000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 301-

☆301
かわものしろき
つきがおをめで

あなたのしろき
つくばえをめで

「照る月の たびねのとこや しもといふ 葛城山の 谷川の水」2019.10.01

☆308
ぼくのこころは
いつもさまよひ

きみをさがして
いつもさまよひ

「杣かたに みちやまどへる さを鹿の 妻どふこゑの しげくもあるかな」2019.10.19

☆309
まひるのおとくず
しずかにつもりて

やはのねざめに
しずかにひびいて

「秋の夜は おなじ尾上に なく鹿の ふけゆくままに ちかくなるかな」2019.10.19

☆310
よるにかなしく
きこえるこえは

あきにつめたく
かわかぬそでは

「さを鹿の なくねは野べに 聞こゆれど 涙はとこの ものにぞありける」2019.10.19

☆311
あまおとをつれ
きりにわけいり

かげをたよりに
きりにわけいり

「さらぬだに 夕べさびしき 山ざとの 霧のまがきに を鹿なくなり」2019.10.19

☆312
ゆらりゆうらり
こよいはうきね

ゆらりゆうらり
このよはうきね

「湊川 うきねのとこに 聞こゆなり 生田のをくの さを鹿の声」2019.11.14

☆313
けえんけんけん
しかのおとつぶ

びょうとふくる
まつのおとつぶ

「うきねする 猪名の湊に 聞こゆなり 鹿のねをろす 峰の松風」

☆314
しずかなよるに
わたるしかの音

ぼくがいるから
わたるしかの音

「夜をこめて 明石の瀬戸を こぎいづれば はるかにをくる さを鹿の声」2019.11.14

☆315
ぼくはまってる
よるにわたって

ぼくはしってる
おってくるのを

「湊川 夜ふねこぎいづる 追風に 鹿の声さへ 瀬戸わたるなり」2019.11.14






















☆354
くもより
したたる
いろは紅

しぐれて
ながれる
いろは紅

「むら雲の しぐれてそむる もみぢ葉は うすくこくこそ 色も見えけれ」2013.11.22

☆355
ゆうべのいろは
かわらないのに

こずえそめても
かわらないのに

「しぐれゆく よものこずゑの 色よりも 秋はゆふべの かはるなりけり」2013.11.22

☆356
陽にみがかれて
今うかばれる紅

夏ごもりをへて
今ときはなつ紅

「おぼろげの いろとや人の 思ふらん 小倉の山を てらすもみぢ葉」2013.11.22

☆357
秋の女神の
手に嘆じて

夏の姫との
色を比べて

「君見むと 心やしけん たつた姫 もみぢのにしき 色をつくせり」2013.11.22










たつた姫
紅筆とって
富士に刷き

秋の筆
富士の裳裾に
紅を刷く

秋の湖に
紅といて
富士を刷く







☆387
とうとうきてしまった
昨日のこだまはすてて

とうとうみてしまった
明日のことばをはって

「きのふこそ 秋はくれしか いつのまに 岩間の水の うすこほるらむ」2012.11.28

☆388
ひとつふたつの
にしきのなごり

とえにはたえに
ふまれるひかり

「いかばかり 秋のなごりを ながめまし けさは木の葉に あらしふかずは」2012.11.28

☆389
水をむすぶ
この寒さの

腕をむすぶ
世の寒さの

「泉河 水のみわたの ふしづけに 柴間のこほる 冬はきにけり」2019.12.17

☆390
きのうはたしかに
そこにあったのに

あなたはたしかに
みてたはずなのに
「ひまもなく ちるもみぢ葉に うづもれて 庭のけしきも 冬ごもりけり」2012.12.06

☆391
どこに生まれようとも
洗われねばならぬなら

なにに倦まれようとも
顕されねばならぬなら

「さまざまの 草葉もいまは しもがれぬ 野辺より冬や たちてきつらん」2012.12.13

☆392
あなたの放つこと葉に
力あることを知ってて

あなたの延べし手より
形になることを覚えて                                                                          「すむ水を 心なしとは たれかいふ こほりぞ冬の はじめをも知る」2012.12.13

☆393
いっさいがっさい
つれさるあらしよ

いつでもけっして
わらわぬあなたよ

「秋のうちは あはれ知らせし 風のおとの はげしさそふる 冬はきにけり」2012.12.06

☆394
しろきうわもの
すべるおときき

たかきしんいの
おりるおときき

「わぎもこが 上裳のすその 水なみに けさこそ冬は たちはじめけれ」2019.12.17

☆395
てにてにのこる
ふゆのこはいろ

めにめにはいる
おくれたこころ

「いつのまにか かけひの水の こほるらん さこそあらしの をとのかはらめ」2011.12.20

☆396
ひとつ風に ひとつ筆も
繕わぬ まつげさらして

ふたつ声に ひとつ綾も
纏わぬ こころさらして 

「外山ふく あらしの風の をと聞けば まだきに冬の をくぞ知らるる」2011.12.24

☆397
しろきうすぎぬ おりて
あららかなおと つつみ

つきぬことのは ためて
あらぶるこころ たえぬ

「はつしもや をきはじむらん あか月の 鐘のをとこそ ほの聞こゆなれ」2011.12.26

☆398
鐘おとのなみ
氷をつなげて
白き花むすび

恋うひとのね
空をつたいて
透く星さかせ

「高砂の 尾上の鐘の をとすなり あか月かけて しもやをくらむ」2012.01.02

☆399
ひとりもいない
このしろき夜に

ひとりでいない
このひろきよに

「ひさぎをふる 小野の浅茅に をく霜の しろきを見れば 夜やふけぬらん」2012.12.21

☆400
ひとよふた夜の
恋いをすごして

ひとよふたりの
ときをすごして

「冬きては 一夜ふた夜を たまざさの 葉わけの霜の ところせきかな」2012.12.21


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.