3037592 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Beauty Source キレイの魔法

PS 1000pieces 401-

☆401
ひとりいるまに
きりがさすよに

かわくふしどに
しぐれふるよに

「霜さえて かれゆく小野の をかべなる ならのひろ葉に しぐれふるなり」
2014.11.28

☆402
くらがりにきく
ふゆのつちの香

くらがりにあく
みえぬ先おう瞳

「ねざめして たれか聞くらん このごろの 木の葉にかかる よはの時雨を」2014.11.28

☆403
つめたきあめの
はだをさす夜に

つめたきあめの
こころさす夜に

「をとにさへ たもとをぬらす しぐれかな まきの板屋の よはのねざめに」2014.11.28

☆404
かさりこそりと
おとずれるおと

ひとりこそなれ
ききわけるおと

「まばらなる まきの板屋に をとはして もらぬしぐれや 木の葉なるらむ」2014.12.08

☆405
きいてはいない
きいてはいない
ひととあるなら

みえてはいない
みえてはいない
ひとりあるなら

「木の葉ちる とばかり聞きて やみなまし もらでしぐれの 山めぐりせば」2014.12.08

☆406
わたしくもれば
そらもくもるの

なみだかよえば
くももかかるの

「ひとりねの 涙やそらに かよふらん しぐれにくもる 有明の月」2014.12.08

☆407
ゆめのいたみの
のこるうつつは

ゆめのしぐれの
かわくうつつは

「うたたねは 夢やうつつに かよふらん さめてもをなじ 時雨をぞ聞く」2014.12.08




☆420
浮く舟のあと
匂いたつよに

うき恋のあと
薫りなきよに

「あさぼらけ 宇治の川霧 たへだへに あらはれわたる 瀬々の網代木」2015.01.04

☆421
やまにあそぶは
やまびとを映し

うみにあそぶは
うみびとの現し

「やかた尾の ましろの鷹を ひきすえて 宇陀の鳥立ちを 狩りくらしける」2015.01.04

☆422
雪中に
まなこ
開いて

暗中に
ひかり
捉えて

「ふる雪に 行方も見えず はし鷹の 尾ぶさの鈴の おとばかりして」2015.01.04

☆423
とびたつ鳥を
のがさぬよに

おりたつ閃を
のがさぬよに

「夕まぐれ 山かたつきて たつ鳥の 羽をとに鷹を あはせつるかな」2015.01.04

☆424
夜そめるのを
まちくらして

恋ふけるのを
まちくらして

「妹がりと 佐保の川べを 我ゆけば さ夜かふけぬる 千鳥なくなり」2015.01.19

☆425
つき映えの
夜の終りに

なぎ広ろぐ
恋の終りに

「須磨の関 ありあけの空に なく千鳥 かたぶく月は なれもかなしや」2015.01.19

☆426
とび伝うゆえに
身はやすらいで

おわれるゆえに
こころさめなく

「岩こゆる あらいそ波に たつ千鳥 心ならでや 浦つたふらむ」2015.01.19

☆427
ひとりすごせば
霜夜のはてなく

ひとりすごせば
文夜のはてなく

「霜さえて さ夜もなが井の 浦さむみ あけやらずとや 千鳥なくらん」2015.01.19

☆428
たゆたうあしの
葉先にまどろみ

むすばるしもの
刃先にまどろび

「霜がれの 難波のあしの ほのぼのと あくるみなとに 千鳥なくなり」
2015.02.02

☆429
ふたはねかわし
こころやすめて

ひとはねおおい
わがみやすめて

「かた身にや うわ毛の霜を はらふらん とも寝のおしの もろ声になく」2015.02.02

☆430
うきくさの生とおくみて
あしもとの崩れしらずに

かたきちに足たつとみて
みふるわす揺れしらずに

「水鳥を 水のうゑとや よそに見む われもうきたる 世をすぐしつつ」2012.01.09

☆431
おもいくらべの
ことばかわして

さるひとのせに
はじめてかたる

「水鳥の たまもの床の うきまくら ふかき思ひは たれかまされる」2012.01.13

☆432
月あびまちて一人
肌さすよわき切先

空みつたちて一人
身をとかすものは

「このごろの 鴛のうきねぞ あはれなる うわ毛の霜よ したのこほりよ」2012.01.07

☆433
たのしき ひとりね
うきよに ただよい

うえねば ひとりね
こいなど せずとも

「難波潟 いり江をめぐる あしがもの たまもの舟に うきねすらしも」2012.01.17

☆434
こいのはじめに
きるべきころも

あいのおわりに
おくべきつるぎ

うきねのとこは
まだみだれんか

「をしどりの うきねの床や あれぬらん つららゐにけり 昆陽(こや)の池水」2012.01.22

☆435
このてにのこる
あかきこころよ

このせにやどる
あをきひかりよ

「かものゐる 入江のあしは 霜がれて をのれのみこそ あを葉成けれ」2012.01.04

☆436
おれてもおれても
哭くこえはかれず

ふしてもふしても
於くしもをといて

「をく霜を はらひかねてや しほれふす かつみがしたに 鴛のなくらん」2012.01.04

☆437
なみのかずほど
うまれていても

みずのつぶほど
こころおいても

「あしがもの すだく入江の 月かげは こほりぞ波の かずにくだくる」2013.01.12

☆438
うすきこおりの
まくをかさねて

つきはこよいも
舞い降りて潜む

つきはこよいこそ
まいおりてひそむ

「夜をかさね むすぶこほりの したにさへ 心ふかくも すめる月かな」2013.01.12

☆439
ひかりはどこへ
行ったのだろう

たなごころには
月がのこるのに

「いづくにか 月はひかりを とどむらむ やどりし水も こほりゐにけり」2013.01.20

☆440
つめたきみずに
ふれられるまに

いそがぬきみが
くちはてぬまに

「冬くれば ゆくてに人は くまねども こほりぞむすぶ 山の井の水」2013.01.21

☆441
しらしらとすごせば
くもりはてるまで空

さえざえとひかれば
熾きやどるのよ君に

「月のすむ 空には雲も なかりけり うつりし水は こほりへだてて」2013.01.21

☆442
きみをかざしてみれば
すべてかがやくよそら

きみをすかしてみれば
すべていただくよかげ

「つららゐて みがけるかげの 見ゆるかな まことにいまや 玉川の水」2013.01.26

☆443
ぱらぱらちるの
わたしのこころ

はらはらみるの
きみのあしさき
「月さゆる こほりのうゑに あられふり 心くだくる 玉川の里」20123.01.26

☆444
思いおこせとかぜがなく
おまえはひとりなのだと

忘れさるなとかみがなく
おまえとひとつなのだと

「さゆる夜の まきのいたやの ひとりねに 心くだけと あられふるなり」2013.02.04

☆445
まだ知らなかったのだ
ひと夜で君が変るのを

まだ憶えなかったのだ
無限に歩みが変るのを

「朝戸あけて 見るぞさびしき 片岡の 楢のひろ葉に ふれるしらゆき」2013.02.04

☆446
みえるような気がするの
あなたが白くそまるのが

わかるような気がするの
わたしに風がとおるのが

「夜をこめて 谷のとぼそに 風さぶみ かねてぞしるき 峰のはつ雪」2013.02.12

☆447
この夜のふかさに
手をのべてごらん

かの夜のけしきに
身をむけてごらん

「さえわたる 夜半のけしきに み山べの 雪のふかさを そらに知るかな」2013.02.12

☆448
このよに幸いあふれるのなら
わがみを通しひろがるものを

このよの白きゆきをあつめて
わがてに降ろしまたながれん

「消ゆるをや みやこの人は をしむらん けさ山里に はらふ白雪」2013.02.17


☆449
「しもがれの まがきのうちの 雪見れば 菊よりのちの 花もありけり」

☆450
碧き月より
舞いおりて 

黒き髪より
立ちこめる

姿は幾たび
変わろうと

「たとへても いはむかたなし 月かげは 薄雲かけて ふれるしら雪」2013.02.21

☆451
きみがあとを
 辿りたいのに

年月のおりは
 あまりに深く

「み山路は かつふる雪に うづもれて いかでか駒の あとをたづねむ」2013.02.21

☆452
かぞえれば
高きみねの
かぎりなく

かぞえれば
登るみねの
かぎりなく

「をしなべて 山のしらゆき つもれども しるきは越の たかねなりけり」2015.02.02

☆453
葉つもり
雪つもり
草もえて

霜はしり
風はしり
花もえて

「外山には 柴のした葉も ちりはてて をちのたかねに 雪ふりにけり」2015.02.02

☆454
水とおる木々の
雪をさえとかし

徒生きる日々の
業をさえとかし

「雪ふれば 谷のかけはし うづもれて こずゑぞ冬の 山路なりける」2015.02.02

☆455
さわさわと
ふれる雪も

縹渺と野に
まよふ雪も

「雪つもる 峰にふぶきや わたるらん 越のみそらに まよふしら雲」2018.12.11

☆456
ひと波の揺れに
きえる思ひは

ひと音の言葉に
くじく思ひは

「波かけば みぎはの雪も きえなまし 心ありても こほる池かな」2018.12.11

☆457
あたたかく雪の
ふりつもり

かきねなく雪の
ふりつもり

「山ざとの かきねは雪に うづもれて 野辺とひとつに なりにけるかな」2018.12.11

☆458
ここでよいかと
ふみまよう先で

またもここかと
ふみとまる先で

「あともたえ しほりも雪に うづもれて かへる山路に まどひぬるかな」2018.12.11

☆459
帰れぬみちを
進みぬくのか

帰れるうちに
後にするのか

「越ゑかねて いまぞ越路を かへる山 ゆきふるときの 名にこそありけれ」2019.01.18

☆460
波のしぶきの
白にそめたか

島のいぶきの
色にそめたか

「波間より 見えしけしきぞ かはりぬる 雪ふりにけり 松が浦島」2019.01.18

☆461
ぱららとまいた
をのえのしろは

ふんぬにまけぬ
をのえのしろは

「ふぶきする 長等の山を 見わたせば をのえをこゆる 志賀の浦波」2019.01.18

☆462
うもれるほどの
雪にとざされ

ひとりなるべく
雪にまぎれて

「ふる雪に のきばの竹も うづもれて 友こそなけれ 冬の山里」2019.01.18





























☆476
おいつおわれつ
とまればさめる

まいつまわれつ
ことばわくまで

「むかし見し 心ばかりを しるべにて 思ひぞをくる 生の松原」2012.01.24

☆477
また君にあえるから
まだ私がいとおしい

もし声がきけるなら
もう少しながらえて

「わかれより まさりてをしき 命かな 君にふたたび 逢はむと思へば」2012.01.27

☆478
「鳴きよはる まがきの虫も とめがたき 秋の別れや かなしかるらん」

☆479
どこにこの小さき身おくとも
いまあるここがわたしの宇宙

たとえこの生とおく別つとも
まだ終わりなきかに見えても

「帰りこむ ほども定めぬ 別れ路は みやこの手振り 思ひ出でにせよ」2012.01.31

☆480
ふたたび逢うなんて
おもえるだけで幸い

おいても思うなんて
ふしねがうより幸い

「行く末を 待つべき身こそ をいにけれ 別れは道の とをきのみかは」2012.02.03
































☆500
右腕に 波音聴きつ 
額上は 月を受けて

恋知らぬと 約した人も
今は仮寝の 夢を結ぶか

「あたら夜を 伊勢の浜荻 折りしきて 妹恋しらに 見つる月かな」2011.06.22


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.