の水のみ をとづれて 夏にしられぬ み山べの里」2013.07.18

☆222
むすばずにおわる
あまたのゆめのせ

すくわずにのがす
いくたのこいのせ
「岩間より をちくる滝の しら糸は むすばで見るも 涼しかりけり」2013.07.18

☆223
みぞぎして
ぬぐい去れる
ものならば

みそかより
あつさ忘らる
ものならば

「けふくれば 麻の立枝に 木綿かけて 夏みな月の みそぎをぞする」2013.07.18

☆224
日々つもりゆく
あくたさえ愛し

年月たまりゆく
うれひさえ恋し

「いつとても をしくやはあらぬ 年月を みそぎにすつる 夏のくれかな」2013.07.18

☆225
ひとつすくって
ひとつはなして

ここであそぶの(てにものるのよ)
このよるのかぜ

「みぞぎする 川瀬に小夜や ふけぬらん かへるたもとに 秋風ぞふく」2012.09.11

☆226
青きそらには 地の色は
映ってはいるのだろうか

香るかぜには かの声は
溶け入っているだろうか

目に染み肌にまとわせる
佳き朝の踏みしめたもの

「秋きぬと 聞きつるからに わが宿の 萩の葉 風のふきかはるらん」2011.09.06

☆227
あしもとに 残るつめたさ
目には紅く 秋がおとずれ

かわらぬと 唱え嘆きつつ
一つ二つと 進み行くあし

「浅茅生の 露けくもあるか 秋きぬと 目にはさやかに 見えけるものを」2011.09.10

☆228
目に映らぬもののたしかさを
あざやかに知るここに生まれ

手に触らぬもののやさしさを
そのままに置くここに生まれ

「秋のくる けしきの森の した風に たちそふ物は あはれなりけり」2011.09.13

☆229
ひきこもり さして動かぬ身にも
ひかりの色 やわらかくとどいて

まつばかり さして努めぬ身さえ
まぶしき色 胸ひらき受けとめて  

「八重葎 さしこもりにし 蓬生に いかでか秋の わけてきつらむ」2011.09.16

☆230
もう驚くことなど 何もありはしない
準備万端 いつでもここから出発OK

どこへ石を置いても そこがいしずえ 

「秋はきぬ 年もなかばに すぎぬとや 荻ふく風の おどろかすらむ」2011.09.17

☆231
満たされて もういいよと
流れるのが なみだなのに

染められて もういいよと
落ちるのが このはなのに

「木の葉だに いろづくほどは あるものを 秋風ふけば ちる涙かな」2012.09.15

☆232
めにはけしきが
みみにはこえが

はだにはかぜが
あきを染ませて

「神山の 松ふく風も けふよりは いろはかはらで をとぞ身にしむ」2012.09.15

☆233
かみからいつも
あきもたらされ

ひとにはいつも
われがうつされ

「ものごとに 秋のけしきは しるけれど まづ身にしむは をぎのうは風」2012.09.21

☆234
あわねばよいのに
なぜときあうのか

きかねばよいのに
なぜゆきかうのか

「秋風や なみだもよをす つまならむ をとづれしより そでのかはかぬ」2012.09.25

☆235
いちどもあわず
暮れ越すよりも

なにもしらずに
待ち越すよりも

「七夕の 心のうちや いかならむ 待ちこしけふの ゆふぐれの空」2018.07.19

☆236
うつくしく
いま
きれなびき

かぜうけて
いま
こぎいだし

「七夕の あまつひれふく 秋風に 八十の船津を み舟いづらし」2018.07.18

☆237
まつものがなにか
みえてはいても

かさねてもなにも
みたぬとしても

「七夕の あまの羽衣 かさねても あかぬちぎりや 猶むすぶらん」2018.07.19

☆238
このときのために
つもってゆくのは

ひごとにあえたら
つもってゆくのは

「こひこひて こよひばかりや 七夕の 枕にちりの つもらざる覧」2018.07.19

☆239
またあえると
わかっていても

もうあえぬと
しってるように

「七夕の あまの河原の 岩枕 かはしもはてず あけぬこの夜は」2018.07.30

☆240
ぼくがつかのま
てにしたものを

とわにつづくと
わたしたものを

「七夕に 花そめころも ぬぎかせば あか月露の かへすなりけり」2018.07.30

☆241
そらにおぼろに
ながるみずには

そらにおぼろに
うつるつきには

「天の川 心をくみて 思ふにも そでこそぬるれ あか月の空」2018.07.30

☆242
どんなに誓ったとしても
僕のおもいがはれぬなら

なんども誓ったとしても
君のこころがかわるなら

「秋くれば 思ひみだるる かるかやの した葉や人の 心なるらむ」2012.09.27

☆243
いちにのさんで
はじまった恋の

いちじんのかぜ
ふきいれる隙の

「をしなべて 草葉のうゑを 吹風に まづした折るゝ 野辺のかるかや」2012.10.01

☆244
つめたくのこる
あとをたどりて

まだ手にのこる
かれをさがして

「ふみしだき 朝ゆく鹿や すぎつらん しどろに見ゆる 野ぢのかるかや」2012.10.04

☆245
まだわからない
あきはきてるか

まだわからない
かぜはきてるか

「秋きぬと 風もつげてや やまざとに 猶ほのめかす はなすゝきかな」2012.10.04

☆246
そのことばひとつで
心おれてしまうのは

そのおもいひとつで
生きるときめるのは

「いかなれば うは葉をわたる 秋風に した折れすらむ 野辺のかるかや」2012.10.13

☆247
ひとりでみるの
はなのさくのを

ひとりできくの
むしのなくのを

「人もがな 見せも聞かせも 萩の花 さく夕かげの ひぐらしの声」2018.07.30

☆248
なにはなくとも
こぼれるはなの

なにもせずとも
みずはしる地の

「秋山の ふもとをこむる いゑゐには すそ野の萩ぞ まがきなりける」2018.08.24

☆249
ただそこに
咲くだけの

ただそこで
鳴くだけの

「宮城野の 萩やをじかの つまならむ 花さきしより 声の色なる」2018.08.24

☆250
きみがもすそを
そめているのは

くりかえす日を
そめているのは

「心をば 千草のいろに そむれども そでにうつるは 萩が花ずり」2018.08.24

☆251
あゆめば
とどくの

おりたいこころの
おもむくままにて

「露しげき 朝の原の をみなへし ひとゑだをらむ 袖はぬるとも」2018.08.24

☆252
あなたがそれを
みただけなのに

あなたがそこに
いただけなのに

「女郎花 なびくを見れば あき風の ふきくるすえも なつかしきかな」2018.09.08

☆253
ぼくのなみだを
このはなにみて

ぼくのなみだを
きみにつたえて

「女郎花 涙に露や をきそふる 手折ればいとど 袖のしほるる」2018.09.08

☆254
吹くかぜにただ
たおれふすのも

吹くかぜにただ
たちむかうのも

「ふく風に 折れふしぬれば 女郎花 まがきぞ花の まくらなりける」2018.09.08

☆255
すそにつめたく
のこるくさつゆ

みみにすずしく
さわるむしおと

「夕されば 萱がしげみに なきかわす 虫のねをさへ わけつゝぞ ゆく」2012.10.15

☆256
身にしみのこる
夏のあとさがし

肌におぼえある
秋のひをむかえ

「さまざまに 心ぞとまる 宮木野の 花のいろいろ 虫のこゑごゑ」2012.10.15

☆257
RENT レント
この世は 借り物

ならばと 急いで
この秋を 越えん  
 
「秋くれば やどにとまるを たびねにて 野辺こそつねの すみかなりけれ」2012.10.24

☆258
陽に地に風に もまれたゆたう
ちいさき舟に つめられし人は

もの皆ひとつ 皆ものひとつと
繰り返しまた 立ちあがりまた

「野分する 野辺のけしきを 見る時は 心なき人 あらじとぞ思ふ」2011.09.03

☆259
その風きけば
はだえ恋しく

その香きけば
さとや愛しく

「夕されば 野辺の秋風 身にしみて うづらなくなり 深草のさと」2012.10.30

☆260
かくるる里の
哀しき夕べに

ひめたる恋の
現わる夜わに

「なにとなく 物ぞかなしき 菅原や 伏見の里の 秋の夕ぐれ」2012.11.02

☆261
髪の香そえて
君まつものを

秋の音そえて
君ひくものを

「さまざまの 花をばやどに うつしうゑつ 鹿のねさそへ 野辺の秋風」2012.11.05

☆262
君にそまりて
我いろなくし

我がそまれば
君はさりゆく

「秋の野の 千草の色に うつろへば 花ぞかへりて 露をそめける」2012.11.10

☆263
寂しき心に
露こぼれて

涸れた心の
色たどりて

「草木まで 秋のあはれを しのべばや 野にも山にも 露こぼる覧」2012.11.14

☆264
気づきはしない
ここにいるのを

分かりはしない
きえてないのを

「はかなさを 我身のうゑに よそふれば たもとにかかる 秋に夕露」2012.11.17

☆265
つかまえておいてよ
てはむすんでるから

かぞえないでいてよ
ひとつはのこるから

「竜田姫 かざしの玉の 緒をよはみ みだれにけりと 見ゆるしら露」2012.11.17

☆266
耳にうずまく
風おととらえ

心のこぼれる
痕をたしかめ

「夕まぐれ 萩ふく風の をと聞けば たもとよりこそ 露はこぼるれ」 2018.10.09

☆267
そのそわそわとした心は
だれがあなたに与えたの

このうつうつとした心を
なにがわたしに移したの

「おほかたの 露にはなにの なるならん たもとにをくは 涙なりけり」2012.11.22

☆268
かたちがそれと
わかっていても

いろがまねくと
わかっていても

「花すすき まねくはさがと 知りながら とどまる物は 心なりけり」2018.10.09

☆269
いつまでもあると
思わないであなた

いつきてもいいと
信じないであなた

「ときしもあれ 秋ふるさとに きて見れば 庭は野辺とも 成にけるけな」2012.11.28

☆270
ひといなくとも
くさおいしげり

かれいなくとも
あきおりたてり

「宿かれて 幾日もあらぬに 鹿のなく 秋の野べとも なりにけるかな」2014.10.21

☆271
目にのこる青の
いまのいろめは

手にのこる衣の
いまのはだめは

「いまはしも ほにいでぬらん あづま路の 岩田の小野の しののをすすき」2014.10.21

☆272
こころのままに
ふぶくかざおと

こころのままに
ひらくひとみち

「夕されば 小野の浅茅生 玉ちりて 心くだくる 風のおとかな」2014.10.21

☆273
色も熱も
ひとしくとも

人も所も
ひとしくとも

「ときはなる 青葉の山も 秋くれば 色こそかえね さびしかりけり」2014.10.21

☆274
あきの憂うつは
もの想うゆえに

痛めるうつつも
月あるがゆえに

「秋の夜の 心をつくす はじめとて ほのかに見ゆる 夕月夜かな」2014.11.10

☆275
月のぼれど
未だしろく

陽かくれて
光えるもの

「秋の月 たけねの雲の あなたにて 晴れゆく空の くるるまちけり」2014.11.10

☆276
風ふきはじめ
雲はらわれて
月あらわるる

気しみはじめ
陽もかくれて
月あらわるる

「こがらしの 雲ふきはらふ たかねより さえても月の すみのぼるかな」2014.11.10

☆277
目にひとしくも
身にとおすのは

身はかわらねど
名をおしむのは


「いづこにも 月はわかじを いかなれば さやけかるらん 更級の里」2014.11.10

☆278
月みる夜は
空さえすんで

月みる僕は
身さえわすれ

「いでぬより 月みよとこそ さえにけれ 姨捨山の ゆふぐれの空」2018.10.09

☆279
たえまなく砂に
月のふりそそぐ

たえまなく空に
声のふりそそぐ

「くまもなき み空に秋の 月すめば 庭には冬の 氷をぞしく」2018.10.09

☆280
いまはとおくに
おもえていても

こころひとつに
うつるこのよは

「月みれば はるかに思ふ 更級の 山も心の うちにぞありける」2018.10.09

☆281
このときがつづくと
しんじられるのは

またあすもあえると
しんじられるのは

「あすも来む 野路の玉川 萩こえて いろなる波に 月やどりけり」2018.10.22

☆282
そらにも手にも
やどれる珠には

さえざえとさす
つめたき珠には

「玉よする 浦わの風に 空はれて ひかりをかはす 秋の夜の月」2018.10.22

☆283
その雲のえがく
うごくものには

その瞳のたどる
うごくものには

「さ夜ふけて 富士のたかねに すむ月は けぶりばかりや くもりなるらん」2018.10.22

☆284
手にとりみえる
つめたき水の

目にとりみえる
まあるき水の

「いしばしる 滝のしら玉 数見えて 清滝川に すめる月かげ」2018.11.9

☆285
よるてらす
つきにのり

よるはしる
かぜまとい

「塩竃の 浦ふく風に 霧はれて 八十島かけて すめる月かげ」2018.11.09

☆286
つきをよむのに
しらぬかおされ

きみをみるのに
まなこはずされ

「思ひぐま なくても年の へぬる哉 ものいひかはせ 秋の夜の月」2018.11.09

☆287
そらにはいつも
ぼくがうつって

つきにはいつも
きみをみていて

「山の端に ますみの鏡 かけたりと 見ゆるは月の いづるなりけり」2018.11.17

☆288
このかたき水の
みちをとおって

この光さす地の
みちをとおって

「秋の夜や 天の川瀬は こほるらん 月のひかりの さえまさるかな」2018.11.17

☆289
つめたき月の
おもわに君の

ひきゆく波の
なみねに君の

「遠ざかる をとはせねども 月きよみ こほりと見ゆる 志賀の浦波」2018.11.17

☆290
月下の友の
かげといて

月すむ夜に
ひとりいて

「つねよりも 身にぞしみける 秋野の 月すみ夜半の 荻のうは風」2018.11.17

☆291
とけるまで
そうとけるまでと
みるけれど

つきにまで
そうつきにまでと
のべけれど

「ながめやる 心のはてぞ なかりける 明石のをきに すめる月かげ」2019.08.17

☆292
すなひとつぶを
やをにつらねて

すなひとつぶに
いのちかさねて

「八百日ゆく 浜のまさごを しきかへて 玉になしつる 秋の夜の月」2019.08.17

☆293
つきのひかりに
かわおとさえて

つきのひかりに
この身とかして

「石間ゆく みたらし河の をとさえて 月やむすばぬ こほりなるらむ」2019.08.17

☆294
ふりそそぐ
つきのかげりの
さすはだは

ふりそそぐ
ひかるるかげの
さすはだは

「月かげは 消えぬこほりと 見えながら さざなみよする 志賀の唐崎」2019.08.17

☆295
しろきつきの
ひかりのもと

むかうつきの
ひかりのもと

「照る月の かげさえぬれば 浅茅原 雪のしたにも 虫はなきけり」2019.09.03

☆296
すべてにやどる
ちいさきつきの

すべてにやどる
だいなるわれの

「あさぢはら 葉ずゑにむすぶ 露ごとに ひかりをわけて やどる月かげ」

☆297
ぼくのときはね
すぎていくけど

きみもいつかは
すぎてゆくけど

「ふけにける 我世の秋ぞ あはれなる かたぶく月は またもいでなん」2019.09.03

☆298
憂さとしたしく
よりそえるのは

寂きとしたしく
よりそえるのは

「身のうさの 秋はわするる 物ならば なみだくもらで 月は見てまし」2019.09.03


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.